<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年初の氷ノ山

2012.05.27

兵庫県と鳥取県を隔てる県境尾根の氷ノ山から鉢高原、そして瀞川山から村岡へと山麓をつなぐ大幹線林道があります。
途中にはスキー場や部分的に舗装もありますが、県内ではまだまだ最長を誇る林道です。

例年、GWには積雪で越えることが出来る出来ないの確立は半々ぐらいですが、もう大丈夫でしょ。
久々の氷ノ山方面です。

誘いに応じてくれたのは弟とTさん、3人で日帰りします。

山陽自動車道「三木東」ICに集合し、そのまま山陽道~播但道で北上します。
「生野」ICで高速を下り、給油のあと林道に入ります。

千町林道本線は一部舗装化でダートは減りましたが、最下部の〇原からの支線は手つかずの林道が残っています。

千町峠からは既に完全舗装となった林道を千町集落まで下り、草〇ダムを過ぎ横〇川沿いの林道で更に北へと下り、一宮の三方へと出ます。
いつものスーパーの駐車場で小休止のあと、誰云うとなく『次の休憩は大段ヶ平(おおだんがなる)やね!』。
ちょっと遠いか・・・・な?『よっしゃ!気合い入れて行こか!』

一宮の最奥の阿舎利集落から、阿舎利林道を越え29号線へと抜け、29号線を北上して戸倉峠の手前から右折して大幹線林道に入ります。
相変わらずの路面の荒れに、フロントのリム打ちパンクに気を遣います。

それほど荒れた路面でも流石に季節です、坂の谷登山口から上部にはスズコ採りの車と人がうじゃうじゃ入って居ます。

対向車や林道脇に停めた車に気を付けながら、横行渓谷へのジャンクションに下り、更に予定の休憩地大段ヶ平へと登りきりましたが、ここも車と人でうじゃうじゃ!
3人は目線で確認しあい、エンジンを止めることなく先へと進み、下りきった氷ノ山国際スキー場が次の休憩場所となりました。

結構気合いの入ったロングライディングは、スタート当初の六十肩の痛みをほぐしてくれたようで何ともなくなっていました。

もうお昼12時を過ぎていますが、残るあと半分の大幹線林道を鉢高原から瀞川山へと走り、9号線村岡まで昼飯はお預けです。
13時過ぎには着けるかな・・・(空腹・・・)

シーズンオフのスキー場は小中学生の野外活動や学生の合宿で賑やかです。

でも鉢伏山登山口を過ぎると鉢高原の裏側になるため、一気に静かな林道ランになります。
瀞川山近くでは手も届かんばかりのところをパラグライダーが飛んでいます。

オフライダーの名所、瀞川山の延々つづくストレートも、空腹に先を急ぎ写真の一枚も撮ることなく通過、9号線『道の駅村岡』でやっと次の休憩&昼飯となりました。

と云うことでここまで写真無く、この昼飯、『但馬牛ソースカツ重ね丼』が最初の画像。
a0143839_22593974.jpg


腹も膨れバイクもまずは給油です。
『さて、どこ通って帰ろうか』
『往路にパスした林道をつないで帰ろうかな』

GSで教えられた、国道をパスするショートカットコースで鉢高原まで戻り、少し大幹線林道を逆走してやがて支線に入ります。
余りにも有名な林道がメインになるからか、余り人が入らない長くて静かな良い林道です。
その分、落石、土砂崩れはそのままであることが多いので、コーナーの向こうは要注意。

土砂崩れ痕を越える。
a0143839_23274944.jpg


高所にある轟集落から、今や舗装化久しい天滝尾の谷線を経由して加保坂林道のダートを走りながら養父大屋の俯瞰を楽しみます。

大屋へ下り西へと登り返すと、但馬と別れ奥播州に戻る若杉峠となります。
若杉峠から西、波賀町道谷集落手前で農道へと左折すると林道「道谷、志倉線」となるが、ご多分に漏れずいつも通行不能とあるが、行けてしまう。
もっとも乗用車は無理です。

ちょっとは緑の中の一枚も。
a0143839_23424871.jpg


往路のスーパー駐車場でトイレ休憩して、同じく往路に走った横〇川沿い林道を登る。
フィナーレはやっぱりここか!
砥の峰高原。
a0143839_23471645.jpg


往路の逆に播但道~山陽道と高速利用で19時帰宅。
今朝、家出がけに気づいたフロントのパンク!
とりあえずは空気入れるとしばらくはもつスローパンク、今日1日で5回の空気入れでパンク修理することなくもってくれました。

次の休日にでも修理します。

本日の走行距離 : 440km(自宅発着)
本日の林道走行 : 9本
ダート率      : 19%ぐらい

あ~おもしろかった!! 
[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-05-29 00:07 | ツーリング | Comments(2)

GW四国山遊び

2012.04.29-30

今年のベースキャンプは高知『ほどのキャンプ場』
4/29の未明に到着、仮眠のあと初日のスタート。
a0143839_23424368.jpg


新大森トンネルを越えて奥南川林道に入る。
奥大野越えを経由して川又から439号小川へ。ダート13km

池川町から松山街道を進み峠のトンネルを越えると土佐街道と名前を変える。
『水押イショブネ林道』入り口
a0143839_2358577.jpg


ところどころのプチガレもあるが、全体にしっとりとした佇まいの森林帯はダート10.7km
a0143839_23583466.jpg


a0143839_039465.jpg


『道の駅美川』を過ぎて、久万高原に入る。
a0143839_00429.jpg


久万高原で昼食と給油のあと、GS裏手の民家を抜けて過ってSSERのSSで走った記憶のある林道に入る。
轍と瓦礫でグリップさせ難い峠越えのダート8km

露峰から少し西進して南へと小川を渡り『ほうじヶ峠』周辺の林道群へ入る。
舗装路の『ほうじヶ峠』からは尚も南進すると過っての『不二越林道』、部分的に舗装も混じるが結構ダートも残る。
小田深山方面まで、ダート部17kmほどか?

往路を復路とするが、未明到着の仮眠では睡魔が襲い、バイクがふらつく!
睡魔が襲う単調な道を避け、『水押イショブネ林道』を復路にも走った。

ベースキャンプまでの最後の山越えは往路とは別ルート、安居渓谷から弘沢林道で山を越えて帰ろう。
弘沢林道のお馴染み素掘りのトンネル。
a0143839_0285635.jpg


下り立つと大森川ダム湖岸の奥南川林道へと合流。
a0143839_0302922.jpg

奥南川林道、今朝の逆走で入山地点までダート28km

本日の走行距離 280km
ダート率    約31% 

今日の宿。
a0143839_031677.jpg


今日の晩餐。
『すき焼き・・・もどき』?
a0143839_0313212.jpg


ビールもすすみ、Tさんのヘルメットに付けたCCDカメラの走行画像を見たりするうち、昨日の睡眠不足と今日の心地よい疲れにやがて爆睡!

2日目の4/30、朝から雨、それも本降りの!
緑もしっとりのバンガローの窓。
a0143839_23371467.jpg


雨の中を2日目スタート。
a0143839_23401378.jpg


今日は大森川ダム周辺をツーリングします。
奥南川林道を湖岸ドン突きまで進み、右折して高度を上げます。
a0143839_2346514.jpg


湖面を俯瞰する絶景ポイント。
a0143839_23491450.jpg


登り詰めれば伊留谷林道とのジャンクションです。
奥南川林道と別れ、左折して伊留谷林道を下ります。
下りきれば越裏門、山奥の越裏門小学校横の住宅の軒下を借りて、雨宿りついでの早い昼飯にする。
a0143839_23594845.jpg


a0143839_002397.jpg


これまでこの方面で長沢ダムから仰ぎ見る、断崖絶壁の上にある林道の入り口を求め、見当つけた方向へ進む。
断崖絶壁の上に見えていた林道はあの山の上。(過去のアルバムより)
a0143839_0101439.jpg


見当どおりに入り口発見。

長い林道の予感と初めて走る林道はわくわくするね。
a0143839_18492024.jpg


相変わらず雨は降ったり止んだり、谷から沸き立つガスの中の小休止。
a0143839_017114.jpg


あの断崖絶壁の上はここでした。
a0143839_019384.jpg


再び湖面まで下り立ち長沢ダムへと進み、長沢林道で再度奥南川林道へと登り返すことにします。
a0143839_026676.jpg


合流した奥南川林道を左折し、下り方向となる支線で大森ダムまで下り、奥南川林道本線でいつもの入り口で今回の四国合宿はフィナーレとなりました。

今日1日で大森ダム、長沢ダム周辺の林道群をほぼ全トレースしたことになります。
あー面白かった雨もあまり苦にならず、むしろドラマチックでよかったかも!

本日の走行距離 118km
ダート率    約57%

今日1日に満足してキャンプ場に戻り、トラックに積んで引き揚げ開始。
帰路西条市内で夕飯にしました。
今回のトラックはリフト付きで積み下ろしは楽チンでした。
a0143839_0364630.jpg


高速道路経由して神戸着22:30
今年も無事にGW四国合宿を終えました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-05-15 00:35 | ツーリング | Comments(2)