2012.03.19 我が家の星、ついに墜つ!

犬種      : ラブラドール  レトリーバー
毛色      : イエロー
正式登録名 : アドロン オブ ラッセルリバーJP
生年月日   : 1996年3月26日 生まれ
愛称  : ロビン

ロビンがペットショップから我が家に来たのは1996年5月10日でした。
a0143839_10241383.jpg

a0143839_102586.jpg


水が好き、泳ぐのが好きでした。
それなら・・・と、お風呂にも一緒に入りましたが、長湯させ過ぎてこれ以後お風呂は嫌いに。
a0143839_10464854.jpg


人が好きで、何をされても嬉しくて、嬉し過ぎて興奮が収まりません。
嬉しくて人に飛びつきます。
この犬種は大きくなるので、他人に怖がられる前のまだ小さい内に『しつけ』をするべく家庭犬の[しつけ教室]に通いはじめました。
[しつけ教室]とは犬の扱いや犬の習性などを通じて飼い主を教育する教室で、まさに目から鱗の連続です。入門コース、初級コース、中級コースまで2年半ほどロビンと一緒に通いました。

富士山(5合目)にも行きました。1999.10月
a0143839_11135646.jpg


元々大の犬嫌いの我が家の老人(おふくろ)をセラピーするようにもなりました。1999.12月
a0143839_10594639.jpg


すまし顔で蝶ネクタイ。2000.1月
a0143839_11171195.jpg


2000年 夏旅行 琵琶湖
キャッチボール大好き、ペンションのドッグランにて。
a0143839_11231828.jpg

安曇川で川遊び。
a0143839_15342974.jpg



西国三十三か所お遍路にも同行。長谷寺回廊にて。2001年1月
a0143839_153769.jpg

アジリティーの訓練にも行きました。
a0143839_1539474.jpg


息子が猫を拾ってきて新しい家族になっても、ロビンは問題なく受け入れていました。2001年4月
a0143839_15422389.jpg


2001年クリスマスにはトナカイにもなりました。
a0143839_15434161.jpg



蒜山へキャンプにも行きました。2002年8月
尻尾ぶんぶん回して、微笑む(犬好きは判る)ロビン。
a0143839_1546524.jpg

フリスビーも大好きでした。
a0143839_15465418.jpg



日生、赤穂へも旅行しました。赤穂城で車で待つロビン。ここでも笑っています。2006年4月
a0143839_1553893.jpg


信州へも行きましたね。家の中で宝探しやかくれんぼも好きでした。

2009年ロビンも13歳になり、流石に何かと体の自由が効かなくなってきました。
大型の洋犬ですから10歳を過ぎればあとはおまけとも聞きます。
でも、頑張ってぼちぼちと散歩します。
a0143839_1635643.jpg


2010年おしっこシーツも敷きます。体を持ち上げてやれる取っ手付きベストも着せました。
a0143839_1674575.jpg

このころから台車に乗って公園へ行き、よろよろと自由に散歩を楽しんだあとへたり込みます。
そしてまた台車に乗せて帰ります。

そんな公園行きもままならなくなりました。
時々は玄関まで出て外の景色を楽しみます。
a0143839_16113071.jpg


2011年に入って、何とか食べていた食物もほとんど食べなくなりました。
『寝返りさせて』や『お水が欲しい』の意思表示も薄れてきました。

ロビンが我が家に来て、遅れること5年後に来たカールは、ロビンを親か兄弟のように思っているようで、
べったりとくっついて寝ます。
a0143839_16253794.jpg


リビングに布団を敷いて女房が添い寝しだして約2年半、夜中にウォンウォンと泣いて寝かせて貰えず
困った時期もありましたが、そんな意思表示もなくなり楽にはなってもそれはそれで気がかりも、急にふと
息をしてるか確認することもしばしばでした。

昨日今日と昼間は女房は留守でしたから、私が留守番して時々様子を見ながら寝返りをさせたり、注射器で牛乳を口に流し込んでやったりしますが、ぐったり。
体温もあり息もありますが、これって人間だったら危篤?かなとも思ったり。

その夜は女房と食事をしていました、何故かいつもならテレビがついているのにその夜はついていませんでした。
ふと女房が横で寝るロビンを見て・・・・・!!

心臓は停止しています。
まだ体は温かいです。
硬直もまだしていません。
女房と私の話し声を横で聞きながら、すーっと静かに逝ったようです。
a0143839_16421570.jpg


ご近所でしょっちゅうお泊りで預かっていただいた、Tさんご夫婦もロビンの最期を見に来てくださいました。
親戚の犬好き連中も次々と来てくれます。
花に飾られ、だんだんと冷たくなってゆくロビンですが、それでもカールは変な顔してくっついています。
a0143839_1650377.jpg


16年前リッキーを送った六甲動物霊園でロビンを送ります。
西国三十三か所お遍路でロビンが首にかけていた数珠をかけてやります。
a0143839_17103536.jpg


煙と共に天国へ登ります。
a0143839_17114923.jpg


息子や娘たち、そして私たち夫婦の生活の中に永く大きな癒しと愛おしさを与えてくれたロビン。

先に逝った幼なじみのふじ君やロイ君、大吉、マーブやジュリ達と、
天国でまたきっと駆け回っているでしょう。

あと1週間で16歳の誕生日というところまで頑張った、ロビンの一生でした。
ありがとう。ロビン!
[PR]
by bmw-nl-60 | 2012-03-20 17:30 | ワンコ | Comments(4)
Commented by Jrん♪ at 2012-03-20 21:17 x
読みながら京子と泣きました・・・ありがとう!ロビン!
Commented by 24G at 2012-03-20 22:33 x
写真を整理していますが、アナログ写真のアルバムが、もの凄いたくさんあります。
デジカメ画像もPC内にいっぱいあります。

写真を整理しながらお母さんと交代で泣いているような状況です。

良いワンコやったね、可愛い賢いワンコやったね。
物言わぬワンコの最高のパントマイムで癒やしてもらった16年やったね。

遠くからロビンの冥福を祈ってやってくれてありがとう。
Commented by @じ〜じ at 2012-03-25 06:52 x
ご家族にたくさんのいい思い出を残して逝ってしまったんですね。
でもロビン君も皆さんの愛情を一心に受けてとても幸せでしたね。
ご夫妻の会話を聞きながらありがとう、ありがとうって微笑みながら旅立った感がします。うちの愛猫も15才なので置き換えて想像したら思わず男泣きしてしまいました、、、(;_;)
Commented by 24G at 2012-03-25 12:40 x
@じ~じさん
結構、夫婦ともに留守になることが多いのですが、そんな時に逝ってしまうのではないかと心配だったんですが、この日の昼間は留守だった女房の帰りを待つかのようでしたね。

いつものTVの音も何もなく、私と女房の会話を聞きながら逝ってくれたのが、唯一気持ちが休まります。

15歳の愛猫ちゃんも大事にしてあげてください。

我が家もまだ10歳のミニチュアダックスが居りますので、もう暫らく癒やしてもらいます。
<< 売りたし・・・だそうです。(情... やっと春? 猪名川・能勢・篠山 >>