リンク周り

2019.02.17

オドメーター22,700km。
昨日オイル交換したついでに、1年半ぶり走行距離にして約5,000kmぶりに
リンク周りのグリスアップ。


a0143839_23514708.jpg


前回は新車から2年、約18,000kmぐらいでばらした時にはとんでもない状態になっていた。
細かいパーツ全て一新してグリスアップして組み上げ、スイングアーム根本にはグリスニップル
も付けたお陰で、今回の作業はコネクティングアーム、リレーアームを取り外すのみの作業。


綺麗!まぁそりゃ前回から5,000kmやから当たり前やけど。

たっぷりグリス塗布で組み立てて完了。
ニップルからもグリスアップ。

暫くはこれで安心。


手がグリスまみれで写真はこれだけ。






# by bmw-nl-60 | 2019-02-19 23:53 | バイクのメンテ・ほか | Comments(6)

今更ながら、プチ改良

2019.01.26

これまで乗ってきたバイクは、フットペグをワイド化して乗っていた。

何故かいま乗ってる青鹿号はず~っとノーマルステップのまま。

某バイク屋にステップ送って、ワイド化してもらって送り返してもらうというものを
過去には付けていたこともったが、岩などにヒットして変形したこともあったり。

真剣に探さなかったからかもしれないが、セロー250用のワイドフットペグをよう見つけないでいたりして。
安いものでもないし、よほど気に入ったものが見つかるまでは「これでええか!」と。
そのうちに慣れてきて更に「まっええか!」

何気なく見ていた用品サイトで見つけました!
こんなんあったんや!
a0143839_10522321.jpg





ノーマルに比べたらほぼ倍。
a0143839_10522099.jpg





今更ながらのプチ改良。
a0143839_10521731.jpg


改良はプチでも、安定感ではビッグな改良となった。













# by bmw-nl-60 | 2019-01-26 10:59 | バイクのメンテ・ほか | Comments(6)

バイクでお山、雪遊び

2019.01.13

新年4日にソロで走り初めしましたが、いまの体調も考慮して寒い朝を避けてお昼出発としたため、
標高の高いロングトレイルまで行けず、雪中走行はお預けでした。
(もっとも、いまの体調ではハ~ハ~するお山はソロでは危険)

そこへいつもの相棒T氏より「としちゃんも一緒にどっか行こか」の連絡あり。
2つ返事で参加決定。
年始に来てくれた甥っ子セロー乗りも、「行きたいな」と言っていたので誘っての参加。

上手い具合に冬型天気は昨日まで、今日は暖かくなるとか。

集合場所の淡河道の駅には、3連休なか日の好天とあってバイクが多い。

目標のお山を京丹波の「〇ドス」の林道と決め、ほぼ私が先週走ったルートのうち遠回りに
なる何本かのダートはパスして、出来るだけ早く目標のお山へ急ぐことにする。

まずは、三田奥の林道(アスファルトも隆起陥没の荒れ荒れ林道)で大池まで。
先週以後、雪が降ったようで残雪がチラホラ。
a0143839_14292017.jpg





み〇ま〇ダムへと続く、林道FK線(仮称)入口ゲート入って。
峠を越えて雪解けチュルチュルの下りで甥っ子は一瞬危うかったとか。
a0143839_14292317.jpg




ダムサイトには何台かのお仲間がおられたが、会釈だけして先を急ぐ。

先週通った森の回廊(仮称)をパスするショートカットロードで9号線須知のドライブイン丹波屋へ、
11:30ちょっとお昼には早いが、ここを逃すとまともに昼飯食うところはないので早や昼とする。

さて、雪や凍結があることを想定すれば、てっぺん付近に舗装がある火の〇線は避けて、
下から忠実に田の向い線へと上がる明石線を選択。
明石線の中間付近の吹き溜まり箇所から雪中走行となるも、陽の当たる鉄塔まで登れば
雪はチラホラ。
a0143839_14292662.jpg




田の向い線の稜線近くを進めば、少しづつ高度を上げるにつれて雪も深くなってくる。
雪面の起伏を見れば、積もった雪にトレース痕が、そしてその後に降った雪がその上に
被っており、残されたトレイルは獣の足跡のみ。
降って何日か経過しているので水分多く重い雪は進行を阻む。
まずは、前にトレイルが無く後ろにトレースが残るので気分は良い。
a0143839_14293305.jpg




a0143839_14292813.jpg




a0143839_14293551.jpg




a0143839_14293081.jpg




でも、重い雪はハンドリングにも抵抗大きく、バイクのバランスコントロールしながら
先頭のラッセル役は、ガラスの心臓抱えたいまの24Gにはきつく、天を仰ぎ大きく息を吸い、
絞めつけられる胸を抱えて何度も立ち休憩。

甥っ子は初めての雪中走行で最初は恐る恐るだったが、要領をつかんだかハ~ハ~する24Gを
見かねた甥っ子は横に新たなトレイルを掘りながら、ラッセル役交替とばかりぐんぐん進んで行く。



最高地点を越え下りだせば徐々に雪は減り、やがて終点ゲートに下り立った。
a0143839_14293749.jpg





やれやれ、何とか雪のホ〇ス線走破できました。



帰路には前々からちょこちょこ耳にしてた気になる未知の林道へ。
2~3km走って分岐が現れたところで、もう時間も時間、どっちを選択しても何処へ
つづいているのかだけを確認して終わりにするべく片方へ侵入。
沢沿いを遡り、荒れがひどくなってきた直ぐ先で行き止まり。
a0143839_14294030.jpg




林道としては林間のダートなワインディングは面白かった。
もう一方の林道はまた今度の楽しみ。



最後は林道原山峠線をかけ上り、デカンショ街道、後川、吉川を経由して淡河道の駅の
振り出しに戻って解散。


本日の林道 : 長短や往復も合わせて11本。
本日の走行距離 : 258km


一昨年の夏に治療した狭心症、もう治ったと思っての1年半やったけど、もうちょっと
人生楽しませて欲しいので何でもやります。
医師の診断では再治療、多分来月のいつにやるかを今月末に決める。

あんな最高の遊びのシチュエーションで胸抱えての不自由さはご免や!
メンテナンス終了後の心臓に期待。








# by bmw-nl-60 | 2019-01-14 17:13 | ツーリング | Comments(8)

2019 林道走り初め

2019.01.04

ゴロゴロウダウダと過ごす新年。
体と頭を目覚めさせるのはやっぱりバイクに乗るのが一番。

去年秋ごろからの体調の違和感が余計にゴロゴロとさせている。
体調を考え朝の寒い時間帯を避け、お昼に家を出る。

今日は連れもいないソロだし、無理のないフラットな林道中心のお山遊び。

まず、家から近いアムール林道。

a0143839_23162865.jpg





篠山方面へ抜けるため、母子の林道。
昨年の豪雨の影響だろう、土が流され岩の露出が多い。
車を対象とするなら、林道入口の通行止めの看板も納得できる。

a0143839_23163117.jpg



舗装道路までも陥没と隆起の連続で、まるで地震の痕のような波打つ路面。
舗装の下にまで水が流れ込んでの仕業だろうか?ここだけじゃなく結構長い区間で
何ヶ所もある。
こうなると、舗装道路でも走るのがオフロード並みに面白い・・・は禁句?

a0143839_23163466.jpg





登り切って大池へ、こんな底まで見えるぐらい水のない大池を始めて見た。

a0143839_23164184.jpg



a0143839_23164411.jpg





永沢寺から後川へ下り、K12号でデカンショ街道を経由して林道FK線(仮称)。
峠を越えての下りは整備で均され、最近積もった雪が解けたためチュルチュルの下り。

a0143839_23164756.jpg





ダム湖周回ダート。

a0143839_23165028.jpg






森の回廊(仮称)入口。

a0143839_23165286.jpg



切るか除けるかの始末はされているが樹林帯に入れば倒木が多い。
雪解けでウエットな路面と谷側ギリギリのライン走行な部分も多く、
仲間がいたならスッとパスできそうなところも用心してバイクを降りて押して
通過するところも。

a0143839_23165716.jpg



a0143839_23165959.jpg


バイクを押す場面では、最近の体調不良の原因でもある胸の苦しさもやや感じて、
休憩しながらの倒木越えなどでなんとか森の回廊を走破。




林道原山峠線、峠の切通しで。

a0143839_23170133.jpg





中山峠を越えてR9号からマーケス林道(仮称)

a0143839_23170470.jpg


倒木箇所も路面の荒れも整備され走り易くなった分、ウエットではややスリッピー。




林道七山線(仮称)へと繋ぎ、そろそろ引き返すべくもう一度マーケス林道を復路とした。

陽も傾き西陽を正面に受け帰路を急ぐ。
原山峠線も復路として登り、デカンショ街道~三田~神戸北区へと日没と競争しながらのロングランとなった。



本日の林道:長短合わせて10本。
本日の走行距離:221km








# by bmw-nl-60 | 2019-01-05 00:21 | ツーリング | Comments(4)

2019 新年ご挨拶

2019.01.01

新年あけましておめでとうございます。

シルバーカレッジの3年間は忙しいものでした。
新たな人とのつながりで刺激を受けたことや、思いを新たに取り組みたいことなど、
余生としては刺激的な3年間でもありました。

この春には卒業し、また「趣味をつづける年甲斐の無い老人」に戻ります。
今までに変わりなくお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


a0143839_00142313.jpg

# by bmw-nl-60 | 2019-01-01 00:15 | もろもろ | Comments(4)