「ほっ」と。キャンペーン

京丹波方面ソロツー

2016.03.29

最近はカメラ抱えて探鳥歩行に明け暮れていますが、一昨日昨日と車走らせての旅の反動でしょうか。
今日は天気もよくムズムズとバイクに乗りたくなってきました。

まずは三田奥の林道を走ってから
a0143839_20596.jpg


デカンショ街道から173号を経て、Fの木林道。
a0143839_225898.jpg


ダム周回ダートも経由して再び173号を北上、タカタラビ林道入口に来ましたが林道入口にはゲートが出来ている。
ゲート横も出入りOK、ゲートも施錠なし、看板には『事故があっても責任は持ちません』、自己責任でお邪魔します。
作業でもしていたら引き返そう。
a0143839_291839.jpg


路面や周囲の状況は何らこれまでと変わりなし。
a0143839_2103011.jpg


a0143839_2104029.jpg

全線完走できましたが、反対側にはゲートなし。

道の駅『和』で小休止して、
H主林道へ
a0143839_2131559.jpg


登りきった絶景場所で
a0143839_2143148.jpg

a0143839_2181156.jpg


H主林道2ループ目の林道は今までどうり、復旧していません。

帰路には、短い林道数珠繋ぎで帰りましょう。
S山林道
a0143839_2192197.jpg


マーケス林道
a0143839_220191.jpg


曇り空でうす暗い中山峠を越えて、
原山峠へ林道を登ります。
a0143839_221569.jpg


未だ暗くはない!
T金林道(林道とは呼べないが)を下る。
a0143839_2233415.jpg

a0143839_2234775.jpg


往路に走ったダム周回ダートとFの木林道を復路として、最後の林道を抜けてゲートをしっかり閉めて本日の林道は終了。
a0143839_2335976.jpg



後川~永沢寺~相野~吉川~淡河で帰宅。

本日の林道 : 11本(10kmクラス2本、3km未満クラス9本)

本日の走行距離 : 272km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-03-30 02:31 | ツーリング | Comments(8)

旬のホタルイカと剱岳

2016.03.26-27

今年も我が家恒例のホタルイカ旅行してきました。

例年は富山湾を挟んで剱岳の見える氷見の宿でしたが、今年は魚津市内からやや山に入った北山鉱泉の宿にしました。

氷見の宿からは一度もはっきりと剱岳が見えたことはなかったが、北陸道富山ICを過ぎた頃、車窓越しに残雪抱いた剱岳が見えてきた。
a0143839_23173767.jpg


毛勝三山
a0143839_23183282.jpg


右から剱岳頂上への長大な早月尾根、池の谷へ落ち込む岩稜の剱尾根、三の窓から一筋の雪渓は池の谷左股、窓の右肩にはチンネの上部岩壁も見える、その左にはマッチ箱ピークとてっぺんに小窓の王を従えた小窓尾根、人を寄せ付けぬ雄々しさに今見ても武者震いしてしまいます。
a0143839_23395512.jpg


剱岳の姿に胸の熱さが冷めぬまま魚津ICで高速を下り、つづら折れを登り、山深い湯治場の北山鉱泉に着いた。
旅館は5軒ほど、周囲は山里の景色のみですが古い湯治場らしくて好きです。
部屋に案内され、窓を開けるとすぐそこの田んぼを猿がうろついていました。

まずは温泉(鉱泉)に入り、お目当ての夕食はホタルイカのフルコース。

7種類の小鉢
a0143839_0438100.jpg


ホタルイカの刺身は生姜醤油、カンパチ、ヒラメ、甘エビの刺身はわさび醤油で
a0143839_054565.jpg


ホタルイカの網焼き
a0143839_084875.jpg


ホタルイカの天ぷら
a0143839_094167.jpg


ホタルイカを辛子酢味噌で
a0143839_010572.jpg


ホタルイカのしゃぶしゃぶ
a0143839_012532.jpg


ホタルイカの釜飯
a0143839_0123728.jpg


次々とビールもおかわりして、今年も旬の味を堪能しました。


明けて翌日の朝は付近を散歩しました。
付近の山肌には僅かに残雪、畦にはふきのとう、お山好きには堪らない景色です。
a0143839_0253350.jpg


宿を後にして次なる行く先は剱岳西面の登山基地でもある馬場島としたいが、この時期は未だ残雪で道が開かれておらず通行規制があるだろうな。
せめて入山のたびにお世話になったN村さん宅のある最奥の村、伊折までは行けるだろう。

上市に出て早月川沿いを車で遡上します。
釈泉寺、蓬沢と懐かしい地名を辿りながら、N村さんのトラックの荷台で揺られての入山に、次第に迫る剱岳に心踊らされ、ヨーデルの上手いF先輩の歌声とトラックの振動音が妙にマッチした入山のセレモニーを思い出している。

折戸を過ぎ剱橋を渡って早月川右岸を進む、伊折手前で再度左岸に渡ったところで山は俄然近くなり、写真を撮るべく車を止めた。
今日の剱岳頂上付近はガスに隠れ、暫く待って僅かにガスの切れ間に池の谷周辺の岩壁が見え、慌てて望遠レンズのシャッターを押した。
a0143839_141167.jpg


やはり、馬場島へは行けないようだ。
a0143839_161839.jpg


車を暫く進めていよいよ伊折に入った。
ん・・・・?民家が無い!

N村商店のあった場所もさら地、何戸か建家があるがどこも廃屋のよう。
私が記憶を頼りにウロウロする間、女房はふきのとうを摘んでいる。
風もなく雪解け水の流れる音しかしない、熊が出るぞ!の看板が気になるぐらい静か。

どこも土台のみで建物が無い!
そうか・・・・廃村になっていたのか・・・・
これほどの山奥の村、開発の手が入るか廃村となるかが時代の波なんでしょうね。
a0143839_1163541.jpg


a0143839_117343.jpg


a0143839_1172857.jpg


a0143839_1175418.jpg


a0143839_1182015.jpg


さあ、帰るとしよう。
都会に住まう古い山ヤの勝手な思いは充分承知とはいえ、故郷とも言うべき地を訪ねてみれば、そこに思い出も深い人々の営みはなく、川の流れや雪解けの山肌や木立など、里の風景の背景には変わらず大きな剱岳がある、いつまでも居たい場所でした。

旬のホタルイカを食し、青春懐古の旅となりました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-03-30 01:40 | 旅行 | Comments(4)

探鳥歩行その2

撮り貯めた野鳥の写真、自己満足な鳥ごとのベストショットのつづきです。

ダイサギ
16.02.25 春日町 竹田川
a0143839_1624319.jpg


a0143839_1625774.jpg


a0143839_163590.jpg

飛行は綺麗で惚れ惚れします。
a0143839_1631595.jpg


a0143839_0295528.jpg


ツグミ
16.03.01 千丈寺湖
a0143839_1653726.jpg


トラツグミ
16.02.23 森林植物園
a0143839_1665167.jpg


ハクセキレイ これもどこでもよく見かける鳥です。
16.02.10 森林植物園
a0143839_1682467.jpg

16.02.16 三宮花時計ですが、足元まで近寄ってきました。誰かが餌付けしているようです。
a0143839_168331.jpg


ヒドリガモ
16.02.24 千丈寺湖
a0143839_1615627.jpg


ヒヨドリ
16.03.05 隣家の庭
a0143839_16164864.jpg


a0143839_1617169.jpg

16.03.06 森林植物園
a0143839_16171537.jpg


ベニマシコ
16.03.01 千丈寺湖
a0143839_16195528.jpg


ホオジロ
16.03.06 森林植物園
a0143839_162136.jpg


マガモ
16.01.28 森林植物園
a0143839_16221698.jpg

16.02.25 春日町 竹田川
飛びます!飛びます!
a0143839_1622263.jpg


ミヤマホオジロ
16.03.06 森林植物園
a0143839_16245050.jpg


ムギマキ(その後、拡大してみるとジョウビタキ♂のよう)
16.03.01 千丈寺湖
a0143839_16254898.jpg

拡大画像
a0143839_028286.jpg


メジロ
16.03.07 隣家の庭
a0143839_16265842.jpg

16.03.10 しあわせの村
a0143839_1627980.jpg


モズ
16.03.07 丹生山麓
a0143839_16341068.jpg

16.03.01 千丈寺湖
a0143839_16342438.jpg

枝から餌を見つけて飛行
a0143839_16343786.jpg

ミミズを捕食
a0143839_1634468.jpg


ヤマガラ
16.02.10 しあわせの村
a0143839_16383917.jpg


a0143839_16384766.jpg

飛行
a0143839_16385462.jpg

16.03.15 奥須磨公園
a0143839_1639373.jpg


ルリビタキ
16.03.03 再度山修法が原
a0143839_16413643.jpg

16.03.03 飛行 再度山太龍寺
a0143839_16415339.jpg


以上、これまで29種類の野鳥を撮影しましたが、今なんとかして撮りたいのがカワセミです。
近くの茂みから飛んで逃げていくのは何度かみていますが、未だに撮れない。
水面へダイブして捕食するシーンを夢見て歩いています。

季節が変わればまた羽の色が変わり飛来する鳥も変わってきますし、背景となる山の色も変わるでしょうから
楽しみはつづきます。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-03-18 16:51 | 野鳥 | Comments(2)

一万歩マイプロジェクト 探鳥歩行その1

2016.03.18

一万歩マイプロジェクト、安心して下さい未だつづいていますよ。

健康のためだけで歩くのは、それだけが目的のつまらなさや景色に飽きたりしてしまいます。
そこで以前から興味のあった写真撮影を趣味にすれば、被写体探しを目的に歩くことができるなと思い、
退職前にはデジタル一眼も購入していました。

元々、野山を歩くのは私の重要なライフスタイルの一つですが、歩く都度これまで全く気にも止めなかった
野鳥に興味を覚えています。

主な探鳥のフィールドは我が家から歩いて行ける森林植物園とか再度山修法が原、車で行って車を置いて歩き回るのは、しあわせの村や三田の千丈寺湖(青野ダム)や奥須磨公園など。

撮影スタイルはとにかく歩く、歩くうちに鳥の鳴き声や姿を見つけるとカメラを構えるスタイルで、歩数稼ぎも大きな目的ですから狙った場所でカメラ据えて野鳥を待つことはしません。

お昼はもっぱら持参のコンロでお湯を沸かしてミニカップラーメンとおにぎり、お湯が沸く間に撮った写真の確認や野山や水面の景色にまったり過ごし、体に受けるこの季節の冷たい風すら自然の癒しを感じます。
家を出る時間にもよりますが、このようにして歩いて一万五千歩~二万歩超になります。

これまで撮り貯めた野鳥の写真は、PCに野鳥ごとのフォルダーに分けて保存しています。
野鳥の知識も撮影技術も未熟ですが、鳥ごとのフォルダーの中から自己満足なベストショットをブログに貼り付けてみたいと思います。(五十音順)

野長の種名は日本野鳥の会の発行するハンディー図鑑で調べていますが、類似した鳥や♂♀の違いや夏羽と冬羽の違いなど見誤り、誤った種名にしているかも知れません。
誤っていたなら、コメントで教授頂ければ有難いです。

アオサギ
16.02.25 春日町 竹田川
a0143839_1585190.jpg

16.03.06 森林植物園
a0143839_1510918.jpg


アオジ
16.03.06 森林植物園
a0143839_15144295.jpg


アカハラ
16.03.01 千丈寺湖
a0143839_15155837.jpg

飛び立つ
a0143839_1516875.jpg


イソヒヨドリ
16.02.14 隣家の屋根
a0143839_15184583.jpg


エナガ
16.03.06 森林植物園
a0143839_1520534.jpg

16.03.15 奥須磨公園
a0143839_15213744.jpg


オオバン
16.03.01 千丈寺湖
a0143839_15224023.jpg


カルガモ
16.01.28 森林植物園
a0143839_15233414.jpg


カワウ
16.03.01 千丈寺湖
a0143839_15245341.jpg

16.03.03 神戸北区 洞川湖
a0143839_1525479.jpg


キジバト
16.03.10 しあわせの村
a0143839_1527312.jpg


コゲラ
16.03.06 森林植物園
a0143839_15295363.jpg

歩いていると頭上でコンコンと樹を突く音がします。
a0143839_1530450.jpg


シジュウカラ
16.03.15 奥須磨公園
a0143839_15351793.jpg


a0143839_15355878.jpg


ジョウビタキ
16.03.06 森林植物園
a0143839_15375863.jpg


a0143839_15389100.jpg


a0143839_15382275.jpg


シロハラ
16.03.06 森林植物園
a0143839_15423796.jpg


セグロセキレイ どこででもよく見かけます。
16.03.07 神戸北区 山田川
a0143839_15452437.jpg


次の日記につづきます。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-03-18 15:50 | 野鳥 | Comments(0)

葛城山、紀の川方面

2016.03.13

当ブログをよく見て頂いている、よっぱらいさんご夫婦とそのブログ友達の紀州のとっさんに
ご案内頂きました。

よっぱらいさんご夫婦の住まい近くの道の駅9:00集合でしたが、勝手の判らない土地で遅れても
いけないと早めに家を出ましたら、8:00に着いてしまいました。
a0143839_0255448.jpg

和泉方面って少し行けば和歌山と思うあまり遠い感じがしていましたが。
ナビの案内では1時間半ぐらいを見てびっくり、意外と近いもんですね。

ブログコメントでのやりとりはありましたがお会いするのは初めて、挨拶を交わしてもう一人紀州のとっさんが待つ葛城山頂を目指します。

紀州のとっさんとも挨拶を交わしてスタート。
林道で葛城山を下ります。

落ち葉と土路面の下りからプチがレた下りへとつづきます。
舗装道路に出て少し進めば神通温泉に出ました。

お昼は紀の川の河川敷で、よっぱらいの妻さんが4人分のおにぎりとおかずまで作って持ってきてくれており、有り難く頂きました。
a0143839_040109.jpg


紀州のとっさんは地元のライダー、案内頂く林道は地元ライダーならではのレアな林道ばかり、対抗してくるバイクの心配なんていらない我々4人で独り占めのような林道ばかりでした。

a0143839_0465277.jpg


ただ、この林道のどこかでデジカメを落としてしまいました。
この日記の画像は全てよっぱらいの妻さんから頂いたもの。

ピストンでしたが、結構長くて勾配きついアップダウンの連続する林道は楽しかった。
終点の広場で
a0143839_0562899.jpg

ピストンですから倍楽しめました。

紀州のとっさんと別れ、よっぱらいさんのブログで見聞きするご夫婦のホームゲレンデへ案内して頂きました。
鍋谷峠から細い林道に入り、山の腹を巻くように最後下れば蔵王峠でした。
a0143839_15174.jpg


この辺りはいつもこうなのかな?
オフロードって死語になるのかと思うぐらい最近はどこの林道行ってもオフライダーに会うことはなかなか無いのですが、ここではいっぱい出会います。
オフが元気になってきた兆候なら嬉しいですね。

滝畑ダムを経由して、最後は短い超フラットダートで今回は終了。
トランポのデポ地点まで案内頂きました。
a0143839_112109.jpg


和歌山方面と聞けば我々県外ライダーは護摩壇付近,川湯付近を連想しますが、今回は滅多に走れない和歌山のお山で遊ばせて頂き、これも和歌山のお山と認識を新たにし存分に楽しませて頂きました。
でも、ルートが迷路のようでどこ走ったか???判らんね。

本日の走行 : 157km










 
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-03-16 01:25 | ツーリング | Comments(2)