新年ご挨拶 2011.1.1

皆様、新年明けましておめでとうございます。

去年一年を振り返りますと、
09年に生涯の旅の友と決めたBMW-F800GSと添い遂げることができず、旅の友をKTM690エンデューロに変えました。
a0143839_1151469.jpg

そしてこの旅の友を駆って四国八十八箇所お遍路ツーリングも始めました。
a0143839_116105.jpg

09年には、お声掛けいただき生涯最後と思った坂内24Hエンデューロでしたが、去年またまたお声掛けいただき、更には私の息子も弟も仲間に入れて頂いての24Hエンデューロでした。
a0143839_11273430.jpg

体のほうは、去年に限らず徐々に老いの信号を発し続けるあちらこちらでしたが、特に右肘の曲がらない伸びない状態が日常も不自由になりだし、坂内24Hでの痛みで手術を決意。
3泊4日の入院を経て今はリハビリ中です。

もう少しオフロードの楽しみを続けたいですから、あとは体のあちらこちらと相談しながらのお遊びとなりそうです。

皆さん、本年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]

# by bmw-nl-60 | 2011-01-01 11:30 | もろもろ | Comments(18)

operation その後 2010.12.23 (追記:2010.12.25)

可動域の狭まった右肘の手術にふみきり、12/1入院、12/2手術、12/4退院して、12/6から        出勤しています。
術後の右肘は、手首から肩付近までギブスで固定されていますため、左手1本の運転で通勤しています。
a0143839_22271350.jpg

退院後、1週間に1度の通院は、その都度X線撮影での経過確認と縫合部分の消毒でした。
明日12/24は退院後4度目の通院になりますが、やっとギブスがはずれサポーターに代わります。

今回の手術で可動域を取り戻すことはできそうですが、副産物のような発見もあったようです。
医師曰く『手術は問題なく成功したけど、軟骨の磨り減りが激しく、今後は上手に使っていくしかないね』   だそうです。

どれほどのことなのかあまり詳しく聞きませんでしたが、まあ体と相談しながら使っていくつもりです。
まずは明日、3週間ぶりにギブスがはずれるのがやれやれな心境です。
あとはリハビリで可動域がどれほど戻るのかが楽しみになります。

とは言え、3週間固定の肘をリハビリで動かすのは痛そうです。

----------☆----------☆----------
ギブス外れ、サポーターに代わりました。
a0143839_23253715.jpg

布製筒状のサポーターでベルクロで締めます。
サポーターといっても肘の両サイドにアルミ棒の付いたややごついものです。

若干自由度の増した嬉しさで、バイク柿色号も青鹿号もしばらくエンジンもかけていないので、昨日エンジンをかけてみたついでに近所を一周してみましたが『おー恐~っ』!

次の通院は来年1/14、それまでゆっくり曲げ伸ばししてリハビリするようにとのことです。
お風呂で温めながらやってみましたが、特に伸ばしがまったくできません。

まあ、気長にリハビリに励みます。
[PR]

# by bmw-nl-60 | 2010-12-23 22:49 | もろもろ | Comments(3)

Before an operation. 2010.12.02

前々から徐々に具合悪くなっていました右肘が、最近は90度しか曲がらず、髭を剃るにも襟を直すにも、顔を洗うのさえ左手だけと、何かと日常生活が不自由になってきました。
a0143839_23294196.jpg


痛みも伴うため、夜中の寝返りでも『あ痛ッ、痛ッ・・zzzz』ってな具合です。

前回相談していた医師に再度『何とかならん?』と相談したところ専門医(某大学病院)を紹介され先日診察に行き、あれよあれよと手術へと話しが進み、手術日も12/2と決まってしまいました。

診察の際スポーツは?と問われ50過ぎまで野球を少々・・・・と 答えていましたが、いざ手術することが決まってしまえば本当に元のようになるのか?不安になって、『先生・・術後はオフロードバイクで遊べますか?』と恐る恐る聞いてみた。
『えっ、そんなんしてんのん?それや!野球ちゃうわそれや!ここまでなるのが年齢的に早過ぎるもん』 と言われてしまった。

肘に一番悪い遊びだそうで、野球とオフロードの両方で何十年もかけて
肘を変形させてきたそうです。

老いたとはいえ未だもう少しオフロードしていたい一心で、 手術もいとわぬ決意での再診でしたから、今よりもう少しは安心してライディングできるようになるかな?と期待しています。

医師曰く『これを機会に止めるか、減らすか、いつか又手術するかやね』 ・・・・・だそうです。

また手術が必要になるぐらい乗れたら本望ではあります。

12/1入院、12/2手術、12/4退院の3泊4日コース。
手術は肘を開いて可動域を広げるように削ったりするそうです。
考えると恐いですが、全身麻酔だそうですから何も解からないうちに終ってしまうのでしょう。

完治しました暁にはまたお遊びにお誘いください。
[PR]

# by bmw-nl-60 | 2010-11-29 23:35 | もろもろ | Comments(8)

2010坂内24Hエンデューロ  2010.10.16~17

この日に向けた何度かの坂内合宿を経て、今年もとうとうこの日がやってまいりました。
@じ~じさんのお誘いで初めて参加したのが去年、順位一桁を目指して13位だったのが
少し悔しくもありましたが、年齢からもおそらく最初で最後の参戦と思っていました。

今年も早くから坂内話が持ち上がり、私の弟やTさん繋がりで普段ツーリングなど
一緒する仲間にも坂内を案内したくて、何度かの現地練習会には同行しました。

そして今年もこの日を向かえましたが、私は今年も@じ~じさん達の仲間に、そして私の弟と
息子も加えて頂くことになりました。
去年のメンバースモーキー氏は別チームからのエントリーため抜けて、今年のメンバーは
去年同様@じ~じさん、タニさん、NISSYさん、Tさん、私、そして新たに弟TTMと@Jrん♪の
7人体制となりチーム名も『7人併せて355歳』去年の『6人併せて300歳』から55歳もすすみました。

更にはいつもの仲間からはもう2チームがエントリーしました。
セロー225での『チーム緑茶』と、この日に併せて用意したKLX250の新車で『チーム吉田様』
だったかな?・・・・要はチームK組です。

Tさんは家庭の都合で急に参加できなくなりました。
レース前日の深夜に現地入りして仮眠し、土曜日早朝コースオープンでピット設営にかかります。
神戸からの2チームと我々のチームとスモーキーチームの4チーム分並んでの大ピットです。

いよいよ土曜日午前11時すぎに24Hエンデューロがスター。

深夜の中間リザルトでは5位ぐらいにいましたが、マフラー脱落ピットインがあったり、夜が明けてゴール
まで1.5時間ほど残していた時、やっちまいました。
@じ~じさん『去年今頃の時間にフロントパンクしたよね!』・・・と、
24G『あ~ぁ・・・言ったらいかんのに!』 な~んてことを会話してると、@Jrん♪がなかなか帰ってこない、
スモーキー氏に助けられてピットに戻って来た時は、やってましたフロントパンク!
おまけに左サイドのバッテリーまでぶら下がる寸前でした。
しかし禁句の会話のお陰でフロントスペアーホイールは準備万端。
残す時間は1時間ほどか?とりあえずの応急処理で最終ライダータニさんでスタートしました。

ピット完成
a0143839_0442285.jpg

ライダーズミーティング
a0143839_0451734.jpg

去年のチーム名『6人合わせて300歳』、応援頂いたイガポンさんお手製のフラッグに55を書き足し、今年のチーム名『7人合わせて355歳』
a0143839_0492164.jpg

24Hのスタート、第1ライダーは@じ~じさん #13
a0143839_0505243.jpg

いつもの仲間で、もう1チーム『チーム緑茶』 #14 力走ぴっぴさん!
a0143839_056796.jpg

もう1チームいつもの仲間、『チームK組』 #10を駆る まっすん!
a0143839_059551.jpg

去年の『6人合わせて300歳』のチームメイト スモーキー氏は今年は別チームでエントリー。
ところが後輩達の都合が合わず2人のチームになってしまった。
レーススタートしてからやっと相棒が合流、それも東京から駆けつけた。
兎にも角にもまずはライダー交代。
a0143839_1512981.jpg

なかなか捻ったコースメイク、河原の堰堤越え、堰堤越えるとフカフカ蟻地獄も。
a0143839_103136.jpg

周回チエックはこの本部前シケインで、通過の都度自分達のゼッケンNo.箱にゴルフボールを入れます。
a0143839_161026.jpg

給油。
a0143839_171926.jpg

夜になりました。
マシーンもライダーもまだ元気です。
a0143839_192662.jpg

初レースのまっちゃんナイトランでのライダー交代を待ちます。
a0143839_113067.jpg

セルスイッチが壊れた#14、闇の山中でエンストするも#13ライダーに助けられ、その後もピットインすることなく責任周回数をこなしたまっちゃんの走り!
a0143839_118467.jpg

ピット風景、去年につづきまかない事を一手に引き受けてくれたGM女史の料理の数々で、ピットに控え中は腹ごしらえです。
a0143839_1245148.jpg

順調に上位で周回を重ねるお隣のピット『チームK組』
a0143839_1264594.jpg

白々と明け始めた頃のライダー交代。
a0143839_1295720.jpg

#13 ♪Jrん。
a0143839_1314676.jpg

蟻地獄へ下る#14 Nobumax君
a0143839_1344835.jpg

最後の追い込み!
a0143839_1361137.jpg

17日午前11時過ぎ、24Hが経過しました。
#13最終ライダータニさん。
a0143839_1383951.jpg

レース終了、ピット前での記念写真。
a0143839_142015.jpg

結果は、
総合1位 #10 『ちーむK組』 初参戦で快挙です。
総合8位 #13 『7人併せて355歳』 念願の一桁順位です。
総合10位 #14 『チーム緑茶』 初参戦、クラス2位まで獲得しました。
今年初参戦の仲間は皆嵌ったみたいです。
また来年はどんなドラマが見られるでしょうか?
[PR]

# by bmw-nl-60 | 2010-10-23 01:53 | バイクイベント | Comments(8)

お遍路はじめ

私にとってお遍路が身近なものとなったのは、家内が職場の同僚3,4人で、1993年から3年ほどを何度も四国往復を繰り返して成し遂げた四国八十八箇所へのお参りでした。

自転車と共にフェリーに乗船して神戸深江から四国へ渡り、旅館や宿坊泊まりでの自転車遍路が主な形式で、四国西部の遠方へは1Boxカーでフェリーに乗船して四国へ渡り、オートキャンプしてのお遍路だったり、ある時は途中で自転車までデポし交通機関を一部利用してのお参りだったりもしていました。

夏の炎天下のお遍路話しや、急な積雪に坂道で自転車のブレーキが効かず恐い思いをした、極寒のお遍路話しなど、辛そうな・・・楽しそうな・・・話しを聞いては『じゃぁ、俺も・・・』と思いますが、四国八十八箇所となればそれなりの計画と覚悟も要ります。
そんな時知ったのが西国三十三箇所参りでした。

西国三十三箇所を侮った訳ではなく、単純に八十八と三十三の比較、そして西国三十三箇所は近畿圏であり、暇を見つけてはお参りに行ける距離感がその気にさせてくれました。

西国札所の番外ではありますが、神戸近郊三田の奥にある花山院へまず最初にお参りした時、看板に書かれたことを読んで勉強させられたことがあります。
それはお参りの都度納経所でいただく納経印は、正にお経をお納めした印しにいただくご朱印であり、三十三箇寺或いは八十八箇寺の、ご朱印収集目的が如き風潮を戒めたものでありました。

以後私がお参りに際し最低限実行していることは、納経、即ち般若心経を自身で写経したものをお納めすることであり、『次は〇〇寺と〇〇寺と〇〇寺へお参りするから3枚写経しておかないと』といった具合の、私のお参りです。
a0143839_19291340.jpg

(仏前でお経を唱えるのも納経との説もあります)

罰当たりなことに、趣味のアウトドアーな楽しみも兼ねたお参りの方法で、家内も愛犬ロビンも同行して、最寄の道の駅で車中泊のキャンプが主たるお参りの手段でした。

道の駅にて
a0143839_19461963.jpg

雪の壺阪寺にて
a0143839_1948306.jpg

(最近はどこのお寺にもペット同行を禁じた注意書きが掲げられています。このころ私達も気にしつつ同行していましたが、注意書きも注意されたこともなく、むしろロビンの首にかけたお数珠を褒めていただいたことがあります)


2001年から始めた西国三十三箇所巡拝も、2004年1月24日琵琶湖に浮かぶ竹生島の三十番宝厳寺へのお参り
a0143839_2053136.jpg

そして翌日25日に岐阜県谷汲山の三十三番華厳寺へのお参りで結願しました。
a0143839_2058269.jpg

三十三箇寺のご朱印をいただいた白衣(笈摺)
多分私の死出の衣装になるでしょう。
a0143839_21221234.jpg

納経帳にもご朱印をいただきました。
a0143839_2123323.jpg


長々とお遍路はじめを綴ったのも、私いよいよとある思いがあって、四国八十八箇所巡拝の旅を始めました。

昨日2010年10月2日一番札所霊山寺から十番札所切幡寺までお参りしてまいりました。
とある思いも含め次の日記に記し、四国八十八箇所結願までを新設したカテゴリー『遍路みち』で綴ってまいります。
[PR]

# by bmw-nl-60 | 2010-10-03 19:50 | お遍路 | Comments(2)