2010 第二回坂内合宿 2010.6.26-27

昨年出場の坂内2日間(24H)エンデューロに今年も出るぞって話が昨年の仲間内で進んでいます。
それに向けては既に、愛知の仲間中心で今年第一回の練習会が現地で行われていますが、私は参加出来ていませんでした。
今回は第二回目の現地練習会です。
神戸からは私やTさんの仲間総勢12名で坂内入りです。

北陸道、木の本IC近くのスーパーで買出しと昼食を済ませて坂内へ入りました。
a0143839_21341391.jpg

空模様は小降り本降りを繰り返す雨模様です。
みんなカッパを着てコースイン、パンツまでビチャビチャになりながら昨年の本番以来のマウンテンコースを楽しみます。
a0143839_2144560.jpg

a0143839_21442820.jpg

今回はじめて坂内を走る仲間も結構気合いを入れた周回を繰り返します。

でも、明日は少し好天しそうな天気予報もあり、走行の次のお楽しみ『宴会』に入ります。
カンパーイ!
a0143839_2142470.jpg

♪Jrんが用意した海の高級食材やTさんご持参の稀少な焼酎。
焼き物もたっぷり、お酒も美味しい、お初の面々やお久しぶりの面々達です。
ついつい喋りもお酒もすすんでしまいますが、雨は止むことなく激しい降りです。
一人二人と寝につくころ、私も管理棟のベランダに広げたマットに転がりいつしか深い眠りに・・・・・

朝目覚め、この時期の坂内での大敵除けに、処狭しと置いた蚊取り線香が効いたか、珍しく刺されていません。
でも雨はまだ降っていますが・・・・・『なんじゃこりゃ?』いつも涸れた河原には水が流れ、対岸のコースに渡れないためコースインできません。
a0143839_21585864.jpg

実はベランダに寝る私の頭の上には大きなスピーカーが設置されています。
昨日の夜中(0時ごろ?)突然このスピーカーからサイレンが流れ、上流のダムの放流を何度も知らせたらしい・・・・・です。
みんな『え~~っあんな大きい音でよう寝てられるな』・・・・はい!ぜ~んぜ~ん気付いてませんが!

そのお陰で次第に止み始めた雨に反し、コースは濁流と化しています。
でも元気な若い衆が一人二人と僅かに走れるところで水遊びし始めました。
a0143839_2284662.jpg

だんだんと水遊びに馴染んだか、渡河チャレンジが始まりました。
a0143839_22143912.jpg

a0143839_22185818.jpg

最終的には何人かが渡りコースを走りましたが、本来の川渡り部分は完璧な濁流で渡れませんため、山の麓を逆に走って帰ってくることになりました。
予想どおり、雨も止み絶好の走行日和りですが仕方ありません。
早々に撤収して愛知の仲間とも別れ際の記念写真。
a0143839_2225749.jpg

10月本番までにまだ何度か練習できるでしょう。
同時に今回初めて坂内を走った仲間もチーム編成の動きが・・・・・
出ましょう出ましょう、みんなでドラマチックな24Hを楽しみましょう。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2010-07-26 22:30 | バイクイベント | Comments(2)

小豆島デュアルスポーツ 2010.5.29&30

禁煙1年です!・・・・・?

今年も参加しました小豆島デュアルスポーツ。
実は去年参加の1Day終了時に煙草を切らせました。
過去何度も禁煙に挑戦しながら、意志の弱さから挫折していました。
自販機を探してまで買いに行くのも・・・・・今回、ふと周りを見渡せば喫煙者は
私一人、『丁度いいわ、これを機会に止めれたら』と買いに出るのを止めて・・・
あ~ぁなんとあれから一服も吸うことなくあの日と同じイベントの同じ日にここに居ます。

1日目はお昼スタートで午後にお山遊びを楽しみ、2日目は朝スタートしてお昼にゴールします。
フェリーの時間など遠来のエントラントへの配慮がされたスケジュールです。

1日目受付
a0143839_22385149.jpg

木漏れ陽のシングルトラック
a0143839_22535925.jpg

コースの進行は要所要所に設置されたマーカーに従うISDE方式ですから、コマ図を使ったラリーのようにマップホルダーは不要です。
a0143839_22552154.jpg

1日のルート中でどこかに設けられたCPではチエックカードに必ず通過チエックの印を押して貰います。
これが無いと完走にはなりません。
a0143839_23142616.jpg

このイベントは早さやテクニックを競うものでは無く、初心者・上級者と分けられたルートを自身が選択しながら、確実にゴールを目指すものです。
初心者コースでも普通の林道ツーリングよりはややテクニカルではあります。
そのためエントラント同士の助け合いや上級者が初心者をフォローしてゴールを目指すといった、ライダー同志の一体感があってリピーターが多いイベントです。

上級者コース、名所:亀岩越え
a0143839_23124555.jpg

この日の我々の宿はイベント会場の真上、丘の上に建つコテージ群の一棟です。
丘から海の夕景
a0143839_23215614.jpg

2日目のスタート
a0143839_23241656.jpg

毎年使われるコースはほぼ同じですが、そのたびに雰囲気や条件までもが大きく変わるところがオフロードの面白いところです。
主催者のサービス精神は留まることなく、伝統のコースに加え少しづつ少しづつ冒険の扉を増やしてくれています。
地元の協力を得るための主催者の努力は大変なものでしょう。
その努力に対し敬意と感謝で楽しませてもらっています。

この日のCPも昨日と同じ場所でした。
CP裏の展望台で記念撮影
a0143839_23375710.jpg

ここも名所のゴロゴロ坂ウッズラン
a0143839_2342684.jpg

かなりの勾配なんですが、写真に表現できないのが残念。
でも・・・・・ブレーキ使うと滑って行きそうで恐怖のあまり、雄叫びとともに思わず右手で樹に突っ張って止った我が仲間です。
a0143839_234622100.jpg

このあとどうして右手をハンドルに戻したでしょうか?

もうお腹いっぱいになるぐらい、延々と坂下りのあとは『これでもか!』の太い細い大小の丸太越えがおまけでついてきます。
あっ、あの人また転けてます!
a0143839_23534883.jpg

あ~面白かった!
今日も努めを終え(笑)意気揚々とゴールに向かいます。
a0143839_23561111.jpg

ゴール後はゼッケンと交換でクジをひけます。
スポンサーからのモトパン、ジャージ、Tシャツ、パーツなど結構良いものが当ります。
そして昼食には地元小豆島名物の素麺が戴けます。
a0143839_022529.jpg

素麺は量的にも『お腹パンパン』でオフィシャルに別れを告げ現地を後にします。

フェリー乗り場
a0143839_01562.jpg

1時間40分の航行で姫路港に着きます。

伝統の小豆島デュアルスポーツを今年も堪能しました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2010-07-02 00:13 | バイクイベント | Comments(2)