人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅雨入り前のツーリング

2019.06.23

家庭の事情でことに忙しいTさんと久しぶりのツーリング。
都合の良い日を以前から聞いて予定していたが、とうとう梅雨入りでこの日から
お天気下り坂の予報になっていた。

降水確率低そうなところへツーリングすべく調べると、京丹波方面の前日の確認では
AM10%~PMも20%程度とな。
一時的な夕立ぐらいは覚悟して出発。

Tさんと二人のツーリングは、お互いに林道走り大好き人間なため止まって休憩がまぁ少ない。
林道出入口のゲート開け閉めか僅かな休憩時しか写真は撮らず、画像の極めて少ないレポートです。

三田は大根林道から。
いつかの大雨で上部のダート部分から流れてきたか、コンクリート舗装の箇所も砕石と土でセミダート化。

篠山方面からはFK林道からみ〇ま〇ダム湖周回ダート。


森の回廊(仮称)は倒木多いが辛うじて通過できるようには誰かに処理されている。


原山峠林道は過っての荒れ方からは整備され、峠から下るバラスの下はコンクリ?
中ほどからは土路面。


中山峠を越えて須知のドライブインへ、お昼にはまだ早いが私のお尻が寄って!と訴え、トイレ休憩。
a0143839_13144857.jpg



マーケス林道(仮称)からマーケス支線林道を抜け、国道を渡って七山越え林道(仮称)。


ダム横から上の林道までは初めて走るコース、水平走行最後の分岐から上の基幹林道まで登り約4kmの
タイト&プチガレな登り甲斐あり、二人して「こりゃおもろい!」なコースでした。


思えばこの基幹林道がダートのころはよく走りに来た林道だったが、主線が舗装されたりある時期
どこも強固なゲートで阻まれてからはもう走れないものと思い、この付近に立ち寄ることも無かった。

林道系のブログでよく見る絶景場所な林道への道順を、現場からCHIHARUさんに携帯してレクチャー
を受ける。

ここも初めてな絶景場所、升の上(仮称)・・とな。
a0143839_13145190.jpg



ここからの下りは結構荒れたバイクのコントロールも楽しい約5kmの下り。
a0143839_14375964.jpg



道の駅『和』でやや遅い昼食。
食事中にもいつ降ってもおかしくない空模様。


いつもの鉄塔へ上がる林道をHiの〇線からとして3km進めば顕著な分岐あり、いつもは右へと稜線まで
上がっていたが、Tさんと二人なら心強いので知らない左へと進んでみる。
もし、先ほどの国道へ出たならまた同じ3kmを上がってくればええよなと、彼とならすぐ即決。

ここも結構荒れた約4kmの下りで下のゲート。
林道M線というらしい。
でも何でこれほどの林道を今まで、あの分岐でスルーばかりしてたのかな?
今更ながらまた私の林道マップ(脳裏)に、今日の2本がプラスされた。


再度先ほど走ったHiの〇線ゲートからスタートして稜線まで7kmのガレ林道ラン。


上のゲートを開け閉めしていつもの林道Tの向線の鉄塔へ下りましょう。
a0143839_13145721.jpg



いつもの鉄塔。
a0143839_13150083.jpg



今日初めて見るオフロードバイクの2台が来たが、鉄塔から北へと下るタイトなコーナーと
激下りのルートへと下って行った。
後はセローに乗った女性だったが達者なもんやね。
a0143839_13150200.jpg



Tの向線を進み、HDS線も完走して終点のゲート。
「開けたら閉めましょう」の標識が新しくなっていたが、CHIHARUさん作は承知済み。


さあ、帰路にするは林道タカタラビ線、本当~にっ、もう降るか?な空模様がつづいているが
未だ降られていない。
雨男を自称する私には不思議!

寄る年波に勝てずロングランになると必ず太腿が攣ってくる。
そのたびに世間の年寄りの携行薬「ツムラの68番」を飲むが、普段から水分摂取の少ない私は
今日ももう水がないから余計に右、左と攣る。
足が攣ったらスタンディング走行するが、それでも痛みの限界が来ると急停止して一休みさせてもらう。

帰路、道の駅『さらびきの郷』から篠山、三田、吉川を経由して最後に道の駅『淡河』で本日の
ツーリングお開きとした。
雨も覚悟のツーリング、夕立すら遭うことなくラッキーな梅雨入り前のツーリングとなった。


本日の走行距離 : 292km
本日の林道(長短、重複含め): 16本
本日のダート率(重複走行含め) : 約23%(約66.5km)






by bmw-nl-60 | 2019-06-24 14:42 | ツーリング | Comments(6)

街の光景を切り取る

2019.06.22

普段撮る写真の多くは、もの言わぬ鉄道や動物や自然風景を自分の感性でシャッター押して
いるわけだが、撮った写真の中に人物が写っていたら、ましてやその人物を被写体の対象とせず
ただ写り込んでいただけに過ぎなくても、このご時世では肖像権が問題になるとやら。

勿論、昔から肖像権なるものはあったと思うが、そんなん有名人の話であり私たちから
遠いところでの問題だった筈。

でも今は、スマホやネットやSNSの進化と発展で1億総カメラマンと1億総スターにも
なれる時代。
そう云う私の、にわかカメラ趣味もこのブログも同じこと。

そう思えば何気なくはっとした場面を切り取るだけではあかんのや!それに加えて後々の
ことも考えて撮らなあかんとなれば、咄嗟にそんなこと考えてシャッター押せる?

いろいろな方のいわゆる街撮りスナップなるブログを見て勉強しても見るが、やっぱり
自分でも街を歩いて撮ってみることにした。

そもそも私の写真趣味の始まりは歩くモチベーションからやったからね。


湊川・新開地界隈
a0143839_11093305.jpg



a0143839_11093591.jpg




a0143839_11093919.jpg





ハーバーランド界隈
a0143839_11094252.jpg



a0143839_11094456.jpg



a0143839_11094693.jpg



結婚式の光景に出会って
a0143839_11094800.jpg



a0143839_11095043.jpg



模型レーシングカーのレース会場。
始めて見たレース、操縦の凄さに驚愕。
a0143839_11095238.jpg





国道を渡って元町方向へ。
a0143839_11095454.jpg




元町裏通りには個性的なブティックや食事のお店などが点在するが、
メニアマル? 訳わからん?
これも私の芸術感性の無さか?
a0143839_11095795.jpg




さて、写真の良し悪し、肖像権云々の課題や如何に?

歩いた時間4時間、歩数約18,000歩の割には撮影トータル枚数はいつもよりかなり少な目。
考えすぎか感性のなさか?シャッター押すのに躊躇する場面多し。

兎にも角にも良い勉強と良いウォーキングにはなった。

本日携えた武器(笑)は、
CANON EOS RP EF16-35 F4L IS USM
CANON PowerShot G5X










by bmw-nl-60 | 2019-06-24 11:33 | 写真 | Comments(0)

いま真っ盛り!紫陽花撮りに森林植物園

2019.06.18

紫陽花の咲き具合を見に、ここ最近はちょこちょこと森林植物園詣でしていました。

今日も巡回(笑)してきましたが、いまが盛りですね。

少し雨があるともっと紫陽花らしく綺麗でしょうね。

a0143839_22285586.jpg





a0143839_22285962.jpg






a0143839_22290268.jpg





a0143839_22290574.jpg





紫陽花ではないのですが、蝶々も入れて。
a0143839_22290813.jpg





a0143839_22291102.jpg





a0143839_22291394.jpg





a0143839_22291667.jpg





a0143839_22291980.jpg


お粗末でした。








by bmw-nl-60 | 2019-06-18 22:34 | 写真 | Comments(0)

オフロードギアほぼ10年選手退役と生涯最後の相棒

2019.06.05

これまでツーリングやエンデューロにはFOXのCONP5を愛用していたが、今年GWの四国で
雨で履いて出た途端にブーツの中がグチュグチュになるぐらい、もう寿命やねとは思っていた。
a0143839_23581615.jpg




プラスチック部分の劣化や損傷。
ブーツ内に水が入ってグチュグチュの原因はこれ。
a0143839_23581952.jpg



靴底の摩耗。
a0143839_23582120.jpg



アキレス部の破れ。
a0143839_23582308.jpg




我が年齢を考えれば「まだ今からブーツ買うか?」って自問自答。
まだトライアルブーツがあるぞ!っと、それ以後はトライアルブーツを愛用。

トラブーツは革部分が多いので劣化はプラスチックよりはるかにマシと決めつけ、
このトラブーツが生涯最後のブーツになるものと思っていた。

先日の甥っ子とのツーリングの朝、トラブーツが壊れた。
やっぱりプラスチック部分の劣化。
a0143839_23575547.jpg

こいつは大丈夫と思い込んでいただけで、摩耗劣化具合の点検なんてしていなかった。

トラブーツがこうなったら仕方なくその日はFOXの出番。



こうなってみれば、いま頼りになるのはFOXのオフブーツだけだが、こいつもツーリング
行く朝に壊れたなんてことになるのは目に見えている。
いまは何とか使えそうでも、そうなった時のためにもちゃんとしたブーツがなければツーリング
ドタキャンすることも。

思えばどちらのブーツもほぼ10年選手、これまでよくぞ足を守ってきてくれました。
ブーツに礼を云っても聞こえんので、10年選手にこれまでありがとうの意味を込めて、
ブーツ新調を決めました。
過去に2足ガエルネのEDプロを履いていたこともあるが、それ以来のガエルネ。
a0143839_23582701.jpg

今回はEDプロではなくサイファーJとやら。
あと何年?を考えたらもう耐久性なんか考える必要はなく、恰好とコスト優先でこれになった。

今度こそ生涯最後の相棒でしょ。









by bmw-nl-60 | 2019-06-06 00:48 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)

林道つなぎ、加西のお山から山東町のお山へ

2019.06.02

京丹波方面のお山行きが多い最近ですが、久し振りに西の播州方面からスタートすべく
笠形林道南工区入口です。
そう云えばこの方面に甥っ子を案内したことがないので、今日は甥っ子と二人ツーです。
a0143839_23472317.jpg





笠形林道中工区のいつもの休憩場所にはお二人の先客さんがおられました。
その内の1台は懐かしいレーサーセローともいうべきTT225でした。
もう一人のお方はシェルパでしたが、私たちのセローを見ていろいろ聞かれ、
「いまから帰ってセロー250買いにいくわ」と戻っていかれました。(笑)

TT225の方は今から私たちはどこどこの方へ行くと話すと、「そこ知らんから
是非付いて行きたい」と同行することになりました。




北工区も抜け、林道千ヶ峯三国岳線へと進んだ峠で休憩。
a0143839_23505063.jpg

その方といろいろ話すうちに、私のバイク仲間でもある小中学校の同級生が
共通の知り合いであることが判ったりもしました。
やっぱりバイクの、いやオフの世界は狭いことをまたも実感。



越知川まで下りてその方と別れ、私たちは新田ふるさと村へと進み、そこで少し早いお弁当に。




林道黒川新田線を登り梅ケ畑まで下り、大外長野林道へ。
まずは本線を登って下り、終点手前から左支線へと進みました。
この支線、開通したての何年か前にソロで走り、平日というのに同じく探索中のバイクと
出合ったのが、またまた知り合いの友達という@林道店長さんとの出会いでした。

あの頃に比べ倒木や崩れの箇所が多く、木の苗の植林後はほとんど手入れがされていないようです。
まぁその分ドラマチックなルートにはなっています。
中間までの急傾斜と道幅の狭さは要注意でした。
a0143839_23505762.jpg




a0143839_23510486.jpg




「そのままちょっと待て、写真撮るから」の声に天を仰ぐ甥っ子。
a0143839_23510644.jpg



このルートはまた大外長野林道に戻り、また先ほど通った方向へと下り林道を出ます。



かっては湖岸全周がダートだった黒川ダム、今は全線舗装・・・と云っても左岸ダム横は
ゲートがあり車は入れませんがバイクはゲート脇から侵入可能。
最近は私に連れられなくても林道探索に出かけたりしている甥っ子から「おっちゃん黒川ダム
から長~い林道あるで」と教えられてここへ来ています。


ダム湖周回から外れて短いダートに入り湖見下ろす高台。
a0143839_23510979.jpg




ダム湖周回に戻って進めば甥っ子の云う林道入口。
標識には『粟鹿山林道』とあり、あ~っ思い出した。

2014年9月にKTM690EDで氷ノ山ソロツーリングの際、chiharu さんとお会いして山東町側
からご案内いただいた林道がこの林道で、当時はまだ未開通で日暮れと競争で終点から往復した
のを思い出しました。
あの林道が開通ししたてたんやね。
a0143839_23511225.jpg




眺望の利くロングな絶景林道です。
a0143839_23511512.jpg




遠坂峠を越えて青垣のコンビニで休憩し、さぁどこ通って帰ろ・・・と思案。
まだ、暗くなるまでは時間もある、もう一度青垣峠へ上がって往路の林道を逆走して帰ろか。

大外長野林道、林道黒川新田線、林道千ヶ峯三国岳線を復路として西脇方向へ。

甥っ子に「播州ラーメン食べたことあるか?」と聞くと無いとのこと、私も10年ぐらい前に
ソロツーリングの帰りに西脇市内で初めて食べたきり、何とも甘めのスープがあと口よくて
いつまでも後を引くラーメンだったことを覚えている。

見覚えのある信号で間違いかも知れないが、薄い記憶に従い左折したら少し先にありました。
『播州ラーメン 西脇大橋ラーメン』、やっぱり今も人気店で名前書いて待つ人がいます。
メニューはシンプル。
a0143839_23511831.jpg



10年ぶりの播州ラーメンです。
a0143839_23512168.jpg


ん!やっぱり美味いね。

甥っ子との帰路のインカム会話中に私も甥っ子も何度もゲップの音を聞かせながらの会話。
甘めのスープの余韻がいつまでも口に残るインカムでゲップの応酬でした。



本日の走行距離 : 270km
本日の林道(ダートのみ): 7本(内3本は往復)
本日のダート率 : 約32.5%









by bmw-nl-60 | 2019-06-05 01:22 | ツーリング | Comments(6)