カテゴリ:バイクのメンテ・ほか( 32 )

アドベンチャーパーティー

2014.07.27

友人Tさんガレージに入院していた、航さん号の退院に集まったアドベン仲間。

アドベン勢揃いは、Tさん号、航さん号、NISSYさん号、たにさん号、@じ~じさん号です。

a0143839_14505934.jpg


Tさんが用意してくれた西瓜は冷たくて甘い。
真夏の日中にはありがたいですね。

a0143839_14543420.jpg


それぞれの一通りの整備が済んで、近郊ダートへのプチツーリングを見送りました。

a0143839_1456588.jpg


私の柿色号はディーラーに入院中、同行できずに残念でした。


その後、朝から何も食べていない私のお昼は、久々のラーメン。
神戸と云えばの、『もっこす』のラーメンにしました。

a0143839_14585458.jpg

[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-07-27 15:00 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)

チョイ乗りでパンク

2014.06.01

ここ最近の休みはトランポ工事に費やし、今日やっと完成。

暫らく乗っていないな・・・と、午後からKTM690で近場チョイ乗りに出かけた。

出発して、20kmぐらい走ったところで、えらくタイヤノイズが大きいな・・・・・
暫らく乗っていないのに空気圧も見ずに出てしまったので、バイクを止めてリヤタイヤを
押さえてみると・・・・ん?パンク?

ポンプで空気を入れてみると、それなりに膨らむ。
でも5kmほど走ると又タイヤノイズが・・・・・

タイヤをチエックするが釘らしきものも刺さっていない。
バルブに唾を付けても、気泡にはならないが、でもパンクにはちがいないな。

それにしてもこのタイヤ、交換の時にも『こんな硬いビード知らんわ』と苦労しただけの
ことはあって、パンクでもサイドがつぶれることなく普通に走れる。
とは言え、このままともいかず、さりとてパンク修理する木陰もない・・・・・・
丁度、友人Hさんガレージが近いなと気づき駆け込み。

普段、路上でやる段取りで取りかかったが、『こっち持ってきて』と・・・・・・
お~リフトに乗せる!

a0143839_22505270.jpg


ホイールを外し、タイヤレバを持ったところで、『これでやろう!』って・・・・・
お~タイヤチェンジャー・・・・・
何でもあるのは知っていたが、使ったことが無いのでほとんど皆さんがやってくれます。
あれよあれよと作業が進んで、僕はムシを入れるぐらいしか・・・・・

a0143839_22575571.jpg


パンクの原因はパッチ修理した部分の、パッチめくれかけ。
携帯する新品チューブに交換しました。

僕はほとんど何もせず、タイヤに空気入れたぐらい・・・・

a0143839_2303779.jpg


お蔭で楽ちんで、修理完了。
Hさんガレージに駆け込んだのは正解でした。

修理後の690。

a0143839_233335.jpg


皆さんご協力ありがとうございました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-06-01 23:06 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)

柿色号の北海道仕様

この夏の最高のMyイベント、22年ぶりの北海道ツーリング。
相棒とする柿色号をいろいろと北海道仕様にしました。

シートの硬さでお尻の苦痛は必至と云われるKTM690エンデューロ、最近には野口シートに換え
少しはマシかなとは思いますが、長距離の走行を考慮して念のためにお尻に優しそうなゲルザブ
を購入して付けています。

a0143839_22483554.jpg


まだまだ使えるフロントタイヤT-63でしたが、これも北海道での長距離走行を考え、新しいタイヤに
換えました。
今回もリーズナブルなT-63です。

a0143839_22522183.jpg


リヤタイヤは先日の剣山弾丸ツーリングでほぼ限界でした。
今回もT-63を考えていましたが、ネット購入ではどこも「入荷の目途立たず」の返事。
仕方なく以前から興味のあったダンロップD-908RRにしました。
これまでも硬いと云われるタイヤの入れ替えしてきましたが、これは本当に硬かった。
この硬さと接地面の多いブロックパターンと相まって持ちは良さそうですが、グリップに
やや懸念も。
外した古い方のT-63は丁度3,000㎞走行の摩耗具合です。

a0143839_22595887.jpg


特に北海道行くためではないが、フロントのブレーキパットが残1.5mmほどになっていたので
これも新品に交換。

a0143839_237139.jpg


さて、道内4~5日のツーリングとなればそれなりの荷物量を想定しますが、高価なパニアケースが
有る訳でもなく、まだ付けたことの無いツーリングバッグを何とか付けたいと試行錯誤しながら、こんな
荷台を作ってみました。
前々から何かと保存していた残骸の中に、程よい大きさの6mm厚のアルミ板を加工しました。
取り付け用穴の皿加工の後、Φ11mmの穴をランダムに明けて800gの板を620gまで軽量化。

a0143839_2320486.jpg


少しでも軽量を考慮して、ツーリングバッグの底面積より小さく作ったアルミ板の荷台、実際にバッグ
を積むとバッグ底周囲が沈み込むのを防ぐため、バッグ内底に4.5mm厚の合板を敷きます。

a0143839_23302493.jpg


このツーリングバッグは両サイドのジッパーで収納容積が増します。
バッグ内底に敷いた合板は大小2枚構成で蝶番でつないでいますから、立てていた小さい方の合板
を倒せば増量したバッグ内の底面積に対応します。

a0143839_233643100.jpg


実際に柿色号に取り付けたツーリングバッグはこんな感じ。
フック付ゴムバンドや付属バンドを加工したもので固定方法もバッチリ!
縦にも横にもずれることはないでしょう。

a0143839_23433691.jpg


我が柿色号の給油口はシートの後で、タンクもシート下やや後方、リヤに荷物も積むとなるとリヤヘビー
を感じてライディングへの影響も懸念。
重たい工具類だけでも何とか前へと考えた結果、ホームセンターで安価な丁度よいバッグを手に入れ、
シート下からのバンドをミシン加工して作り、フロントに取り付け成功。
左右目いっぱいハンドル切っても影響なし。試し走行も全く違和感なし。
リヤのバッグ効果も含め、これで背負うリュックは軽いものになる・・・・だろう。

a0143839_23535752.jpg


さあ、北海道ツーリングに向けた準備万端です。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2013-08-07 23:40 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)

XTZのメンテナンス

前々から野暮ったいテール部分を何とかしたいと、KLX125用のフェンダーレスキットを買っていた。

フレームの穴とキットの穴が合うところに取り付けたが、スタイル的にはもう少し後ろでも良かったかな。

a0143839_0465994.jpg


元はこんな感じ。

a0143839_047454.jpg


まあまあ格好良くはなったかな。



アンダーガード交換
友人から貰って付けていた純正のプラスチックガードだが、ある時気が付くと破損してゴム板も無くなっていた。

a0143839_0533672.jpg


ヤマハとはいえもう生産中止のブラジル製では純正部品がほとんど無く、代用品を探していたところTYS-125Fのアンダーガードが付くらしい、早速手持ちのTYS-125Fからアンダーガードを外して付けてみた。
若干のカーブの修正は万力に挟んで少しは良くなったところで取り付け、おーバッチリやんか!
後ろの取り付けは穴位置を変更してOK、前が問題だったがフレームとエンジンを繋ぐボルトに自作のL字板を共締めしてその穴1か所止めでも充分な取り付け状態になった。

厚みもあって今度はかなり頑丈。

a0143839_143042.jpg


無くなったTYS-125F用のアンダーガードを注文せねば。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2013-07-11 01:07 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)

柿色号の冬支度ほか

2012.12.15

寒くなってきました。
エイヤッの気合いで出かけないとバイクも乗れません。
最近は軽くて暖かい素材のウエアーやパンツのお蔭で、体が冷えて辛いことはあまりありませんが、大敵は指先の冷たさです。

とは言えあまりごわごわとした分厚い手袋も操作し難く困りものです。
そこでグリップヒーターなるものをつけることにしました。

デイトナ製のグリップに捲くタイプのものをネットで購入しました。

a0143839_21352431.jpg


左右のヒーターから延びる線をハンドル真ん中でギボシで繋ぐようになっていますが、新品状態は線が長く、
さらにヒーターオンオフスイッチに延びる線も長すぎます。
そこで自分のバイクに合わせてハーネス化しました。

a0143839_21433594.jpg


さて、電気の知識に疎いものですから12Vを取るところで苦戦しましたが、恐る恐るテールランプの回路に繋ぎキーをオンするとみるみる温かくなります。
ところがこの回路からはETCの線も繋いでおり、更に後付けしたLEDのプレート灯も繋がっています。
エンジンをかけ全部機能する状態で確認したところすべて機能しますから大丈夫でしょう。

まずは、ハンドルにセットしました。

a0143839_21554942.jpg


でもまだ不安です。
実際に一日ぐらい走ってみて大丈夫なら安心できますから、全部付けて走ってみます。

ETCも付けてハンドル周りフル装備です。

a0143839_2205297.jpg


高速も走ってみました、オフの凹凸もそれなりに走ってみました。
全く異常はありません。
ヒートグリップの効果のほどは予想以上です。
寒い日が続いていたのですが、この日はチョット暖かめでした。
それを差し引いても厚手の皮グローブを通して温かさ!いや熱いとさえ感じてスイッチを切ったりもしました。

これに手持ちのラフローのハンドカバーでも付けたら、もう掘りごたつ状態ですね。
この冬から千切れるような指先の冷たさとはおさらばできそうです。


余談ですが、KTM690エンデューロの新車時のナンバープレートAssyはリヤフェンダーから長く下にぶら下がった形状で、またそのAssyが結構重量があるため揺れが激しくいつしか止め部分が割れて、知らぬ間にぶら下がった状態から後輪に巻き込まれる事態になりました。

この夏でしたが、ナンバープレート部を改良しました。
ウインカーはワレンズミニに換え、プレート灯はLEDのものに換えています。

a0143839_22191185.jpg


但し、車検時には標準のAssyに戻す必要がありますので、苦手な回路に苦戦しながらもハーネスを加工して標準Assyがポン付けできるようにしています。

やはりリヤ周りがすっきりしてレーシーなお尻になりました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-12-17 22:30 | バイクのメンテ・ほか | Comments(4)

XTZ-125E(年金生活号その後)

2012.09.23

少しづつ改良しています。

ハンドルはレンサルに交換。

a0143839_20351670.jpg


フロントディスクガードはセロー用がポン付けです。

a0143839_20361685.jpg


アナログメーターのため、サイクルコンピューターを付けました。
トリップメーター・時計機能もあり、コマ図ラリー用でもあります。

a0143839_2040555.jpg


ハンドガード(ZETA)とラジカルミラーも付けました。

a0143839_20434521.jpg


アンダーガードは頂きもののTTR125と共通のものを付けました。
将来的にはセルモーター配線部分もガードするものを作る必要がありますね。
ウインカーは整備中に転かして片側を割ってしまったため、前後ワレンズミニに交換しています。

a0143839_20471114.jpg


この時点はまだ納車状態のタイヤですが、現在11/10はフロントにダンロップD603を
リヤにミシュランT63を履かせ、ビードストッパーも付けました。
ドライブスプロケットはノーマル14Tを13Tに変更していますが、お山ではもう少し瞬発力が欲しいですね。
ドリブンスプロケット48Tを既に用意している54Tに換えるのも近いかな。


2012.09.23 まだ慣らし中の北摂の林道にて。

a0143839_20505714.jpg


a0143839_20572697.jpg

[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-11-11 20:50 | バイクのメンテ・ほか | Comments(4)

2012.8.26 年金生活に備えて!

現在我がガレージに愛車は3台です。
KTM 690 エンデューロ ロングツーーリング用。
ヤマハ セロー225WE(最終型) 近場探索用。
スコルパ TYS-125F トライアル。

トライアルはナンバー受けしていませんが、あとの2台の維持費、690は車検が要りますし特に2台の保険代がしんどいです。

最近はそこそこの林道ツーリングにも690で出かけることも多くなり、それなりに重さにも慣れてきて準メイン機として使えそうです。
そこで、近場探索機をセローから125ccに換えようかと前々から思案していました。
125ccなら何かと経費が抑えられそうですからね。

 
でも各メーカーのラインナップにオフロード車が少ない昨今では、これといった特に125ccが見当たりません。
インジェクションのKLX125も良いのですがF19インチR16インチでは山での走破性に懸念あり。
そんな中、ブラジルヤマハ製の逆輸入車XTZ125Eを駆る仲間を普段から見ています。
XTZはキャブレター式、Rドラムブレーキ、前後鉄リムなど旧さは感じますが、F21インチR18インチのフルサイズが魅力です。
彼のXTZはかなり手が入っており常に125ccとは思えない走りでツーリングを共にします。

行きつけのバイク屋にXTZ探してと頼んでいたのですが、輸入商社を通じてももう無いとのこと。
程度の良い中古でもないかとネットで探すと・・・ありました!
新車はネット上では全国でも8台ぐらいでしたが、近いところでは枚方に1台ありました。
それも希望のブルーです。
即電話を入れ、札束?握りしめて買いに行きました。
125ccはこちらの地元の役所で登録すればよいのですから車に積んで持ち帰りました。

持ち帰っての愛車の整列。

a0143839_224269.jpg


a0143839_22423034.jpg



2004年から永く愛機としてきたセローは残念ながら手放します。
セロー!ほんとに良く出来た良いバイクですがやがて来る年金生活のため止むを得ません。
それどころか家内曰く『年金生活云うんやったらKTM690放したら・・・ニッ』と突っ込まれましたが、セローを
手放す条件で快く札束?握らせて頂きました。(感謝)

『KTM690にまだ乗れてるあいだはまだもう少し乗せてよ!』
『もうちょっとしたら嫌でもカブでも乗って、そこらトコトコ走るのが精いっぱいになるのがすぐそこまで来てるから』と懇願したのは云うまでもありませんが。

と云う訳であらためてお披露目します。
次の愛車ヤマハXTZ125Eです。
ブラジルヤマハでは生産中止なのか長らく輸入されていませんから、2008年式?2009年式でしょう。
なにせ取説もポルトガル語?ですから絵を見て解釈する始末です。

a0143839_22594336.jpg


a0143839_22594080.jpg


新しい相棒、ノーマルではどうにもかったるいです。
さあちょこちょこと手を加えていきます。
どうぞよろしく。

セローのその後ですが、我が家と同じく親子でオフロードを楽しむ方に買って頂きました。
ありがとうございます。
セローをあちこち連れて楽しいオフロードライフをお過ごしください。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-09-20 23:23 | バイクのメンテ・ほか | Comments(6)

売りたし・・・だそうです。(情報一部修正)

a0143839_0234924.jpg

親父と同じオフロードバイクを趣味にする息子が、仕事の都合で家族ともども南あわじ市へ
引っ越して1年が経ちました。

淡路島のオフロード環境は、林道とかがあるほど大きな山は無く、バイクで遊ぶとなると神戸の
実家がベースになるものですから、我が家にバイクや用具を置いたままです。

ところが、この1年殆ど仕事の都合で乗ることができません。

逆に淡路島はオフロードバイクでもトライアルバイクの環境には結構恵まれているようで、息子が
トライアル専門で活動していた時期にも淡路にはよく行っていました。

と云うことは同じ匂いがするのでしょうか、あちらではトライアル仲間の中に混ざっているようで、
そちらの世界へ戻るつもりのようです。
そりゃそうです、仲間のいないバイク遊びはイマイチ面白くないし、燃えることも少なくなりますからね。

で、これまで宝物のようにしてきた YAMAHA WR250-F を手放し、スペイン娘かイタリア娘に乗り換えるつもりのようです。

このブログをご覧いただいている方でWR250-Fに興味のある方はいらっしゃいませんか?

2009年式で(2008年式の間違いでした)走行距離も4,000kmちょっと!
a0143839_024504.jpg


ラジエターファンも追加工しています。
a0143839_0311048.jpg


派手な転倒は無く、大事に乗っています。
a0143839_0333463.jpg


車庫保管ですが、オフロードバイクですので年式と走行距離に見合う程度の小さな傷はあります。
a0143839_0375198.jpg


希少車です。興味おありの方には連絡させていただきます。
ヤフオクにも出品予定です。
a0143839_0423525.jpg

[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-03-25 00:43 | バイクのメンテ・ほか | Comments(1)

2011.8.20 / 21  タイヤ交換

この土日、天気予報は雨模様です。
ということはジリジリと照りつける日差しが無いということですからこの時期としては絶好の作業日和です。

まずは昨日の土曜日、セローのタイヤ交換です。
一昨日、D603をネットでポチッと注文はしましたが、2年前レースに備えモトクロスタイヤに交換した時に外した、未だ勿体無いD603前輪が私のベッドの傍にありました。
勿体ないのでこれから先に使います。
a0143839_17425532.jpg

後輪はこれも部屋の片隅に放置していた新品のトラタイヤを使います。
チューブレスタイヤですがチューブタイプのリムにチューブを入れて使います。
a0143839_1746364.jpg


今日、日曜はKTMのタイヤを交換します。
やっとオフタイヤに交換できます。
選択肢はあまりないのですが、前後共もっとも経済的なミシュランT63にしました。
過去にも400ccトレールで使ったことがありますが、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

KTMの車載工具は良く考えられていると聞きます。
特殊な(トルクス)ネジが使われている部分もあったりしますので、ツーリング中にパンクして本当に車載工具で対応できるのかを確かめておく必要があります。
今日は車載工具のみでやってみました。
KTMの車載工具と若干自分で追加した工具を含んだものです。
a0143839_18123173.jpg


ジャッキアップして後輪を外しました。(山で作業する時は当然ジャッキはありませんので携帯用のつっかえ棒?・・を使用します。)
a0143839_18185789.jpg


前後共にビードストッパーを追加工しました。
a0143839_17553496.jpg


後輪装着完了です。
a0143839_1757344.jpg

前輪も装着完了で前後共とりあえずは車載工具で作業できました。
なるほどKTMの車載工具は良く出来ています。
a0143839_18142293.jpg


猛暑の中休みのような土日で、予定のタイヤ交換を終了しました。
とは言え日曜日は途中何度かゲリラ豪雨のような雨もあったり、蒸し暑さはどうしょうもありません。
汗ぶるぶるの作業後にはシャワーで汗を流し、明るいうちからビールをいただきます。
a0143839_18312411.jpg

エアコンの涼しさの中で、体はサラッサラ、2台のタイヤ交換やり終えて、冷えたビールって・・・!      これって堪りまへんな!
[PR]

by bmw-nl-60 | 2011-08-21 18:38 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)

生涯最後の相棒 2010.7.17

a0143839_23163910.jpg

年齢からも生涯最後のメインバイクと思い購入したBMW F800GSでしたが、遂に、添い遂げられず手放してしまいました。

丁度去年の今頃、慣らしも終り大雨洪水警報の中を北摂、猪名川の林道をスタートして丹波の短い林道を繋ぎながら、京都の基幹林道までツーリングしました。
この頃は『うん、車格なりの林道さえ選べば結構ダートも走れる』と自信を持っていましたが、60歳を超えて加速する、よる年並みを計算に入れていませんでした。

同時にハンドルが遠いことでライディングのポジションがどうもオフ乗りになりません。
シートを替えてみたり、ハンドルの高さを変えてみたりしましたがいつまでも納得いかないままで、更にはよる年並みの典型、六十肩がひどくなりガレージの出し入れ取り回しさえBMWの車重が苦痛になりだし、余計に乗らなくなってきました。
こんなことならこれまで乗っていたDRZ400のほうが余程オフライフが充実していたな・・・っと後悔しつつ、残ったセローでお山遊びしていましたが、これはこれで物足らない訳で、F800GSが手元にある限り私の残り少ないオフ人生を無駄に過ごしてしまうと一念発起しました。

そんなことでビッグオフを諦めかけていた時、見つけてしまいました。
柿色ビッグオフ、KTM 690エンデューロです。
a0143839_2333477.jpg

なにしろ軽量です。
以前のDRZ400と変わらぬ車重です。

KTMのメーカーキャンペーンで10万円分のオプションパーツを選択して、なんとそれが無料になりました。
アルミスキッドプレート
a0143839_23463992.jpg

ラジエタープロテクター
a0143839_23473324.jpg

アルミハンドガード
a0143839_23481319.jpg

ハンドルバーサポート(ハンドルがファットバーですから本来はありませんので)
a0143839_23511620.jpg

ブラケット
a0143839_2352105.jpg

上のブラケットでリアバッグがワンタッチで脱着できます。
a0143839_23541652.jpg

Fスプロケット14T(ノーマルは15T)
a0143839_2355552.jpg

あとウインドスクリーンですが、入荷が遅れて未だ受け取っていません。

以上のオプションパーツで総額97,000円ぐらいになります。
ラッキーでした!

さあ、今度こそ生涯最後のメインバイクになって・・・・・くれるでしょう!

今夜から信州ツーリングへ出発という、7月17日に引き取りに行きました。

信州へ?・・・・とんでもない、信州へはトランポでセローを積んでいきます。

慣らしが済めば沢山の柿色旅日記が書けることを祈りつつ。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2010-08-07 00:14 | バイクのメンテ・ほか | Comments(12)