神話の島ハイク

2018.05.16(水)

国生み神話の島、淡路島の離島(近いけど)沼島散策。

a0143839_17054068.jpg




カレッジ3年生になり最終学年の1年間は、授業は殆どなくテーマを持ったグループで研究・調査・発表の
グループ学習で1年間を過ごす。

各種テーマが挙がってプレゼンしたりのここ何週間、この指とまれ形式で10グループが出来て私のグループもその一つ。
学習テーマに関する調査などで行政や企業への訪問や、テーマに沿った現地へのフィールドワークも多くなることが想定出来たのか、賛同して集まった仲間も山好きばかりの男性4名女性3名。

今回の沼島は研究テーマでも何でもないのだが、キックオフとしての結束を固める親睦ハイク。

私の車で南あわじ市の土生港まで行って、そこから船で沼島へ渡る。

a0143839_17054324.jpg




沼島漁港の外れから山道ときつい階段を登れば自凝(おのころ)神社。

a0143839_17054686.jpg




尾根沿いの山道を上立神岩へと。

a0143839_17055031.jpg



a0143839_17055217.jpg



高さ30m、天の御柱とも龍宮の表門とも伝えられる上立神岩。

a0143839_17055571.jpg




島を縦断する道を下って土生漁港へ戻り、予約していたお店での昼食。
お刺身定食には、名物の鱧も入っている。

a0143839_17055896.jpg




予報どおり午後にはやや雲多くなるも、むしろ涼しくて歓迎。

訪れる人も少ない離島でも流石に神話の島、歴史的価値の高い沼島庭園を見学。
ただ、手入れはされて無いようでちょっと勿体ない感じ。


a0143839_17355753.jpg



a0143839_17360071.jpg




帰りの船の時間も気になりつつ、今後の活動に関し急ぎ打合せしておく必要事項もあって、
漁港から少し山に入った公園の東屋で野外ミーティングもしたり。

a0143839_17360378.jpg




ミーティング後には残り時間を計算して、沼島灯台までは行って来れるかなと登りだせば、
何とも急なコンクリートの坂。
息も切れ、太ももや脹脛の筋肉が痛い。

沼島灯台・・・といっても灯台基部からは眺望の利かない藪の中。
まあ山登り出来たからええか!
山好きばかりで良かった。

a0143839_17360763.jpg




さあ、帰りの船の時間が迫っているので急いで下る。

a0143839_17361045.jpg




ところが下って外周道路に突き当たれば、道標があるも沼島港への矢印が我々の思いと逆?
??と話しながら道標に従って下ると保養所のようなところでやっぱり行き止まり、外周道路は
つづくものの港とは逆方向『あちゃー船に間に合わないかも‥』と登り返し道標の示す反対側へ下り、
みんなで頑張って歩いて船には滑り込みセーフ。
これに乗り遅れたら1.5時間後の夕方の船になるところやった。

a0143839_17361357.jpg



さあこの1年論文作成から発表まで、共に励むことになる仲間と気心知れる良いキックオフとなった。







[PR]
by bmw-nl-60 | 2018-05-19 18:14 | 日帰りぶらり | Comments(0)
<< 初競馬場&初馬券 苦節15年の快挙! >>