ボランティア

2018.08.23(木)

シルバーカレッジの建学精神『再び学んで、他のために』の教えどおり、カレッジ内で
活動する組織やクラブ活動は色々なボランティア活動を伝統的につづけています。

2歳幼児の捜索で幼児を発見した尾畠のおっちゃんには頭が下がる思いですし、本当にあのおっちゃんの
真似事にも及びませんがカレッジの民謡同好会もボランティアをつづけています。
主に老人介護施設などへ訪問して、日ごろ練習した♪民謡を聞いていただきます。

これまでは、活発なボランティア活動をつづける民謡同好会のOB会に、現役が同行する形式での活動
でしたが、年に1~2回は民謡同好会現役のみでボランティアに行きたいという今年の代表の希望もあり、
今回初めて現役だけのボランティア活動をカレッジのハーモニカクラブとコラボして行いました。

現役だけと言っても日ごろの練習では三味線・しの笛・太鼓の地方の協力があり、指導いただくのは
OBですから、そのOBの方々の協力があって出来てます。
 
依頼を受けて訪問したのは須磨区の介護付き老人ホームです。
ハーモニカクラブのリハーサルのあと、我々民謡もまだ観客の入っていないホールで声出しリハーサルしました。
a0143839_18045295.jpg



ハーモニカクラブの演奏。
a0143839_18050403.jpg



ハーモニカクラブ演奏の間の出番待ち。
a0143839_18045501.jpg




そして民謡同好会の出番です。

披露した曲は、♪三重県民謡『尾鷲節』♪北海道民謡『鱈釣り唄』♪秋田民謡『秋田大黒舞』♪他2曲、
唄の由来や高齢者さんに体も動かしてもらうべく、手拍子のとり方やお囃子の入れ方など、
代表が上手に司会進行します。
a0143839_18050726.jpg


想定したとおりアンコールもいただき、♪『九州炭坑節』で皆さんに踊ってもいただいて終了しました。

やれやれ、なんとか現役だけでボランティアすることができました。
現役も人数はそこそこ居ますので、次からはもっと参加してもらいましょう。
皆さんお疲れ様でした。


[PR]
by bmw-nl-60 | 2018-08-23 18:36 | 民謡 | Comments(2)
Commented by よっぱらいの妻 at 2018-08-24 12:29 x
仕事上ボランティアの方々に来て頂く側になりますが
老人の方々は鑑賞し参加する事をとても喜んでおられます。
民謡や詩吟を学んでおられたご老人は沢山おられます。
それにボランティアの方々を拝見していても 皆さん生き生きして楽しそうですもん。

最近ふっと思います。 
自分自身趣味を持つ事で生き生きし その趣味を生かして何か出来る様な人にならないとな~って^^;

まさしく「再び学んで 他のために」ですよね。
Commented by bmw-nl-60 at 2018-08-24 17:16
よっぱらいの妻さん
なるほど、そういうお仕事でしたか。
訪問する側のこちらもいつかは向こうに居ることを考えていますね。

退職後、教育(今日行く・・)教養(今日用が・・)の必要な年齢と状況を考えて入学したカレッジです。

もう1回学び直して、体もそこそこ頭もそこそこなうちはどこかで何かのお役に立ちたいですね。
人のためならず、自分のためでもありますから。
<< 北へ逃げて撮り鉄 台風と豪雨後の京丹波方面 >>