カテゴリ:もろもろ( 34 )

2017 新年ご挨拶

2017.01.01

新年明けましておめでとうございます。

a0143839_0125778.jpg

[PR]

by bmw-nl-60 | 2017-01-01 00:14 | もろもろ | Comments(6)

石峯寺 紅葉散策

2016.11.20

この季節のモチーフ紅葉を逃すまいと、暇を見つけてはカメラ下げて出かけている。
今日は石峯寺(しゃくぶじ)を散策。

まっ紅もあればくすんだ紅も、全体的には若干遅かったかも。

特別有名なお寺でもないのだが、カメラマンも6,7人はいたかな。

退職後の歩くモチベーションにすべく買った一眼レフカメラ、これまで試行錯誤や人に
教えを乞いながら触りまくったお陰か、少しはどこをどう触ればどうなるかが判ってきて、
写真撮るのが楽しく、やっと趣味と云えるかな。

とは云え、なかなかと云うより全く思ったとおりには撮れないものの、帰ってからのPC
での確認作業は楽しい。

今日も1時間半で60枚ぐらい撮った中の自己満足なものを貼りつけておこう。

a0143839_225507.jpg




a0143839_22995.jpg




a0143839_22105541.jpg




a0143839_22111854.jpg




a0143839_22113985.jpg




a0143839_22124848.jpg




a0143839_22133468.jpg




a0143839_22512628.jpg




a0143839_22462338.jpg




a0143839_22253256.jpg




a0143839_2226637.jpg




a0143839_22282620.jpg




a0143839_22285324.jpg




a0143839_22293819.jpg




a0143839_22304244.jpg




a0143839_22313836.jpg

[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-11-20 23:06 | もろもろ | Comments(2)

秋を探しに

2016.11.01

この日はカレッジの授業もないので、近所の森林植物園へ紅葉はどんなもんかいな?と、
秋らしい景色を探しに歩いてみました。

もみじ、楓の紅さはまだ若干早いようです。

アメリカ区に入ると一際紅い木々がありました。
解説によるともみじによく似た『もみじはふう』と呼ばれる木らしいです。
a0143839_1372943.jpg



a0143839_1375481.jpg



a0143839_1381656.jpg



長谷池周辺の紅葉
a0143839_1402048.jpg



a0143839_1403655.jpg




うろうろ歩き回り、森林植物園の中にはこんなトンネルもあります。
a0143839_1414882.jpg




a0143839_1423292.jpg



まっ紅紅はやや先かな・・・
家から近いので、ちょこちょこと足を運んでみましょう。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-11-16 01:45 | もろもろ | Comments(4)

農村歌舞伎

2016.10.16

江戸時代より農民の娯楽として行われている農村歌舞伎や人形浄瑠璃を催すための農村舞台は、北は北海道から中国四国地方までに今も存在するが、西日本の特に兵庫県で発達した歴史が示すように現存する農村舞台の10%が兵庫県内に存在するそうです。

特に私の住む北神戸(旧・山田町を中心に)には15の農村舞台があり、この地域で特に盛んであったと推測される天彦根神社境内の下谷上農村歌舞伎舞台(天保11年・1840年建立)でこの日上演会があり、同じく郷土歴史とかに興味を持つシルバーカレッジのクラスメイトと二人でカメラを持って出かけました。

a0143839_23535136.jpg


a0143839_23541066.jpg


下谷上農村舞台には全国的にみても珍しい舞台機構があり、ここ以外では見られない装置が現存しているそうです。

その一部、舞台には「回り舞台」。
a0143839_022237.jpg


その一部、花道が反転して反り橋が現れる「裏返し機構」。
a0143839_004397.jpg


その他、多彩な機能も有しているそうです。
以上のような農村舞台の説明や当地丹生山田文化に詳しい先生のお話も聞けました。

今日の演目の一つ目は『三人吉三廓初買』、演者の多くは小学生ですが小学生とは思えない演技で観客を魅了します。

花道控えで出番を待っています。
a0143839_0185954.jpg


熱演。
a0143839_0192915.jpg


a0143839_0194195.jpg


a0143839_0195759.jpg


二つ目の演目は『一谷嫩軍記 熊谷陣屋の場』・・・・
いちのたにと、くまがいじんやのばは読めますが、?ぐんきと読むんでしょう?

ストーリーは義経の首実検に備え、熊谷次郎直実が平敦盛の首と称し我が子を犠牲にする武士の建前と親子の情愛の間で苦しむ場面・・・・概ね理解して見れました。
戴いた資料で理解したのですが・・・・

こちらは大人ばかりの熱演です。
a0143839_0362019.jpg


a0143839_0363531.jpg


a0143839_0365078.jpg


a0143839_037730.jpg


a0143839_0391298.jpg



我が子の首を抱きおよよと泣き崩れる熊谷の妻、クライマックスです。
a0143839_0393036.jpg


大見得!
a0143839_0401570.jpg


場面場面の良いタイミングで観客の掛け声や、舞台目がけておひねりもいっぱい飛びます。
結構暑い日で、重いカメラやレンズ持って動き回り汗かきましたが、我が街近隣の郷土歴史に触れる3時間半の楽しい一日でした。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-10-24 00:56 | もろもろ | Comments(0)

動画撮影のカメラ位置模索

2016.07.28

先日の信州林道ツーリングはヘルメットバイザー後端にカメラをつけて使用しました。

前方撮影時。
a0143839_16322454.jpg



クリップそのままでカメラ土台は360度回転しますので、180度回転で後方撮影ができます。
ただこの位置ではヘルメットの頂点が大きく写ってしまいます。
a0143839_16353434.jpg



@Tさん、@chiharuさんの撮影した信州の動画には、フロントフォークの動きに従いハンドル周辺が上下して、画像内で微妙に見え隠れしています。
平面的な画像の中で躍動感の効果があり、絵的にはこのほうが見て飽きないなと感じました。

そこで私もカメラ位置を下げるべく、以前やってたように胸あたりへのマウントにしてみましょう。
幸いカメラオプションのクリップを購入して使用しているので、リュックのショルダーに挟めます。
カメラ角度は自由に変えられるので前方撮影角度は、コントローラー側のモニター見ながら調整可能です。
走行時はこのモニターをハンドルにマウントできるようしています。
a0143839_16495926.jpg

この位置での動画は過去にやってまして、ハンドル周りも入ってましたからOKでしょう。
但し、胸付近にカメラ付けると後方撮影が不可能ですから、それはヘルメットマウントにしましょう。



ヘルメットの頂点が大きく写りこむのを解消するためには、カメラを後方に移動させる必要があります。
そこでアルミ板で延長するものを作りました。
a0143839_16585531.jpg



それにクリップ付きカメラでクリップします。
ボタン一つでクリップからカメラが簡単に外れてしまうので、カメラの命綱は必要です。
a0143839_1722845.jpg

試走して撮影してみましたが、ヘルメット頂点の写り込みは解消されました。
仮にこれで前方撮影もカメラ回転させれば可能です。



来週8/10からの北海道ツーリングはこれでやってみます。
帰ってきてからの動画はさて如何なものかご期待ください。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-08-01 17:11 | もろもろ | Comments(2)

卓上グラインダー

2016.07.03

先日の日記にも書きましたが、作業台にバイスとボール盤はセットできました。
あと設置したかった卓上グラインダーをネット購入しました。

主な使用目的はドリルやタガネやスクラッパーの研磨。小物のバリや面取りなど。
値段や性能はいろいろ、選定の目安としたのは国内メーカーでせめてリョービかマキタ製(製造は中国でも仕方なし)、砥石は普通サイズで粗と密の両頭(砥石番手には現状拘らない)、大物加工することはなく小物の研磨負荷で砥石の回転が極端に遅くなったり止まったりしないことなどを念頭にレビューを調査しました。
五つ星から一つ星まで人の評価もいろいろですが、比較的良好な評価が多くて悪評価が極めて少ないもの、無難(予算と性能)なところで選定したのは、リョービ製両頭グライイダーTG-61。
a0143839_16482845.jpg


まずは取り付け位置決めです。
狭いガレージ故の狭い作業台にボール盤もバイスもグラインダーも全部取り付けたいので、使い勝手やしまい勝手を考慮にいれ、決めた位置にΦ8.5ドリルで穴をあけます。
a0143839_16575959.jpg


製品本体底は振動防止のためでしょうしっかりしたゴム足が施されていますが、念のためそのまま取り付けて回転させてみても意外に静かです。
でも、もっと静かにこしたことはないので、ありあわせの部材から適当なゴムマットを見つけて試しに底に敷いて取り付けして回転させると、更に音は静かになり僅かな共鳴音も消え、ほぼモーターと砥石の回転音ぐらいになりました。
たまたまあったゴムマットでしたが、平板状じゃなく裏表90度に異なるリブを配した形状が振動を分散させる効果があったのか?素人考えです。
a0143839_17172943.jpg


取り付けはΦ8×60のボルトで取り付けます。
ゴムを敷いているので締めればなんぼでも締りますから、スパナから伝わる締め具合がそこそこ固くなったところで止めます。
a0143839_17205415.jpg


はい、これで欲しかった機械工具類がとりあえずは揃いました。
a0143839_1725523.jpg


早速試しに、刃先がヘタって困っていたΦ4.5、Φ6ドリルを研いでみて新たな難問に出くわしました。
長らくこんな作業やってなくてその間にこちらの老眼が進み、砥石に当てた研ぎ角度や加減がまったく見えません。
拡大鏡で出来栄えを確認したら「こりゃあかんわ!」

ちょうど過去にネットで入手した、頭に付ける輪に拡大鏡(視度選択可)の付いたものがあり、それを利用して研ぎ直し。
安心しました、老化は目だけで技術はまだ老化していませんでした。

「しょうもないもん買うてしもた!」って家のどこかにほったらかしていた拡大鏡なしでは、このグラインダーが活かされないことも同時に気づかされました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-07-04 17:58 | もろもろ | Comments(6)

ボール盤再生と北海道準備

2016.06.13

作業台再生して万力まで設置したのは過去の日記で書いたとおりですが、あと用意したいボール盤とグラインダーがまだ揃っていません。
先日Hガレージでそんな話をしていたら、『使ってないボール盤あるで、錆錆やけど』という有難いお話、早速頂いて帰りました。

あちらこちらサンドペーパーやワイヤブラシで磨き綺麗になりました。
頂いた時の写真を撮り忘れたのですが、土台テーブルもフライスの削り目が見えるまで磨き、
a0143839_2235220.jpg


同じく加工テーブルも、
a0143839_22361525.jpg


支柱もチャックもピカピカ
a0143839_22374360.jpg


ハンドルもピカピカ、
a0143839_22385899.jpg


土台テーブルの切欠き部分には切り粉など入り易いのでアルミ板で蓋を作り、グリス塗布して密着させました。
a0143839_22414837.jpg


駆動ベルトの張り具合も調整して、あとチャックハンドルや加工テーブルの締め付けボルトなども磨いて油漬け、チャックも私の持っている最大径Φ13.0も余裕で掴めます。
ホームセンターで売っている信頼性イマイチのものを買うのを躊躇していたのですが、これは立派なメーカーブランドです。
作業台に穴開けてボルト締めするほどのこともないか・・・と判断して、丁度あった大きなシャコ万力で固定しました。
Hガレージ主さん有難うございました。

早速ボール盤を使って加工します。

元々北海道行き用に大型シートバックをKTM690EDに取り付けるために作った台を、青鹿号の荷台に取り付けるための部品を作ります。

手持ちのスクラップから丁度良い具合のアルミ角材を見つけ、寸法決めして切り、これにM6のネジを切ります。
まずは下穴加工しますが、Φ4.6~4.8ぐらいの下穴としたいのですが0.5単位のドリルしか持ち合わせず、
ちょっとキツイが材質がアルミなのでキツイぐらいのほうが良いかとΦ4.5で加工。
a0143839_23205761.jpg


M6のタップでネジを切ります・・・・下穴が小さいので1番タップからでもキツイ!
タップ折ったら難儀ですから油やって戻して切って戻して切ってを慎重に繰り返し、3番タップまで通して、
a0143839_2328070.jpg


まずは部品の完成。
a0143839_23292049.jpg


この作業ってボール盤がない時は、材料を万力に挟んでハンドドリルでやっていましたが、材料に対し垂直に穴あけするのが目視で難しかった作業です。

青鹿号のキャリヤを挟むように取り付けます。
荷台上面には皿ネジの頭が3か所。
a0143839_23351354.jpg


下から覗くと加工部品がしっかりとキャリヤを挟んでいます。
若干皿ネジが長いが当たり面にゴム板を貼れば丁度よくなるでしょう。
a0143839_23442581.jpg


これで夏の北海道行き、大型シートバックが積めるようになりました。

それにしてもマイガレージにボール盤のある風景って・・・・ええ感じやね。
a0143839_23505296.jpg


ドリルの刃先のへたったものがあり、その研磨用にあとはグラインダーが必要ですね。
まあこれは高くはないので、すぐ買えるでしょう。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-06-23 23:51 | もろもろ | Comments(8)

入学式 孫のじゃないよ!

2016.04.07

退職後、マイガレージの大工仕事、バイクの整備にツーリング、一万歩マイプロジェクトと称してのお山歩きに探鳥歩きと、サンデー毎日を謳歌・・・しているつもりですが、何かしっくりこないものを感じていました。
それは、どれをとってもどうしてもその日にやらなあかんものでも無く、時間はなんぼでもあるので明日でもいつでも出来るような状況では、遊びとはいえ心が篭らないというか熱くならないというか、どこか地に足つかぬ心境でした。

仕事勤めのように毎日でなくても、決まって行くべきところがありやるべきことがある生活の中で、時間を工面して思いの篭る趣味に興じてこそ、そのアウトプットはそれなりの結果、即ち反省や修正や工夫そして充実感や達成感があっての謳歌なのでしょう。

幸い、家内の友人や私の周囲に神戸市が運営するシルバーカレッジの現役生やOBが居られ、その存在を知りました。
建学の精神『再び学んで他のために』をモットーに、多くの経験を持った人の心にこそ響く上質の学びを提供し、他者へのボランティア精神を育むことを目的とする、とあります。

各学習コースがあり1年生から3年生までカリキュラムに従い、週2日から3日の登校で学習します。
クラブ活動も多彩で、これに属すと毎日が結構忙しくなりそうです。
周囲の勧めもあって、3月に説明会に行き、再び学ぶ喜び(若い時に良く学んだ人は再びですが私は・・・・?)や、また新たな人との出会いなどに楽しみが見いだせると願書も提出し、入学決定通知も受けていました。

神戸市シルバーカレッジ学舎(当日雨のため4/11に撮影)
a0143839_23142064.jpg

入学式当日には、専攻コースは違いますが中学時代や高校時代の同級生とも、お互い新入生として出会いました。
今年の1年生入学者数は全コースで419名です。

式次第に沿って入学式が執り行われます。
a0143839_2318518.jpg


学長式辞に始まり、来賓祝辞、在校生代表歓迎のことば、新入生代表あいさつ、校歌斉唱で閉式となりました。
a0143839_23293693.jpg


外では朝の雨は暴風雨となり警報まで発令されました。
警報!本来なら休校となるところですが、式は始まっていたため続行されましたが、用意された中庭での在校生によるパフォーマンスは中止となりました。
お昼の休憩時間中は、各クラブの勧誘ポスター前は黒山の人で埋まり、勧誘合戦も熱っぽいものでした。

午後は『学生便覧』や通学/校内ルールなどの説明を受け、14:30に全て終了。

2016.04.11
今日は孫の中学の入学式でしたが、私は初回登校日でした。
校内に流されるチャイムに始まりチャイムに終わる、すっかり学生時代に戻りました。

さあ、どのような3年間が過ごせるかワクワクしています。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-04-11 23:59 | もろもろ | Comments(6)

お花見

2016.04.03

恒例の所属山岳会の先輩後輩集まってのお花見です。
開花が早い早いといわれるなか4/3を設定し、少し遅いかなの懸念も有ったが、「年に一度の顔合わせに桜が有っても無かってもええやろ」の先輩の声に後押しされてその日を迎えた。

心配をよそに桜は満開、天気予報では雨模様も時折陽も差すぐらいで雨の心配なし。
絶好のお花見日和。

場所はいつもの王子公園横、青谷川河川敷公園。
神戸登山研修所のクライミングウォールもトレーニングする人で賑わっている。
a0143839_103198.jpg


話のネタは毎度のごとく、〇〇はどうしているか、あの合宿あの山行でのあんなことこんなこと、志ひとつにして心燃やした仲間ですから酔うほどに話は盛り上がります。
a0143839_1104566.jpg

♪♪雪が深くてラッセルに♪苦労したことあったっけ♪♪

また良い時期のお山行きなど約束して、今年もお花見バッチリ上手くいきました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-04-05 01:14 | もろもろ | Comments(2)

お断り(追記済み)

PCの調子が悪いのか、頂いたコメント読めますが、返信のコメントしてもコメント欄にアップされません。
原因が解り修復できるまで返信コメント出来ない可能性がありますのでご容赦ください。

こうして記事のアップは出来るのにな・・・・・困った、困った。


コメント返せず放置していましたが、何か知らん間に治っています。
何が原因か判らずじまいですが、日記をつづけます。

またコメント書き込みよろしくお願いします。

[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-02-24 22:02 | もろもろ | Comments(1)