カテゴリ:ツーリング( 98 )

2015 信州ツーリング

2015.07.19-20

強い勢力のまま四国、岡山へと上陸した台風11号のお陰で神戸市内の特に北区への主要道路は崖崩れや陥没でズタズタ、参加者の集合も危ぶまれたが何とか7/18の夕方には出発できた。

神戸からはとしちゃん、@教官さん、弟TTM、と私の4人、途中豊中でS君も合流して、バイク5台積載のトラックと私の軽バンで一路信州を目指した。

深夜1時に茅野市内のビジネス旅館に到着。
いつものバンガローじゃなく個別の部屋とふかふかベットは快適そう・・・・なのに寝不足の筈が寝返りばかりして結局熟睡することなく朝を向かえた。

朝食を済ませ身支度してバイクを下ろす。
a0143839_23435964.jpg


たけちゃん号にバイクを2台積み、昨夜に神戸を発って今朝到着のたけちゃんとまっちゃんも合流して1日目のツーリングをスタートする。
今日はビーナスラインから林道を織り交ぜながら八ヶ岳連峰を越えて、小海線方面の林道まで足を伸ばします。

蓼科高原の展望台で。
a0143839_2156822.jpg


ビーナスラインを立科町へと下り、美上下線、西の沢線、西峯線と林間の気持ち良い林道を抜け142号線へ出た。

高度を下げるといくら信州でもやっぱり暑い。
142号に別れを告げ、大河原峠方面へと進路を東へ、別荘地の中の迷路のような入口を見つけ出し藪こぎのめめず原線を抜けて141号線へ出た。

この辺りでお昼にしておかないと目指す茂来山は山深い長大な林道になる。
ガストを見つけて昼食。
目指す茂来山方面の雲行きが怪しい。

茂来山麓の長大な林道の中、信濃沢線を周回する。
信濃沢線に入る頃からとうとう雨が降ってきた。
信濃沢線
a0143839_0253378.jpg


a0143839_0255439.jpg


a0143839_0261115.jpg


周回を済ませ再び長い茂来山麓の林道を進み、東山線へとつなぐ。
WR-Rがガス欠寸前、北相木村の県道に出た。
a0143839_031387.jpg


小海線沿い141号線から再び八ヶ岳連峰を越えて戻るべく、茨沢線を登る。
a0143839_034565.jpg


a0143839_0342234.jpg


a0143839_0344178.jpg


八ヶ岳線
a0143839_0362018.jpg


a0143839_0363335.jpg


八ヶ岳線を登りきりメルヘン街道に合流。
遥か向こうに噴煙あげる浅間山をバックに記念撮影。
a0143839_0415415.jpg


高度を上げると山はやや霧雨状態。
涼しいを通り越えて寒い寒いライディングでメルヘン街道麦草峠。
a0143839_0451488.jpg


茅野市内の宿舎に帰り、本日のお山遊びに乾~杯~
a0143839_0505469.jpg


本日の走行 : 203km 、 ダート率 :  約38.5%



7/20 二日目の今日は昨日の逆方向となる茅野市の南に位置する入笠山を越えて高遠方面へ、そこから更に南の伊那富士と呼ばれる戸倉山、女沢峠方面の長い林道へ向かいます。

まずはエコーラインで八ヶ岳をバックの一枚、主峰赤岳のてっぺんが雲に隠れているのが残念。
a0143839_2110562.jpg


車山方面
a0143839_21115662.jpg


霧ヶ峰方面
a0143839_21123538.jpg


ガレのつづら折れ急坂が延々とつづく丸金林道。
a0143839_21152379.jpg


山頂の細いワインディングを芝平峠へ。
a0143839_21235151.jpg


入笠山北面の主だった林道を全てトレースすべく、芝平峠からもう一度下の国道まで、金沢併用林道を延々と下り、国道から次は金沢峠へと登る結構荒れた林道を登ります。
a0143839_21285599.jpg


山上の湖、千代田湖で。
a0143839_2129579.jpg


熊笹とウッズのシングルトラックでひと遊びして、金沢峠で。
a0143839_21322086.jpg


もう一度芝平峠へ戻るため猿ヶ入線と金沢併用林道を走り、町道高峯線へはテクニカルな支線からアプローチ。
a0143839_21374252.jpg


a0143839_21375676.jpg


町道高峯線いつもの休憩場所。
a0143839_2139240.jpg


さあ、高遠へと下ります。
a0143839_21394232.jpg


お昼はいつものお楽しみ道の駅南アルプス村です。
美味しいクロワッサンの有名なパン屋があります。
次々と試食のクロワッサンが出てきます。
a0143839_21463721.jpg


a0143839_2147237.jpg


お腹も膨れてさあ次の林道へ。
昨日のニュースで電流流した獣除けの柵で人が死んだとやら、次の林道入口のゲートも電流注意の看板にいつも恐る恐る開けて閉める。

長い長い20kmの林道、コマ図頼りに走っているためどの辺を走っているのか詳細解らず。
うんざりする頃一般道へと下り立つ。

給油と水分を仕入れ帰路につく、いつも迷う林檎畑横から始まる鍛冶村線から往路の町道高峯線に合流する。
a0143839_22161885.jpg


a0143839_22163945.jpg


町道高峯線を快調に走るまっちゃん。
a0143839_2217502.jpg

こんなことも・・・・・
a0143839_22192083.jpg


心地よい林間走行。
a0143839_2220561.jpg


芝平峠~往路と同じ金沢併用林道、猿ヶ入線で金沢峠へ。
ガレガレ下りとちゅるちゅる林間を下り、本日の林道ツーリング終了。

茅野市内の宿舎へ戻る途中でおまけの林道1本追加。
中沢線を最後のデザートにして、ほんまの終了とした。

本日の走行 : 185km、  ダート率 : 53%

台風11号でズタズタの西日本に比べ、何ら台風の影響なく全て予定通りにツーリングできました。
ダート率高くいつ来ても楽しい信州、今回も何のアクシデントもなく無事帰還しました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-07-27 01:04 | ツーリング | Comments(8)

甥っ子のオフロードデビュー

2015.06.28

セロー30周年モデルを買った甥っ子を連れての林道ツーリングです。

予報では何とか持ちそうなお天気も、舞鶴道に入って直ぐにシールドに水滴が付き始める。
ズブ濡れになる前に西紀SAでカッパを着たが、午後には脱げるだろう。

君〇山キャンプ場で空気圧を調整して簡単にオフ走行をレクチャーする。
a0143839_0294556.jpg


甥っ子がインカムなる便利なものを持っており、お互いのヘルメットに装着していたので走りながら
レクチャーできる何とも便利なものです。
『右側崩れてるから左へ寄れ!』とか『もっと腰引いて!』や『そこは開けて!』てな具合です。

それにしてもなかなかカッパ脱げる空模様にはなりません。
a0143839_0365839.jpg


君〇山林道を下り、舗装林道ですが精霊が宿るような大栃の木を見せたくて、新鞍林道ピストンの寄り道。
a0143839_0395721.jpg


谷〇大〇林道に入り直ぐに倒木が阻む、二人して折れる枝を折り、動かせる木は動かして何とか右端を通過できるようにした。
甥っ子は『お~っどないしても進むんや!』と感心しきり。
a0143839_0444165.jpg


快調に付いてくる。
a0143839_0501210.jpg


インカムを通じて『あっ・・』って聞こえたので転けたかな・・・・
林道で初転け、轍に捕まり轍内の段差にフロントが刺さった模様。
a0143839_0493441.jpg


名田庄道の駅で遅いお昼にしたが、雨は止むどころか本降り状態。
周山街道を南へ登り、堀越林道で峠を越えて再び周山街道を更に南へ進む。

九鬼坂手前で西へ進路をとり、〇主の林道へ向かう。
崩落、倒木ヶ所を越えて稜線での絶景に甥っ子が『お~っ』と叫ぶ。
a0143839_113370.jpg


京丹波のショートダート2本を走破。
a0143839_12561.jpg


中山峠を越えて原〇峠林道、みく〇〇ダム周回ダート、藤の〇林道を走破して篠山へ。
ダム湖周回のバラスのフラットでは『バラスは難しい・・嫌っ』とこぼす。

神戸北区まで帰ってきたら、やっぱりアムール林道を登り本日終了。
a0143839_19279.jpg


10kmクラスの林道:4本、3~5kmクラスの林道:6本、初林道にしては様々な路面とコンディションを
経験しました。
甥っ子のテンションを見ながら距離を伸ばしましたが、走行距離も長くなり『疲れたやろ?』と聞くと、
『しんどかったけど、面白かった!』と嬉しい返事を返してくれました。
カッパは結局ここでやっと脱げました。

『そんなに距離走ったと思わないぐらい楽しかった』と言ってますので、また引きずり回してやりましょう。

本日の走行 : 340km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-07-12 01:21 | ツーリング | Comments(9)

多可町方面

2015.05.17
天気予報では今日は雨のはずでしたが、朝から良いお天気です。
先日、友人Tさんから新しい林道の情報を聞いていたので、出かけてみました。

出発も遅いので笠形山林道には向かわず、情報の林道へ直行。
舗装0.5kmほどで始まり、砕石混じりのバラス系の路面に変わります。
支線を探索する間に、本線を3台のバイクが登っていきました。
峠までの5km程は右下方向に眺望の効く林道です。
峠には先行された3台のバイクの方達が休憩されており、私もバイクを止めて暫らくお話を
させて頂きました。

私は一足早く峠を後にし、途中の支線を探索しながら下ります。
ダート部分は峠から5kmで舗装に変わりました。

川沿いの集落まで下り立つと3名の方とまた合流、この先も進行方向が同じのようです。
林道黒川新田線入口には私が先着し、ゲートを開けてお待ちして、そこから同行させて
頂くことにしました。
黒川新田線の峠付近
a0143839_23493055.jpg


a0143839_23494861.jpg


黒川まで下り、更に429号へと抜けるショートダート。
a0143839_23531457.jpg


未だ陽は高いが珠には明るいうちに帰ることにして、皆さんとご一緒に青垣峠を下り大名草へと。
427号を南下して『道の駅かみ』で休憩。
皆さんとはここでお別れしました。

新しい林道を発見したことで、この方面を経由しての氷ノ山方面の行き帰りの楽しみが増えました。

本日の走行 : 205km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-05-25 00:01 | ツーリング | Comments(4)

四国合宿(2日目編集済み)

2日目の更新まだ?の声を聞きました。
実はかなり前に更新していますが、1日目のつづきで2日目を書いたため気づかれないようでした。
一番頭で変化に気づいてもらえるよう、未公開の画像を貼っておきましょう。
到着直後の夜食と露営の準備
a0143839_17504042.jpg


2015.05.02-03
四国合宿とは云うものの、いつものメンバーそれぞれ都合がつかず、今年はNOBU君、としちゃん、そして私の3名になりました。
今回は四国の西方面のお山をツーリングしました。

5/1 私ととしちゃんはトラックでトランポして22:00山陽道三木東ICから瀬戸大橋を経由して5/2の2:00に道の駅「木の香」に到着しました。
先行していたNOBU君ハイエースは既に車で睡眠中。
私ととしちゃんは夜食と軽い寝酒の後、バーベキューテラスの屋根の下で寝袋に入りました。
a0143839_22205460.jpg


南国高知とは云え流石に標高の高い谷間ですからかなり冷えました。
夜中にトイレに目を覚ましてからはブルブル震えて熟睡できませんでした。

それでもうとうとしたのか、先に目覚めたNOBU君に起こされ、簡単な朝食を済ませて1日目のスタートです。
今日の宿はここ「木の香温泉」を予約しているので、まるまる1日使える今日は愛媛久万高原方面まで足を伸ばします。
a0143839_22285420.jpg

山の向こうの439号へのアプローチに大森川ダム背後の山を越えるルートを選択。
まずは大森川右岸沿いの奥南川林道から支線となる奥大野林道を登ります。
a0143839_23565439.jpg

登りきったところで奥大野越えを左に見送り、稜線右山腹をトラバースする奥大野支線林道を進みその先で弘沢林道を下ります。
トンネルをくぐるとダートは終わり、舗装林道に変わります。
a0143839_033029.jpg

439号池川町内から松山街道を登り、トンネルを越えると土佐街道と名前を変えます。
これまではこの道から左側に入る水押イショブネ林道に入りますが、その分岐の2km右手前には以前から気になっていた林道入口があり、今回はその林道に入ってみました。
バラス路面のスリッピーな林道でしたが、10kmの長さでした。
再び土佐街道に出て前述のイショブネ林道は左に見送り、帰路に走ることにします。

11:00過ぎ道の駅「美川」で早い昼食にします。
ここで食べておかないと、このあとのお山を出てくるのはかなり遅くなってしまいます。
まずは久万町笛ヶ滝公園から峠を越えて宮成に出る林道を走り、下れば380号露峰。
380号をやや西に進んだところから不二越林道でほうじが峠を目指します。

かってのフラットダートも随分舗装が進んでいます。
いい加減、舗装ワインディングに嫌気が差したところで右に林道を発見。
ピストンも止む無しのつもりで侵入、380号真弓トンネル上までつづく片道3kmほどをピストンしました。
a0143839_0295345.jpg

このほうじが峠周辺には支線も多く、路面も砕石混じりの適度な荒れを楽しみほうじが峠に着きます。
これ以上南に進んでも舗装化が進んでいるため、バックすることにし、あちらこちらの支線を走って楽しめそうです。
a0143839_0423672.jpg

記憶にある枝道を進みましたが、更に新しい林道がありそれを進むと延々と下ります。
どこに下りるのか?下りきって確認すべく下りましたが1台が燃料リザーブになりもう戻れず、下りきったところは380号真弓トンネルのかなり西側でした。
ガソリンスタンドを求め真弓トンネルを越えて再び美川に戻り、無事給油できました。
再度ほうじが峠へと向かうべく記憶にある橋を渡り進みましたが、行き止まりや工事中となり、更に支線を探索するにはタイムアウトになってしまいました。

往路に走り残した水押イショブネ林道を走りますが、入口付近の元気も途中で疲れて電池切れ。
池川町から439号を進み、安居渓谷から奥大野越え林道で戻る予定もキャンセルして延々国道を迂回して木の香温泉に戻ってきました。
あ~しんどかった。
温泉に入り夕食です。
お品書きには・・・・この宿泊料で?と思える気の利いたメニューがいつも楽しみです。
a0143839_0592596.jpg

実はこのお品書きに無いメニューもまだ2品ありました。
まずは、お疲れさま~乾杯です。
a0143839_105891.jpg

お料理の一部ですが、こ~んな感じです。
a0143839_122378.jpg


a0143839_123834.jpg


a0143839_12508.jpg

部屋に戻れば、疲れと酔いもあって私は一番にバタンキューでした。
明日2日目は宿近くの大森川ダム周辺の林道群を走ります。
本日の走行 : 280km



2日目 5/3の朝は若干空はどんよりとしています。
今朝の朝食も美味しくいただきました。
a0143839_14182696.jpg


まずは長沢ダムに向かって走りだしますが、気にならない程度にポツリポツリとシールドに水滴がつきます。
長沢ダム
a0143839_14204452.jpg

本日の予定ルートの一つ、断崖絶壁上の長沢山林道が遥か高方に見えます。
a0143839_14232255.jpg

ダムを渡りダム湖右岸沿いのダートから長沢林道(東谷大森川林道)をスタートします。
支流の水門を左に見て橋を渡れば登りとなります。
長沢林道
a0143839_14412635.jpg

登りきって下りになったところで道路崩落ヶ所がありましたがバイクなら問題なく通過し、入口から10km付近で大森ダムから上がってくる奥南川林道支線と合流します。
この頃には高度も影響して雨が少し強くなってきましたが未だカッパ着るほどでもありません。

分岐する支線を左に見てそのまま直進します。
樹木越しに遥か左下に時折大森ダム湖を見下ろしながら進むと分岐が現れ、右へと下る伊留谷林道へと進みます。
15kmほどどんどん高度を下げると雨も止みました。
伊留谷林道終点の越裏門
a0143839_1502627.jpg

次なるルートあの断崖絶壁上を走る林道に向かいます。
この林道は自念子林道と竹の川林道と下のダムから見えた長沢山林道の3本の林道が繋がり、完通出来れば20kmほどにもなる長い林道です。

長沢ダム湖左岸(県道40号)を上流へと進み、右に神社のある分岐を右に進んで自念子林道となります。
砕石も大きい結構荒れたダートに変わります。
自念子林道
a0143839_15104884.jpg


a0143839_1511449.jpg


多分・・・・竹の川林道と名前を変えるであろう・・・二つ目のトンネルを越えます。
a0143839_1514333.jpg

ルート上でもっとも大きな尾根を回り込むところの広場、前回来た時もここは雨でした。
a0143839_15161372.jpg

ここからは右下に断崖を見ながら緩やかに高度を下げていきます。
・・・・が、1kmも進まぬうちに上部からの崩落現場に突き当たりました。
上部の状態も危険で、これはどうしても進めません。
a0143839_1521587.jpg

自念子林道入口から11kmぐらいの地点ですが、止むなく退却します。
a0143839_1524772.jpg

ならば反対側から辿ってみましょう!といつもながらの執こいところです。

自念子林道入口に戻り、県道40号をひたすらバック。
雨は少しづつ降り続きジャケットもビシャビシャですが、まだ中までは滲みていません。
越裏門を通り過ぎて2kmほど下り、赤い鉄橋のたもとから長沢山林道に入ります。
コンクリート舗装とがらがらダートの交互を5kmほどで断崖絶壁上に達しました。
a0143839_1531537.jpg

再び湖岸道路に戻り、越裏門から伊留谷林道を登って奥南川林道分岐へと戻ります。
a0143839_15352647.jpg


a0143839_17464415.jpg


再び高度を上げたためもう雨も本降りの中、大森ダム湖最奥に下り立ち、右岸沿いに奥南川林道を進みます。
このまま湖岸ダートを進めば国道194号へと出ますが、私の今日の予定では昨日走った奥大野越え支線のトラバースルートへ途中の分岐から登り、昨日の逆走で再び湖岸へ下り立つつもりでした。

雨も土砂降りですから分岐で一瞬迷いましたが、上から四駆が下りてきたのに触発されて支線へと前輪を向け再び高度を上げ、奥大野越支線からトラバースルートを昨日の逆走をしました。
もう中のジャージからパンツまでびしゃびしゃですが、もう宿まで30kmほど、あとは温泉入って着替えてトランポして帰るだけですから苦にもならない雨中走行です。
湖岸道路まで下りてきました。
a0143839_23193292.jpg

NOBU君もとしちゃんも寒い寒いと遅まきながらカッパを着ますが、私は予定ルートの完走の執念か・・・・何故か暑いんです。(笑)
国道149号の国道まで残りのダート7kmほどを楽しみます。
途中のブラインドコーナーでミニパトとのニアミスでリアを大きく流したのはご愛嬌(危なかった・・・)

今朝チエックアウトしたのに昨日宿泊したことで今日の温泉も無料とは、どこまで良いお宿なんですか?
温泉ですっきり、乾いた衣服に着替え心地もよく16:00木の香温泉を後にしました。
本日の走行 : 160km

西条市内で昼夜兼用の食事を済ませ、瀬戸大橋経由で20:00三木東IC着。

2日間通してダート率の高いツーリングでした。
ほうじが峠周辺の林道群には課題を残しましたが、次回また徹底的にこの中の林道を舐め尽くす楽しみが出来ました。

としちゃん、宿やトランポの手配などありがとう。
NOBU君楽しかったね、次回の坂内合宿や信州合宿にもお付き合い下さい。

でもね、明日朝からまた家内とワンコと四国入りします。
暫く途絶えていた四国お遍路三十七番岩本寺から再スタートするため足摺岬方面へ、軽バンでキャンプしながら2泊三日のお遍路旅行に出ます。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-05-08 01:06 | ツーリング | Comments(10)

綾部から花背へ

2015.04.25

どう転んでも今日は絶対に雨はないでしょって云うぐらいのツーリング日和です。

氷ノ山方面へ行くことを考えていましたが、友人の情報で残雪多くて進めないことを知り、綾部方面に予定を変更しました。
犬の散歩や家の用事を済ませたら、また今日も出遅れの10:30になり、出遅れた分、高速道路舞鶴道利用し12:00に綾部ICで下りました。
目指すは昨年9月に崖崩れ工事中で完通できなかった君尾山林道です。

アプローチするこの近辺にはコンビニもなく上林地区の食堂を逃すと山を越えた福井方面まで食事もできません。
運良く営業していた食堂でお昼にします。
a0143839_21314086.jpg


腹ごしらえも出来て出発、君尾山キャンプ場に到着。
ここから林道が始まります。
a0143839_21341191.jpg

通行止めにもなっていません。
昨年の箇所は復旧しているのでしょう。
鳥の囀りがなんとも心地よい君尾山の林道
a0143839_21361762.jpg


7、8kmの走行を楽しみ老富集落まで完通できました。
一般道杉木立のワインディングを下り、大飯方面へ向かいます。
途中で右折し名田庄方面へと進路をとり、峠のトンネルを越えて下る途中から谷生大滝林道に入ります。
過っては荒れた登りでしたが最近は下部のみ舗装され面白味は無くなりました。
でも殆ど通行された気配もなく、崖からの落石や支流からの土石の押し出しなどその意味で荒れています。

沢に別れ、急に高度を上げる付近から路面はダートに変わり、崖上から小浜方面の山並みを見渡せます。
a0143839_227350.jpg


峠付近の山桜と。
a0143839_2281083.jpg


整備されず自然回帰を感じる5kmほどの楽しい登り下り、下りたところが名田庄道の駅です。
a0143839_22123373.jpg


トイレと給水をして、周山街道を南へと登り、トンネル手前で堀越林道へ入ります。
a0143839_22144383.jpg

堀越峠を越える林道を抜けて周山街道を尚も南へ進み、丹波広域基幹林道を目指します。

本線は近年舗装化が進んでいますが、本線へアプローチする支線は全線ダートのままです。
林道原線から原清水丸線へと進みます。
a0143839_22275990.jpg


本線は途切れ途切れにフラットダートが残ります。
a0143839_22284543.jpg


舗装化が進み途切れ途切れではありますが、八丁峠方面に向かうほど未舗装部分は長くなり、舗装、未舗装含む距離の長さに走り応えはあります。
時刻も16:00近くなってきてそろそろ帰路につくべく、八丁峠から八丁林道を下り周山街道カモノセログでお茶でも飲んで帰路につくつもりでしたが、崩土による全面通行止めとは・・・・・バイクなら通過できるかもと思いますがダメなら時間が勿体無い。
更に本線を進んで次の支線小塩線を下りることにして次なるゲート脇から先へ進みました。
a0143839_2393955.jpg


八丁峠から東方向は更にダート部分が長い。
見慣れた支線分岐のゲート脇を抜け小塩方面へ下り始めたが小さな崩落部分あり、注意して通過し進むも・・・・
ありゃ!完全に道がない!
a0143839_23144269.jpg


荒涼とした景色の中、やけに目立つ崩れた両岸の桜が綺麗。
天皇陛下御在位十周年記念植樹とある。
天皇陛下がお気の毒なぐらいの人っ子一人居ない絶望的な景色です。
a0143839_23232629.jpg


登り直して本線へ、さあどうする・・・延々と来た道戻るか・・・更につづく本線を進むか?
この先進んでも2年前ぐらいは開削工事中でその先道が無かったこともある。
でもその手前には広河原へと下る林道を下りたこともある。
陽はかなり西に傾いてはいるが現在16:30、まだ2時間ぐらいは明るいだろう。
開通に期待して本線を進むことにした。
未開通ならば広河原へ下りるか、最悪、来た道戻ることになっても本線のフラットダートなら
ナイトランも問題はない。

進めばもう舗装は無く延々とダートを走る、あの切通しを越えたらと・・・・・違う!か
まだ先には登るべき尾根の切通しが遥か彼方にあります。
前回開削中だったところを過ぎたがまだ道はつづき、道の佇まいから開通している雰囲気は感じます。
a0143839_23371232.jpg


いつしか真新しい舗装の下りとなり、開通を確信したがこの舗装の下りがやけに長い。
うんざりしたところで、終点ゲートが現れました。
崖っぷちぎりぎりのゲートすり抜けで少し肝を冷やしたが、まずは暗くなる前に山を下りることができてやれやれ。17:10
しかしここはどこ?先月のホタルイカ旅行の帰りにショートカットを繰り返して通ったところ、見覚えある景色から花背であることが解った。

京北方面へと帰路を急ぐ道端で、たわわに咲く桜。
a0143839_23465131.jpg


おしっこ以外はノンストップで帰宅19:00。
出発が遅れた割には距離も稼ぎ、充実の林道三昧な1日でした。

こんな良い天気の日、流石に街中や道の駅ではオンロードバイクだらけでしたが、これだけ林道走った山の中でオフローダーどころか人っ子一人見ないのは、お山独り占め気分で良いものですが、それはそれでオフロードっていう楽しみがバイクの世界には無くなってきたのかなという寂しさも感じますね。

本日の走行 : 360km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-04-28 00:00 | ツーリング | Comments(10)

京丹波方面へツーリング

2015.03.29

残雪状況の確認と、Y君S君を京丹波方面の林道に案内すべく、約束したは良いが当日は生憎の雨。
どうしますか?の連絡は無く、楽しみにしてるだろうと中止の連絡もせず、朝からカッパ着て
自宅を出た。

集合場所は173号線『瑞穂の里さらびき』道の駅、自宅から1.5時間で9:30丁度に着いた。
彼等は既に到着しており、雨仕度をし直して土砂降りの173を北上した。

最初に予定する林道TKTRB線手前の集落外れで、崩落による全面通行止めの強固なゲート。
以前にもあった、林道入口と接点を持つ府道の崩落であろうと推測、ならばとTKTRB林道を反対側から
アプローチすべく一般道を大きく迂回した。

途中でONE3林道とマーケス林道を走る。
TKTRB林道へは支線からの侵入を試みるも土砂崩れで行く手を阻まれた。
それでも天気さえ良ければ越えて越せなくはなかったが、なんせ土砂降りの中、無理する気力も涌かない。
更に迂回してTKTRB林道の本線から登り始め、行けるところまで行ってみよう。

濡れた体と手先は冷たいが、少し小降りにはなってきた。
一面のガスの中で小休止。
a0143839_16413478.jpg


片道10kmの途中、伐採ヶ所の倒木を協力してバイクを通過させたりしてTKTRB林道全線を完走できた。
万歳三唱するY君S君。
a0143839_16443638.jpg


やはり府道はこの先通行止めになっていた。
推測から立てた作戦は成功でした。
a0143839_16464127.jpg


通行可能な方向へのこの府道で、林道入口へ振り出しに戻ることもできるが、Y君S君は往復を希望。
復路での伐採箇所。
a0143839_16493799.jpg


この頃にはすっかり雨は止んだが曇天では寒くてカッパは脱げない。
道の駅『和』で弁当を買って、昼食にした。

ガソリン給油も済ませ、HDS林道へ向かう。
稜線直下の道路崩落現場は復旧なっているか・・・・
復旧はされていないものの崩落規模が大きくもなっていない。
a0143839_16565859.jpg


稜線に達したところには鉄塔があり、その周囲が伐採されなんとも見晴らしのよい場所になっていた。
a0143839_16591850.jpg


HDS林道は2ループになっており、1ループ目を無事完走。
2ループ目を登りだすも、過って大きな土石流痕で行く手を阻まれた時のままのようだ。
支流からの土石流の山を越えて来るS君。
a0143839_17172457.jpg


何カ所かの倒木をかわしながらガレを登るも、1kmほど進んだところで背丈を越える大きな流水溝に進路を阻まれてしまった。
歩いて確認してもエスケープルートを見いだせず撤退する。
a0143839_17224512.jpg


じゃあ、ここも反対側からアプローチして行けるところまで行ってみよう。
反対側からはあちら側の想像もつかないぐらい快適に高度を稼ぐ。
まもなく頂点かと思われる付近で今回初めて僅かな残雪上を走行するも、その先わずかで通過不可能な崖崩れでここでも撤退を余儀なくされた。
a0143839_17342435.jpg


a0143839_17345031.jpg

でも2ループ目の60%ぐらいは走れたかな。

中途半端な時間になってしまった。
他の林道へ行くには時間が足りず、このまま帰るには勿体無い。
じゃあ、この近辺の何本かのピストン林道をトレースしてみよう。
川原から林道の土手へ。
a0143839_17404182.jpg


ここも支線が多くどんどん高度を上げるので、さあどこで残雪に阻まれるか。
静かなひっそりとした谷間の林道。
朽ちた枝と、斜面から転がり落ちたごろごろ石を越えたりかわしたりしながらの走行が楽しい、
対岸の斜面を鹿が逃げ駆け上がる。
ピストンという条件付きだが私の好きな林道のひとつです。

多量の残雪でもないのだが、前輪が雪に埋もれた。
押したり引いたりで進めなくもないが、この先少しで多量の残雪になるだろう。
一日よく遊んで疲れもあるし、ここは引き時と山を下ることにする。
a0143839_1751379.jpg


雨に始まった1日でしたが、その割にはダート率も高く良く遊べました。
今年は例年より残雪少なかったのも判ったし、Y君S君も長い林道を堪能して頂けたでしょう。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-04-19 16:11 | ツーリング | Comments(4)

Y君を神戸のお山ご案内

2015.03.08

去年、猪名川のお山で知り合ったY君を神戸のお山にご招待しました。
いつもの相棒Tさんも誘い、Tさんガレージからスタートです。
a0143839_2127447.jpg


まずは南へ移動して1本目、徳〇道で北へ進み藍〇から藍〇古道を進みます。
普段からぬかるみ深い道も、昨日の雨でもっとぬかるんでいます。
ガレ場の下り。
a0143839_21281654.jpg


一ヶ所崖っ淵ぎりぎりを通過します。
a0143839_21295594.jpg


山田の里に出て、秘密(笑)のショートダート2本をつまみ食いしてから名所・・・?
Hカンへ向かいます。
取り敢えずは3段広場へと・・・何やら工事・・とは聞いていましたが、あかんがな・・・・
入ろうと思えば入れますが、止めといたほうが良さそうです。

では、近辺のシングルトラックへ。
a0143839_21355574.jpg


〇池林道に出て元の舗装路に戻ります。
次は先ほどの隣のガレ沢を登ります。
a0143839_21544629.jpg

a0143839_2155629.jpg


先ほどのルートに合流の粘土質の登り。
a0143839_21565244.jpg

Hカンはこれぐらいにしときましょう。

国道を経てアムール林道を下ります。
中ほどの支線をピストンしようとしましたが、越えようのない倒木に阻まれ断念して淡河道の駅へ。
食堂は満席で40分ほど待って、やっとお昼ごはんを済ませました。

次は藪こぎの中のじゅるじゅるマッディーなシングルトラックです。
a0143839_2221962.jpg


思いがけない崩落部分です。
斜めに倒れた木が厄介です。
一台斜面に落としましたが、3人で押上げました。
a0143839_2244340.jpg


竹やぶダートに全開農道を巡り、またまたHガレージに立ち寄りコーヒーなど頂きます。
ドロドロのバイクを見て洗車機まで用意して頂き、バイクは綺麗になりましたが、あともう1ヶ所
の名所・・・?ラジコン広場へ登ってみます。
ガレガレは承知の上ですが、以前より少しだけガレが進んでいるかな?
登りきればパッと開けたラジコン広場です。
a0143839_22103991.jpg

登ったガレを下り、遠来のY君を見送ります。

フィナーレはお約束、もう一度アムール林道を駆け上がり本日終了。

本日の走行 : 102km

走行距離以上に面白い一日でした。
Y君、遠いですがS君連れてまた神戸のお山遊びにお越しください。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-03-12 22:23 | ツーリング | Comments(6)

春の陽気な京丹波

2015.02.22
先週は予報に騙されて退却を余儀なくされた京丹波行きでしたが、今日は大丈夫でしょ。
念のためにカッパこそ持つものの、冬ジャケットでは暑くなりそうな良いお天気です。

ゴソゴソするうちにまたもや出遅れてしまった。
往路は一般道で京丹波方面へ一目散、帰路に林道つなぎとしましょう。

京丹波に入り、コンビニでお昼用の買い物のあと、去年の秋に土砂崩れで完通できなかったM-ks林道に向かう。
ヤッホー!崩落現場は修復され気持ちよく峠を越えました。
ポカポカ陽気に気持ち良さそうな林道脇の草地を見つけ、日向ぼっこなランチタイムとします。
a0143839_22124152.jpg

カップラーメン、おにぎり、コーヒーと1時間足らずの間全く誰も通らず、鳥の声とせせらぎの音にまったり過ごします。

M-ks林道を抜けて、次はひっそりとした峠越えのONE3林道。
a0143839_22175444.jpg


先週行けなかった日吉ダム方面から日置林道とも考えたが、出遅れが響き時間が足りない。
その分、帰路はきっちりと林道つなぎしましょう。
HY林道
a0143839_22244837.jpg


通過する時はそうも思いませんが、こうして見ると気持ち悪い崩落場所です。
a0143839_22275593.jpg


前回通過した時、だいぶ枝払いした倒木をくぐり。
a0143839_22294828.jpg


TK林道を下ります。
前回はミラーを倒して通過できましたが、倒木が下がって低くなっています。
バイクを寝かしてくぐります。
a0143839_22323521.jpg


MKMダム。
湖岸周回ダートに入ります。
a0143839_22344888.jpg


FJK林道、峠の切通し。
a0143839_22362793.jpg

これで篠山方面に戻りました。

最後に三田奥から大根林道を下るつもりが、入口にガードマンがいて、『すんません、舗装工事中ですので迂回してください』と、あぁ~少しとはいえ未舗装部分があってのフィナーレ林道だったのですが、どうも全線舗装されたようです。

夕方近くには少し寒くなりましたが、春近し・・・・と錯覚に陥りそうな陽気の一日でした。
明日は雨予報、女房の活動のお手伝いにあてています。

本日の走行 : 211km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-02-23 22:50 | ツーリング | Comments(2)

雨・・ちゃうやろ!

2015.02.15

天気予報では晴れのち曇り、降水確率0~10%、夕方から20~30%の筈でしょ?
その割には朝からどんよりとした空模様、見た目の空模様に惑わされて1日を棒に振るのも
勿体無い。
天気予報はどれも雨を報じず、それを信じて出発。

お天気に期待して少し遠出を決める。
周山街道『カモノセ』まで行って、周辺の積雪状態を見て来よう。
途中、篠山のショートダート3本を越え、日置林道も走ってみよう。
雨さえ無いなら、久しぶりにコンロ、コッヘルも用意して山でゆったりコーヒーでも沸かして飲もう。

日差しを見ることなく三田奥まで来たところでシールドに水滴・・・・
途中の茶店の軒下に入り、スマホで雨雲レーダーを確認してもこの辺に雨雲なし。
でも行く手の谷も山も霞んで見えない。
なんじゃこれは!

サイクリングの兄ちゃん2人もこの先が本降りで引き返してきたとか。
山間部谷間の局地的な雨かな、雨雲レーダーも確認したし、あれを突っ切れば大丈夫かな?

突入~!!
『うわっ、ほんま本降りやん』どこまで走っても突っ切れる気配なし、ドライブインの軒下に雨宿りしながらもう一度雨雲レーダーを確認するが変わりなし。
『腹立つな、何なんこの雨!』

そうこうしている内に時間も経過、『こりゃ周山までは時間的にも無理やな・・・』
ならば、神戸方面へ戻りながら短い林道繋ぎでの退却を決めた。
行きつけの『甘味処シュガー』まで退却方向へひと山登ると林間の路面は雪へと変わり、気温が低いのでシールドが曇りっぱなし。
シュガーでは温いうどんとストーブの傍で暖をとる。
a0143839_0332653.jpg

a0143839_0334030.jpg


外の雨は強弱を繰り返し、出るタイミングを失くす。
友人のHガレージに電話すると、神戸北区は降っていないらしい。
雨の中シュガーを後にして短い林道で山を下る。
a0143839_0341269.jpg

a0143839_0342584.jpg


三田市内外れのダム湖まで下りてくると、雨など降った様子もなくテニスコートでテニスしている。
私の脳みそは既にダート不足を訴え、土路面の短い農道や川の土手など舐め尽くすようなルート取りで神戸北区へと戻った。
ここでもいつものショートダートを繋いで走る。
a0143839_0441252.jpg


春近しか、田んぼの畦を焼くところも。
a0143839_045465.jpg


そしてお約束のようにHガレージへ、今日の予報外れを散々ぼやかして頂いた。
a0143839_0475615.jpg


フィナーレはこれもお約束ルートのアムール林道。
a0143839_0485687.jpg


まあ、バイクに乗れたのでそれなりに楽しくはありましたが・・・・・・

本日の走行 : 93km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-02-16 00:53 | ツーリング | Comments(4)

ちょこっと、ご近所のお山

2015.02.08

前夜は近所に住む友人ん家で遅くまで飲み過ぎ、この日の目覚めも遅く、何やらぼ~と過ごしていたら、どんよりしていたお天気も明るい日差しに変わってきた。

急ぎ身支度して家を出たのはもうお昼前、近郊のお山ですが、もうこの時間にはハイカーにもバイクにも出会うこともなく、お山独り占め。

青鹿が相棒ですからそれなりのルートを選択したら、お山ライディングは暑い、暑い!

自宅スタートはグリップヒーターONの寒い日でしたが、ウエアーやグローブ内に汗をかきます。

a0143839_22351637.jpg


a0143839_22355582.jpg


a0143839_2236998.jpg


シングルトラックな枝道ピストンや短くても快走なダートを織り交ぜての半日でした。

ただ、写真撮る余裕もなく、水たまりマディーで押したり引いたりに息もあがりました。

いつものようにHガレージにお邪魔してコーヒーを頂き、最後はアムール林道でフィナーレ

本日の走行 : 87km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-02-09 22:55 | ツーリング | Comments(2)