今日のHガレージ

2014.09.28

なかなかニウマシーン青鹿をお披露目に行けなかった、Hガレージに行きました。

来月に計画されているツーリングに備えて、タイヤ交換やオイル交換や整備する人が
本日多め。

そこへ我が友T氏もソロツーリングの帰途、KTM640アドベンチャーで登場。
a0143839_2272265.jpg


来月のHガレージツーリング、私も参加させて頂きます。
皆さんよろしくです。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-28 22:09 | もろもろ | Comments(0)

青鹿の慣らしもほぼ終盤

2014.09.27

今日も良いお天気です。
久しぶりに小浜でぷりぷりお刺身が食いたくなりました。

先週付けたETCで今日も舞鶴道を北上します。
六人部PAでおしっこ休憩。
a0143839_11238.jpg


高速を小浜西ICで下りて、27号線を東へ進み小浜市内へ。
小浜漁港近くの市場内にある『五右衛門』に着きました。
a0143839_1119410.jpg


やはり人気店、ライダーや家族連れが並んでいます。
実は、もう季節外れかなぁ・・と思いつつも、狙いは大粒ぷりぷりの岩牡蛎でしたが、やはりこの辺りでは真夏だけのものでした。
注文はいつも刺身定食ですから、今日は海鮮丼・・・と悩んだあげく、やっぱり刺身定食にしました。
a0143839_1119297.jpg


食事も済んで、若狭幹線林道を目指します。
過去何度か訪れるたびに舗装化が進み、最近では「もう舗装されたよ」とも聞きますが、この眼で確かめましょう。
内外海から林道に入りますが、通行止めのゲートがあります。
置いてあるだけでしたから、横をすり抜けて行けるところまで行ってみます。
やはり舗装から始まり、擁壁工事をしていましたが「行っても良い」との合図を頂き、さらに進むと舗装は途切れ途切れになりました。
あわよくば・・・・と思うまもなく入口から4kmほどのところ、展望台施設の擁壁工事で進めませんでした。
a0143839_11371816.jpg


やむなく撤退しますが、内陸側に下るダートを見つけ下ってみます。
どんどん荒れてきて死に道を予感させます
鹿もそこかしこで逃げ回ります、びっくりした勢いでこちらにぶつからないかなと思うぐらい、わんさと鹿がいます。
私も一応青い鹿に乗っているので、お山に鹿はつきものですか。

枝道はやはり2kmほど、左は絶壁上で道は途切れ、やはり死に道でした。
a0143839_11384123.jpg


荒れた急坂を登り直しますが、エンジンへの負担は慣らしを超えています。
でも、これまで丁寧な慣らしを心がけて既に走行600km近くですから大丈夫でしょう。

一汗かいて本線に復帰し、安納湾をバックに一枚。
a0143839_1143469.jpg


僅かに残るダート部分の下りで
a0143839_11465127.jpg


27号線へ戻る途中の小浜湾をバックに一枚。
a0143839_1221587.jpg


さあ、どう帰りましょうか・・・・もう慣らしもほぼ終盤、さっきダートで結構回した勢いもあり、まずは君尾山林道を越えて、時間があればタカタラビ林道を走って帰りましょう。
ところが錯覚から・・・大飯から南下するところをそのまま162号を南下していることに気づき、それなら堀越林道往復して谷生大滝林道越えから・・・とも考えたが時間も時間・・・・・・で止めて『道の駅名田庄』手前で右折、石山坂峠越えで老富方面へと進みます。

泉富林道入口にはトラックの轍が深くあり、工事で完通は無理かなと予測しつつ進みます。
a0143839_12164692.jpg


市志川林道分岐を過ぎ、去年の崩落場所も過ぎたところで前からトラックが下りてきた。
運転手さん『この先、2kmで工事で進まれんよ』と教えてくれた、私『バイクでも無理ですか?』運転手さん『道幅以上の崖崩れで、いまユンボが土砂を取り除いてるとこ、そこまでなら行けるから気をつけて行ってみて』
運転手さんの親切と愛想の良さに甘えて進行。

なるほど、こりゃ無理やな、ユンボの運転手さんが下りてきて、ここ最近の君尾山の土砂崩れ事情や昔オフロードバイク乗って同じことやっていたなどの話しをひとしきりして引き返しました。
a0143839_1228522.jpg


下りは途中で市志川林道へと左折しました。
ここは大きな障害なく(復旧痕はあったが)市志集落へ。

あちらこちらで喋ったり写真撮ったりと時間を費やしました。
(これがソロツーの楽しいところではあります。)
秋の陽は釣瓶落とし、タカタラビ林道どころではありません。

綾部IC手前で給油して、高速舞鶴道で帰路につきました。

本日の走行 : 362km
青鹿号ODO : 725km

もうちょっとだけ、慣らし意識の運行してオイル交換します。
10月、いい季節ですね。
あちらこちらのお誘いで林道を巡り、秋満喫といきましょう。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-28 12:49 | ツーリング | Comments(2)

青鹿号にETC

2014.09.23

もう先週のことですが、青鹿号にETCを付けました。
XTZ125は当然高速は走れませんが、青鹿は250ですから高速利用で遠出もできます。
いろいろと細工しながら付けてみました。
a0143839_945229.jpg


さあ、ちょっと高速乗り降りの作動確認に出かけました。
特に行くあてなしで、山陽道三木東ICからスタートしてまずは西へ。
料金所通過、作動OKです。

好天のつづく休日の割には人も少なめです。
あ・・お彼岸ですから世間の人はお墓参りですかね?
私は一昨日にお墓参りは済ませての道楽日です。
三木SA
a0143839_952375.jpg


西へ西へと進みますが、行くあてもないのでどこで下りようか思案しながらの高速ライド。
慣らしも兼ねての高速走行、あまり回すことも出来ませんが、平均90km/hぐらいで流し、時折じわじわと100km/hぐらいまで開けてみます。

セローは高速がだめとよく云われますが、この調子なら110km/h巡航は可能でしょう。
そうか・・・高速が苦手と云われるのは、110km/h巡航ではだめと云うことか?
私には充分なんですけどね。
だって、景色と風をゆったり楽しむセローですから。

姫路東JCに近づき、ふと久しぶりに訪ねてみたいところを思い出し、高速を姫路東で下ります。

訪ねたいところは、過ってお世話になったバイク屋の大将のところです。
ロード、モトクロス、トライアルの世界で活躍された方で、当然そのバイク屋にはRACING TEAMもあり、
大将を慕っての若いライダーにいろいろと指導されていました。
私が第一回SSERに参加するためにバイクを触っていただき、その土産話をきっかけに第二回SSER以後はTEAMで参加するようにもなりました。

ライディング技術だけではなく、チューン技術にも長け、今はバイクではなくジェットスキーのファクトリーとしてレース界でご活躍です。

私もそうですが、当時のRACING TEAMの仲間は、いまも車、バイク、ヘルメットなどに〇〇RACING TEAMのステッカーを誇らしく貼っており、街で車バイクを見かけると直ぐに過っての仲間だと判ります。

それにしても、朝から何も食べていないし、お昼もとっくに過ぎています。
2号線にあった人気のうどん屋を見つけて入ります。
TVでも宣伝されている肉盛りうどん、うどんとは別のお皿に盛られる肉盛りは肉多すぎ(嬉)
a0143839_1033476.jpg


祭日ではありましたが、居られました。
過っての仲間の近況や、思い出話しに花が咲き仕事の手をお止めしての長居をしてしまいました。
そしてまた、お宝、TEAMステッカー(いまもTEAM名はバイク時代と同じ)を頂いて帰路につきました。

もう一度高速利用で東へ、三木東ICで下り、これでETC作動確認はバッチリです。

毎週、こうして何やらと目的を見つけての青鹿の慣らしはつづきます。
今日も楽しいバイクライフを過ごし、陽は西に傾きます。
a0143839_10514173.jpg


本日の走行 : 170km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-28 10:55 | ツーリング | Comments(0)

青鹿の慣らし、デビューツー

2014.09.21

最近のバイクは慣らしが要る要らないといろいろ聞きますが、やはりいきなりお山へ持ち込むと、
嫌でもエンジンを回しきるシチュエーションがありますよね。
長く大事に乗るために、チンタラ一般道の慣らしツーに出かけました。

行く宛なしの時はいつも、まずは三田奥、母子の『甘味処 シュガー』へ向かいます。
途中、セローにお似合いのロケーションでまずは一枚。
a0143839_22193326.jpg


新しいバイクはいつもお披露目に行きます。
『甘味処 シュガー』
a0143839_22222050.jpg


永沢寺横から坂を下り、後川(しつかわ)へ出て左折、デカンショ街道へと。
173号小野から『道の駅 瑞穂の里』で休憩の後、9号線を西進し兎原で左折し篠山方面へ
帰路とする。
県道301で多紀アルプスの峠越え。
a0143839_2237889.jpg


篠山市内から三田経由で『道の駅 淡河』へと帰ってきました。
a0143839_22355837.jpg


さて青鹿ですが、ここ最近はサス硬過ぎのKTM柿色号や中途半端なサスの動きのXTZ125ばかり
乗っていたからでしょうか、青鹿のサスは心地よい動きで気持ち良い。
フワフワ感といってもしっかりと腰のある乗り心地、流石はセローです。

綺麗な青色デザインに思わず衝動買いしましたが、やっぱり綺麗!
休憩の度に一人見入ってほくそえんでいます。
いつかお山デビューの運命にある我が青鹿号ですが、ドロドロにするのが勿体無くもあります。
とは言え、お山走ってこそのセローです。
この乗り心地とデザイン、お山ではどう感じるでしょう。
楽しみです。

本日の走行 : 170km

丁寧な慣らしを心がけ、500km超えたら慣らしもOKとしようかな。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-21 22:52 | ツーリング | Comments(4)

青鹿出撃準備

2014.09.20

納車されたセロー250青鹿号、少しづつ出撃準備しています。

まずは、エンジンの下回りを強化します。
エンジン底だけではなく、サイドに羽付きで安心感が増します。
ZETA製アンダーガード
a0143839_2184032.jpg


リヤキャリヤ。
元々付いているアシストグリップを外して取り付けます。
アシストグリップも兼ねる形状で、スタイルを損なわない細身のリヤキャリヤを選択。
キャンプツーなど、積載が多くなる時には、KTM690柿色号用に作ったアルミ板をこれに取り付け、
バッグを装着します。
a0143839_21123430.jpg


ZETA製アルミハンドル。
同じくZETA製のナックルガード。
グリップにもワイヤリングしました。
a0143839_21182094.jpg


前のセロー225WEに付けていた、クラッチホルダー。
ニュートラルにするのが困難な時や信号待ちでは何かと便利。
今はETCなどありますが、過っては高速の料金所などで大いに役立っていました。
a0143839_21241446.jpg


タンデムステップも取り外し。
右サイド。
a0143839_21264214.jpg


正面から。
なかなか精悍。
a0143839_21271827.jpg


とりあえずはこれぐらいで、林道もOKでしょう。
排気系はまずはノーマルの感じを体感してから、マフラー、エキパイと交換しようと思います。

まずは出撃準備完了しました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-21 21:37 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)

氷ノ山方面

2014.09.14

久々の氷ノ山方面へソロツーします。
今日も相棒はKTM690柿色号です。

日差しは強いもののだいぶん涼しくなって、混雑する中国道加西SA。
a0143839_23203634.jpg


播但道を経由して市川ICで下りて、一般道を峰山方面へ向かい、林道峰山砥峰線入り口。
空気圧を調整してスタート、ほとんど舗装は承知しているが、ほんの僅か残っていたダートはどうだろう。
a0143839_23283839.jpg


ほとんど変わることなくダートは残っていた。
林道中ほどの東屋で一服。
a0143839_23281278.jpg


もう秋の佇まいの砥峰高原。
a0143839_23324610.jpg


福知へ下らず、舗装林道を越えて千町集落はずれのミズナラの大木。
a0143839_23364651.jpg


草木ダムを過ぎて、林道草木・福中線。
a0143839_2338174.jpg


みかたではGSで給油と、となりのAコープで昼食の買い出し。
先着のオフローダーさん2名が居られたが、今日の高速で前後し、加西SAでもお見かけした方達だった。
お一人のバイクに見覚えが・・・・・そう、何年か前に深山山頂で仲間の結婚式用のビデオ撮りの際にお手伝い頂き、その時頂いた名刺からその方のブログを拝見していましたが、まさにその方でした。

お二人とは同じルートを進むようです。
先行されたお二人を阿舎利の名水で追い越し、阿舎利林道へ。
a0143839_23524788.jpg


途中、リヤブレーキをフェードさせてしまい、水たまり利用して冷却と休憩。
この間、お二人は通過先行。
a0143839_23544233.jpg


29号線に出て北上し、やまめ茶屋から瀞川氷ノ山林道へ入る。
a0143839_23575419.jpg


やまめ茶屋で写真を撮り、ダートに入るところで又お二人に出会い、大段ヶ平で昼食の予定とのこと、
私もそのつもりだったので、ここからご一緒させて頂くことにした。

大段ヶ平(おおだんがなる)
a0143839_085831.jpg


大段ヶ平では食事しながら、いろいろとお話しさせて頂いたが、ブログ拝見のとおり本当によく林道をご存じ。
私の知らない林道情報を頂けた。

鉢北高原。
今日の相棒柿色号はでっかくて手こずっているため、頂上までは遠慮した。
a0143839_0173293.jpg


待つ間の中腹からの景色。
a0143839_0174750.jpg


瀞川山のストレートを過ぎて、はちまき展望台。
a0143839_0192659.jpg


過っては良く利用させて頂いた、展望台の山小屋。
a0143839_019522.jpg


9号線から但馬トンネルを抜け、Y谷林道を走り、再び9号線へ。
もう時間も17時、お聞きしたお奨め林道へ案内頂けるとのことで北近畿豊岡道で南下。
目的地付近のICを下り、目前には目的の長い林道とお山が見える。
この季節の太陽は釣瓶落とし、林道入り口のゲートを入る頃には辺りはやや薄暗くなり、
下りはナイトランになるな。
この林道の最高地点からは、夕焼けの下に和田山方面が一望できる、なるほどお奨めの林道ですね。
a0143839_0374984.jpg


a0143839_0381350.jpg


今日はソロツーのつもりが、楽しいツーリングになりました。
お世話になったお二人。
a0143839_0403911.jpg


豊岡道から舞鶴道へと進み、西紀SAでお二人とお別れして帰路につきました。

本日の走行 : 390km
流石に後半はお尻が痛かったが、フルに遊んだ余韻がお尻も癒やしてくれたような。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-17 00:49 | ツーリング | Comments(4)

再びの青鹿

2014.09.12

私はYAMAHAのセローが好きです。
ただ、セローカラーと呼ばれるあの緑はどうも好きになれません。
2年前まで乗っていたセロー225は青でしたが、これも青と云うだけで衝動買いしたものでした。

a0143839_0384244.jpg


最近、あるブログでニューカラーの青のセロー250を見てしまいました。
YAMAHAのサイトを覗いてもそんなセローは出ていません。
見つけました!セロー誕生30周年記念バージョンとして、YSP店限定で発売されたものでした。
今、限定で発売されたとすると、もう近々には通常ラインナップにこのカラーは出ないでしょうね。

そう思い始めると、またまた衝動買いです。
2か月前に馴染みのバイクショップに注文していた青鹿が今日バイクショップに入りました。

a0143839_0553685.jpg


カタログより、実車は綺麗な青です。

a0143839_0492259.jpg


来週には、手元に来ます。
さあ、これから少しづつ手を加える楽しみがまたできました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-13 00:57 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)