「ほっ」と。キャンペーン

2012.8.26 年金生活に備えて!

現在我がガレージに愛車は3台です。
KTM 690 エンデューロ ロングツーーリング用。
ヤマハ セロー225WE(最終型) 近場探索用。
スコルパ TYS-125F トライアル。

トライアルはナンバー受けしていませんが、あとの2台の維持費、690は車検が要りますし特に2台の保険代がしんどいです。

最近はそこそこの林道ツーリングにも690で出かけることも多くなり、それなりに重さにも慣れてきて準メイン機として使えそうです。
そこで、近場探索機をセローから125ccに換えようかと前々から思案していました。
125ccなら何かと経費が抑えられそうですからね。

 
でも各メーカーのラインナップにオフロード車が少ない昨今では、これといった特に125ccが見当たりません。
インジェクションのKLX125も良いのですがF19インチR16インチでは山での走破性に懸念あり。
そんな中、ブラジルヤマハ製の逆輸入車XTZ125Eを駆る仲間を普段から見ています。
XTZはキャブレター式、Rドラムブレーキ、前後鉄リムなど旧さは感じますが、F21インチR18インチのフルサイズが魅力です。
彼のXTZはかなり手が入っており常に125ccとは思えない走りでツーリングを共にします。

行きつけのバイク屋にXTZ探してと頼んでいたのですが、輸入商社を通じてももう無いとのこと。
程度の良い中古でもないかとネットで探すと・・・ありました!
新車はネット上では全国でも8台ぐらいでしたが、近いところでは枚方に1台ありました。
それも希望のブルーです。
即電話を入れ、札束?握りしめて買いに行きました。
125ccはこちらの地元の役所で登録すればよいのですから車に積んで持ち帰りました。

持ち帰っての愛車の整列。

a0143839_224269.jpg


a0143839_22423034.jpg



2004年から永く愛機としてきたセローは残念ながら手放します。
セロー!ほんとに良く出来た良いバイクですがやがて来る年金生活のため止むを得ません。
それどころか家内曰く『年金生活云うんやったらKTM690放したら・・・ニッ』と突っ込まれましたが、セローを
手放す条件で快く札束?握らせて頂きました。(感謝)

『KTM690にまだ乗れてるあいだはまだもう少し乗せてよ!』
『もうちょっとしたら嫌でもカブでも乗って、そこらトコトコ走るのが精いっぱいになるのがすぐそこまで来てるから』と懇願したのは云うまでもありませんが。

と云う訳であらためてお披露目します。
次の愛車ヤマハXTZ125Eです。
ブラジルヤマハでは生産中止なのか長らく輸入されていませんから、2008年式?2009年式でしょう。
なにせ取説もポルトガル語?ですから絵を見て解釈する始末です。

a0143839_22594336.jpg


a0143839_22594080.jpg


新しい相棒、ノーマルではどうにもかったるいです。
さあちょこちょこと手を加えていきます。
どうぞよろしく。

セローのその後ですが、我が家と同じく親子でオフロードを楽しむ方に買って頂きました。
ありがとうございます。
セローをあちこち連れて楽しいオフロードライフをお過ごしください。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-09-20 23:23 | バイクのメンテ・ほか | Comments(6)