人気ブログランキング |

カテゴリ:ツーリング( 113 )

絶景場所でお弁当ツーリング

2019.05.04
GW後半の1日

Hガレージは今トラ車ブーム。
トラ車でガレージ近くのラ〇コ〇広場へ上がり、兵〇〇本線を進んで採石場?の上、北区北部から
三田方面を見渡す絶景場所でお弁当食べよう!ってプチイベント。

私は元々5/4-5と別件イベント予定があったが、明日5/5は家内の里の東灘区住吉神社祭礼に行こう
との要請に応えたため、5/4今日のプチイベントに参加できることになった。


スコルパ125が3台、TL125が2台と私のセロー250。


a0143839_21523345.jpg



a0143839_21212864.jpg



a0143839_21523614.jpg



a0143839_21213178.jpg



a0143839_21213429.jpg



無事、展望場所に到着。
みんなでお弁当。
a0143839_21213516.jpg


ありゃ、肝心の絶景を撮ってないがな。
(後で画像いただきました。)
a0143839_21523843.jpg



帰路は広場でコネコネや、ちょっとだけ支線に入ってみたりして。
a0143839_21523073.jpg



久々のガレ場コースで楽しかった。









by bmw-nl-60 | 2019-05-15 21:29 | ツーリング | Comments(0)

2019GW 雨男の四国ツーリング

2019.04.28 - 05.01

4/28
この春のツーリングもHガレージ仲間とトランポしての四国入り。
史上初?な10連休の前半を選択してしまったが、予報では後半のほうがよかったみたい。
ともあれ、長さん、常さん、私と、各自がトランポして好天の中を出発。
a0143839_11441481.jpg




大豊ICから一般道で早明浦ダムへ、ダム湖沿いのK17を進むも長い長い、さすが四国の水瓶
といわれるだけに容量が大きい訳だ。

大川村役場のとなりの旅館に到着してバイクを下ろした。
まだ辛うじて雨は降ってないけど、時間の問題!
a0143839_21403220.jpg




風呂に入って、夕食も猪肉、タラの芽、ウド、地元ならではの食材盛りだくさん。
a0143839_11445911.jpg





4/29 朝目覚めれば、前夜からの雨も本降り。
今回一番の目的は天空の林道、ただここからなら距離もあるしこの雨は辛く、ましてや
雨とガスで天空感はないだろう。

なら、宿から近い林道をカッパ着て走ろう。

宿から早明浦方向に少し戻って作屋敷林道へ入る。

急勾配なつづら折れでどんどん高度を上げる。
途中、前方を登るジムニーが道を譲ってくれたが、なんと神戸ナンバーだったので
一声かけて先に進んだ。

路面はフラットともガレてるとも言い難い、私の好きな自然観いっぱいの林道。
路面保護のため流水逃がしに施された道幅横切る土盛りが次々と現れ、踏切台よろしく
ジャンプするライディングがリズムよく、楽しい登りがつづく。
a0143839_11442332.jpg




大峠を越えて下りダートが舗装に変わり一服。
雨は強弱をくりかえしている。
a0143839_11443007.jpg




汗見川沿いK264を遡り、次は奥白髪山林道へ入る。

この一帯は、南側の奥白髪山と北側の工石山に連なる稜線の峠を交点として、3本の林道
が繋がっている。

終始つづら折れで高度を上げるも、勾配が落ちてほぼ稜線まで上がったなと感じたあとは、
稜線上をトラバース気味に進む。
a0143839_11442716.jpg




高度が上がって雨粒も大きくなり霧も濃くなる中、3本の林道の交点となる峠に到着。
標高は凡そ1200mぐらい?、カッパも古くては雨中のこの標高は寒いね。
a0143839_11443935.jpg



さあどう進もうか・・この交点から右(東)の仁尾ヶ内林道を下りてしまうと宿方向へは
大きく迂回することになり距離も相当長くなるし、なにより左(西)の竜王林道は走れないのは勿体ない。
ならば、時間と距離を制限して右の仁尾ヶ内林道を下ってピストンして戻ってくることにした。


制限した時間と距離、丁度8kmほど下ってコンクリート舗装が出てきだし、佇まいからほぼダート終点と
判断できたので、ここから峠の林道交点までバックすることに。
a0143839_14060994.jpg



上の峠まで戻ると、先の作屋敷林道でパスした神戸のジムニーが止まっていた。
いろいろと情報交換した後、彼は仁尾ヶ内林道を下っていった。
a0143839_21404051.jpg




さあ、我々も先を急ごう。
だって宿で朝食を食べたきりお昼はとうに過ぎている。
宿におにぎりでも頼んで持ってくればよかったなと、今ごろ気付くぐらいドラマチックツーリング
してますからね。

峠から西へ竜王林道を下り、8km付近で路面が舗装となった。
a0143839_11444495.jpg



稜線の交点でつながる3本の林道のダートはどれも8kmぐらいで、ツーリングマップルどうりだった。

汗見川沿いK264を下り切れば早明浦ダム、右折して昨日来た道のダム湖沿いK17の雨中走行で宿到着。

本日の林道  : 4本
本日のダート  : 32km
本日の走行  : 73km

天気予報では明日以降も5/2ぐらいまでは雨つづきとやら、私は5/1の夕方には用事があるので
今回はここまでと諦めて明日は帰路につくことにし、長さん常さんはいっぱい日にちがあるので
明日は道の駅『木の香温泉』に移動してチャンス待ちすることにした。



4/30 
今日は帰路につくと決めててもやっぱり未練がましくスマホで天気予報を見てしまう。
それも宿の窓からは昨日とは大違いの時折青空も見えるええ天気やもん!
するとスマホで、ん?んんん・・・・午前中は降水確率20%とな?


行ける!行けるで! 天空の林道、中津明神山。
帰りは雨でもええやん!
これは千載一遇のチャンスかも。

宿の見送りを受け、私は帰るのを止めてトランポ3台は道の駅『木の香温泉』へと急ぐ。
移動中も気持ちの良い太陽の日差しが。



道の駅『木の香温泉』に到着。
a0143839_21404381.jpg



着替えもそこそこにバタバタと用意して出発。

しかし、10kmほど南の長沢の信号待ちでシールドにポツポツと!嘘や~ん!
3kmほど進んだ大森トンネルに入るときは結構降っていたが、「ここは一番高いとこ、
トンネル抜けて下れば止んでいる」と自分に言い聞かせて進む。

まんざら外れでもなく、下がるほど良い兆しが見え隠れ。


R194からR439へと池川町方向へ進めても、まだカッパ無しでも平気なぐらい。
R33仁淀川町に入り給油も済ませ、いよいよ中津川渓谷から登りはじめたら来ました。
結構な降り方、スカイパークまで上がって、もうあきません!
屋根のあるところでカッパを着ました。

ところで、このスカイパークに入ったところで道路の右端に綺麗な雉(きじ)の置物が・・・・
と見えたのですが、それが動く! えっ本物の雉?
バイク停めて、降りてチョッカイだしても逃げない!
グローブで手を出すとそれをつついてくるし、ブーツもつついてくる!
a0143839_22055223.jpg



a0143839_11451523.jpg



a0143839_22055405.jpg

カッパ着るのに移動しても付いてくる。
バイクが走ると飛ばずにチョコチョコと早足で追っかけてきた。


カッパ着て大正解!
雨と霧の中、タイトなターンを繰り返しやっと明神山頂上まで来た。
a0143839_11451777.jpg



天空の林道へと進むも雨と霧の中では天空感がまったく無い。
でも、一瞬!本当に一瞬、尾根の鞍部で左から右へ風で霧が流れ、ほんの少しの天空感。
先へ進んで、振り返っての一枚。
a0143839_11452017.jpg



しかしその後、雨は激しくなる一方でなんとか片道4.5kmの林道終点。
a0143839_11452355.jpg



天空の林道を往復してそそくさと下山します。
スカイパークまで下りて、建物の軒下借りてお弁当にしました。
雉さんにまた少しちょっかい出したら追っかけてきました。
可愛くて可笑しくて、笑いが止まらない。
雉やヤマドリは縄張り意識が強くて、よそ者を追い払う習性があるとも聞きましたがそれででしょうか?

なにはともあれ退散です。
おかしいな??今日せめて午前中だけでも20%のはずやねんけどな?
雨男の私の移動に合わせて20%が動いて、私の頭の上が常に降水状態?
私の居るとこ以外は今日の場合は80%?ってか!


トランポ置いた道の駅『木の香温泉』に戻り、冷えた体を温泉で癒します。
勿論、その後はレストランで食事と生ビール!おかわり何杯した?
a0143839_11452517.jpg

天気悪かったけど、行って帰ってきて飲んだらそら何でも最高の気分やわな!!


さて明日5/1以降、私は朝から帰路に着けば夕方の用事には間に合う。
長さん、常さんも、「雨とはいえ・・天空の林道も行ってしもうたしな・・・」
天気よくなるまで待つのもなァ・・・

で、行きと同じく3台で明日は帰ります。

そうと決まれば、雨を避けてキャラバンのアオリの下で飲み会。
a0143839_11452765.jpg


いつしか私も自分のトランポに戻って「おやすみなさ~い」
a0143839_11453088.jpg


5/1 
朝から撤収。
世間のGWはまだ真っ最中、それほど渋滞もなく14:00ごろには帰宅できました。

本日の林道    : 1本
本日のダート  : 9km(天空の林道の往復のみ)
本日の走行距離 : 110kmぐらいかなァ?











by bmw-nl-60 | 2019-05-15 16:09 | ツーリング | Comments(2)

バイクでお山、雪遊び

2019.01.13

新年4日にソロで走り初めしましたが、いまの体調も考慮して寒い朝を避けてお昼出発としたため、
標高の高いロングトレイルまで行けず、雪中走行はお預けでした。
(もっとも、いまの体調ではハ~ハ~するお山はソロでは危険)

そこへいつもの相棒T氏より「としちゃんも一緒にどっか行こか」の連絡あり。
2つ返事で参加決定。
年始に来てくれた甥っ子セロー乗りも、「行きたいな」と言っていたので誘っての参加。

上手い具合に冬型天気は昨日まで、今日は暖かくなるとか。

集合場所の淡河道の駅には、3連休なか日の好天とあってバイクが多い。

目標のお山を京丹波の「〇ドス」の林道と決め、ほぼ私が先週走ったルートのうち遠回りに
なる何本かのダートはパスして、出来るだけ早く目標のお山へ急ぐことにする。

まずは、三田奥の林道(アスファルトも隆起陥没の荒れ荒れ林道)で大池まで。
先週以後、雪が降ったようで残雪がチラホラ。
a0143839_14292017.jpg





み〇ま〇ダムへと続く、林道FK線(仮称)入口ゲート入って。
峠を越えて雪解けチュルチュルの下りで甥っ子は一瞬危うかったとか。
a0143839_14292317.jpg




ダムサイトには何台かのお仲間がおられたが、会釈だけして先を急ぐ。

先週通った森の回廊(仮称)をパスするショートカットロードで9号線須知のドライブイン丹波屋へ、
11:30ちょっとお昼には早いが、ここを逃すとまともに昼飯食うところはないので早や昼とする。

さて、雪や凍結があることを想定すれば、てっぺん付近に舗装がある火の〇線は避けて、
下から忠実に田の向い線へと上がる明石線を選択。
明石線の中間付近の吹き溜まり箇所から雪中走行となるも、陽の当たる鉄塔まで登れば
雪はチラホラ。
a0143839_14292662.jpg




田の向い線の稜線近くを進めば、少しづつ高度を上げるにつれて雪も深くなってくる。
雪面の起伏を見れば、積もった雪にトレース痕が、そしてその後に降った雪がその上に
被っており、残されたトレイルは獣の足跡のみ。
降って何日か経過しているので水分多く重い雪は進行を阻む。
まずは、前にトレイルが無く後ろにトレースが残るので気分は良い。
a0143839_14293305.jpg




a0143839_14292813.jpg




a0143839_14293551.jpg




a0143839_14293081.jpg




でも、重い雪はハンドリングにも抵抗大きく、バイクのバランスコントロールしながら
先頭のラッセル役は、ガラスの心臓抱えたいまの24Gにはきつく、天を仰ぎ大きく息を吸い、
絞めつけられる胸を抱えて何度も立ち休憩。

甥っ子は初めての雪中走行で最初は恐る恐るだったが、要領をつかんだかハ~ハ~する24Gを
見かねた甥っ子は横に新たなトレイルを掘りながら、ラッセル役交替とばかりぐんぐん進んで行く。



最高地点を越え下りだせば徐々に雪は減り、やがて終点ゲートに下り立った。
a0143839_14293749.jpg





やれやれ、何とか雪のホ〇ス線走破できました。



帰路には前々からちょこちょこ耳にしてた気になる未知の林道へ。
2~3km走って分岐が現れたところで、もう時間も時間、どっちを選択しても何処へ
つづいているのかだけを確認して終わりにするべく片方へ侵入。
沢沿いを遡り、荒れがひどくなってきた直ぐ先で行き止まり。
a0143839_14294030.jpg




林道としては林間のダートなワインディングは面白かった。
もう一方の林道はまた今度の楽しみ。



最後は林道原山峠線をかけ上り、デカンショ街道、後川、吉川を経由して淡河道の駅の
振り出しに戻って解散。


本日の林道 : 長短や往復も合わせて11本。
本日の走行距離 : 258km


一昨年の夏に治療した狭心症、もう治ったと思っての1年半やったけど、もうちょっと
人生楽しませて欲しいので何でもやります。
医師の診断では再治療、多分来月のいつにやるかを今月末に決める。

あんな最高の遊びのシチュエーションで胸抱えての不自由さはご免や!
メンテナンス終了後の心臓に期待。








by bmw-nl-60 | 2019-01-14 17:13 | ツーリング | Comments(8)

2019 林道走り初め

2019.01.04

ゴロゴロウダウダと過ごす新年。
体と頭を目覚めさせるのはやっぱりバイクに乗るのが一番。

去年秋ごろからの体調の違和感が余計にゴロゴロとさせている。
体調を考え朝の寒い時間帯を避け、お昼に家を出る。

今日は連れもいないソロだし、無理のないフラットな林道中心のお山遊び。

まず、家から近いアムール林道。

a0143839_23162865.jpg





篠山方面へ抜けるため、母子の林道。
昨年の豪雨の影響だろう、土が流され岩の露出が多い。
車を対象とするなら、林道入口の通行止めの看板も納得できる。

a0143839_23163117.jpg



舗装道路までも陥没と隆起の連続で、まるで地震の痕のような波打つ路面。
舗装の下にまで水が流れ込んでの仕業だろうか?ここだけじゃなく結構長い区間で
何ヶ所もある。
こうなると、舗装道路でも走るのがオフロード並みに面白い・・・は禁句?

a0143839_23163466.jpg





登り切って大池へ、こんな底まで見えるぐらい水のない大池を始めて見た。

a0143839_23164184.jpg



a0143839_23164411.jpg





永沢寺から後川へ下り、K12号でデカンショ街道を経由して林道FK線(仮称)。
峠を越えての下りは整備で均され、最近積もった雪が解けたためチュルチュルの下り。

a0143839_23164756.jpg





ダム湖周回ダート。

a0143839_23165028.jpg






森の回廊(仮称)入口。

a0143839_23165286.jpg



切るか除けるかの始末はされているが樹林帯に入れば倒木が多い。
雪解けでウエットな路面と谷側ギリギリのライン走行な部分も多く、
仲間がいたならスッとパスできそうなところも用心してバイクを降りて押して
通過するところも。

a0143839_23165716.jpg



a0143839_23165959.jpg


バイクを押す場面では、最近の体調不良の原因でもある胸の苦しさもやや感じて、
休憩しながらの倒木越えなどでなんとか森の回廊を走破。




林道原山峠線、峠の切通しで。

a0143839_23170133.jpg





中山峠を越えてR9号からマーケス林道(仮称)

a0143839_23170470.jpg


倒木箇所も路面の荒れも整備され走り易くなった分、ウエットではややスリッピー。




林道七山線(仮称)へと繋ぎ、そろそろ引き返すべくもう一度マーケス林道を復路とした。

陽も傾き西陽を正面に受け帰路を急ぐ。
原山峠線も復路として登り、デカンショ街道~三田~神戸北区へと日没と競争しながらのロングランとなった。



本日の林道:長短合わせて10本。
本日の走行距離:221km








by bmw-nl-60 | 2019-01-05 00:21 | ツーリング | Comments(4)

但馬北部ツーリング

2018.11.04

ブロ友のchiharuさんからお誘いいただき、ほぼ1年ぶりの但馬方面。

集合は八鹿の道の駅「但馬蔵」に9:00。
さすがに但馬通のライダーさんプロデュースらしい、集合場所と時間です。

トランポでとも思ったが、知らない道の駅で車デポが可能かどうかもわからないので
自走することにした。

私にすればきっと今年最後の但馬ツーになるだろうし、久々の北部但馬で多分お初の
林道も案内いただけるのだろうと思えば、早寝するにも遠足の前のようにワクワクして
なかなか寝れなかった。

6:00に出発して舞鶴道から豊岡道とつなげば、途中で朝食をとっても2時間半ぐらいで
到着した。

今日のメンバーはオフ系ブログでよく目にするハンドルネームの、chiharuさん意外は
初対面の方々ばかり、まず既に到着されていた苦楽園4号さん、おいおいさん、AMAさん、
とご挨拶するうちに高山長さんとchiharuさん、そして今回の発起人A熊さんも到着。
a0143839_17441946.jpg





道の駅を出てR9を北上、弁当仕入れと給油も済ませ更に北上してR9に別れワインディングで
登れば柤大池。
a0143839_17442347.jpg






尚もワインディングがつづき、牧場公園なども通過する。
これほど北の山でも、紅葉にはいま少し早いか。
a0143839_17442730.jpg





快調なペースでリードいただく高山長さんを追うも背中は見えず、追うのに必死になっていたら
路面はダートに変わり、掘れかえった溝に嵌ったバイクを救出中の別のグループが居たぐらい、
大荒れの箇所も途中にあった。
そこからやや高度を上げ、先ほどの難場を俯瞰するところで休憩。
a0143839_17443087.jpg





次なる林道は16kmあるらしい、中辻備前畑林道。
グリップも良くてどこまでも走っていたいような気持のよい林道。
一面のすすき、もう少し陽があればなあ。
a0143839_17443785.jpg





お昼にしましょと上山高原へ、紅葉見物やハイカーの人が多い。
苦楽園さん一押しのスペシャルコースがあるらしいが、今日は自粛。
a0143839_17444001.jpg



a0143839_17444420.jpg






R9の千谷へと下り、今度はR9を南下。
とある交差点を左折して入った先は竹〇甚〇細〇谷とやらの林道。
これは地元ライダーのみぞ知るような、あまり走られた痕跡のないチュルチュル系。
林間では景色を楽しめる訳でもないが、知る人ぞ知る的なところがミステリーめいて、
こんなレアな林道好きですわ。

一旦終点のNTT管理道路に出て休憩。
a0143839_17444749.jpg





NTT管理道路の舗装路を少し下れば○○林道にドン突き、ところが〇〇何?林道か忘れたを左折。
ん~?もう1本走り易い林道、これも快適な林道でした。
たしか・・・草太林道・・だったか?

集落まで下ればバイクの墓場のような場所(失礼、商売止めたバイク屋?まだやってる?)。
それにしても物凄い数の旧社の山。

さあ最後は何処へ?の話から、chiharuさんのリクエストで苦楽園さんお勧め某絶景ピークへと
ご案内いただく。
R9と別れ、某スキー場民宿街から山道へ、コンクリート道路はどんどん傾斜を増し下手すると捲くれそう。
コンクリートが終わればしっとり土路面と縦横無尽にラインがとれる刈られたばかりの草原を進めば、
いきなり目前に絶景が!
う~ん、もう少し晴れてくれてたら最高やね。
a0143839_17445048.jpg



さすがchiharuさんは、ほかのお仲間を案内してこの翌週にも来たとか。




さあいい時間になってきました。
山を下りて、今朝集合した道の駅「但馬蔵」へと戻ります。

・・・と?後からホーンが!
AMAさんがパンクのようです。
でも、いくら探しても釘を拾った形跡もなく、どうやらチューブレスのビードからのエア洩れのようです。
チューブレスでも穴じゃないならパンク修理剤も使えず、ちょうどchiharuさんがリヤチューブを
持っていたのでそれを入れて1件落着。
a0143839_17445317.jpg




記憶を辿って日記にしたが、はてさて道順は合ってるかいな?
まもなく但馬も雪になり、この日案内いただいたルートをおさらいするのは来年春以降になるだろう。

それにしても、さすが地元の高山長さん、準地元並みの苦楽園4号さん、ブログ拝見どおりの但馬通振りで
美味しいところをご案内いただきました。
まだ暫し、長距離ツーは耐えれます。というよりこの先は?この先は?の好奇心のほうが勝ってるかな?
GPS駆使するなんて芸当はできませんが、アナログでマップの尾根筋、沢筋、等高線を追うのが好きです。
高山長さん、苦楽園4号さんの脳裏の一部でもまたご案内いただければ嬉しいです。

皆さんお疲れ様でした。

by bmw-nl-60 | 2018-11-15 22:51 | ツーリング | Comments(8)

恒例ガレオゾ(Hガレージ)ツーリング

2018.10.07 - 08

恒例のガレオゾツーですが、今年は福井国体があるため、例年利用する宿も含めて小浜と
その周辺では宿が取れず、幹事さんのご苦労のお陰で少し大浦半島へと進んだ海岸べりの
宿が取れました。


Hガレージに集合したのは今年はやや少なめの5人、もう一人はクロスカブをトランポして
福井へ直行の、計6人の1泊ツーリング。
a0143839_14431232.jpg




三田から篠山を経由して、まずはタカタラビ林道。
a0143839_14431711.jpg





道の駅「和」で昼食後、雨が降り出し私はカッパを着るが着たら止んでいた。
林道火の〇線から田の向線へと繋ぎ、お約束の鉄塔。
a0143839_14501777.jpg




仏〇線とのジャンクション、ここまでなんとか持っていた雨が降り出し、全員がカッパを
着ることに。
a0143839_14502334.jpg




仏〇線も倒木や土砂崩れで長く走れていなかったが、久しぶりに走り抜けれた。
a0143839_15282838.jpg




府道12からR162、北上して堀越峠旧道線。
雨中の走行ということもあったが、ここ最近の台風の影響だろう路面の荒れ具合はかなり。

道の駅「名田庄」で小休憩。

林道谷生大滝線で小浜方面へのショートカットしたいが今日はもう時間も押し気味、最近の
路面の荒れようを考えると退却の可能性もあり、大人しく一般道で宿へと急ぐことにした。



海岸沿いのR27から北へ半島の山をワインディングでいくつ越えただろう。
海を見下ろす急坂を真っ逆さま(そんな感じ)に下の集落へ下れば、まさにウオーターフロントなお宿。
湾内の対岸真正面に大飯高浜原発が鎮座する。
a0143839_15493709.jpg




順番に風呂で汗を流し、待ちに待った宴会。
a0143839_14502908.jpg


宿の主人の挨拶?自慢話?な飛び入りもあったりしながら酔いも回る。
ZZZZZZZ



翌日の10/8はカッパはいらないいいお天気。
宿の主人に送られて出発。
a0143839_14503406.jpg




トランポ参加のクロスカブさんは一足早く出て小浜市内にトランポをデポ、今日のメインの君尾山林道のみ
同行するため、R27で待ち合わせた。



ひょっとすると君尾山も何らかの台風被害で通行止めもあるかと懸念したが、林道入口には何の警告もなし。
進んでみても特に荒れは感じないので、「これは行けるね‼」と喜んだのもつかのま土砂崩れでで行く手を遮られた。


う~ん・・・・上の不安定な岩に注意しながらちょっと歩いて上がってみる。
よっしゃ!進むライン上に小さな岩なんかちょっとあるけど、ラインは粘土質でやや溝状になっているので、
よほどバランス崩さないかぎりラインを外して下へ落ちることはないね!

ちょっと行ってみるわ!
ただ、上部の不安定な岩だけは落ちてこんか見とってよ。
a0143839_14504174.jpg




行けたよ!
つづいて越えて下って来るXR600のSさん。
a0143839_14504488.jpg




クロスカブも越えます。
a0143839_14504786.jpg




みんな無事通過、終点までまだ少し楽しい林道ランがつづきます。
a0143839_14504932.jpg




終点のキャンプ場に到着・・・?
炊事場やトイレの建物がない? もうキャンプ場じゃなくなったのかな?
a0143839_14505201.jpg


山を下りて、小浜にデポしたトランポへ戻るクロスカブさんとはここでお別れ、お疲れさまでした。



さてこの先は、昨日仏〇のお山某所で「ここから下る道があるらしい」なんて話から、「知らん道は
登りが安全やね」なんて話になり、前からめぼしを付けていた里のはずれから登ってみる。

急なコンクリート坂が切れて、さらに急なダートに変わる。
先頭の私は急坂つづら折れの三つ目のターンしたところで深い溝にラインを取る。
凹んだとこに嵌っていればバランス崩しても落ちることはない!・・・・が!
その直ぐ頭上に行く手を遮る倒木が・・・・・

狙ったこの道に間違いはなく、どうみてもてっぺんまであと僅か。

残念ながら倒木では仕方ない、この態勢不安定な場所で倒木越えは無理やもんね。
三つ目のターンのテラスまで後ろ向きに下るのも一苦労。
a0143839_14505496.jpg




その後、全員がコンクリート道まで下り立ち、トロトロと全員で敗者の道を撤退するのであった。(笑)
a0143839_14505967.jpg


(その後(11/4)の情報では倒木は処理されたとか!じゃ次は行けるかも)




若干の消化不良を、次のショートダート繋ぎで補うべく京丹波方面へ。

七山峠(仮称?)林道は完走、残るはマーケス林道(仮称)。
アチャーここで?
a0143839_14510291.jpg




ならばと挫けず別方向から侵入して完走。
本日の林道ラン終了。


道の駅「瑞穂の里さらびき」で休憩後は一目散の帰路ランの結果、ガレージに16:00帰着。
今年も無事に恒例のツーリングは、林、食、飲を堪能して終了しました。
参加の皆さんお疲れさま。

今回不参加の皆さん、是非次回はご一緒しましょう。





by bmw-nl-60 | 2018-11-05 17:31 | ツーリング | Comments(4)

台風と豪雨後の京丹波方面

2018.0813(月)

先月7/28に予定していたHガレージメンバーとのツーリングは
台風接近で中止となった。

仲間内掲示板では、じゃぁいつ行きますか?となっていたもので、この日ダメって
人も一部いたのですがお盆休みのこの日に決まって行ってきました。

集合場所の猪名川道の駅にはGYさんとそのお連れの若人な男女2名。
ガレージ集合でここまで来たのは私含む3名、今日は6名でのツーリング。

まず直近のポピュラーなお山は先月の豪雨以来(・・と思う)通過不能の情報もあり、
しいたけ山から今日のお山遊びをスタートした。

元々結構ガラガラとした路面だが、これまでよりはちょっと荒れてるかな・・・な登り。
a0143839_18265351.jpg



a0143839_18265619.jpg



こんな土砂崩れ倒木箇所も2か所。
a0143839_18265996.jpg



いつものてっぺんの広場、いつも誰か居るんだけどお盆やから?暑いから?か誰も居らん。
a0143839_18270170.jpg



173号線はらがたわトンネルを北へ越えてもその南方向もこの先通行止めの看板があり、
るり渓方面へと迂回して372号線で篠山方面へ。
被害はお山だけではないですね。

FK集落から林道でひと山越えてダム湖周回ダートを走る。
a0143839_18270496.jpg



a0143839_18294741.jpg



森の回廊や原山峠林道などパスするショートカットルートで9号線須知のドライブインで
お昼とした。


昼食後はマーケス林道から七山越え林道を楽しみ、道の駅『和』方面へと進む。
今日はHDS林道へのアプローチを林道Hの口線とした。
路面の荒れ具合はいつもと変わらず、特に豪雨の影響もなし。
林道田の向い線へと下り林道明石線とのジャンクションの鉄塔へ。
a0143839_18294967.jpg



林道HDS線とのジャンクションからHDS線を登りで進むも、これまで林道崩落、倒木、林道流失など
何らかの障害があったので完通するのは何年ぶりやろ。


さて、再度村上ショージに戻り隣のローソンで休憩、若人二人はもう腕に力が入らんとやら
もうお腹いっぱいそうだが、やっぱりタカタラビ林道越えて帰ろかね。

若人の一人の娘さんは、子供のころからお父さんにオフロードバイク教えて貰っていたとか、
流石に少々の荒れた登りも下りもペースも落とさず遅れもせずちゃんと付いてくる。
この娘・・・・速いなァ・・・・
バイクの暴れもアクセルとボディーバランスで上手くコントロールして走っているのが、
なるほど後に付いて走ってみると良くわかった。


約10kmのタカタラビ林道を抜けたところで。
a0143839_18295249.jpg



途中パラパラとシールド湿らす程度の雨や、終始くもり空のやや蒸し暑い感じでもあったが、
この時期カンカン照りのジリジリ焼かれること思えば、いいツーリング日和だったかも。
早く涼しくなってもっとあっちこっち行きたいね。







by bmw-nl-60 | 2018-08-22 19:50 | ツーリング | Comments(4)

久し振りのバイクでお山

ちょっと前のツーリング日記

2018.06.17

昨夜はHガレージのメンバーでの飲み会だったため、やや遅めの目覚め。

a0143839_15344784.jpg




今日は特に予定もないので、久し振りにバイクでお山へ行こう。
途中の道の駅で給油して、携帯に着信があったのでそれに対応して、
その話の内容をあれこれ考えながら出発。

ジャケットのベンチレーターを全開しているからか、今日は以外と涼しいなと思いながらの走行。
出発が遅いので高速で北上すべく10kmほど走って中国道に入り、そして舞鶴道へと進んだところで
ジャケット内を抜ける風がえらい涼しいなと感じた瞬間!・・・・あっ、リュック背負ってない!

そう道の駅のベンチに置いたまま、携帯での会話の内容に思いを巡らせながらバイクに乗って発進して、
ここまで来て余りの涼しさと身軽さに気づいた訳。

貴重品はジャケットのポケットに入れているので、大きな心配はないが予備のチューブやポンプが入っている
ので、とりあえず次の神戸西ICで出て入って後戻り。
20km戻った道の駅のベンチにリュックはそのままポツンと残っていた。
結局、元々出発が遅い上に40km/1時間をロスしてしまった。


舞鶴道福知山ICで降りて由良川沿いに和知方向へと進み、林道火の口線から〇主のお山へ。

a0143839_22010930.jpg




a0143839_22011311.jpg




いつもの鉄塔。

a0143839_22011765.jpg




林道田の向線を流して、分岐点から林道〇主線へと進めば、暫く豪雨で林道寸断されていたところも
補修されて今日は行けるなと思ったところで目前に大きな倒木。
バイク寝かして倒木を潜り、倒木向こうの沢ギリギリを押して行って行けなくもないが、今日は一人と
諦めて退却、〇主のお山を出た。

a0143839_22012162.jpg




給油とコンビニでの小休止のあと、七山峠越え。

a0143839_22012570.jpg




マーケス林道の倒木を抜ける

a0143839_22012879.jpg




林道原山峠線を下から行くも、えらく綺麗に整備されている。
ここも間もなく舗装されるのかな?

a0143839_22013265.jpg




森の回廊(仮称)へと進むも、まるで倒木の回廊。
誰かが始末してくれているので通過はOK。

a0143839_15330716.jpg



a0143839_15331911.jpg



a0143839_15332357.jpg



み〇ま〇ダムまで帰ってきた。
ダムで小休止して湖岸ダートから林道Fの木線(仮称)。
出口のゲートをキチンと閉めて、本日の林道ツーリング終了。

a0143839_15333292.jpg





三田方面母子へと登り、おまけの林道大根線を下って今度はほんまの終了。

a0143839_15343444.jpg




帰りにもう一度道の駅に寄ってお茶休憩。
今度はもう何も忘れてないよねを確認して、もうひとっ走りで帰宅した。

本日の走行距離 : 298km
本日の林道   : 9本






by bmw-nl-60 | 2018-07-16 15:31 | ツーリング | Comments(0)

’18 GW 四国ツーリング後半

2018.05.01

昨日は早くから寝てしまったので目覚めも早い。
明日5/2は確実に雨の予報、それなら今日の行動を終えたらここを撤収して帰路につくことにしょう。
5/2未明には帰宅できるだろう。
そうと決まれば撤収の準備だけ済ませたら、お湯を沸かしてコーヒーだけ飲んで今日のツーリング
に出発。
今日はカルストへ行ってその付近の林道を走り、県道小田深山線を北上して、いつも迷路に迷う『ほうじが峠』
周辺の林道を1本づつ確認しながら走ってみよう。

R33を南下してR440へと進む。
地芳トンネル手前を右折して地芳谷川沿いに上り地芳峠へ。

姫鶴平手前の草原で。

a0143839_22513500.jpg




姫鶴平や五段高原の四国カルスト。

a0143839_22513879.jpg




a0143839_22514256.jpg




a0143839_22514524.jpg




a0143839_22515271.jpg




天狗高原の天狗荘にて。

a0143839_22520415.jpg




この後これを下って林道へ。

a0143839_22520180.jpg




朝はコーヒーだけだったので、ちょっと早いお昼ごはん。

a0143839_22520698.jpg




天狗高原からワインディングを下りての林道。
こちら側は終点になっているということは、出口は起点ということやね。

a0143839_23255882.jpg




a0143839_23205115.jpg




a0143839_23205488.jpg




さっき通ったカルスト台地の風車が見える。

a0143839_23205914.jpg



地芳峠やや下のワインディングに出てダート終了。
10kmの林道だった。



さて帰り道だが、来る時は地芳峠川沿いの道をクネクネと登って来たが、それをショートカット
するような林道マークが地図にある。
それらしき林道へ入ってみる。
石船谷線というらしいが入口からあまり人の入った痕跡を感じない、路面は草生してところ
どころでトレールを見失うことも、尚も下れば露岩して土手が部分決壊の箇所もある。

a0143839_23210558.jpg




何かあれば来た道を引き返せるかの判断を繰り返しながら更に下りつづけた。

a0143839_23210751.jpg




5km近く下れば田畑も現れて集落が近いことも判り、抜けられたなと感じたところで綺麗な滝があった。

a0143839_23210924.jpg




抜けれたことに安堵してゆっくり写真など撮ったりしながら周囲の景色を見ていたら、
なんと目前の木の上にクマ棚があるのを見つけ、慌ててこの場を去った。

石船谷線~川成線と名前が変わり、全線で5kmの下りダートだった。



県道340小田深山線もダート部分が結構あってダート部分合計すると3~4kmぐらいあったような・・・。

森林帯を抜けると急に目前に広がる光景。
山腹には作業道が延々とつづいているが、こりゃ入ったらアカンでしょ!

a0143839_23211384.jpg




『ほうじが峠』からは一昨日走った林道を1km進んだところで左折して下り2kmで舗装林道に突き当り、
右へ下れば北地林道で野村集落へ下るのは過去に経験済み。
気になる左へ登れば直ぐにダートになって、登って下っての6kmで舗装林道に突き当たった。

さて?ツーリングマップルで現在地を確認するも縮尺が大きすぎて参考にならず判断つかない。
左1.5kmで世善桜の道標があり、右へ下れば間違いなくどこかの集落へは下りるのだろうが、実は頭の中にはずっと気になる林道があって、左へ進めばその林道へと
繋がるのではないかなとの思いで左を選択。

世善桜・・大きな桜の古木だったが勿論いまは緑の葉っぱのみ。
でも相当な山奥、こんなところまで桜見物の人がくるのかな?

ここは先に進めば下り3kmで林道御岳線に突き当たった・・・・が、もう既に自分がこの山中のどこに
居るのかさっぱり判らない。
時間も押してきたので、そろそろ山を出ようと思い右への下りを選択、しっかりした林道だから下ればどこかの集落へは出るだろう。

下り3kmで上川集落へ出た。
自分的にはエ~ッ???予測と全く違ったところへ出てきた。

過去何度か迷いながら走った記憶も併せて、この山域に網羅された林道を
もう少し自分の頭の中で整理しようと思ったが、こりゃ無理やね。
次は25,000分の1のこの地域の地図持参で来てみよう。

久万高原へ帰るにはR380真弓トンネルを抜けてかえるが、トンネルまでは
R380に平行する大平林道を7kmを進んで真弓トンネル手前に出て、
あとは真弓トンネル越えて久万高原に戻ってきた。

とある信号待ち、左へ曲がってトランポデポ地?、右へ曲がって一昨日下った
不二峰林道を遡ってもう一つの分岐で西の川線で戻って来るか?
パンクか何かあったら時刻的にはちょっとやばいけど、もうちょっと走りたい!
と、確認しておきたい!の思いが優先して、もう少し時間はあるね!と右折して
再び山中へと進む。
不二峰林道7kmでほうじが峠への林道ジヤンクション、右へ1.5kmで林道西の川
線分岐に到達。

a0143839_23211694.jpg




西の川線をそのまま下り5kmで再びR380。

その後久万高原のトランポデポ地へと戻った。


本日の走行距離 : 196km
本日のダート  : 56km


今回の四国3日間は仲間との行動が1日短くなって、あとは自身の予定を1日前倒しさせての一人旅。
自身一番の目的だった『天空の林道』にも行けたし、初めての四国カルストやよさこい峠にも行けた。
林道が網羅された『ほうじが峠』周辺は四国でも私の好きな山域で、初めての林道と思うところも
ひょっとすると過去にSSERで走ったかな?と思うところもあったり、何れにせよこの山域には
まだ楽しみと課題を残したますます興味湧く地域になった。






by bmw-nl-60 | 2018-05-05 23:53 | ツーリング | Comments(6)

’18 GW 四国ツーリング中半

2018.04.30

皆さんと別れてからの元々の計画。
一つは『天空の林道』のような風景が広がる明神山。
もう一つは四国カルストとその周辺林道。
そのためにも次の宿泊地を西に移動したい。
昨日も行った道の駅『みかわ』か久万高原方面で宿泊地を探そう。

早朝に出発した@OG氏を送り、つづいて@ICI氏と@TNM氏の軽トラを送ってから@I氏にも別れを告げて
私もコテージを後にした。

まずは本川村から県道40に右折、いつもは長澤ダムや越裏門林道や自念子林道へ行き来するがそれより奥には
行ったことがない、今回はこの道で『よさこい峠』へ上がり石鎚山系を越えて愛媛県側に出ることにしよう。

a0143839_17044221.jpg




高度を上げれば大きな岸壁を持つドーム状ピークの豪快な山を見上げるようになり、もう登れもしないのに
山の現役の頃のように登攀意欲だけは湧いてくる。
それも徐々にガスに包まれてはカメラにも収められない。

『よさこい峠』

a0143839_17044599.jpg




地名『土小屋』には国民宿舎もあり石鎚山への登山基地とも言える場所。
人、車、バイクが一気に増えて、車のワイパーを作動さすほど雨も本降りになった。

ドライブウェーを愛媛側へ下れば、天気さえ良ければ右方向に豪快な石鎚山が見えるのであろうが、
ここでもで大きな峯の上半分は霧の中。

a0143839_17045075.jpg




R494と合流する面河付近まで下ればすっかり雨は止み青空も。
道の駅『みかわ』は車が多くてバイクの積み下ろしも考えればトランポ宿泊地には不適。

久万高原へ移動してみようと思った時にふと思い出した!
昨日も過去にも、とある林道への入口を間違えて迷い込む場所があった。
約60台ぐらいの車を停めれる広い場所にウォシュレット付きのトイレまで有って、
最高なのは誰も居ないこと。

a0143839_17045402.jpg




街中でコンビニも近くて国道からはやや奥まったところ、最高ゃない!
まずはコンビニで買い出しを済ませてから出発準備して、早々に出発する。

a0143839_17050186.jpg




出発12:00。
今日も既に午後になろうとしていることや徐々に天気も下り坂を考えれば、行きたい度合いの高い
『天空の林道‥』を目指そう。

途中で地図見ようと停車してると、キャラバンに乗る今朝別れた@H氏と遭遇する偶然も。

途中のレストランで遅い昼食にしてると、その目前の山は?
地図で確認すればまさに目的の山『明神山』、あの見えてるところが真のピークではないだろうが、
兎に角今からあの山へ登るのだ!

a0143839_17050590.jpg




何か昼飯してる間に空は若干くもり加減になってきたので、岩のオーバーハング下を通る中津渓谷も、
パラグライダー舞うスカイパークも素通りしてでも霧に邪魔されないうちの頂上を目指した。

兎に角つづら折れが延々とつづく舗装の登り、頂上まで4・5km辺りからは道幅もタイトな傾斜のあるカーブ
がつづき、右に長い林道への起点を過ぎれば直ぐ頂上直下に到達。

直下から頂上見上げれば、

a0143839_17050931.jpg




直下から『天空の林道』方向。
そうそう、この景色に来たかったんよね。

a0143839_17051371.jpg




やや日差しも陰りだしたので、先を急ぐ。
行き止まりとは聞いているが、さてどのぐらいの距離か?
林道入口近くの開けたところでの1枚。
先ほど5~6台が戻っていったので、この見える限りの景色の中に俺一人。

a0143839_17052080.jpg




道幅は車1台分ぐらい、路面は完全フラットではなくジャンプも楽しめる凹凸もあり、土に砕石混じりの
やや荒れ部分も。
画像で見える最奥のピークを過ぎても延々とトラバース気味に下る部分は更に荒れる。
終点まで約4kmで行き止まりの広場となった。

a0143839_16123010.jpg




山腹の沢からの土石流痕もある。

a0143839_16123656.jpg




さあ、もう少しで林道起点まで戻るところから頂上方向。
この写真撮ってる間に、雨こそ降ってはいないが頭上でゴロゴロと唸りだした。
その後は一目散で駆け下りた。
『天空の林道』は走り応えある往復約8kmだった。

a0143839_16124215.jpg




スカイパーク。

a0143839_16124713.jpg




中津渓谷。

a0143839_16125182.jpg



国道まで下り立てばだいぶ陽も傾き、陰の部分の走行が結構寒い。

16:30にはトランポ宿泊地に戻ってきた。
早々と夕食と晩酌(笑)も済ませたがまだ日は長い。

a0143839_16125480.jpg




何処か近くに風呂か温泉でもあればこの宿泊地は言うことなしだが、今日だけは風呂はあきらめよう。
ぶらぶらと街中を散歩して、適当にトランポに戻ってナビのTV見ながら飲み直し。
TVも消して、そのうち寝てしまった。


今日の走行距離 : 128km
今日のダート  : 8km


’18 四国GW後半は次の日記。

by bmw-nl-60 | 2018-05-05 16:47 | ツーリング | Comments(4)