カテゴリ:ツーリング( 93 )

青鹿の慣らしもほぼ終盤

2014.09.27

今日も良いお天気です。
久しぶりに小浜でぷりぷりお刺身が食いたくなりました。

先週付けたETCで今日も舞鶴道を北上します。
六人部PAでおしっこ休憩。
a0143839_11238.jpg


高速を小浜西ICで下りて、27号線を東へ進み小浜市内へ。
小浜漁港近くの市場内にある『五右衛門』に着きました。
a0143839_1119410.jpg


やはり人気店、ライダーや家族連れが並んでいます。
実は、もう季節外れかなぁ・・と思いつつも、狙いは大粒ぷりぷりの岩牡蛎でしたが、やはりこの辺りでは真夏だけのものでした。
注文はいつも刺身定食ですから、今日は海鮮丼・・・と悩んだあげく、やっぱり刺身定食にしました。
a0143839_1119297.jpg


食事も済んで、若狭幹線林道を目指します。
過去何度か訪れるたびに舗装化が進み、最近では「もう舗装されたよ」とも聞きますが、この眼で確かめましょう。
内外海から林道に入りますが、通行止めのゲートがあります。
置いてあるだけでしたから、横をすり抜けて行けるところまで行ってみます。
やはり舗装から始まり、擁壁工事をしていましたが「行っても良い」との合図を頂き、さらに進むと舗装は途切れ途切れになりました。
あわよくば・・・・と思うまもなく入口から4kmほどのところ、展望台施設の擁壁工事で進めませんでした。
a0143839_11371816.jpg


やむなく撤退しますが、内陸側に下るダートを見つけ下ってみます。
どんどん荒れてきて死に道を予感させます
鹿もそこかしこで逃げ回ります、びっくりした勢いでこちらにぶつからないかなと思うぐらい、わんさと鹿がいます。
私も一応青い鹿に乗っているので、お山に鹿はつきものですか。

枝道はやはり2kmほど、左は絶壁上で道は途切れ、やはり死に道でした。
a0143839_11384123.jpg


荒れた急坂を登り直しますが、エンジンへの負担は慣らしを超えています。
でも、これまで丁寧な慣らしを心がけて既に走行600km近くですから大丈夫でしょう。

一汗かいて本線に復帰し、安納湾をバックに一枚。
a0143839_1143469.jpg


僅かに残るダート部分の下りで
a0143839_11465127.jpg


27号線へ戻る途中の小浜湾をバックに一枚。
a0143839_1221587.jpg


さあ、どう帰りましょうか・・・・もう慣らしもほぼ終盤、さっきダートで結構回した勢いもあり、まずは君尾山林道を越えて、時間があればタカタラビ林道を走って帰りましょう。
ところが錯覚から・・・大飯から南下するところをそのまま162号を南下していることに気づき、それなら堀越林道往復して谷生大滝林道越えから・・・とも考えたが時間も時間・・・・・・で止めて『道の駅名田庄』手前で右折、石山坂峠越えで老富方面へと進みます。

泉富林道入口にはトラックの轍が深くあり、工事で完通は無理かなと予測しつつ進みます。
a0143839_12164692.jpg


市志川林道分岐を過ぎ、去年の崩落場所も過ぎたところで前からトラックが下りてきた。
運転手さん『この先、2kmで工事で進まれんよ』と教えてくれた、私『バイクでも無理ですか?』運転手さん『道幅以上の崖崩れで、いまユンボが土砂を取り除いてるとこ、そこまでなら行けるから気をつけて行ってみて』
運転手さんの親切と愛想の良さに甘えて進行。

なるほど、こりゃ無理やな、ユンボの運転手さんが下りてきて、ここ最近の君尾山の土砂崩れ事情や昔オフロードバイク乗って同じことやっていたなどの話しをひとしきりして引き返しました。
a0143839_1228522.jpg


下りは途中で市志川林道へと左折しました。
ここは大きな障害なく(復旧痕はあったが)市志集落へ。

あちらこちらで喋ったり写真撮ったりと時間を費やしました。
(これがソロツーの楽しいところではあります。)
秋の陽は釣瓶落とし、タカタラビ林道どころではありません。

綾部IC手前で給油して、高速舞鶴道で帰路につきました。

本日の走行 : 362km
青鹿号ODO : 725km

もうちょっとだけ、慣らし意識の運行してオイル交換します。
10月、いい季節ですね。
あちらこちらのお誘いで林道を巡り、秋満喫といきましょう。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-28 12:49 | ツーリング | Comments(2)

青鹿号にETC

2014.09.23

もう先週のことですが、青鹿号にETCを付けました。
XTZ125は当然高速は走れませんが、青鹿は250ですから高速利用で遠出もできます。
いろいろと細工しながら付けてみました。
a0143839_945229.jpg


さあ、ちょっと高速乗り降りの作動確認に出かけました。
特に行くあてなしで、山陽道三木東ICからスタートしてまずは西へ。
料金所通過、作動OKです。

好天のつづく休日の割には人も少なめです。
あ・・お彼岸ですから世間の人はお墓参りですかね?
私は一昨日にお墓参りは済ませての道楽日です。
三木SA
a0143839_952375.jpg


西へ西へと進みますが、行くあてもないのでどこで下りようか思案しながらの高速ライド。
慣らしも兼ねての高速走行、あまり回すことも出来ませんが、平均90km/hぐらいで流し、時折じわじわと100km/hぐらいまで開けてみます。

セローは高速がだめとよく云われますが、この調子なら110km/h巡航は可能でしょう。
そうか・・・高速が苦手と云われるのは、110km/h巡航ではだめと云うことか?
私には充分なんですけどね。
だって、景色と風をゆったり楽しむセローですから。

姫路東JCに近づき、ふと久しぶりに訪ねてみたいところを思い出し、高速を姫路東で下ります。

訪ねたいところは、過ってお世話になったバイク屋の大将のところです。
ロード、モトクロス、トライアルの世界で活躍された方で、当然そのバイク屋にはRACING TEAMもあり、
大将を慕っての若いライダーにいろいろと指導されていました。
私が第一回SSERに参加するためにバイクを触っていただき、その土産話をきっかけに第二回SSER以後はTEAMで参加するようにもなりました。

ライディング技術だけではなく、チューン技術にも長け、今はバイクではなくジェットスキーのファクトリーとしてレース界でご活躍です。

私もそうですが、当時のRACING TEAMの仲間は、いまも車、バイク、ヘルメットなどに〇〇RACING TEAMのステッカーを誇らしく貼っており、街で車バイクを見かけると直ぐに過っての仲間だと判ります。

それにしても、朝から何も食べていないし、お昼もとっくに過ぎています。
2号線にあった人気のうどん屋を見つけて入ります。
TVでも宣伝されている肉盛りうどん、うどんとは別のお皿に盛られる肉盛りは肉多すぎ(嬉)
a0143839_1033476.jpg


祭日ではありましたが、居られました。
過っての仲間の近況や、思い出話しに花が咲き仕事の手をお止めしての長居をしてしまいました。
そしてまた、お宝、TEAMステッカー(いまもTEAM名はバイク時代と同じ)を頂いて帰路につきました。

もう一度高速利用で東へ、三木東ICで下り、これでETC作動確認はバッチリです。

毎週、こうして何やらと目的を見つけての青鹿の慣らしはつづきます。
今日も楽しいバイクライフを過ごし、陽は西に傾きます。
a0143839_10514173.jpg


本日の走行 : 170km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-28 10:55 | ツーリング | Comments(0)

青鹿の慣らし、デビューツー

2014.09.21

最近のバイクは慣らしが要る要らないといろいろ聞きますが、やはりいきなりお山へ持ち込むと、
嫌でもエンジンを回しきるシチュエーションがありますよね。
長く大事に乗るために、チンタラ一般道の慣らしツーに出かけました。

行く宛なしの時はいつも、まずは三田奥、母子の『甘味処 シュガー』へ向かいます。
途中、セローにお似合いのロケーションでまずは一枚。
a0143839_22193326.jpg


新しいバイクはいつもお披露目に行きます。
『甘味処 シュガー』
a0143839_22222050.jpg


永沢寺横から坂を下り、後川(しつかわ)へ出て左折、デカンショ街道へと。
173号小野から『道の駅 瑞穂の里』で休憩の後、9号線を西進し兎原で左折し篠山方面へ
帰路とする。
県道301で多紀アルプスの峠越え。
a0143839_2237889.jpg


篠山市内から三田経由で『道の駅 淡河』へと帰ってきました。
a0143839_22355837.jpg


さて青鹿ですが、ここ最近はサス硬過ぎのKTM柿色号や中途半端なサスの動きのXTZ125ばかり
乗っていたからでしょうか、青鹿のサスは心地よい動きで気持ち良い。
フワフワ感といってもしっかりと腰のある乗り心地、流石はセローです。

綺麗な青色デザインに思わず衝動買いしましたが、やっぱり綺麗!
休憩の度に一人見入ってほくそえんでいます。
いつかお山デビューの運命にある我が青鹿号ですが、ドロドロにするのが勿体無くもあります。
とは言え、お山走ってこそのセローです。
この乗り心地とデザイン、お山ではどう感じるでしょう。
楽しみです。

本日の走行 : 170km

丁寧な慣らしを心がけ、500km超えたら慣らしもOKとしようかな。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-21 22:52 | ツーリング | Comments(4)

氷ノ山方面

2014.09.14

久々の氷ノ山方面へソロツーします。
今日も相棒はKTM690柿色号です。

日差しは強いもののだいぶん涼しくなって、混雑する中国道加西SA。
a0143839_23203634.jpg


播但道を経由して市川ICで下りて、一般道を峰山方面へ向かい、林道峰山砥峰線入り口。
空気圧を調整してスタート、ほとんど舗装は承知しているが、ほんの僅か残っていたダートはどうだろう。
a0143839_23283839.jpg


ほとんど変わることなくダートは残っていた。
林道中ほどの東屋で一服。
a0143839_23281278.jpg


もう秋の佇まいの砥峰高原。
a0143839_23324610.jpg


福知へ下らず、舗装林道を越えて千町集落はずれのミズナラの大木。
a0143839_23364651.jpg


草木ダムを過ぎて、林道草木・福中線。
a0143839_2338174.jpg


みかたではGSで給油と、となりのAコープで昼食の買い出し。
先着のオフローダーさん2名が居られたが、今日の高速で前後し、加西SAでもお見かけした方達だった。
お一人のバイクに見覚えが・・・・・そう、何年か前に深山山頂で仲間の結婚式用のビデオ撮りの際にお手伝い頂き、その時頂いた名刺からその方のブログを拝見していましたが、まさにその方でした。

お二人とは同じルートを進むようです。
先行されたお二人を阿舎利の名水で追い越し、阿舎利林道へ。
a0143839_23524788.jpg


途中、リヤブレーキをフェードさせてしまい、水たまり利用して冷却と休憩。
この間、お二人は通過先行。
a0143839_23544233.jpg


29号線に出て北上し、やまめ茶屋から瀞川氷ノ山林道へ入る。
a0143839_23575419.jpg


やまめ茶屋で写真を撮り、ダートに入るところで又お二人に出会い、大段ヶ平で昼食の予定とのこと、
私もそのつもりだったので、ここからご一緒させて頂くことにした。

大段ヶ平(おおだんがなる)
a0143839_085831.jpg


大段ヶ平では食事しながら、いろいろとお話しさせて頂いたが、ブログ拝見のとおり本当によく林道をご存じ。
私の知らない林道情報を頂けた。

鉢北高原。
今日の相棒柿色号はでっかくて手こずっているため、頂上までは遠慮した。
a0143839_0173293.jpg


待つ間の中腹からの景色。
a0143839_0174750.jpg


瀞川山のストレートを過ぎて、はちまき展望台。
a0143839_0192659.jpg


過っては良く利用させて頂いた、展望台の山小屋。
a0143839_019522.jpg


9号線から但馬トンネルを抜け、Y谷林道を走り、再び9号線へ。
もう時間も17時、お聞きしたお奨め林道へ案内頂けるとのことで北近畿豊岡道で南下。
目的地付近のICを下り、目前には目的の長い林道とお山が見える。
この季節の太陽は釣瓶落とし、林道入り口のゲートを入る頃には辺りはやや薄暗くなり、
下りはナイトランになるな。
この林道の最高地点からは、夕焼けの下に和田山方面が一望できる、なるほどお奨めの林道ですね。
a0143839_0374984.jpg


a0143839_0381350.jpg


今日はソロツーのつもりが、楽しいツーリングになりました。
お世話になったお二人。
a0143839_0403911.jpg


豊岡道から舞鶴道へと進み、西紀SAでお二人とお別れして帰路につきました。

本日の走行 : 390km
流石に後半はお尻が痛かったが、フルに遊んだ余韻がお尻も癒やしてくれたような。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-17 00:49 | ツーリング | Comments(4)

カモノセ

2014.08.30

雨の土日がつづきましたが、やっと晴れ・・・とも云えない雨雲を睨みながらのツーリングに出かけました。
暫らく入院させていた柿色号が1か月半ぶりに帰ってきたので、その調子確認も兼ねて久々にバイクに乗ります。

そうそう、先日購入したフルメッシュジャケットがどれほど涼しいかも確かめたいしね。

さてどこに行こうか・・・今年一度も訪れていない『カモノセ ログキャビン』へ行こう。

カモノセの在る京都周山街道まで行こうというのに、中途半端な時間の出発になってしまった。
高速走行の感じも確認できるので舞鶴自動車道に乗る。
春日ICで下りて、東方向へと進路を取ろう。
空がどんよりとしてきたが、雨雲レーダーで確認すると直ぐ西に雨雲があるため。

お気に入りの田舎道がつづく。

9号線に出て、京丹波周辺の林道を走ってみる。

a0143839_2329613.jpg


2本ほど走ってみたが、1本は峠を越えたところで土砂崩れで通行不能、来た道を引き返した。
林道だけではなく、山間を走る一般道も通行止め多く、迂回路を進んでカモノセへ。

a0143839_23305651.jpg

a0143839_2330580.jpg


「久しぶりやね」とオーナーO氏に迎えられ、名物のカレーを食べながら近辺のお山事情など。
京都北部から福井県にかけて今もよく来ているのだが、特にカモノセ近辺は八丁林道が舗装されて久しく、
来ることが減っている。

今朝は16℃だったとか、8月も末とは云え8月にストーブに火をいれたのは初めてとO氏は云う。

a0143839_23324437.jpg


窓辺

a0143839_23325869.jpg


キャビン脇の柿色号

a0143839_23335640.jpg


1時間ほど、久しぶりにO氏とお喋りしてカモノセを後にした。

気にした空模様も崩れることなく、最後は篠山のお山を駆け上がり三田を経て帰宅。
フルメッシュジャケットは最高ですね。
でも今日は真夏ほどの気温でもなかったのだが、風の通りの良さは最高だったから効果ありでしょ。

天候不順の晴れ間に恵まれ、楽しい一日でした。

本日の走行 290km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-08-31 23:41 | ツーリング | Comments(2)

雨と雷の信州ツーリング

2012.7.19/20

今年も信州のお山で遊んできました。
3連休の天気予報は前2日は雨模様。
合羽覚悟の信州行きです。

18日22:00に24G宅集合は、としちゃんとOGWさん、としちゃん手配のレンタルトラックに3台積みはちょっと勿体ない。
竹ちゃん、まっちゃんは竹ちゃんトランポ。
こーぞー君は実家経由でマイトランポ。
3台は翌朝に現地集合です。

神戸から5時間、信州に近付くにつれての雨走行のなか、諏訪IC前、いつものコンビニで仮眠と朝食。

a0143839_2121128.jpg


全員集合後、蓼科のバンガローへ。
身支度を終え、さあ1年ぶりの信州ツーリング1日目スタートします。

a0143839_21235989.jpg


メルヘン街道付近の林道(シングルトラック)2本を楽しんだあと、信州デビューのOGWさんを
是非とも案内したい、お約束のニュージーランドの小道(愛称)。

a0143839_21284866.jpg


a0143839_2129514.jpg


ふわふわ草の中に、ごろごろ石が楽しみを添えます。

a0143839_2130945.jpg


しらびその木立ちが信州らしい、心地よい小道です。

a0143839_21315296.jpg


でも、そこらじゅうに大小の蟻塚だらけ、変なところで転けでもしたら・・・・Zo~ooooo!
天候?気温?例年はもっと背が高い蟻塚ですが・・・・・

a0143839_2151515.jpg


ニュージーランドの小道から、シングルトラックに入り、暫らく進み舗装路へ。
旧中山道を観光バスの後ろについて下ると、諏訪大社の神事の場所、木落とし坂です。
木落としの御神木に、罰当たりにも腰かけての記念撮影。

a0143839_215754.jpg


諏訪市内に入り諏訪大社付近で丁度お昼。
食堂を探し、たまたま見つけたラーメン屋ですが、人気店らしく暫らく並び、食したハルピンラーメン。
『ハル二郎』味噌味が本当に美味かった。
人気店も納得。
気になるお天気もここまで順調でしたが、降ってきました。それも土砂降り!
でも、食事中だけでした。
まだ、運もこちらです・・・・・ここまでは!

予定のルートに復帰して、シングルトラックの登りからチュルチュルのボブスレーな下りでは、お山に女史の
雄叫びがこだましますが、転けずに下りたちます。流石~ぁ!

長~いフラット林道の途中で休憩する中、ゴロゴロと雷が・・・でも、まだ雨は降っていない。
標高も高く、逃げ場もないお山を早く下りようと休憩もそこそこに急いで出発。

a0143839_22242793.jpg


舗装林道まで、あと少しのところまで下りてきました。
いつもの荒れた下りが・・・・通行不可通行止め???
でも、バイクのトレールは残っています。
舗装路までの距離は近いとの記憶と、バイクのトレールがあることで突入。
先日の豪雨でしょうか?荒れたとはいえ、いつもは乗って下れますが、今回は深くえぐれた溝がつづきます。

a0143839_2217444.jpg


下るほどにまるで兵カンチックに荒れは酷くなり、登り返すのは数倍の労力が必要でしょう。
協力してバイクを下していきますが、とうとう来ました、頭の上でピカッゴロゴロ!恐わ~っ!

こちらはガレ場の下りで取り込み中!
合羽着る余裕もありませんのに、バケツひっくり返しの豪雨と雷です。

パンツまでびしょ濡れ状態で舗装路へ出ました。
予定のルートでは、まだ少し林道を残しますが、雷から逃れようと尻尾捲いて一目散に下山します。

国道に出て、雨宿りできそうな場所を物色しながら岡谷市内まで下り、廃工場跡のような広い軒下に
やっと逃げ込めました。
びしょ濡れ状態では合羽着る意味ないのですが、体の冷えはカバーしてくれます。

予定ルートの70%は楽しんだものの、やや敗北感で蓼科への帰路を急ぎます。
諏訪市内の国道まで来ると雨も小降り、大人しく帰ろうとした国道の先は渋滞・・・・・もう溜まりません!

雷も止み小降りにも乗じて、急遽国道から進路変更して、ついムラムラと今日のフィナーレにすべく1本の長い林道で蓼科方面へと登りました。
雨のお蔭か、しっとり路面のグリップの良さを堪能してバンガロー着です。

お天気の野郎め!ざまーみろっ!!(訳わからん・・・意味不明)

でも、雷と土砂降り以後は、へこたれ余裕なく、帰着してのこの写真しかありません。

a0143839_2323584.jpg


車で山を下り、塩壺温泉に浸かり、諏訪市内で食事を済ませてバンガローへ戻りました。
暫らく飲んでいましたが、皆、夜行疲れと今日の疲れでいつしかz z z z z z z z z

本日(1日目)の走行 : 約190km


2日目の朝、予報では今日も午後には雷雨予報ですが、朝は良いお天気です。
身に着けるもの全ては、昨日濡れたものばかりでしたが走る内に乾いてきました。

予定した林道もゲートで塞がれていたりしましたが、何とか迂回路を見つけて予定のルートに復帰
して、原村付近のダートを楽しみます。

a0143839_225901.jpg


給油と水分補給の後、入笠山方面へと進みます。
登りは九十九折れのつづく、ややテクニカルな快走林道〇金林道は楽しいですね。

a0143839_2333222.jpg


a0143839_2343147.jpg


a0143839_2344623.jpg


a0143839_23515.jpg


a0143839_2352638.jpg


入笠山から高遠方面へは、ここ最近舗装化進行と聞く黒河内林道を止め、町道高嶺線を予定します。
まずは、芝平峠へとダートを下り、金沢林道の下りを経て、途中から猿が入線経由で金沢峠へと出ました。

猿が入線

a0143839_23135216.jpg


a0143839_23141043.jpg


a0143839_231423100.jpg


a0143839_23143726.jpg


a0143839_23145369.jpg


千代田湖付近のシングルトラックを周回し、金沢峠へ戻ったところでゴロゴロと聞こえます。
雨もポツポツと、今日は昨日の轍は踏まないぞと、早々に合羽を着ます。

a0143839_23202632.jpg


芝平峠へ戻って高遠側へのダートを下り、途中からシングルトラックを経由して町道高嶺線へと
合流します。
町道高嶺線では、雨も止んで今度は合羽が暑い!

a0143839_23242627.jpg


石ころ、ヌタヌタ、バラエティーに富んだ長い長い楽しい下りを経て、いつもの道の駅、南アルプス村、に着きます。
クロワッサンの有名なパン工房があり、クロワッサン以外のおかずパンも本当に美味しいです。
今回はピザパンと茸のマリネのパンでお昼にします。

a0143839_2338165.jpg


昼食後は、女沢方面の林道へと進みましたが、頂上付近で不覚にも枝道へとミスコースしてしまいました。
延々と下れば、何と駒ケ根市へと出てしまい、国道を大きく迂回して高遠へと戻り、予定のルートに
やっと復帰しました。

記憶のあるリンゴ畑沿いの林道を見つけて進みます。

a0143839_23442734.jpg


この林道で町道高嶺線に合流します。
下ってきた快適林道を今度は延々登りです。・・・・が
おっと、転けてます。

a0143839_23523373.jpg


リヤサスから油が漏れていますが、走りに支障はないでしょう。
何より大きな怪我にならなくて良かった良かった。

a0143839_23534954.jpg


林道終点の山の頂上付近で、また雨と雷に遭いますが、もう慣れたものです。

a0143839_23544321.jpg


ウエアーまで濡らすことなく合羽を着て、芝平峠からチュルチュルゴロゴロの林道で諏訪側の国道へ下りました。

本日(2日目)の走行 : 約180km

バンガローを引き揚げ、帰路の準備。

a0143839_23563537.jpg


山を下り、いつもの温泉。

a0143839_23571686.jpg


7/21 2:00に帰宅しました。

雷と雨に祟られた割には、予定の70%ぐらいの林道は楽しめました。
なかなかドラマチックでアドベンチャーな、今年の信州ツーリングでした。
皆さんお疲れさま。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-07-22 23:24 | ツーリング | Comments(2)

雨に行く手を阻まれて。

2014.06.29

昨夜の飲み会のお土産を引きずり、今日の目覚めは遅め。

外はギラギラと夏の日差し、エイヤッとバイク衣装に着替えて出かける決意。
今日は柿色690で出かけよう。

まずは、三田奥の林道で肩慣らしと進むうち、前方のお山は白いカーテンの中、
しまった、日差しに騙され雨具を置いてきた。
逃げ込めそうな軒下を物色しながら北上、林道に入りアクセルを開けたブラインドで
対面する車に出くわし辛うじて左にかわした。
あ~危なかった、と胸のざわめきが収まらぬうちに、ドバーッと大粒の雨が!

即Uターンで林を抜けると、案の定曇天のみ。
仕方ない日の差す南へと進路変更。
ある程度、南へ下がり、猪名川方面へと進路を東へ変更してやや高度が上がった処で、またも大粒の雨。

お目当ての林道のある方向のすべてを阻まれてしまった。
仕方ない、今日は引き返すか。

帰路はお約束のようにHガレージにお邪魔した。

a0143839_2324154.jpg


そうこうするうち、ここも土砂降り、セローの修理などお付き合いするうちに雨は止んだ。

a0143839_2342874.jpg


せめて、帰りに1本予定していた林道もさっきの雨で、ぬかるんでいるだろう。
今日は止めときって云うことかなと、大人しく舗装道路で帰宅した。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-06-29 23:09 | ツーリング | Comments(0)

四国 日御子キャンプ場をベースに

2014.05.02-04

新しいトランポで初出動です。
19:00に自宅を出発して、初めて通る瀬戸大橋経由で四国入りします。
瀬戸大橋では見物と休憩がてら、途中の島のSAにも下りてみます。

a0143839_1662272.jpg


南国ICを下りて奥物部の日御子キャンプ場には丁度0:00に着きました。
空には満点の星、今日も天気は良いでしょう。
先に到着のNOBMAX君のハイエースの横に停め、バイクを下して車で仮眠します。

翌朝には軽トラでOさん、ハイエースでとしちゃんとコーゾー君も到着しました。

a0143839_16115419.jpg


チェックインは10:00ですから、とりあえず今日のツーリングに出発します。

まずは、大栃から中津尾林道を走り、畑山温泉を経由して張川林道を目指します。

宝蔵峠への登り手前で小休止。

a0143839_16171984.jpg


この花は何でしょう?座禅草か水芭蕉には似ていますが、そうでもなさそう。

a0143839_1619565.jpg


廃屋も写真を撮りに近づいてみました。大きなスズメバチの巣から蜂が・・・・・

a0143839_16204561.jpg


張川林道にて。

a0143839_16224889.jpg


伊尾木川沿いに下り、55号線安芸で東進して奈半利を目指します。
昼食はいつもの奈半利ホテルのレストランで。

a0143839_16262915.jpg


55号線の見慣れた小さな橋を越えて左折し小川沿いに山に入り、ダートに変わって
須川林道。
装束峠まで上がって、これまで何度も通行止めだった蛇谷林道が今日は規制なし。
蛇谷林道を下りきると大きな迂回を余儀なくされるためピストンします。

a0143839_16315915.jpg


a0143839_16321217.jpg


a0143839_16322598.jpg


蛇谷林道も終点近くには、川に落ちたBAJAが、前輪がむなしく水車のように回って
いました。
その林道脇にはキズ付いたヘルメットと濡れたジャケットが脱ぎすてられており、落ちて
間もないならまだその辺にいないかと探しましたが見当たらず。

a0143839_16393519.jpg


下の国道まで出て助けでも呼びに行ったのか?それとも今日のことではないのか?
憶測ばかりでどうすることもできず。

ピストンして装束峠に戻り、下りは近年に開通した羽根林道を下ります。

a0143839_233239100.jpg


55号線羽根村に下りるそこそこ荒れた面白い林道でした。

さあ、キャンプ場への帰路につきますが、安芸まで55号線を進み、時間がないため往路
の張川林道をエスケープして畑山への県道を登ります。
畑山からは中津尾林道もエスケープして、狭い林間にクネクネのつづく県道で「もういや!」
と思う頃、やっと大栃JA横に出ました。

キャンプ場に戻り、近くの温泉と食事も済ませ、バンガローでくつろぎますが、心地よい疲れ
のまま次々と z z z z
本日の走行 : 297km

a0143839_16491639.jpg


2日目は、高知県の東方面、仁淀川上流の大森川周辺林道まで行きます。
Oさんは今日帰るため、大森川周辺までトランポで先行して現地で合流します。

長沢ダムから、荒れた長沢林道を登り、奥南川林道に合流します。

a0143839_23331916.jpg


奥南川林道。

a0143839_177499.jpg


a0143839_1772226.jpg


a0143839_1774068.jpg


a0143839_1783967.jpg


伊留谷林道を下って自念子林道へと考えていましたが、伊留谷林道は全面通行止め。
仕方なく、奥南川林道を進み湖岸沿いの広沢林道分岐から広沢林道を進みます。
清流の安居渓谷まで下り、清流でお弁当。

a0143839_17132851.jpg


さて、もう一度山を越えて大森川まで戻らねばなりません。
国道439を東へ戻り、奥大野越え林道で登り返します。
大森川ダム湖畔まで下りても、何か物足らない!
ダム下から奥南川林道を、長沢林道分岐へと登ります。

a0143839_17204122.jpg


今日一日、砂利林道が多く、「スリッピーに神経使い過ぎて、疲れたね」と、往路の長沢林道を
下って終わることに。

軽トラに積んで帰路につくOさんと別れ、高知市内へと戻る。
明るい内の、はりまや橋は初めてと立ち寄り。

a0143839_1725639.jpg


キャンプ場について、今日は近くに温泉があることを知り、温泉に浸かったあとはキャンプ場に
予約しておいた食材でBBQです。

a0143839_17284812.jpg


今日も心地よい疲れで z z z z
本日の走行 : 287km

3日目の最終日、やや短めの計画で比較的近い林道です。
ただ、昨日の帰路、キャンプ場近くのコンビニまで帰ってきて、バッテリーが死んでしまった。
コーゾー君号のバッテリー探しに行ったとしちゃん、コーゾー君待ちです。

a0143839_17341180.jpg


昨日から風邪が悪化し、早めに帰路につくNOBMAX君とも別れ、3人で出発。
大栃の永瀬ダムから楮佐古小檜曽林道を上がり、峠へ。

a0143839_17461059.jpg


a0143839_17462734.jpg


国道439に出て、京柱峠。

a0143839_1748122.jpg


茶店の『しし肉うどん』で昼食後、京柱林道へと。

a0143839_17495793.jpg


京柱林道も峠から2kmほど舗装化され、祖谷山林道との合流から矢筈峠への笹谷林道
も舗装されていた。
あとはキャンプ場へ帰るだけ、一気に大栃へ下り、日御子キャンプ場へ
本日の走行距離 : 92km

各車トランポに乗せ、渋滞の高速を想定して土佐山田駅前のレストランで食事。
その後、別々に帰路についた。
高知道では10kmほどの渋滞、徳島道は順調、鳴戸海峡を渡りしばらくすると大渋滞
で淡路島はのろのろ運転、垂水ジャンクションでやっと流れた。

帰路は7時間もかかってしまった。
でも天気も良く楽しい3日間でした。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-05-18 18:05 | ツーリング | Comments(0)

TYS-125Fで三田から猪名川

2014.03.16

TYS-125Fが復活すると、ちょこちょこ乗りがしたくなり、
トライアルではチョットきついが、三田方面へ。

いつも立ち寄る『シュガー』は休み。
永沢寺そば道場でそばを食べた。

猪名川方面の林道へと進み、
シイタケ山林道から裏山林道へ。

a0143839_1572560.jpg


歳の神峠まで進み、猪名川道の駅へ。

この距離はトライアルではチョットきついな!
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-05-18 15:08 | ツーリング | Comments(0)

TYS-125F復活

ほぼ3年、放置したTYS-125Fを復活すべく、去年の暮れからごそごそと作業していました。

側面ヒビ割れ状態の前後タイヤ交換。
折れ掛け寸前のリヤフェンダー交換、ついでにリヤ灯火類のフェンダーレス仕様。
XTZに廻して無くなったアンダーガードを新規購入して取り付け。
錆錆のチエーン清掃と油漬け。
TYS-125Fにお約束のマニホールドの破れ、

a0143839_14491666.jpg


新品に交換と同時に破れの原因、極端なくびれ防止の輪っかを挿入。

などなどしながら、
2013.03.09やっとTYS-125Fでお山行きができるようになりました。

場所はご近所の山を裏へ抜けたり、また別ルートで表へ抜けたりと、
久々のトライアル車は、乗り方忘れも重なり、結構疲れました。

a0143839_14562532.jpg


a0143839_14565339.jpg


a0143839_14571357.jpg

[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-05-18 14:57 | ツーリング | Comments(0)