「ほっ」と。キャンペーン

柿色号の冬支度ほか

2012.12.15

寒くなってきました。
エイヤッの気合いで出かけないとバイクも乗れません。
最近は軽くて暖かい素材のウエアーやパンツのお蔭で、体が冷えて辛いことはあまりありませんが、大敵は指先の冷たさです。

とは言えあまりごわごわとした分厚い手袋も操作し難く困りものです。
そこでグリップヒーターなるものをつけることにしました。

デイトナ製のグリップに捲くタイプのものをネットで購入しました。

a0143839_21352431.jpg


左右のヒーターから延びる線をハンドル真ん中でギボシで繋ぐようになっていますが、新品状態は線が長く、
さらにヒーターオンオフスイッチに延びる線も長すぎます。
そこで自分のバイクに合わせてハーネス化しました。

a0143839_21433594.jpg


さて、電気の知識に疎いものですから12Vを取るところで苦戦しましたが、恐る恐るテールランプの回路に繋ぎキーをオンするとみるみる温かくなります。
ところがこの回路からはETCの線も繋いでおり、更に後付けしたLEDのプレート灯も繋がっています。
エンジンをかけ全部機能する状態で確認したところすべて機能しますから大丈夫でしょう。

まずは、ハンドルにセットしました。

a0143839_21554942.jpg


でもまだ不安です。
実際に一日ぐらい走ってみて大丈夫なら安心できますから、全部付けて走ってみます。

ETCも付けてハンドル周りフル装備です。

a0143839_2205297.jpg


高速も走ってみました、オフの凹凸もそれなりに走ってみました。
全く異常はありません。
ヒートグリップの効果のほどは予想以上です。
寒い日が続いていたのですが、この日はチョット暖かめでした。
それを差し引いても厚手の皮グローブを通して温かさ!いや熱いとさえ感じてスイッチを切ったりもしました。

これに手持ちのラフローのハンドカバーでも付けたら、もう掘りごたつ状態ですね。
この冬から千切れるような指先の冷たさとはおさらばできそうです。


余談ですが、KTM690エンデューロの新車時のナンバープレートAssyはリヤフェンダーから長く下にぶら下がった形状で、またそのAssyが結構重量があるため揺れが激しくいつしか止め部分が割れて、知らぬ間にぶら下がった状態から後輪に巻き込まれる事態になりました。

この夏でしたが、ナンバープレート部を改良しました。
ウインカーはワレンズミニに換え、プレート灯はLEDのものに換えています。

a0143839_22191185.jpg


但し、車検時には標準のAssyに戻す必要がありますので、苦手な回路に苦戦しながらもハーネスを加工して標準Assyがポン付けできるようにしています。

やはりリヤ周りがすっきりしてレーシーなお尻になりました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-12-17 22:30 | バイクのメンテ・ほか | Comments(4)

鞆の浦と戦艦大和

2012.10.27-28

イオンで買い物するたびに溜まるポイント。
溜まれば結構大きなポイントになるもので、家内は旅行券を選択しました。

夫婦で旅館一泊に少し追い金したぐらいで済みました。

期限もあったので急遽選んだ行く先は広島県鞆の浦です。

古い町並みの残る海辺の町で、景観保存か町民の生活利便か何れを選択
するかで話題になったこともありました。

昔ながらの古い町並みが残っています。

a0143839_2053557.jpg


江戸時代、中期、後期の街並みが現存するのは鞆の浦だけだそうです。

a0143839_206333.jpg


a0143839_2071059.jpg


私たち観光客は風情を楽しみ勝手なものですが、たしかに生活道路としては不便でしょうね。

a0143839_20125472.jpg


a0143839_2095975.jpg


a0143839_20103353.jpg


江戸時代の港湾施設の常夜灯は鞆の浦の代表的な場所です。

a0143839_20174639.jpg


竜馬ゆかりのいろは丸を再現、仙酔島を往復します。

a0143839_2034161.jpg


a0143839_20351430.jpg


翌日はさてどこへ行こうか・・・安芸の宮島は遠いな。
ふとひらめいた戦艦大和・・・大和ミュージアム。
鞆の浦をあとにして呉を目指します。

大和ミュージアム

a0143839_20443281.jpg


a0143839_20455424.jpg


a0143839_20512789.jpg


a0143839_20463516.jpg


戦艦大和だけではなく呉軍港の歴史も時代を追って映像と展示物で見ることもできます。

零戦

a0143839_20502961.jpg


a0143839_20502614.jpg


入館料¥500は安すぎる見応えいっぱいの大和ミュージアムでした。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-12-16 20:56 | 旅行 | Comments(4)