再び和泉のお山へ

2016.04.16

先月3/13にも葛城山/紀の川方面のお山をご案内頂いた、よっぱらいさんとよっぱらいの妻さんとご一緒に岩湧山/葛城山のお山へ行ってきました。

待ち合わせは前回同様の道の駅。
a0143839_11302015.jpg


先月ご一緒以後のご夫婦のブログを拝見していると、すりばち状の・・・とかスズメバチのガレ場で・・とか、それも動画付きで見ているとなかなか手強そうなルートで行ってみたくなり、同行させて頂くことになりました。

先日ご夫婦が退却された滝畑ダム付近のお山へ。
先日退却箇所の切り立った渓谷沿いをクリアして暫く登るも、その先は登山道となっており退却。
丁度よいウオーミングアップになりました。
a0143839_11534648.jpg


蔵王峠を越え岩湧山方面へと進み、すりばち状・・・のルートへ。
取り付きから勾配きつく、すりばち底の石ころも結構大きいガレ場の登りです。
ターンは小さくダイレクトに頂上目指す雰囲気のルートで、平坦部に出たところから植林帯の山の腹を進むと分岐がありました。
左の更に勾配はキツイすりばちを偵察に登ってみましたが、ガレはひどくなり左右の倒木が連なりこれは無理。
右の植林帯を進みます。
道幅が更に狭くなって勾配とガレもきつくなるところで、先を偵察に先行しました。
一箇所の岩の段差を越えればガレ場は30mほど、粘土状路面にタイヤ幅の溝に沿って50mほど登れば傾斜も落ちてすぐ林道に出ました。
折り返してご夫婦のところまで戻る。
a0143839_1221024.jpg


よっぱらいの妻さんのTLR200は岩の段差の上まで私が代走します。
a0143839_122319.jpg


途中でXRのライダーと出会い、「この上には遺跡?古墳?があるので行かないほうがよい」と聞き、右へと支線を下れば先ほどの頂上へつづくであろう林道の下部へと出た。

この林道で南へと下り、左手に紀の川方面の山を臨む快適な広域農道を西へと進み、大きなバス釣り専用池の畔でお弁当にしました。
今回もまたよっぱらいの妻さんお手製のお弁当を頂きました。
いつもご馳走さまです。

池の裏手の果樹園を登るとダートで峠を越え、神通温泉の南の府道に出ました。
神通温泉を右折して紀泉高原線に入り、暫く舗装路を走れば紀泉高原支線林道の入口があります。
これは前回案内頂いた時に下ってきたプチガレ林道で、今回は登ります。
よっぱらい妻さん苦手なガレですが、少しのレクチャーでスムーズな走りで登って来られました。
渓谷沿いに登り一旦紀泉高原線に出ます。
それを横切り、次は尾根右腹の枯葉と朽ち枝まばらな土路面を登り、ハイウエーに出ました。

ハイランドパークで休憩の後、葛城山頂方面へと進み、パーキング横のトライアルチックな斜面でちょっとお遊びしてスズメバチコースへ向かいます。

下部はV字状のプチガレの登りがつづき、つづら折れコーナーの左右キャンバー使っての走行が楽しく、上部は勾配こそ変わりませんがガレ度も弱くV字溝はなくなりやがて舗装林道に出ます。
a0143839_20432557.jpg


a0143839_20434843.jpg


登りきりました。
a0143839_2044236.jpg


登りきる直前に右へと茂みにトレールがあります。
スズメバチコースはそちらへとつづき、まだ先があるようですがまた次回にしましょう。

葛城山頂から北へと舗装を牛滝方面へ下り、外環状170号に出ました。
まだ時間は早いので外環沿いに静かな神社を見つけ、お湯など沸かしてコーヒーのみながらのお喋りタイムにしました。
a0143839_20595862.jpg


今回もまたご夫婦の案内で新しいお山を知ることができました。
この辺りまだまだ楽しいお山がありそうです。
また、お誘い頂きたい地域です。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-04-22 12:50 | Comments(9)

入学式 孫のじゃないよ!

2016.04.07

退職後、マイガレージの大工仕事、バイクの整備にツーリング、一万歩マイプロジェクトと称してのお山歩きに探鳥歩きと、サンデー毎日を謳歌・・・しているつもりですが、何かしっくりこないものを感じていました。
それは、どれをとってもどうしてもその日にやらなあかんものでも無く、時間はなんぼでもあるので明日でもいつでも出来るような状況では、遊びとはいえ心が篭らないというか熱くならないというか、どこか地に足つかぬ心境でした。

仕事勤めのように毎日でなくても、決まって行くべきところがありやるべきことがある生活の中で、時間を工面して思いの篭る趣味に興じてこそ、そのアウトプットはそれなりの結果、即ち反省や修正や工夫そして充実感や達成感があっての謳歌なのでしょう。

幸い、家内の友人や私の周囲に神戸市が運営するシルバーカレッジの現役生やOBが居られ、その存在を知りました。
建学の精神『再び学んで他のために』をモットーに、多くの経験を持った人の心にこそ響く上質の学びを提供し、他者へのボランティア精神を育むことを目的とする、とあります。

各学習コースがあり1年生から3年生までカリキュラムに従い、週2日から3日の登校で学習します。
クラブ活動も多彩で、これに属すと毎日が結構忙しくなりそうです。
周囲の勧めもあって、3月に説明会に行き、再び学ぶ喜び(若い時に良く学んだ人は再びですが私は・・・・?)や、また新たな人との出会いなどに楽しみが見いだせると願書も提出し、入学決定通知も受けていました。

神戸市シルバーカレッジ学舎(当日雨のため4/11に撮影)
a0143839_23142064.jpg

入学式当日には、専攻コースは違いますが中学時代や高校時代の同級生とも、お互い新入生として出会いました。
今年の1年生入学者数は全コースで419名です。

式次第に沿って入学式が執り行われます。
a0143839_2318518.jpg


学長式辞に始まり、来賓祝辞、在校生代表歓迎のことば、新入生代表あいさつ、校歌斉唱で閉式となりました。
a0143839_23293693.jpg


外では朝の雨は暴風雨となり警報まで発令されました。
警報!本来なら休校となるところですが、式は始まっていたため続行されましたが、用意された中庭での在校生によるパフォーマンスは中止となりました。
お昼の休憩時間中は、各クラブの勧誘ポスター前は黒山の人で埋まり、勧誘合戦も熱っぽいものでした。

午後は『学生便覧』や通学/校内ルールなどの説明を受け、14:30に全て終了。

2016.04.11
今日は孫の中学の入学式でしたが、私は初回登校日でした。
校内に流されるチャイムに始まりチャイムに終わる、すっかり学生時代に戻りました。

さあ、どのような3年間が過ごせるかワクワクしています。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-04-11 23:59 | もろもろ | Comments(6)

笠形山から生野(追記済み)

2015.04.05

先日のソロツーで、やっぱり林道ツーは楽しいなと林病再発したもよう。
出発はやや遅めだが天気も良し、今日は久しぶりに笠形山林道から走り始めよう。

三木~加東~加西へと進み、笠形山林道入口1kmほど手前の『ゆるぎ岩』の標識を見て、昔はここから畑林道を越えて釜坂峠へ抜けていたのを思い出し、ちょっと寄り道。
村はずれのダートの始まり箇所には金網ゲートがあって、鍵もなく地元の人は日頃出入りしている雰囲気はあるが、今日は引き返そう。

林道笠形線起点の標識から1kmほどでフラットダートから始まる。
a0143839_0505627.jpg


直ぐに舗装に変わるが、中ほどから後半はバラスの深いダートで釜坂峠のやや西側に出る。
釜坂峠を南に越えると直ぐ左に林道笠形線第2工区の入口、山の稜線近くを右に左にと俯瞰する景色が変わり後半部分に入り西側を見晴らす展望台のようなところで休憩。
a0143839_103793.jpg


展望台から暫くで路面は舗装となり、船坂峠に出る。
東側へ少し下れば、正面に第3工区の入口、林道笠形線の最も長い林道だがほぼ全線舗装されて久しい。
30年ほど前には半分強(加西CCの上ぐらい)ぐらいで開削は止まっており、ピストンながら走り応えあり良く来たものだ。
でも舗装されたとはいえ、笠形山頂上に近い西側山腹を走るためところどころの眺めも良く飽きることなく
県道8号高坂峠の松ヶ井の水付近へとつづく。

高坂峠は県道8号でトンネルになっているが、旧道で越える林道へと進む。
登り途中の景色の良さそうなところで、遅めの昼飯。
風もなく静寂のお山で、日差しもポカポカうぐいすの声聞きながらバナーの音も心地よく、いつものラーメンと家内が持たせてくれた握り飯も旨い。
a0143839_1362731.jpg


つづきは後日。
   ↓
峠を越えて下りだせば、右への支線あり。
標柱には千ヶ峰三国岳線とある。
昨年にも進んでみたが、僅か先で崖崩れで引き返したことがある。
さて、復旧は?の思いで進んでみたが状況に変わりはなかった。
a0143839_042655.jpg

道幅も広く入口付近の雰囲気は立派な林道、反対側(北側)からの林道開削が進んでいるのは体験済み。
これが開通すれば楽しみな長い林道になるのだが、いつになるやら楽しみではある。

越知谷へと下り、越知川沿いに遡り新田ふるさと村へ。
ふるさと村のすぐ先のゲートは開いており、工事か伐採でもやっているのかと思うが、通行止めの看板もないので進行。
峠付近から新しい林道支線工事が進んでいるもよう。
これも、前述の千ヶ峰三国岳線と合流しそうな方向への開削に見える。

峠から梅ヶ畑への下りダートは一部崖崩れあるが通行に支障なく、木漏れ日差す林間走行で梅ヶ畑集落のやや下流へと出る。
a0143839_124755.jpg


a0143839_13679.jpg


梅ヶ畑から大外長野林道へと入る。
全長2kmほど林間の峠越えが楽しい林道、峠に出ると直進方向に真新しい林道が出来ているが、それには進まず右へと本線を下る。
a0143839_121422.jpg


下りきり間もなく青垣峠に出ようかとする付近で、左に上がるこれも真新しい林道発見。
これって峠からの新しい林道と繋がっている?行けるところまで探索してみよう。
粘土質の路面でどんどん高度を上げてゆくと・・・・・ん?
上には青いバイクと人が居るじゃない?
平日のそれも誰も来ないような深い山奥でオフの同業者に会うとは、お互い驚きに暫し立ち話。
今日、笠形山の林道ですれ違ったWR-Fの方だった。

サービスエリアや道の駅などで、時々他のバイク乗りさんと話することがあり大抵はお互いのバイクの話になるのだが、ここではバイク談義にならず林道情報の交換に終始するのが何とも嬉しい。
お互いの自己紹介でその方のハンドルネームを聞いてビックリポン。
ブログを通じてお付き合いのある、chiharuさんの幼馴染みさんだった。
いや、本当にこの業界(オフ)の世界は狭いです。
chiharuさんとの出会いもそうでした。

お互い対面方向でこの林道に入ってきているので反対方向にお別れした。
a0143839_1424636.jpg

が、私が青垣峠を下り大名草に出るところで追いついてきたその方と又出会い、大名草でお別れした。

名残の桜を楽しんでのツーリングの割には、未だ一枚も桜の写真が無い。
R427号播州峠のトンネルを越えて、道の駅『かみ』の手前で無理やり道路際の桜で一枚。
a0143839_1473357.jpg


帰路には、体調崩して気になる専務のいる取引先を覗いてのご機嫌伺いや、昨年末まで勤めた会社に寄ってついつい話し込み、帰宅は21:00を過ぎてしまった。

桜愛でつつポカポカ陽気、ウグイスの声聞きながらのオフツーリング。
初めての道、初めての人、新しい出会いもあって充実した一日だったな。

本日の林道 : 5本
本日の走行距離 : 228km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-04-07 01:36 | ツーリング | Comments(6)

お花見

2016.04.03

恒例の所属山岳会の先輩後輩集まってのお花見です。
開花が早い早いといわれるなか4/3を設定し、少し遅いかなの懸念も有ったが、「年に一度の顔合わせに桜が有っても無かってもええやろ」の先輩の声に後押しされてその日を迎えた。

心配をよそに桜は満開、天気予報では雨模様も時折陽も差すぐらいで雨の心配なし。
絶好のお花見日和。

場所はいつもの王子公園横、青谷川河川敷公園。
神戸登山研修所のクライミングウォールもトレーニングする人で賑わっている。
a0143839_103198.jpg


話のネタは毎度のごとく、〇〇はどうしているか、あの合宿あの山行でのあんなことこんなこと、志ひとつにして心燃やした仲間ですから酔うほどに話は盛り上がります。
a0143839_1104566.jpg

♪♪雪が深くてラッセルに♪苦労したことあったっけ♪♪

また良い時期のお山行きなど約束して、今年もお花見バッチリ上手くいきました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-04-05 01:14 | もろもろ | Comments(2)