リハビリ?な、北条鉄道

2017.08.20

病気発症から入院しての治療そして退院、毎日暑いし病気のトラウマもあって家でゴロゴロする日が多い。
病気は治療もしたことだし用心しながらぼちぼちどこか行きたいな。

何処へ何しに出かけるか・・なんて考えていたら、あのポイントでこんな構図で・・・って北条鉄道沿線の夢までみてしまった。
目覚めれば行くしかないと支度してさっさと出かける。
でも、この暑さでは沿線歩きは無理、車で沿線を移動して夢で見た(笑)ポイントや新たなポイント探してうろうろしてみよう。

夏草繁茂する樹木のトンネルで。
a0143839_09363460.jpg


網引駅の踏切から。
a0143839_09363970.jpg


古法華の山をバックに。
a0143839_09364227.jpg


飛行機雲と水面に車影。
a0143839_09364739.jpg


入道雲と。
a0143839_09365079.jpg


網引駅に戻って。
夕暮れの18:20発下り電車を見送る。
a0143839_09365483.jpg


空の紅さにつられ、もう1本撮りたいと待つてはみたが・・・。
空がいつまでも紅いはずもなく、そりゃそうだここはローカル、1時間に上下各1本。
当たり前といえば当たり前!
でも沈んだ夕日は、山向こうの空にわずかに紅みを残してくれた。
a0143839_09365763.jpg








[PR]

by bmw-nl-60 | 2017-08-24 10:08 | 写真 | Comments(4)

この夏の散歩写真

6月12日の医師の宣告を受けて以来、歩き回って体質改善と決めたそのモチベーションはいつも
カメラ持っての被写体探し。





6月19日
六甲記念碑台駐車場に車を置いて、六甲山上を散策。

a0143839_21360188.jpg


新池にて
a0143839_21380008.jpg


六甲オルゴールミュージアム
a0143839_21360656.jpg


a0143839_21361438.jpg


若いころ毎週のように通った岩登りのゲレンデ、堡塁岩。
a0143839_21361862.jpg


丁字ヶ辻付近にて
a0143839_21362280.jpg


穂高湖付近にて
a0143839_21362699.jpg








6月30日
雨上がりの朝、ご近所散策。

a0143839_21535006.jpg


a0143839_21533950.jpg


a0143839_21534613.jpg


a0143839_21535413.jpg








7月29日
石峯寺(しゃくぶじ)にて。

a0143839_21575447.jpg


a0143839_21574497.jpg


a0143839_21580702.jpg


a0143839_21575082.jpg


a0143839_21580304.jpg


a0143839_21581123.jpg








8月2日
丹波方面にて。

いつもツーリング時に気になる山間の村。
道路沿い川沿いに、人かと見間違う多くの人形。
a0143839_22045035.jpg


a0143839_22045927.jpg


a0143839_22050692.jpg


a0143839_22051110.jpg


a0143839_22051730.jpg


a0143839_22052605.jpg


逃げる青サギ。
a0143839_22044504.jpg


川面のシオカラトンボ。
a0143839_22053109.jpg








8月11日
三田母子のシュガーから付近散策。

雨ん滝
a0143839_22151648.jpg


シュガーのデッキから見上げて。
a0143839_22152085.jpg


a0143839_22152569.jpg


a0143839_22153475.jpg


a0143839_22154374.jpg


a0143839_22153825.jpg


a0143839_22152975.jpg








[PR]

by bmw-nl-60 | 2017-08-23 22:21 | 写真 | Comments(2)

この夏のちょっと辛かったこと

2017.08.15
入院治療のこと。

退職して1年半、掛かりつけの医師に言われた。
「血液検査の結果なぁ、このままでは糖尿の薬飲まなあかんで」
ガァ~ン!一番恐れてた宣告。


退職後の運動不足でかなり肥えて、モトパンも大きいサイズを買おうかなと思ってるぐらい
原因はよくわかってる。
「先生、1か月猶予ください改善します」と、それが6月12日。

a0143839_15574057.jpg


勤めてた頃は毎朝出勤前の1時間歩行してたし、運動それも歩くのは嫌いじゃない。
ただ退職したら、いつでもできる病と時間はなんぼでもある病にかかってしまい、気持ちの
上ではその気になったらいつでもできる・・・がズルズルと。


その12日から毎日7千歩~1万歩を目標にして陽の陰った夕方歩き。
それに加えて、カメラ機材フル装備担いでの山越えして市内までや、撮影名目の街歩きや野鳥撮影の山歩きなどで多い日には2万歩ぐらいの日も。
約1か月で体重4kg減と順調な7月16日にそれは起きた。


風のないどろ~んとした暑さの夕方、歩き始めからやや胸苦しいけど最初の登りやから、いつものようにそのうち治まるやろ・・・・。
ところが治まらない・・そのうちしゃがんで休みたくなるが犬の散歩などで歩く人多く、老人が苦しんでるって救急車でも呼ばれたら恥ずかしいなとペース落として歩きつづけた。


普段は1時間半ぐらい歩くが40分ぐらいで自宅近くまで戻ってきたのでそのまま帰宅。
夕ご飯は食べる気にならず、相変わらず胸苦しい。
一瞬「心筋梗塞では?」と気になりネットで調べてみると、一致する項目多い。
家内に「救急病院連れて行ってくれるか」と頼み、近くの救急病院へ。


20時半から0時過ぎまでいろんな検査するうちに少しづつ治まってきた。
日にちが変わって救急担当医から循環器の専門医が来る連休明けまで入院を勧められる。
そこまでの検査結果では概ね心筋梗塞の疑いは消えたようで、あとは狭心症か?

翌日大事な用事が待つ家内に大変な苦労をかけてしまった。
感謝感謝、また頭上がらんな。



7月16日深夜の入院から18日まで、血液、心電図、エコーなどなどは検査したが、微熱/高熱と上下して造影剤入れてのCT検査ができない。
緊急を要する事態ではないことが確認できて、薬ももらい7月24日のCT検査予約して一旦退院。
ただこの入院中にあれほど避けたかった糖尿の薬は処方され飲む結果になってしまったのは何とも皮肉。



7月24日、CT検査で造影剤が入るとき腕から顔から冷たい?熱い?何かが体の中を走るのが判る。
その感覚すぐに消えるが顔がちょっと痒くなり、それもすぐ消える。



7月28日外来診察でCT検査の結果を聞く、冠動脈からの血管に狭いところが何か所かあると写真を見ながら説明を受けた。
病名は労作性狭心症、判った以上は放っておいても良くはならないから、8月14日から3泊4日の入院治療を決めた。


a0143839_13523228.jpg



入院翌日の15日13時からの治療予定でお昼は食べずに予定時間が近づくにつれ徐々に覚悟ができる。
ところが前の治療が長引いて何時になってもお呼び掛からず何度も何度も覚悟のし直し(笑)
お腹も空くし。
2時間遅れの15時やっと治療室へ移動。
当初は全身麻酔で知らんうちに終わるものと簡単に決めた治療予定日だったが、カテーテル入れる手首付近の麻酔だけ、意識はあるので先生の問いにも応えながらモニターも見てやろうと思ったが、細かいところは何してるか判らない。

a0143839_13522899.jpg


その内、部屋が冷えているのでオシッコしたくなって我慢するのが大変でそれどころではなくなった。
ステントを入れるときの風船膨らませたりしているときは、胸苦しいしオシッコしたいしで早く終わってと祈るばかり。

結局、1本の冠動脈にΦ2.75×33mmとΦ3×12mmのステント2本入れ、もう1本の怪しかった血管の狭い部分は許容の範囲ということで治療せず。
治療部屋に入って終わるまで2時間の検査と治療だったが、我慢に我慢したオシッコは終了間際とうとう治療台に体固定のまま、看護師さんの介助で尿瓶に長~い長~いオシッコを溜める結果になってしまった。
これって一番恥ずかしいやん!



退院予定の朝からのリハビリは、自転車漕いで心電図みながらの術後の確認。
お昼を食べて退院した。
 


治療が決定してからもこの件について知り合いと話をすることがあったが、結構多くの人が経験してることにビックリ。
その一人はニトロを持ち歩いてはいるものの、いまも元気に山歩きしてるので大丈夫と励ましてくれる。


僕はイケイケ親父に見られることが多いが、実はすごい臆病ですごい用心深いのでいろいろ想定して準備して、やりたいことやりながらボチボチとあの胸の苦しいトラウマを払拭していこう。
人生に悔いの無いよう、折角命拾いしたんやもん。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2017-08-22 16:53 | もろもろ | Comments(2)

この夏のはじめのこと

2017.08.22 
毎日暑い日がつづく。
長らく更新なしのこのブログでも、この夏あった大きなこと些細なことなど
もろもろを日記にしておこう。


2017.06.13
車買い替え。

4年乗ったプリウスαだが、家内が誰かに「4年乗ったらあとは年に30万づつ査定額が
下がる」と聞いて「1年に30万も捨ててるんか?」と買い替えに少し心が動き、前々から希望の仕様の車下見へと話が進む。

過去我が家の車はトランポを兼ねたダットサンピックアップ4WD9年、ハイエーススーパーGL9年、どちらも排ガスの規制(NOX)で乗り換え、大きければ乗用車でもバイクは積めるのではとアルファード8年。
家内が民謡(三味線)を始めたころから考えると、ハイエースとアルファードは後部はスライドドアーだったから、長い三味線の積み下ろしにはいまのプリウスαでは不自由で不満だったよう。

夫婦ともに高齢化したいまは大きな車が必要な訳もなく、高齢ゆえの事故など見聞きすれば他人事でもないので流行りの自動ブレーキや安全装置も・・そしてハイブリットでスライドドアーもと考えたらこれになった。

a0143839_13520341.jpg


a0143839_13520954.jpg


トヨタシエンタ7人乗り。
始めての白い車。
2017.06.13大安の納車となり、いまはアルミホイールとサブライトも追加した。






2017.07
リュック購入。

日常出かけるときの財布、携帯、手帳など必ず持つものと、用事によってはA4ファイルが何冊かとプラスαの容量のバッグとして、ショルダーバッグやDayパックを使っている。
いま所有するショルダーバッグはやや容量不足と使い勝手にやや不満。
登山用、バイク用、カメラ用と、私の趣味の部屋の壁にはリュックが登山用具店のようにぶら下がり、「この家には何人山行く人いるん?」って嫌味言われるぐらい・・・でもその中に普段使い用にしたいDayパックも気に入ったものが無い。

何か良さげなものを・・と考えたとき、むかし日帰り山行やロッククライミングに使っていたラフマのフレンチザックを思い出した。
ネット検索してみれば。

a0143839_13521833.jpg


当然私のは遥かむかしに使い古して処分したのでもう手元にはない。
素材や山行形態も変化したいまではラフマ社にもラインナップされてないだろうし、あってもビンテージとしてびっくりするほど高いんちゃうかな。

似たようなその雰囲気を残した現代版でもないかと探せばありました。
さすがモンベルやね。
その名もフレンチガイドパック。

a0143839_13521303.jpg


生地はむかし風に帆布製で雰囲気はあるね。

a0143839_13522465.jpg


ショルダーベルトはいま風のチューブテープにクッション入り。
むかしは革製で体に付く内側にはフェルトが縫い付けられていた。

本体にショルダーを縫い付けた部分もむかしは革に挟み込んで縫い付けていたし、
そこから出たナイロンテープ環もむかしは金属環やったね。

雰囲気や郷愁はともかく、現代版の便利なところは雨蓋を開けずとも側面のファスナー開閉
で中のものが取り出せるところ。

胸のショルダー間のバンドもなけりゃ腰のバンドもないので体への密着感はないが、むかしのフレンチザック感は十分あり。
モンベルさんよくぞ作ってくれました。

色は紺系とこのカーキ系の2色、もちろんカーキやね。
容量は17Lと25Lの二種類(むかしのは27・8L?)、街使いやから17Lで十分。
いまはどこへ行くにも背負ってるお気に入り。(・∀・)イイネ!!




[PR]

by bmw-nl-60 | 2017-08-22 14:57 | もろもろ | Comments(2)