旧国鉄福知山線廃線跡

2018.03.14

午前中は定期な病院通い、午後には久しぶりに北条鉄道へ写真散歩と車を走らせながら、ふと閃いた
武田尾方面へとハンドルを切り直した。
その閃きの基は田舎風景を撮りたいなと宝塚奥の切畑・西谷方面が思い浮かび、そうや武田尾なら車が
置ける。
久し振りに廃線跡も散策してみよう。


a0143839_01120561.jpg




しまった!急な思いつきでの廃線ウォーク、必需品のヘッドランプを持ってない!
でも灯りが無くても曲がったトンネルでない限りは問題なく歩けた。


a0143839_00510698.jpg






トンネル内壁の黒い煤もその上に苔も生え、役目を終えてからの年月を物語っている。


a0143839_01260590.jpg






高校時代に百丈岩や不動岩へ岩登りに行く時に宝塚から普通列車に乗車して道場までの途中、生瀬を過ぎると
デッキに立って武庫川の渓谷やトンネルに心ウキウキしたこと、武田尾では対向する列車の通過待ちが長くて
列車を下りて仲間と遊んだこと、もっと古くは10歳の時、親父の故郷鳥取へ初めて行くときは蒸気機関車で
このトンネルを抜けたことなど、私にとって旧福知山線は非常にノスタルジーな場所。


a0143839_00512079.jpg






「列車ダイヤ・・・確認」と書いてあったようにも見える。
そりゃ武田尾駅での対向列車通過待ちは長かったからね。


a0143839_00512516.jpg





廃線ウォークする年配のグループをトンネル越しに。



a0143839_00511189.jpg




a0143839_00513055.jpg





生瀬方向へトンネル三つほど抜けて16:00を過ぎたので武田尾へ引き返した。

10年ぐらい前に仲間と生瀬から歩いた頃はまだ「立ち入り禁止」の看板もあり、鉄橋なども
朽ちるがままの状態で、渡してある板の上を歩いたと記憶している。
ネットで調べると、最近になってハイキングコースとして整備されたようだ。




田舎風景の写真を撮りたいと来たのだが、廃線ウォークで時間を使い過ぎた、切畑や西谷の田舎風景
を横目に帰路を急ぐ。


三田近くまで来て梅の花が咲くあぜ道で。


a0143839_00513340.jpg





田んぼの畔で。


a0143839_00513625.jpg





西方向を見やれば夕焼けの三田市内。


a0143839_00513910.jpg





沈みかけの夕日と福知山線走る電車。


a0143839_00514399.jpg





これで終わりと、カメラをしまう時に気づいた。
レリーズをどこかで落として来たな。
おおよそ心当たりある3か所ほど戻って探してみたが見つからない。
そんなこんなで、とっぷりと陽の暮れた帰り道になってしまった。






[PR]

by bmw-nl-60 | 2018-03-18 02:35 | 写真 | Comments(0)