農村歌舞伎

2016.10.16

江戸時代より農民の娯楽として行われている農村歌舞伎や人形浄瑠璃を催すための農村舞台は、北は北海道から中国四国地方までに今も存在するが、西日本の特に兵庫県で発達した歴史が示すように現存する農村舞台の10%が兵庫県内に存在するそうです。

特に私の住む北神戸(旧・山田町を中心に)には15の農村舞台があり、この地域で特に盛んであったと推測される天彦根神社境内の下谷上農村歌舞伎舞台(天保11年・1840年建立)でこの日上演会があり、同じく郷土歴史とかに興味を持つシルバーカレッジのクラスメイトと二人でカメラを持って出かけました。

a0143839_23535136.jpg


a0143839_23541066.jpg


下谷上農村舞台には全国的にみても珍しい舞台機構があり、ここ以外では見られない装置が現存しているそうです。

その一部、舞台には「回り舞台」。
a0143839_022237.jpg


その一部、花道が反転して反り橋が現れる「裏返し機構」。
a0143839_004397.jpg


その他、多彩な機能も有しているそうです。
以上のような農村舞台の説明や当地丹生山田文化に詳しい先生のお話も聞けました。

今日の演目の一つ目は『三人吉三廓初買』、演者の多くは小学生ですが小学生とは思えない演技で観客を魅了します。

花道控えで出番を待っています。
a0143839_0185954.jpg


熱演。
a0143839_0192915.jpg


a0143839_0194195.jpg


a0143839_0195759.jpg


二つ目の演目は『一谷嫩軍記 熊谷陣屋の場』・・・・
いちのたにと、くまがいじんやのばは読めますが、?ぐんきと読むんでしょう?

ストーリーは義経の首実検に備え、熊谷次郎直実が平敦盛の首と称し我が子を犠牲にする武士の建前と親子の情愛の間で苦しむ場面・・・・概ね理解して見れました。
戴いた資料で理解したのですが・・・・

こちらは大人ばかりの熱演です。
a0143839_0362019.jpg


a0143839_0363531.jpg


a0143839_0365078.jpg


a0143839_037730.jpg


a0143839_0391298.jpg



我が子の首を抱きおよよと泣き崩れる熊谷の妻、クライマックスです。
a0143839_0393036.jpg


大見得!
a0143839_0401570.jpg


場面場面の良いタイミングで観客の掛け声や、舞台目がけておひねりもいっぱい飛びます。
結構暑い日で、重いカメラやレンズ持って動き回り汗かきましたが、我が街近隣の郷土歴史に触れる3時間半の楽しい一日でした。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-10-24 00:56 | もろもろ | Comments(0)

恒例のHガレージグルメツーリング

2016.10.09-10

いつもお世話になっているHガレージ恒例の林道付き(笑)グルメツーリングに行ってきました。
あくまでもグルメ主体ですから林道は少な目で林道付きグルメツーです。

1日目
ガレージに集まったのは9名ですが、内1台は病み上がりのMっちゃんはスクーターで現地合流。
a0143839_2345548.jpg


ガレージまでに雨に遭い、ここからも暫くはカッパは脱げなさそう。
加東市を経由して西脇に着きやっとカッパ脱げました。

一般道走るよりはと笠形林道の舗装区間へ入るも、崩落のため全面通行止め。
a0143839_23484264.jpg


西脇奥からやっと本日最初の林道。
ここも下からコンクリート舗装が進んでいる。
峠にて。
a0143839_23515854.jpg


黒川新田林道の峠にて。
a0143839_23531178.jpg


生野ダム湖岸道路で、地面と仲良しが1台。
大きな怪我もバイクのダメージもなくやれやれ。
当人はさらのカッパが破れたと嘆く。

目当てのGSは営業しておらず、もうひと山越えるまで給油はお預け。
林道栃原千町線を進み、千町峠へ上がってきた。
a0143839_005831.jpg


草木ダムから川沿いの林道を下り、三方のサンパティオ隣のGSで給油。
a0143839_05134.jpg


R29側の氷ノ山林道入口までもうひと山越えるのに、阿舎利林道へ行こうとしたが
ここも集落はずれに通行止めの看板、ならばと道谷志倉林道へと向かうも・・・・
あちゃーここも伐採作業で通行止め!
a0143839_0104334.jpg


さあどう迂回するかの相談。
a0143839_0121727.jpg


このままでは面白くないと、どっかの林道走って埋め合わせたが、この林道
がチュルチュルやなんやかんやとドラマが生まれ、満足満足。
a0143839_017583.jpg


a0143839_0172241.jpg


休憩やドラマで時間摂りすぎてタイムアウト、氷ノ山林道は明日帰りの楽しみ
として、R9号を香住目指してひたすら走る。
道の駅『村岡ファームガーデン』、日も暮れかかるが香住まであと少し。
a0143839_022265.jpg


香住手前で雨に遭うが中まで濡れることなく、香住の街に着くころには止んでいた。
遅い到着のため、さっさと風呂へも浸かりお目当てのグルメは・・・・
アワビコースと蟹コースに分かれて宴会開始。
この時期に蟹ってと思っていたが、香住蟹といってズワイよりやや小ぶりで紅蟹という
種類のもので9/1に解禁になったそうだ。
刺身、焼き、天ぷら、焼き甲羅みそ、鍋とフルコース。
なんらズワイと変わらぬ美味しさでした。
a0143839_029525.jpg


a0143839_0301027.jpg


a0143839_0302345.jpg


部屋に戻って部屋飲みでまた熱く語り・・いやグダグダと遅くまで。
いつしかzzzzzzz。
a0143839_0331990.jpg



2日目
やや風は冷たいものの今日も天気は良さそう。
旅館前で出発前の記念写真。
a0143839_0384944.jpg


氷ノ山林道へと繋がる瀞川山林道へと入る。
a0143839_0404977.jpg


R9号村岡町内を俯瞰し、対面には妙見山/蘓武岳を眺望する鉢巻展望台にて。
a0143839_043517.jpg


オフローダーにとっての名所瀞川のストレートを過ぎ、一旦ダートの途切れる
鉢伏山基部にて。
a0143839_0455415.jpg


鉢高原の登行リフト下を走って民宿街から氷ノ山林道へ、氷ノ山東尾根登山口
からダートが始まる。
a0143839_0482947.jpg


大段ヶ平(おおだんがなる)
a0143839_050937.jpg


R29号へ出る終点まで長いダートを楽しむも、お腹が空いてきたがよく考えれば
お昼のことを考えずに林道に入ってしまった。
香住か村岡で弁当でも買っておくべきだった。

R9号の道の駅で遅いお昼にしようと食堂に入るも、なかなか注文したものが出てこない。
えんえんと待ち続けたことで、あとの予定がタイムアウトとなりひたすら一般道で神戸の
ガレージを目指してひた走る。
陽も暮れたころやっとガレージに到着。
a0143839_2244756.jpg


まだここから和泉方面目指して帰るメンバーは途中大渋滞に嵌り、帰宅が22:00になったとか。

とにもかくにも、怪我なくトラブルなく無事終了しました。
企画や宿との折衝までお世話いただいた方にはお世話になりました。
まずは皆さんお疲れ様でした。

1日目の走行 : 270km
1日目の林道 : 5本 ダート50kmぐらい?

2日目の走行 : 220km
2日目の林道 : 2本 ダート30kmぐらい?
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-10-23 01:07 | ツーリング | Comments(4)