カテゴリ:ツーリング( 105 )

’18 GW 四国ツーリング後半

2018.05.01

昨日は早くから寝てしまったので目覚めも早い。
明日5/2は確実に雨の予報、それなら今日の行動を終えたらここを撤収して帰路につくことにしょう。
5/2未明には帰宅できるだろう。
そうと決まれば撤収の準備だけ済ませたら、お湯を沸かしてコーヒーだけ飲んで今日のツーリング
に出発。
今日はカルストへ行ってその付近の林道を走り、県道小田深山線を北上して、いつも迷路に迷う『ほうじが峠』
周辺の林道を1本づつ確認しながら走ってみよう。

R33を南下してR440へと進む。
地芳トンネル手前を右折して地芳谷川沿いに上り地芳峠へ。

姫鶴平手前の草原で。

a0143839_22513500.jpg




姫鶴平や五段高原の四国カルスト。

a0143839_22513879.jpg




a0143839_22514256.jpg




a0143839_22514524.jpg




a0143839_22515271.jpg




天狗高原の天狗荘にて。

a0143839_22520415.jpg




この後これを下って林道へ。

a0143839_22520180.jpg




朝はコーヒーだけだったので、ちょっと早いお昼ごはん。

a0143839_22520698.jpg




天狗高原からワインディングを下りての林道。
こちら側は終点になっているということは、出口は起点ということやね。

a0143839_23255882.jpg




a0143839_23205115.jpg




a0143839_23205488.jpg




さっき通ったカルスト台地の風車が見える。

a0143839_23205914.jpg



地芳峠やや下のワインディングに出てダート終了。
10kmの林道だった。



さて帰り道だが、来る時は地芳峠川沿いの道をクネクネと登って来たが、それをショートカット
するような林道マークが地図にある。
それらしき林道へ入ってみる。
石船谷線というらしいが入口からあまり人の入った痕跡を感じない、路面は草生してところ
どころでトレールを見失うことも、尚も下れば露岩して土手が部分決壊の箇所もある。

a0143839_23210558.jpg




何かあれば来た道を引き返せるかの判断を繰り返しながら更に下りつづけた。

a0143839_23210751.jpg




5km近く下れば田畑も現れて集落が近いことも判り、抜けられたなと感じたところで綺麗な滝があった。

a0143839_23210924.jpg




抜けれたことに安堵してゆっくり写真など撮ったりしながら周囲の景色を見ていたら、
なんと目前の木の上にクマ棚があるのを見つけ、慌ててこの場を去った。

石船谷線~川成線と名前が変わり、全線で5kmの下りダートだった。



県道340小田深山線もダート部分が結構あってダート部分合計すると3~4kmぐらいあったような・・・。

森林帯を抜けると急に目前に広がる光景。
山腹には作業道が延々とつづいているが、こりゃ入ったらアカンでしょ!

a0143839_23211384.jpg




『ほうじが峠』からは一昨日走った林道を1km進んだところで左折して下り2kmで舗装林道に突き当り、
右へ下れば北地林道で野村集落へ下るのは過去に経験済み。
気になる左へ登れば直ぐにダートになって、登って下っての6kmで舗装林道に突き当たった。

さて?ツーリングマップルで現在地を確認するも縮尺が大きすぎて参考にならず判断つかない。
左1.5kmで世善桜の道標があり、右へ下れば間違いなくどこかの集落へは下りるのだろうが、実は頭の中にはずっと気になる林道があって、左へ進めばその林道へと
繋がるのではないかなとの思いで左を選択。

世善桜・・大きな桜の古木だったが勿論いまは緑の葉っぱのみ。
でも相当な山奥、こんなところまで桜見物の人がくるのかな?

ここは先に進めば下り3kmで林道御岳線に突き当たった・・・・が、もう既に自分がこの山中のどこに
居るのかさっぱり判らない。
時間も押してきたので、そろそろ山を出ようと思い右への下りを選択、しっかりした林道だから下ればどこかの集落へは出るだろう。

下り3kmで上川集落へ出た。
自分的にはエ~ッ???予測と全く違ったところへ出てきた。

過去何度か迷いながら走った記憶も併せて、この山域に網羅された林道を
もう少し自分の頭の中で整理しようと思ったが、こりゃ無理やね。
次は25,000分の1のこの地域の地図持参で来てみよう。

久万高原へ帰るにはR380真弓トンネルを抜けてかえるが、トンネルまでは
R380に平行する大平林道を7kmを進んで真弓トンネル手前に出て、
あとは真弓トンネル越えて久万高原に戻ってきた。

とある信号待ち、左へ曲がってトランポデポ地?、右へ曲がって一昨日下った
不二峰林道を遡ってもう一つの分岐で西の川線で戻って来るか?
パンクか何かあったら時刻的にはちょっとやばいけど、もうちょっと走りたい!
と、確認しておきたい!の思いが優先して、もう少し時間はあるね!と右折して
再び山中へと進む。
不二峰林道7kmでほうじが峠への林道ジヤンクション、右へ1.5kmで林道西の川
線分岐に到達。

a0143839_23211694.jpg




西の川線をそのまま下り5kmで再びR380。

その後久万高原のトランポデポ地へと戻った。


本日の走行距離 : 196km
本日のダート  : 56km


今回の四国3日間は仲間との行動が1日短くなって、あとは自身の予定を1日前倒しさせての一人旅。
自身一番の目的だった『天空の林道』にも行けたし、初めての四国カルストやよさこい峠にも行けた。
林道が網羅された『ほうじが峠』周辺は四国でも私の好きな山域で、初めての林道と思うところも
ひょっとすると過去にSSERで走ったかな?と思うところもあったり、何れにせよこの山域には
まだ楽しみと課題を残したますます興味湧く地域になった。






[PR]
by bmw-nl-60 | 2018-05-05 23:53 | ツーリング | Comments(6)

’18 GW 四国ツーリング中半

2018.04.30

皆さんと別れてからの元々の計画。
一つは『天空の林道』のような風景が広がる明神山。
もう一つは四国カルストとその周辺林道。
そのためにも次の宿泊地を西に移動したい。
昨日も行った道の駅『みかわ』か久万高原方面で宿泊地を探そう。

早朝に出発した@OG氏を送り、つづいて@ICI氏と@TNM氏の軽トラを送ってから@I氏にも別れを告げて
私もコテージを後にした。

まずは本川村から県道40に右折、いつもは長澤ダムや越裏門林道や自念子林道へ行き来するがそれより奥には
行ったことがない、今回はこの道で『よさこい峠』へ上がり石鎚山系を越えて愛媛県側に出ることにしよう。

a0143839_17044221.jpg




高度を上げれば大きな岸壁を持つドーム状ピークの豪快な山を見上げるようになり、もう登れもしないのに
山の現役の頃のように登攀意欲だけは湧いてくる。
それも徐々にガスに包まれてはカメラにも収められない。

『よさこい峠』

a0143839_17044599.jpg




地名『土小屋』には国民宿舎もあり石鎚山への登山基地とも言える場所。
人、車、バイクが一気に増えて、車のワイパーを作動さすほど雨も本降りになった。

ドライブウェーを愛媛側へ下れば、天気さえ良ければ右方向に豪快な石鎚山が見えるのであろうが、
ここでもで大きな峯の上半分は霧の中。

a0143839_17045075.jpg




R494と合流する面河付近まで下ればすっかり雨は止み青空も。
道の駅『みかわ』は車が多くてバイクの積み下ろしも考えればトランポ宿泊地には不適。

久万高原へ移動してみようと思った時にふと思い出した!
昨日も過去にも、とある林道への入口を間違えて迷い込む場所があった。
約60台ぐらいの車を停めれる広い場所にウォシュレット付きのトイレまで有って、
最高なのは誰も居ないこと。

a0143839_17045402.jpg




街中でコンビニも近くて国道からはやや奥まったところ、最高ゃない!
まずはコンビニで買い出しを済ませてから出発準備して、早々に出発する。

a0143839_17050186.jpg




出発12:00。
今日も既に午後になろうとしていることや徐々に天気も下り坂を考えれば、行きたい度合いの高い
『天空の林道‥』を目指そう。

途中で地図見ようと停車してると、キャラバンに乗る今朝別れた@H氏と遭遇する偶然も。

途中のレストランで遅い昼食にしてると、その目前の山は?
地図で確認すればまさに目的の山『明神山』、あの見えてるところが真のピークではないだろうが、
兎に角今からあの山へ登るのだ!

a0143839_17050590.jpg




何か昼飯してる間に空は若干くもり加減になってきたので、岩のオーバーハング下を通る中津渓谷も、
パラグライダー舞うスカイパークも素通りしてでも霧に邪魔されないうちの頂上を目指した。

兎に角つづら折れが延々とつづく舗装の登り、頂上まで4・5km辺りからは道幅もタイトな傾斜のあるカーブ
がつづき、右に長い林道への起点を過ぎれば直ぐ頂上直下に到達。

直下から頂上見上げれば、

a0143839_17050931.jpg




直下から『天空の林道』方向。
そうそう、この景色に来たかったんよね。

a0143839_17051371.jpg




やや日差しも陰りだしたので、先を急ぐ。
行き止まりとは聞いているが、さてどのぐらいの距離か?
林道入口近くの開けたところでの1枚。
先ほど5~6台が戻っていったので、この見える限りの景色の中に俺一人。

a0143839_17052080.jpg




道幅は車1台分ぐらい、路面は完全フラットではなくジャンプも楽しめる凹凸もあり、土に砕石混じりの
やや荒れ部分も。
画像で見える最奥のピークを過ぎても延々とトラバース気味に下る部分は更に荒れる。
終点まで約4kmで行き止まりの広場となった。

a0143839_16123010.jpg




山腹の沢からの土石流痕もある。

a0143839_16123656.jpg




さあ、もう少しで林道起点まで戻るところから頂上方向。
この写真撮ってる間に、雨こそ降ってはいないが頭上でゴロゴロと唸りだした。
その後は一目散で駆け下りた。
『天空の林道』は走り応えある往復約8kmだった。

a0143839_16124215.jpg




スカイパーク。

a0143839_16124713.jpg




中津渓谷。

a0143839_16125182.jpg



国道まで下り立てばだいぶ陽も傾き、陰の部分の走行が結構寒い。

16:30にはトランポ宿泊地に戻ってきた。
早々と夕食と晩酌(笑)も済ませたがまだ日は長い。

a0143839_16125480.jpg




何処か近くに風呂か温泉でもあればこの宿泊地は言うことなしだが、今日だけは風呂はあきらめよう。
ぶらぶらと街中を散歩して、適当にトランポに戻ってナビのTV見ながら飲み直し。
TVも消して、そのうち寝てしまった。


今日の走行距離 : 128km
今日のダート  : 8km


’18 四国GW後半は次の日記。

[PR]
by bmw-nl-60 | 2018-05-05 16:47 | ツーリング | Comments(4)

’18 GW 四国ツーリング前半

2018.04.28

日ごろお世話になっているHガレージメンバーが四国へトランポツーするという。
お誘いを受けて参加を決め、これまで一緒に四国へ行っていた私のメンバーにも声掛けしたところ、@OG氏も同行することになった。

参加トランポは@H氏のキャラバン、@H氏の軽トラ借りた@ISI氏と@TNM氏、軽バンにセロー積む私の3台で出発。
@OG氏は現地合流とのこと。

瀬戸大橋渡る。

a0143839_12301048.jpg




松山道西条ICで下り、近くのスーパーで食料の買い出し。
2泊を予約するコテージには調理道具から布団やお風呂まであるらしい。
時間に余裕ある今夜の献立はBBQ、明日の夜はすき焼き、他に朝食やなんやら・・・・
勿論お酒も!

チェックインの4:30まで時間があるので、木の香温泉に浸かって。

a0143839_12301310.jpg




宿泊地に到着。

a0143839_12301559.jpg




まずバイクを下ろして明日に備え、

a0143839_12301808.jpg




調理やベッドメイクに分かれて用意ができると、カンパ~イ!

a0143839_12302026.jpg




電子レンジや冷蔵庫まであるけど、BBQグリルはないとのことでISIさんが用意してくれたのは使い捨てグリル。
これも手軽でいいね。

a0143839_12302399.jpg



コテージの庭でのBBQも暗くなったらちょっと厄介、うまい具合に暗くなる手前でBBQは済み、あとは居間での部屋飲み中に@OG氏も到着した。





2018.04.29
1日目のスタート。

a0143839_12480569.jpg




a0143839_14551522.jpg





2台3人は明日帰るので、明日この近辺の大森川ダム周辺を走ることにして、今日は大森川周辺林道の一部を越えて久万高原方面の林道まで足を延ばそう。

奥南川林道で大森川上流へと進み、ダムを越えた次の分岐から奥大野越え林道。

a0143839_14554888.jpg





弘澤林道。
このトンネル手前でダート終了。
奥南川林道入口からここまで、18kmのダートランだった。

a0143839_14561729.jpg




一般道に下り立ち、進行方向を一瞬間違った際に@TNM氏が負傷したところ。

a0143839_12511280.jpg




四国の春の光景。

a0143839_12515745.jpg




このトンネルを越えると高知県から愛媛県へと。

a0143839_14564890.jpg




水押イショブネ林道、緩やかなアップダウンのつづく気持ちのいい森林の中のダートが12km。

a0143839_12531781.jpg




道の駅『みかわ』でお昼にしよう。

a0143839_12542299.jpg




a0143839_14571810.jpg





予定した林道の1本へのアクセスを、感でショートカットしたのが間違いで辿りつけずパス。

次なる林道由良野線で鴇田峠を越える5kmのダート。

R380を父野川沿いに西進まもなく、田んぼの中から山へとつづく父野林道へと進み延々と舗装林道がつづき、久万オートランドを過ぎてやっとダートとなる。

砕石混じりの路面は凹凸も多く、ところどころでジャプスポットとなっている。
途中、左に西の川線と不二峰林道の分岐をやり過ごして進めば県道340小田深山線のほうじが峠に到達。

さて、県道340にもその南にもダートや林道はあるが、我々はまだ延々と高知いの町のコテージまで戻らなければならない。
今来た林道を引き返し、一粒で2度おいしい思いしながら先ほどの分岐不二峰林道を下る。
本来走り易い林間ダートの筈も、いつかの大雨かで掘れ返った露岩多い上部を過ぎると、下部は快適なダートラン。

集落最奥の朽ちた民家でダートは終了。
父野川林道からほうじが峠、そしてここ不二峰林道下部終点まで18kmのダートランだった。
なんせ、折り返し時間も気になり途切れることないダートのため、写真を全く撮ってない!

さて、一部のバイクの残り燃料も気になるところだが日曜日で閉まったGSばかり。
R439池川町まで行けばGSがあるのでまずは池川町目指すも、その店も既に廃業。
なんとか持つだろうとR439からR194へ出るも、2件あるGSが廃業と日曜で休みと!
でも、もうここまで来たらコテージまでの方が近いし万一ガス欠でも他のバイクから何とかなるだろうとの考えどおり、ガス欠になることも無く帰着。

さて、今日1日の出来事を肴に、飲んですき焼き食って、いつしか皆さん深い眠りに。

a0143839_15042199.jpg




a0143839_12555175.jpg



今日の走行距離 : 218km
今日のダート  : 53km



2018.04.30

翌朝、急ぎ帰る@OG氏を見送り、昨日負傷の@TNM氏の打ちどころも一日経てば痛みも増して
今日の走りはパスすることに、ならば同行の@ICI氏も走るの止めて少しでも早く帰ろうという
ことになった。

じゃあここで解散ということになり、@H氏と私は予定より1日早い移動で、それぞれの思うところへと再びバイクをトランポへ。

a0143839_14395613.jpg



このつづきは次の日記、’18 GW四国 中半で。








[PR]
by bmw-nl-60 | 2018-05-04 15:05 | ツーリング | Comments(0)

久々のお山行き。乗り方覚えてるか?

2018.03.24

青鹿号もこの冬は殆どエンジンかけることもなかったのでバッテリーを上がらせてしまい、購入後3年過ぎたとはいえ例年並みに乗っておれば上がらせることもなかったやろね。
でもバッテリーを新品に積み替えたのでまた何年かは安心。

それほどに長く乗ってないのでお山走りはどうかな?
今日は京丹波方面へ行って見ようと、まずは家から一番近い林道に入るもなんか乗れてない!
セローってこんなPOWERあった?ってちょっと持て余し気味。


a0143839_21223181.jpg






青野のスポーツセンターでトイレと缶コーヒで休憩。

母〇の林道はいつもより少し荒れてるかな?
乗れてる乗れてないってフロントの暴れを如何にコントロールするかなんや、と今更ながらそんなこと感じながら徐々に乗れてきた。


上高地の大正池のようなところ。
こんなに水が溜まる以前はこの河原で結構遊べたが。
でも景色としてはいいね。


a0143839_21223888.jpg






暫くご無沙汰のシュガーさんに寄ってみたが、3月31日から営業しますと貼り紙が。

後川へ下る途中で舗装されて久しい曾地奥林道でひと山越えて篠山方面へ。

小野新のローソンでお弁当を買い、Fの木林道(仮称)で更に峠越え。


a0143839_21224687.jpg






ダム湖沿いのフラットダートを走ってダムで遅いお昼。
BMWのでっかいGSで何度もダム湖沿いを行ったり来たりしてる人が居た。
俺も800GS乗ってた時に何度か走ったが、更にでっかいGSは・・・・あのバラス・・・お~怖!


a0143839_21225188.jpg






立〇林道(仮称)から原山峠林道をパス、ショートカットの峠越えして須知方面へ急ぐ。
パスした林道は帰路のルートにしよう。

マーケス林道からマーケス支線へ。


a0143839_21225542.jpg






27号線を渡ってS山峠越え林道を走り再び27号線を北上して道の駅「和」で休憩。

さあ来るときパスした林道を諦め、ここまで来たらやっぱり長い長いタカタラビ林道は走っておきたいね。
本線ダートに行く前に以前から気になっていた林道入口らしきところへ入ってみた。
直ぐに行き止まりも覚悟してたが予想に反してどんどん下る。
路面レベルもそこそこ楽しめる荒れ具合。


a0143839_21230053.jpg



3Kmほど下ったところで林業作業中、「通っていいよ」と言ってもらったが聞けばここからは舗装。
このまま下ればどこへ出るのかを聞いて確認、お礼を言って本線まで登り直した。




本線はいつもながら長くてアップダウンのつづく楽しい林道、って言えるぐらいだいぶ冬の間のブランクを解消できたかな。


a0143839_21230386.jpg





a0143839_21230679.jpg






道の駅「瑞穂の里さらびき」で休憩後、デカンショ街道~後川~永沢寺~林道大根線~
吉川~淡河を経由して帰宅した。

本日の林道 : 8本
本日の走行 : 247km


[PR]
by bmw-nl-60 | 2018-03-24 22:20 | ツーリング | Comments(4)

樹氷の高野山

2017.11.19

本格的な冬になるまでに護摩壇山のスカイダート走りませんか?と
@紀州のとっさんのお誘いを@よっぱらいさんから連絡をいただき、
青鹿号をトランポして和泉方面へ、ここで@よっぱらいさんと共通の
友人@Y君と初めてお会いする方2人、そして@よっぱらいさんの5人
が合流。
紀の川沿いの@紀州のとっさんの作業場まで行って、@紀州のとっさん
とその友人、全員で7名となった。

天気予報はあまり良くもなく、気温が低いのでお山は雪かも。
高野山上の市街地で給油のあと舗装林道を更に高度を上げれば、霙(みぞれ)
が降ってきて溜まらずカッパ着用となる。

以前にも案内してもらったゴットロ林道に入るも、止まったら最後の荒れた急坂
が更に荒れていた。

一旦傾斜の緩くなったところまで何とかグリップ失わず登り切った。

a0143839_21495136.jpg



気温もどんどん下がり、霙も雪に変わった。
更に高みへとつづくつづら折れ。

a0143839_21500772.jpg




おっと!その横は崖っぷち。
a0143839_21501216.jpg




路面も雪で白くなってきたラクダの背と呼ばれる長い尾根のアップダウン。
そしてゴロゴロ道のイタツゴ林道を登って奥千丈林道の尾根(舗装)に達した。

a0143839_21502208.jpg




今から向かうスカイダート(林道川津・今西線)を望めば、稜線上は白い。

a0143839_21502658.jpg




護摩壇山までのこの舗装林道は風当たりも強く、道路わきには樹氷が綺麗。

a0143839_21503257.jpg




スカイダードを進むが、私の知ってる状況と違ってよく整備されてフラットに近い。
とはいえ、このルートの石ころは1コ1コが大きいのでそれなりにバイクコントロール
が楽しい。
勿論、谷の深さは変わらないのでスリリング。

a0143839_21503745.jpg




ほぼ林道終点付近からの眺めは最高。

a0143839_21504157.jpg




こっちへ(十津川方面)下りてしまえば、帰路は長くなる。
昼飯ぬきで走ってきたので、道端の小さな食堂で遅いお昼。

@とっさんとその友人とは紀の川付近で別れ、この方面の地理に疎い私を
大阪方面に帰るお二人がトランポデポ地まで誘導していただいた。

未だ11月半ばと安心していたが、思わぬ雪に冬到来を実感した1日やったね。


[PR]
by bmw-nl-60 | 2017-12-27 22:26 | ツーリング | Comments(2)

航さんを氷ノ山へご案内

2017.11.04
転勤で関西に在住して6年?の航さんが来春には東京へ戻るとか。
ところが氷ノ山も未だ走ったことがない!
そら関西オフローダーなら必ず走っておかなあかんでしょ!と。
何日も前からこの日の天気予報は雨、前日になっても変わらず・・・・
どうする? 「行きましょ」とのこと、ならばと加西SAに集まった
のは発起人NISSYさん、タニさん、航さん、私。

生野から林道に入るも、最近の台風や大雨でよく荒れている。

a0143839_13344311.jpg




千町峠へ上がる林道、まだここら辺では雨もなく秋のお山を楽しんだ。

a0143839_13345202.jpg




いつもの三方のサンパティオで弁当を買って、阿舎利林道へと。
阿舎利山への鞍部で休憩してたら、ポツポツと降り出した。

a0143839_13350197.jpg




29号線の道の駅はがで弁当を食べたのち、29号やまめ茶屋から氷ノ山林道へ。
坂の谷林道との出合いから本降りとなりカッパ着用。
大段ヶ平(おおだんがなる)で休憩の間も雨は横殴り。

a0143839_13350672.jpg




氷ノ山国際スキー場にて。
仰ぐ氷ノ山東尾根も霧の中。

a0143839_13351382.jpg




鉢高原スキー場のリフト下を登れば路面チュルチュルで転けてタンク損傷もあったり、
さてこの先どうする? ここまで濡れてしまえば一緒でしょ。
航さんを瀞川山の直線ダート走らせず帰る訳にはいかんもんね。
帰りを急ぐタニさんとはここでお別れ。



どしゃ降りの瀞川山直線ダートも視界悪けりゃ値打ちないね。

a0143839_13351753.jpg




鉢巻き展望台。
9号村岡の谷を挟んで対面の、蘓武岳・妙見山も霧の中。

a0143839_13352108.jpg




9号線へと下りて、道の駅村岡ファームガーデンで休憩のあと、京都方面から
奈良へと帰る航さんとは八鹿付近でお別れした。

折角ならお天気の良い時に走ってほしかったが、今年の最後のチャンスでは仕方がない。
又、関西遠征してもらって走ってもらいたいね。




[PR]
by bmw-nl-60 | 2017-12-27 15:27 | ツーリング | Comments(4)

恒例 Hガレージの1泊ツーリング

2017.10.08-09
学園祭も終わりホッとしての翌日、今年もHガレージの1泊ツーに参加。

わらわらとガレージに集合。

a0143839_12082679.jpg



お馴染みの快速ダート。

a0143839_12081028.jpg




お泊りやから急ぐこともなく、林道でマッタリ。

a0143839_12083078.jpg




宴会。

a0143839_12081794.jpg


このあとの部屋飲みは勿論、



飲みすぎた翌日の林道で、見上げればブルースカイ。
君尾山林道にて。

a0143839_12082243.jpg







[PR]
by bmw-nl-60 | 2017-12-27 12:16 | ツーリング | Comments(0)

涼しさに誘われて

2017.09.04

何かいっぺんに涼しくなったら、暫く乗っていないバイクでのお山遊びに行きたくなった。
明日から天気は下り坂、行くなら今日やね。
特に行き先も決めずに家を出たがどこに行こうがどこも久しぶり、まずは神戸から北方向へと走る。
三田を過ぎれば、西方向へと進んで奥播州から但馬方面か、東方向へと進んで京丹波方面かの決断が必要。
家を出たのも遅いから、少しは近い京丹波方面で1本でも多く林道を走ろう。

道の駅「瑞穂の里さらびき」で昼食の後、北上して峠を越えて京丹波入り。

a0143839_22510100.jpg




タカタラビ林道。

a0143839_22512339.jpg




a0143839_22512752.jpg





丹波広域基幹林道につながる支線を何本かトレースしたが、全て本線手前に施錠したゲート。

当初予定のHDS集落周辺の林道群へ向かう。
最奥のHDS線からTM線・M線で戻る方向に走るべく最奥集落のゲートまで行くも、「HDS線通り抜けできません」との看板があったので、引き換えしてHDS線とTM線のジャンクションへ下の集落から入ってみたら、やはりこちら側にも同じ看板が。
では、TM線からスタートしよう。

a0143839_22513301.jpg




a0143839_22513813.jpg




a0143839_22523216.jpg



AKS線とのジャンクションの絶景ポイントで。

a0143839_22523854.jpg




M線へと進んでの下り。

a0143839_22524292.jpg



涼しさに比例するように日の暮れるのも早い、日没と競争するように短い林道を5本つないで
三田~神戸北区へと戻ってきた。

やっぱりお山はいいね。
でも、これまでソロでも何~も怖いことってなかったけど、最近のクマの出没の多さはちょっと怖いな。
大きな動く動物がいたら”クマ??って・・・鹿が林道に寝そべってるだけでもビクビクする。
三田市に入ってからでも『クマ出没!注意!!」の看板があるぐらい。

本日の走行距離 : 283km
本日の林道   : 長短合わせて8本
本日のダート率 : 16.6 %










[PR]
by bmw-nl-60 | 2017-09-04 23:43 | ツーリング | Comments(4)

ゴールデンウィークその2

2017.05.03

奈良・和歌山の林ツーの次の週には四国林ツー、その1日後の今回はHガレージのメンバーと林道ツーリング。
この春はバイク三昧に過ごしている。

日帰りルートでのリクエストに京丹波方面の林道メインにプロデュース。
道の駅『猪名川』に集合したのは6人。
アプローチの林道をまずは猪名川方面のお山からということで、野所長谷線から裏山林道を経由してしいたけ山へ。


しいたけ山てっぺんの広場。

a0143839_17440545.jpg






しいたけ山を北側に下り、173号で篠山方面へ移動。
ゲートを開け閉めしてFの木林道(仮称)で山越へてダム湖周回ダート。

ダムで休憩。

a0143839_23420896.jpg







ポカポカ陽気な田舎道を進んでT金林道(仮称)

a0143839_17462817.jpg







コーナー入口の大きなクリークが悪さして誰かが転けるタイトなコーナー

a0143839_17461780.jpg







原山峠林道下部の広い農道、アクセルオープン3桁速度の儀式も。


林道もどきの舗装路で中山峠から南丹市の須知へ、いつものドライブインで昼食。


村上ショージ(商事)GSで給油してほどす方面へ。


今日のメンバーの一人@ICIさんと去年の暮に雪中行軍して以来。


明石線を上がり田の向い線の絶景場所。
皆「ここええとこやな~」と喜んでいただき、案内し甲斐があったね。

a0143839_17464273.jpg







山の腹をトラバース走行中の前方で@Gyoさんが転けている、怪我もバイクダメージ
も無さそう・・・・田の向い線終点でHDS線へと進む前にちょっと休憩。


@Gyoさん「さすがWRやね丈夫やわ」と言った矢先「ん・・これなんや?水?オイル?・・・オイルや!」
先ほど転けた時うまいことピンポイントでオイルフィルターカバーに岩かなんかがぶつかったらしく、
カバーにエクボがありそこからオイルが漏れている。


エポキシパテがあれば漏れは治まるが、いつも持っている私が今日に限って工具袋から
出して置いてきた。
カバーを開けて何とか応急処置が出来ぬかと・・・・・・


a0143839_17465036.jpg







名案も出ずそろそろとお山脱出、下りでまだよかったね。
最悪ロープで牽引するつもりで進んだが村上ショージGSまでたどり着いたが、このGSには何も無い。
スマホで近くのホームセンターを検索して、@Simさんが調達に行き帰ってきたら小さいサイズのパテ(ロックタイト製)やオイルを買ってきた。
モミモミして塗り込み硬化を待ってオイル足してエンジン掛ける。
一同「オ~大丈夫」の歓声で応急処置完成。


@Gyoさんは大事をとってここから離脱。

残った5人でタカタラビ林道を越えて帰る。
ガレ場の多い林道は、先ほどのトラブル思い出したらビビリ走行では却って走りにくくてどっと疲れが出たわ。


陽が長くなったとはいえ、時間も遅いのと疲れて写真がない。


18:00にHガレージに帰着した。


本日の走行 : 250Km
ダート率  : 15%


[PR]
by bmw-nl-60 | 2017-05-04 19:58 | ツーリング | Comments(2)

春の林ツーは今年も別府峡温泉から(2日目)

2017.05.01

昨日から腰が痛い痛いと言っていた@OG氏は、今日走るのを止めて朝から帰路につかれた。

さて2日目はどこへ行こうか?
相談の結果、少し遠いが大森川へ。
高知市内を抜けて仁淀川沿い194号を北上、途中でお弁当と飲み物を買って
更に北上して大森川トンネルを抜けた。

大森川へは長澤ダムからひと山越えて入ろう。
長澤林道への玄関口休場林道で。


a0143839_15492059.jpg





ガレてはいるものの幾分かは手の入った感じの長澤林道、上り切れば大森川ダム
を周回する奥南川林道に合流。
伊留谷林道の起点を右に見送り、奥南川林道は下りとなる。
途中で涼しげな滝を見つけ、お弁当を食べる。


a0143839_15514075.jpg





a0143839_15524172.jpg





下り切れば奥南川橋で対岸へ渡り、ここから湖岸沿いを走る。

ここから国道まで結構長いダートではあるが、このままこの林道群を出てしまうのは
惜しく、折角高知市内を抜けて遠路ここまで来た甲斐がない。

ダムを下り暫くで右へは奥大野越林道起点があり、そちらへと登る。
下の湖岸沿い奥南川林道に平行して高所を走る林道で、やがて弘沢林道に合流して下れば
ひと山越えたことになる。

(この間、スマホで動画を撮ったが貼り付かない・・・チクショー!)

下れば安居渓谷、渓谷沿いの集落を更に下れば439号に出る。
東進して194号に合流、往路の道順を逆に追いながら帰路とした。



仁淀川に掛かる沈下橋で。
a0143839_15565766.jpg






別府峡着17:30、バイクを積んで帰り支度してから温泉に浸かり、帰路についた。



本日の走行 : 280km
ダート率  : 18%


春の四国林道ツーリングは1泊2日で終了。









[PR]
by bmw-nl-60 | 2017-05-02 21:06 | ツーリング | Comments(2)