恒例ガレオゾ(Hガレージ)ツーリング

2018.10.07 - 08

恒例のガレオゾツーですが、今年は福井国体があるため、例年利用する宿も含めて小浜と
その周辺では宿が取れず、幹事さんのご苦労のお陰で少し大浦半島へと進んだ海岸べりの
宿が取れました。


Hガレージに集合したのは今年はやや少なめの5人、もう一人はクロスカブをトランポして
福井へ直行の、計6人の1泊ツーリング。
a0143839_14431232.jpg




三田から篠山を経由して、まずはタカタラビ林道。
a0143839_14431711.jpg





道の駅「和」で昼食後、雨が降り出し私はカッパを着るが着たら止んでいた。
林道火の〇線から田の向線へと繋ぎ、お約束の鉄塔。
a0143839_14501777.jpg




仏〇線とのジャンクション、ここまでなんとか持っていた雨が降り出し、全員がカッパを
着ることに。
a0143839_14502334.jpg




仏〇線も倒木や土砂崩れで長く走れていなかったが、久しぶりに走り抜けれた。
a0143839_15282838.jpg




府道12からR162、北上して堀越峠旧道線。
雨中の走行ということもあったが、ここ最近の台風の影響だろう路面の荒れ具合はかなり。

道の駅「名田庄」で小休憩。

林道谷生大滝線で小浜方面へのショートカットしたいが今日はもう時間も押し気味、最近の
路面の荒れようを考えると退却の可能性もあり、大人しく一般道で宿へと急ぐことにした。



海岸沿いのR27から北へ半島の山をワインディングでいくつ越えただろう。
海を見下ろす急坂を真っ逆さま(そんな感じ)に下の集落へ下れば、まさにウオーターフロントなお宿。
湾内の対岸真正面に大飯高浜原発が鎮座する。
a0143839_15493709.jpg




順番に風呂で汗を流し、待ちに待った宴会。
a0143839_14502908.jpg


宿の主人の挨拶?自慢話?な飛び入りもあったりしながら酔いも回る。
ZZZZZZZ



翌日の10/8はカッパはいらないいいお天気。
宿の主人に送られて出発。
a0143839_14503406.jpg




トランポ参加のクロスカブさんは一足早く出て小浜市内にトランポをデポ、今日のメインの君尾山林道のみ
同行するため、R27で待ち合わせた。



ひょっとすると君尾山も何らかの台風被害で通行止めもあるかと懸念したが、林道入口には何の警告もなし。
進んでみても特に荒れは感じないので、「これは行けるね‼」と喜んだのもつかのま土砂崩れでで行く手を遮られた。


う~ん・・・・上の不安定な岩に注意しながらちょっと歩いて上がってみる。
よっしゃ!進むライン上に小さな岩なんかちょっとあるけど、ラインは粘土質でやや溝状になっているので、
よほどバランス崩さないかぎりラインを外して下へ落ちることはないね!

ちょっと行ってみるわ!
ただ、上部の不安定な岩だけは落ちてこんか見とってよ。
a0143839_14504174.jpg




行けたよ!
つづいて越えて下って来るXR600のSさん。
a0143839_14504488.jpg




クロスカブも越えます。
a0143839_14504786.jpg




みんな無事通過、終点までまだ少し楽しい林道ランがつづきます。
a0143839_14504932.jpg




終点のキャンプ場に到着・・・?
炊事場やトイレの建物がない? もうキャンプ場じゃなくなったのかな?
a0143839_14505201.jpg


山を下りて、小浜にデポしたトランポへ戻るクロスカブさんとはここでお別れ、お疲れさまでした。



さてこの先は、昨日仏〇のお山某所で「ここから下る道があるらしい」なんて話から、「知らん道は
登りが安全やね」なんて話になり、前からめぼしを付けていた里のはずれから登ってみる。

急なコンクリート坂が切れて、さらに急なダートに変わる。
先頭の私は急坂つづら折れの三つ目のターンしたところで深い溝にラインを取る。
凹んだとこに嵌っていればバランス崩しても落ちることはない!・・・・が!
その直ぐ頭上に行く手を遮る倒木が・・・・・

狙ったこの道に間違いはなく、どうみてもてっぺんまであと僅か。

残念ながら倒木では仕方ない、この態勢不安定な場所で倒木越えは無理やもんね。
三つ目のターンのテラスまで後ろ向きに下るのも一苦労。
a0143839_14505496.jpg




その後、全員がコンクリート道まで下り立ち、トロトロと全員で敗者の道を撤退するのであった。(笑)
a0143839_14505967.jpg


(その後(11/4)の情報では倒木は処理されたとか!じゃ次は行けるかも)




若干の消化不良を、次のショートダート繋ぎで補うべく京丹波方面へ。

七山峠(仮称?)林道は完走、残るはマーケス林道(仮称)。
アチャーここで?
a0143839_14510291.jpg




ならばと挫けず別方向から侵入して完走。
本日の林道ラン終了。


道の駅「瑞穂の里さらびき」で休憩後は一目散の帰路ランの結果、ガレージに16:00帰着。
今年も無事に恒例のツーリングは、林、食、飲を堪能して終了しました。
参加の皆さんお疲れさま。

今回不参加の皆さん、是非次回はご一緒しましょう。





[PR]
by bmw-nl-60 | 2018-11-05 17:31 | ツーリング | Comments(4)
Commented by chiharu at 2018-11-07 13:10 x
こんにちは、先日はお疲れ様でした。

君尾の土砂崩れは去年からですね。
今年も大雨で軒並み荒れてます。

あそこはソロではちょっと怖くて越せそうにありません。近々工事も終わるとか?

明石の鉄塔へ出る九十九折も倒木は切られてるらしいですが腕も無いし重いSBでは行けるかどうか?(笑)

A鹿山も抜けれるので南からでも北からでも何本か繫げることもできる様になりました。

日本海でもお泊りで行けばワイワイできてツーリングも楽しさ増えますね。



Commented by よっぱらいの妻 at 2018-11-09 14:25 x
こんにちは

今回は雨や倒木 土砂崩れ等々 ドラマチックすぎませんか?^^
あの土砂超えはやばいよやばいよwww
私なら迷わず代走をお願いしているところです^^;

来年は綺麗になってると良いですね。

Commented by bmw-nl-60 at 2018-11-09 20:44
chiharuさん
先日はお疲れ様でした。
お誘い頂きありがとうございます。

たしかにソロならちょっと思案しますね。
走行ラインより、上部の不安定な岩が怖かったです。

鉄塔へのダイレクトルート、倒木が処理されたなら再チャレンジが課題です。
あの傾斜とタイトさは一気に攻め登らないと、一旦止まったら難しくなりそうですね。

先日のお山方面は、トランポしてお泊りであの方たちの頭にあるルート全線を走り切り
たいですね。
レアで魅力的な林道ばっかりですもん。
Commented by bmw-nl-60 at 2018-11-09 20:53
よっぱらいの妻さん
君尾山林道は走られてませんかね?
何もなければフラットで長い林道で楽しいですよ。

アクシデントにならなければ、よりドラマチックは歓迎です。
ただ、アクシデントになるならないは紙一重、知恵を駆使して
対応できればOK、ぎりぎりのところで「あかん!」の判断したら
潔く撤退、そんなかけひきもお山遊びの醍醐味や思ってます。
<< 山田の里の神事、流鏑馬 彼岸花 >>