カテゴリ:ツーリング( 98 )

京丹波方面ソロツー

2016.03.29

最近はカメラ抱えて探鳥歩行に明け暮れていますが、一昨日昨日と車走らせての旅の反動でしょうか。
今日は天気もよくムズムズとバイクに乗りたくなってきました。

まずは三田奥の林道を走ってから
a0143839_20596.jpg


デカンショ街道から173号を経て、Fの木林道。
a0143839_225898.jpg


ダム周回ダートも経由して再び173号を北上、タカタラビ林道入口に来ましたが林道入口にはゲートが出来ている。
ゲート横も出入りOK、ゲートも施錠なし、看板には『事故があっても責任は持ちません』、自己責任でお邪魔します。
作業でもしていたら引き返そう。
a0143839_291839.jpg


路面や周囲の状況は何らこれまでと変わりなし。
a0143839_2103011.jpg


a0143839_2104029.jpg

全線完走できましたが、反対側にはゲートなし。

道の駅『和』で小休止して、
H主林道へ
a0143839_2131559.jpg


登りきった絶景場所で
a0143839_2143148.jpg

a0143839_2181156.jpg


H主林道2ループ目の林道は今までどうり、復旧していません。

帰路には、短い林道数珠繋ぎで帰りましょう。
S山林道
a0143839_2192197.jpg


マーケス林道
a0143839_220191.jpg


曇り空でうす暗い中山峠を越えて、
原山峠へ林道を登ります。
a0143839_221569.jpg


未だ暗くはない!
T金林道(林道とは呼べないが)を下る。
a0143839_2233415.jpg

a0143839_2234775.jpg


往路に走ったダム周回ダートとFの木林道を復路として、最後の林道を抜けてゲートをしっかり閉めて本日の林道は終了。
a0143839_2335976.jpg



後川~永沢寺~相野~吉川~淡河で帰宅。

本日の林道 : 11本(10kmクラス2本、3km未満クラス9本)

本日の走行距離 : 272km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-03-30 02:31 | ツーリング | Comments(8)

葛城山、紀の川方面

2016.03.13

当ブログをよく見て頂いている、よっぱらいさんご夫婦とそのブログ友達の紀州のとっさんに
ご案内頂きました。

よっぱらいさんご夫婦の住まい近くの道の駅9:00集合でしたが、勝手の判らない土地で遅れても
いけないと早めに家を出ましたら、8:00に着いてしまいました。
a0143839_0255448.jpg

和泉方面って少し行けば和歌山と思うあまり遠い感じがしていましたが。
ナビの案内では1時間半ぐらいを見てびっくり、意外と近いもんですね。

ブログコメントでのやりとりはありましたがお会いするのは初めて、挨拶を交わしてもう一人紀州のとっさんが待つ葛城山頂を目指します。

紀州のとっさんとも挨拶を交わしてスタート。
林道で葛城山を下ります。

落ち葉と土路面の下りからプチがレた下りへとつづきます。
舗装道路に出て少し進めば神通温泉に出ました。

お昼は紀の川の河川敷で、よっぱらいの妻さんが4人分のおにぎりとおかずまで作って持ってきてくれており、有り難く頂きました。
a0143839_040109.jpg


紀州のとっさんは地元のライダー、案内頂く林道は地元ライダーならではのレアな林道ばかり、対抗してくるバイクの心配なんていらない我々4人で独り占めのような林道ばかりでした。

a0143839_0465277.jpg


ただ、この林道のどこかでデジカメを落としてしまいました。
この日記の画像は全てよっぱらいの妻さんから頂いたもの。

ピストンでしたが、結構長くて勾配きついアップダウンの連続する林道は楽しかった。
終点の広場で
a0143839_0562899.jpg

ピストンですから倍楽しめました。

紀州のとっさんと別れ、よっぱらいさんのブログで見聞きするご夫婦のホームゲレンデへ案内して頂きました。
鍋谷峠から細い林道に入り、山の腹を巻くように最後下れば蔵王峠でした。
a0143839_15174.jpg


この辺りはいつもこうなのかな?
オフロードって死語になるのかと思うぐらい最近はどこの林道行ってもオフライダーに会うことはなかなか無いのですが、ここではいっぱい出会います。
オフが元気になってきた兆候なら嬉しいですね。

滝畑ダムを経由して、最後は短い超フラットダートで今回は終了。
トランポのデポ地点まで案内頂きました。
a0143839_112109.jpg


和歌山方面と聞けば我々県外ライダーは護摩壇付近,川湯付近を連想しますが、今回は滅多に走れない和歌山のお山で遊ばせて頂き、これも和歌山のお山と認識を新たにし存分に楽しませて頂きました。
でも、ルートが迷路のようでどこ走ったか???判らんね。

本日の走行 : 157km










 
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-03-16 01:25 | ツーリング | Comments(2)

久々、甥っ子とお山遊び。

2016.02.01

去年の夏にオフロードデビューした甥っ子と久々にお山遊びしました。

これまで何度か林道ツーリングを案内しましたが、フラット路面ではそこそこ走れても、ちょっとした障害物の倒木や岩盤の段差では手こづったり餌食になったりしています。

無理もありません、その都度レクチャーはしますがきちっとそういうシチュエーションで練習させたことがありません。

昨日久々に我が家に来た時、サンデー毎日なおっちゃんと月曜が休みの甥っ子で急遽お山遊びが決まりました。

では、その手の反復練習のできる近所のお山へ。

突起した岩の段差に加速を殺される坂登り。
a0143839_0113139.jpg


マッディーの通過。
a0143839_014233.jpg


リヤタイヤのグリップ大事なスリッピーな坂登り。
a0143839_0153717.jpg


スリッピー路面でターンして直ぐ、木の根飛び出すスリッピー坂登り。
フロントタイヤはどこを狙うか?
a0143839_0231894.jpg


凹状横切り、下り~登りへのポジション切り替え。
a0143839_0304615.jpg


スリッピーな下りではこんなことも。
a0143839_0321983.jpg


苦い経験がトラウマになる前に、丸太越え練習。
a0143839_0351566.jpg


いろんなシチュエーションをミックスしたルート設定を何度も何度もぐるぐる回って練習しました。
気がつけばお昼も過ぎて、寒風避けての林間でお昼にします。
カップラーメンとおばちゃん手製のおにぎり、おばちゃんに感謝!
a0143839_026289.jpg


何度かの転倒で甥っ子のセローもあちらこちらにキズを持ち、やや精悍なセローになってきました。
遅い昼食後はこのお山の成果を体感すべく、別のお山へ林道ツーリング。
最後はお約束、アムール林道をリードさせ尻を追いました。

インカムで繋がっているので、花粉症のグシュグシュは可哀想ですが、やや荒れ路面でのヨイショヨイショの掛け声が聞こえるのには笑えます。

寒い一日でしたが、私も久々の鹿乗りでお山遊び、甥っ子の練習だけではなくおっちゃんも良く遊んでもらいました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-02-02 00:57 | ツーリング | Comments(12)

2016 走り初め。

2016.01.04

年末から持ち越した風邪がひつこく残っているが、この暖かい正月に助けられS君と本年の走り初め。

少しテクニカルなルートのご希望に応えたいが、私の体調イマイチなのでそこそこのテクニカルルートでスタート。
いきなり兵○○の沢登りで私も息が上がってしまった。
a0143839_2259461.jpg


この沢周辺のテクニカルダートで、S君の愛車は左右ウインカー、ミラーを割ってしまった。
a0143839_23222290.jpg


徳川道から西区へ出て、林道1本で呑吐ダムへと繋ぎ、mittaショートカットダートで淡河へ。
お昼は遠っくに過ぎているのでラーメン屋で昼食後、Mizunisi林道、Mizuシングルトラック、
ハイスピード農道を楽しんで、S君を我等が仲間のHガレージへご案内。

チェン調整などメンテナンス後はラジコン広場へ。
a0143839_23192947.jpg


a0143839_23195394.jpg


丁度広場に置いてあった丸太で丸太越えの練習、向上心旺盛なS君は何度もトライ。
ラジコン広場から下山したところで、どうも私の体調も熱っぽくなってきたので、そこで
お別れとした。

風邪薬飲みながらの案内では満足なお山遊びで応えることが出来なかったが、怪我なく
終了したことで、2016走り初めとしてはまずまずとしておきましょう。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-01-04 23:32 | ツーリング | Comments(15)

ご近所のお山 その2

2015.12.06

ご近所のお山のつづきです。
Iさんも合流して、次は西側のご近所のお山を目指します。

まずは直近の林f道、アムール林道を南へと登ります。


山田の裏山、ショートなダートで繋ぎ、西区方面へと一般道を進み、林道1本走って北区へ戻りました。
短い短い隠れダートや歴史深い文政ダートを繋ぎ、MIZUNISHI林道を反時計回り。


次もこの季節限定ダート、この季節を外すと蜘蛛の巣まみれになります。
MIZUHIGASHIシングルトラック。


農道ダートを経由して県道へ、お昼も食べずに走っていたのでかなり空腹です。
道の駅で遅い昼食ののち、ガレージに戻りました。

皆さんお疲れさまでした。
東から西からガレージへのアプローチルートに如何でしょう。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-12-22 21:23 | ツーリング | Comments(0)

ご近所のお山 その1

九州の動画の貼り付けに困っている間にもツーリングしてます。
それも、貼り付けに困っているのに今嵌っている動画も残しています。
HさんIさんの手を煩わしながらYouチューブに挙げてもらっています。

日にち前後しますが、ご近所お山遊びの日記2回に分けてアップします。

2015.12.06
前夜の忘年会で決まった・・・・らしいです。
翌朝の10:00、集まったのは二日酔い気味の私含めて4台。
ただ1台は燃料お漏らし激しく、「コックのパッキンやろ」とサクサクと修理完了。
10:40に出発できました。

まずは東方面から。
HURUSHIKA林道 東から


ちょっとシングルトラックになりますが、ご近所フラット林道のオプションルート。
OZシングルトラック。


a0143839_20525547.jpg


a0143839_20531991.jpg


a0143839_20534363.jpg


その後半。


OZ林道 南から。


このあと、短いショートカットダートを経由して、一旦、Hガレージに帰還。
Iさんも加わり、5台で西方面へと・・・・次の日記で。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-12-22 21:02 | ツーリング | Comments(0)

2015九州ツーリング

2015.11.07-08

動画の貼り付けに苦労するうち、どんどん日にちが過ぎてしまいましたが、やっと貼り付け方法を思い出しました。

神戸-宮崎間に就航する阪急フェリーのキャンペーンを仲間が見つけました。
なんとバイクと乗船で往復¥8000!こりゃ九州行くしかないでしょうということで、九州ツーリングとなりました。
私達は2等寝台をネットで予約、¥11,???ぐらいでした。


メンバーは柿色ADVEN仲間の@じ~じさん、NISSYさん、たにさん、Tさんの640ADVENNとシェルパ女史GMさん、青鹿号の私、の6名。

11/6夕刻、神戸税関の南、フェリーターミナルで乗船待ち。
a0143839_1256529.jpg


19:10出港、早速このツーリングの無事を祈って乾杯します。
a0143839_12582118.jpg


11/7 7:30 宮崎港到着
市内のコンビニで飲み物を買ったりインカムのペアリングを済ませ、いよいよツーリングスタート。

まずは最初の林道入口、反時計周りで木浦木林道を進み、途中で境谷林道で又この場所に戻るループになっているようです。
林道の長さはどちらもほぼ15km、全体で30kmにもなる長い林道です。
a0143839_1394821.jpg


貼り付けに苦労した動画、木浦木林道です。
走行景色ばかりでは飽きるので、途中から仲間に先行してもらったり、林道があまりに長いので編集しています。


木浦木林道の中間で休憩
a0143839_13365413.jpg


人吉市内で昼食の後、狗留孫(クルソン)林道に向かいます。
動画、狗留孫(クルソン)林道の前半、快適なフラット林道で速度が上がります。


a0143839_13354265.jpg


狗留孫(クルソン)林道後半の路面は、やや瓦礫も大きめになり、朽ち枝も散在、登り傾斜も増してライディングの楽しい林道でしたが・・・・・動画のスイッチをONしたつもりがOFFしてしまっていました。あ~残念。

峠間近のGM女史。
a0143839_13425586.jpg


狗留孫(クルソン)林道は峠まで19kmの走りごたえある林道でした。
この峠を越えると林道は舗装となって人吉市内へと下ります。
a0143839_1345619.jpg


今日のお宿へ到着。
川を挟んで向かいには人吉城址があります。
a0143839_13454960.jpg


1日目今日の全コースをGPSで記録しました。
3Dで楽しめます。



11/8 明日の勤務の都合上、たにさんはここから帰路につきます。
GM女史は今日の林道はパスして、途中で合流を予定してのソロツー。
4台で今日の目的のアクソ林道を目指します。
a0143839_13504642.jpg


青願寺ダム。
a0143839_13521148.jpg


今日の予定の林道の一つですが、全線舗装されていました。
でも、高度を上げると景色は最高です。
a0143839_13541625.jpg


動画、アクソ林道ですが、途中で迷い新設林道へと進んでしまったようです。
長い舗装林道を進みましたが、終点はまだ開削中で行き止まり。
正規ルートを探索するにも今日の乗船に間に合わなかったら大変ですから、今回の林道は終了としました。
前半の短い部分の動画です。


一つ瀬川ダム湖沿いの道の駅でGM女史と合流。
その後、西都市を経由して宮崎港手前の道の駅で海を見て休憩。
a0143839_14134010.jpg


2日目の全コースも3Dで。


18年前の南九州2Dayラリー以来の九州のお山遊びでしたが、これからも何度か通いたい林道密集地帯です。
1本の林道が長く走りごたえある楽しい九州お山遊びでした。
企画を呼びかけしてくれた@じ~じさんに感謝です。

11/9の8時前ごろ神戸港で下船、今日出勤の人、休みの人、それぞれに帰路につきました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-12-19 14:23 | ツーリング | Comments(4)

Hガレージツーリング

2015.10.11-12

今年もお誘いを受けて、Hガレージのツーリングに参加させていただきました。
スカッとした晴れではありませんが、雨に遭うことはないでしょう。

ガレージに集まった面々はオフ組7名、シグナスで参加の1名は現地(宿)で合流、総勢8名。
a0143839_2249331.jpg


道中の休憩の先々で秋祭り。
a0143839_22505380.jpg


木々も色づき始めたるり渓にて
a0143839_22524175.jpg


本日1本目の原山峠林道、下りきってのストレートダートではメーター3桁の走りを楽しみます。
a0143839_22555775.jpg


a0143839_22561211.jpg


京丹波へと進み、少し早いが今年も丹波マーケスで昼食。

昼食後は京北方面へと進路をとり、途中から北上して神楽坂トンネルを抜けて林道原線へと入る。
原清水丸線との分岐にて。
a0143839_2322128.jpg


原清水丸線で丹波広域基幹林道へと上がり、途切れ途切れの舗装とフラットダート。
a0143839_235750.jpg


a0143839_2352874.jpg


a0143839_2354443.jpg


このまま丹波広域基幹林道を進めば目的の方向から外れるため、支線で周山街道深見トンネル横へと下り、周山街道を北上して美山で給油。
九鬼坂峠のワインディングを越えて尚も北上すれば堀越林道への分岐となる。

堀越林道にて
a0143839_23122284.jpg


a0143839_23123823.jpg


a0143839_23192854.jpg


再び周山街道へ合流し暫しの北上で道の駅『名田庄』。
林道以外の休憩ではどこもバイクが多い、でもオフは私たちのグループだけ。
暫し休憩して道の駅対岸から谷生大滝林道へと進む。

適度な路面の荒れを楽しむうちに峠の広場。
a0143839_2325567.jpg


峠から北へと下ればまだ暫く荒れた路面を楽しめる。
甥っ子の初のオフデビューでもここを逆に登り、流水轍の段差での初転けヶ所もしっかり残っている。
過っては下部ほど大荒れの下りも、今は舗装されてしまったが、側壁から滲み出る水が舗装の上に粘土質のコーティングされた部分があり要注意と云うまに一人餌食になったよう。
麓の民家横でバイクのダメージを修復し、さあ、今宵の宿となる大飯高浜を目指そう。

宿近くのスーパーで部屋飲み用のアルコールなどを仕入れて、宿入りとなった。
風呂で今日の疲れを癒し、空腹感を覚えるころ乾杯となった。
a0143839_23455946.jpg


部屋に戻って二次会も、枕投げこそしないものの飲みすぎ喋りすぎで隣室にご迷惑も・・・・
あちらこちらでいびきが聞こえる間にこちらも夢の中へとzzzzzzz・・・・・z

朝食も済ませ、宿前で記念撮影も済ませて出発。
美山方面へ向かうシグナスで参加のオンロードとも途中で分かれ、オフ組は老富方面へと向かう。
喉の渇きと胃の重さを感じつつ二日酔い覚ましの君尾山林道を走る。

君尾山林道にて。
a0143839_23563874.jpg


a0143839_2357018.jpg


a0143839_23571337.jpg


a0143839_23573637.jpg


林道を抜けて麓の自販機で水分補給でやや生き返ったよう。

あとは帰るだけ、綾部~篠山を経由して後川から母子へと上がり、私のご案内でいつもの『シュガー』で
お昼にした。
a0143839_0314.jpg

沢山のオフ車並べた『シュガー』ええ感じやね。

a0143839_05427.jpg


遅めのお昼で食事メニューのネタが無いとマスター、なんやかんやとご苦労の何とか7人分工面いただいたメニューは茶そばサラダと広島焼き。
広島焼きは私のお薦め、初めて食べた茶そばサラダも美味しくてメンバーに好評でした。
a0143839_06124.jpg


ここまで帰ればの安堵と満腹感で、暫しまったり。
a0143839_065344.jpg


ガレージ目前まで来て雨に降られてしまったが、やっぱり雨男の私のツーリング、このままでは終わらさないとの雨神様の与える試練か?

まずは怪我なく無事に全員帰還、皆さんお疲れさま有難うございました。

今回の走行 : 二日で370km
林道長短合わせて : 6本
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-10-14 00:24 | ツーリング | Comments(6)

シルバーウィークの1日、氷ノ山ツーリング

2015.09.20

この9/20~21は甥っ子に信州のお山を走らせてやりたくて、お誘いのあったこの氷ノ山ツーリングには不参加としていました。
ところが、信州行きが確定したのがギリギリだったため宿がとれずに断念。
長い林道を走らせてやりたかったので、ならば四国高知へと変更しても、いつもの宿『木の香温泉』も当然ながら満杯。

日帰りながら長い林道なら氷ノ山も同じと思い直し、急遽の参加とさせて頂いた。
幡但道「市川SA」9:00に集まったのは、主催のとしちゃん、NOBUさん、Y君、甥っ子、私の5名。

まずは、「市川北IC」で下り、千町峠を目指し最初の林道入口で空気圧等の調整しました。
a0143839_22132584.jpg


千町峠で小休止の後、草木ダムから川沿いの林道を下り、三方のサンパティオで給油。
昼食は氷ノ山/鉢伏を抜けて9号線村岡の道の駅でとすれば、結構遅い昼食になるのでここで少し腹に入れておくことにした。
a0143839_22191443.jpg


阿舎利の名水を過ぎ、阿舎利集落から阿舎利林道を登る。
登りきった阿舎利山と一山(ひとつやま)の鞍部で休憩の一枚。
a0143839_22221731.jpg


29号線へと下る中間付近はスリッピーな砂利路面があり、甥っ子と繋がるインカムで「その先左へのヘアーピンカーブがあるから気をつけよ」と伝えたが、見事に期待に応えスピンして今回1回目の転倒。
怪我なくクラッチレバーがナックルガードに引っかかる程度なので、国道まで下りてから修理した。

やまめ茶屋から氷ノ山林道に入り、大段ヶ平(おおだんがなる)で休憩。
a0143839_22341187.jpg


先々週のソロツーでは時間切れで氷ノ山国際スキー場から帰路についたが、今回は民宿街を抜け鉢高原へと上がる冬季林間コースのリフト沿いを登る。
a0143839_22381627.jpg


a0143839_11205430.jpg

撮影を終えて振り向くと甥っ子の2度目の転倒。
草付きと粘土質のこのコース、きっちり粘土路面に捕まってしまったようだ。
ここでも体もマシンもダメージなし。

鉢高原から野間峠を越えたハチ北スキー場を右下に俯瞰する辺りには、部分的にコンクリート舗装がされていた。
路面が登りダートに変わったその直ぐ先には、関西のオフローダーが一度は訪れたい県内屈指の長い直線、瀞川山林道の直線ダートとなる。
a0143839_23113525.jpg


a0143839_23115939.jpg


a0143839_23123295.jpg


鉢巻展望台には大グループのオフローダーが大勢休憩していた。
近年、林道ツーリングでオフローダーに出会うことは本当に少なく、オフロードって死語になるのかって思うこの頃だったのだが、流石は連休だから?今日はここまでにも何組かのオフローダーと出会っている。

兎に角みんな腹が減った。
早く9号線へ下りて道の駅『村岡ファームガーデン』で但馬牛を食おう。
・・・・ところが、2:00も過ぎてるというのに満員、何人もの順番待ち!仕方ない、未だ走りたい林道も残しているのに待ってもおれないので、ハチ北の道の駅でうどんでも良いかと予定変更。
ところが、ここも本日休業!
またまた仕方ない、次なる林道の八木谷を越えてからのコンビニでも良いかと先へと進む。

八木谷林道を登っているとオフローダー3台とすれちがったので、途中何もなく林道通過できると予測したのだが・・・その先では、左の支流から土石の押し出しがあり岩石の山。
a0143839_23335273.jpg


歩いて確かめてみるが、上からも下からも通過した形跡なし。
先ほどのオフローダーも引き返す途中だったようだ。
我々も引き返そうかのムードが高まるなか、『こんだけ人数おったら何とか行けるやろ!ちょっと行ってみるわ』と私。
谷側はやばいので、山側沿いにゴロゴロ岩を越えて岩石の盛り上がりの下まで、皆の助けを借りて押したり引いたり、盛り上がりの上までバイクを上げればあとは大石を越えながら下ろすだけ。
腹の減った状態ではきつい力仕事でしたが、なんとか私の1台は通過させた。

でも苦労して5台全部通過させても、この先の完通が保証されている訳でもないので私がこの先を確認するため皆にはここで待機してもらうことにした。

途中の支線で下れることも確認できたが、どうせなら全線完通したい。
現れる鹿の群れを追い回しながら、片道8.5kmを往復して完通を確認して皆の待つ土石流現場へ戻った。
私が行ってる間に動かせる石などを落として、通過しやすいように土木工事(笑)してくれていたようだ。
さあ、1台づつトライします。
a0143839_012276.jpg


何とか全台通過、土木工事やバイクの押したり引いたり、腹減った体にはきつい作業でしたが、ちょっとドラマチックなツーリングになりました。
国道9号線へ下りてコンビニでの遅い昼食はもう4:00。
あと3本の林道を越えて帰る予定ですが、2本は間違いなくナイトランかな。

夕闇迫る、加保坂/天谷線では若干大きい段差にフロントを振られ、甥っ子が目の前で3回目の転倒。
今回は派手に飛んだので心配になったが、手のひらの打撲程度で一安心。
バイクは左のステップが稼働範囲以上に食い込んだが、その辺の石を拾って叩けば戻った。
心配して仲間が戻ってきてくれたが大事無くやれやれ。

天滝から若杉峠へのワインディングを越えて、道谷/志倉林道へと進むが、ヘッドライト頼りの下りとなった。

三方サンパティオで振り出しに戻り、先々週はソロのためパスした往路に下った川沿いの林道を登る。
a0143839_0191694.jpg


草木ダムから林道(舗装)で尾根を越えて福知川へ、南へ登り返して闇の砥の峯高原。
a0143839_022373.jpg


寺前~播但道~中国道を経由して帰路とした。
私の家の近所で甥っ子と夕食にしたが、今日苦労したいろいろなケースでの乗り方の問いかけがあり、一つ一つレクチャーしてあげました。
どれも理論的に説明できますが、その理論を頭の片隅に置きながらあとは経験値ですね。
流石に「今日は疲れた」と甥っ子に言わせたが、経験値もかなり上げたでしょう。

本日の走行距離 : 400km

走った林道(ダート) : 長短/往復含め9本(約80kmぐらいかな)

※ 画像の一部、NOBUさんの画像を拝借しました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-09-27 00:35 | ツーリング | Comments(11)

涼しなって、久々のお山。

2015.09.05

7月の信州行き以来、暑過ぎて出掛ける気にもならず、ましてやヘルメットやジャケットの身支度など
する気にもなならなかった。
まあ本来、暑がり汗かきの夏嫌いですが。

少し前からかなり涼しくはなったが天気に恵まれず、この土曜日を逃すと明日の日曜日は確実に雨の予報。
それじゃ~と思えば、前回オイル交換から4800kmも走っているのに気づいてオイル交換。
今年最初の氷ノ山方面へと遠出を予定していたのに、またも出遅れてしまった。

高速道路を利用して福崎から播但道市川北で下り、峰山砥の峯線からスタート。
ほぼ舗装化されて久しいが、僅かに残るダートはいつ来てもそのまま。
しかし、開削中らしき林道支線が何本かあり気になる。

初秋の砥の峯高原。
もう少し秋深まれば、車、バイク、人だらけになるが、まだ少なめ。
空はすっかり秋模様。
a0143839_22271717.jpg


a0143839_22273578.jpg


福知渓谷やや上流へ下り立ち、橋を渡って流れを遡る。
次第に千町が峯から派生する尾根の腹を登り、最初の切通しで尾根を越える大河内線を下れば、
千町集落外れのみずならの大木。
a0143839_22415240.jpg


草木ダムから川沿いの林道を進むが、下流から上流に向けてコンクリート化が進行中。
しっとりとした、渓流沿いの林間走行が気持ち良い林道なんだが・・・・

いつも昼食ごろとなる三方のJAスーパーもパスして、阿舎利林道へと先を急ぐ。
廃屋目立つ阿舎利集落から林道が始まり、最近の豪雨で出来たであろう深い流水轍を
交わしながらの登りがつづく。
阿舎利山と一山(ひとつやま)の鞍部から西側に下りだすと路面の荒れは治まり、いつもの阿舎利林道。
a0143839_22575442.jpg


29号線を北上するが、北の空はどんより。
山の雨は急な土砂降りもあるので、氷ノ山林道入口のやまめ茶屋で携帯、財布、カメラなど
コンビニ袋で防御し、カッパも直ぐ取り出せる用意をした。

高度を上げれば降るだろうの予測に反して霧中走行になることもなく大段平に到着。
流石に山を見上げても氷ノ山頂上は雲の中、ここから上のお山は間違いなく雨だろう。
a0143839_2320310.jpg


此処とてゆっくりもしておれない微妙な湿りっ気を感じる。
急いで下ろう。

林道途中の連続滝の1枚。
a0143839_2330076.jpg


氷ノ山国際スキー場まで下りてきた、雨の気配は無いがすぐ上の東尾根上部はガスの中。
a0143839_23322022.jpg


朝出遅れた分そろそろ帰路に付かねば、鉢高原~瀞川山への林道を諦め丹戸から出合へ下る。

出合小学校横から轟集落へと登り、舗装化久しい天滝尾の谷線へと進めば、本日最後のダートとなる
天谷線を走る。
a0143839_23405041.jpg


天谷線を出れば長いワインディングを大屋へと下り、南へと富土野峠を越え三方で再び降り出しに戻った。
三方からは往路の川沿いの林道で戻ろうかとも考えたが、日暮れも近くソロでもあり用心して、もう少し下って福知渓谷を経由して再び砥の峯高原へ。
日暮れ間近の砥の峯高原。
a0143839_234936.jpg

最後の休憩を済ましての下りは完全な日没となった。

往路と同じ播但道と中国道経由で帰宅。20:00

久しぶりのお山遊びを満喫。
これからはまた絶好のお山遊びのシーズンですから、大いに出掛けますよ~。
雨男が災いしなければ・・・・・ですが。

本日の走行 : 350km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-09-06 23:57 | ツーリング | Comments(4)