カテゴリ:バイクのメンテ・ほか( 32 )

ヒートプロテクター

2015.08.01

デルタのフロントパイプ、剥き出しですが意外とパンツが触れて溶けることもないな・・と思っていましたが、
洗濯する時に発見、穴こそあいてないですが少し溶けていました。

ネットでDRCのヒートプロテクターを購入しました。

簡単な作業ですが今日も暑い、ガレージの屋根はスモークのため例年よしずで陽よけしますが、今年はまだでした。

まずは、陽よけ作業しました。
a0143839_1312559.jpg


上からの陽よけで影ができて、やっと作業する気になります。

ヒートプロテクター取り付けました。
a0143839_13152636.jpg


斜め前からはこんな感じ、うん、ええ感じやね。
a0143839_1316235.jpg

[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-08-01 13:17 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)

フロントサブフェンダー取り付け改良

2015.05.31

昨日のタイヤ交換で、フロントのタイヤとフロントサブフェンダーの隙間の無さが宿題になっていましたが、今日解消させました。

昨日の状態がこれ。
a0143839_19562524.jpg


アルミ板を加工してサブフェンダーを持ち上げました。
a0143839_19584539.jpg

上手く仕上がりました。
前輪の泥詰まりもかなり緩和されるでしょう。

前回オイル交換から3,000kmになり、ついでにオイル交換も済ませました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-05-31 20:02 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)

青鹿号タイヤ交換

2015.05.30

昨年9月に青鹿号購入後、3,890kmの走行距離になり、フロントタイヤ3分山、リヤタイヤ2分山ぐらいになりました。
標準タイヤはダンロップのTWシリーズですが、流石トレールタイヤ長持ちしました。

GWの四国ツーリングあたりからグリップ力が落ちて、バラス系路面の下りでは止まりません。

と云うことでこの度タイヤ交換しました。

フロントは兎も角、リヤはチューブレスですから外すためにビードを落とすのも、嵌めてからビードを出すのも大変です。
過去2回ほど自宅ガレージで苦労しながらやったことがありますが、今回はいつもお世話になるHガレージのご好意でタイヤチエンジャーを使わせていたきました。
何と楽ちん。
a0143839_22195317.jpg


リヤにはトライアル系、IRC TR-011を選択しまwした。
リヤタイヤ交換完了
a0143839_22204133.jpg


フロントにはXTZ125E用に用意していたモトクロス系 IRC ix-09Wを流用しました。
フロントタイヤ交換完了
a0143839_22213533.jpg

ところが「しまった」・・・・交換後に思い出した。
タイヤ交換に併せてビードストッパー入れるつもりを忘れていました。
まあもっとも未だ買ってもいなかったので仕方がない、次回にします。

それと、セロー独特のフロントのエンジン側フェンダーとタイヤの隙間はぎりぎり、タイヤのヒゲが擦っている状態です。
これは泥詰まり等を考えるともう少し隙間を作る必要ありです。
延長ステーか何かを作っていつか何とかしましょう。

まずはタイヤ交換完了しました。
a0143839_22322119.jpg


Hガレージの皆さん、ありがとうございました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-05-30 22:43 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)

青鹿号マフラーの弊害

2015.05.17

マフラーを純正から外品(DELTE)に変更したことによる弊害が目立ってきました。
余りにも抜けが良くて出口の排気温度が高いのでしょう。
リヤフェンダーの右側が茶色く焼けてきました。

排気口をもう少し外に振りたいので、マフラー取り付け部に挟みものをかましたいのですが、
マフラーとミドルパイプ取り付けの遊び分では8mmワッシャ3枚分ほどしか挟めません。
そこでミドルパイプの取り付けステーがシャーシの内側になっていたのを外側に変えました。
a0143839_2385990.jpg


そのお陰でマフラー取り付け部に25mmほどの隙間ができたのでアルミ丸棒でカラーを作り、挟んで
やりました。
これで排気口をだいぶ外に振ることができました。
a0143839_2391515.jpg


リヤフェンダーの焼けた部分はサンドペーパーで磨き、白さは戻りましたが当然艶は無くなりました。
排気口を振ったことでリヤフェンダーへの熱風は緩和されたでしょうが、念のため白いガラステープを
貼って熱対策しておきました。
a0143839_2393364.jpg


それと今回気付いたことは、筒抜けの排気音はうるさくても心地よかったのですが、長い距離乗ると
音に疲れることを体感しました。
そこでノイズリストラクターを入れてかなり消音しました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-05-24 23:07 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)

セロー買うてん!

2015.04.05

WR-Rに乗る私の弟、その息子即ち私の甥は急に思いたったように3年ほど前、中型免許をとって今までSRに乗っていました。

その甥が「セローを予約したのでセローのこといろいろ教えて欲しい」とのこと。
予約したセローとは30周年記念限定車です。
まさに甥の好きそうなカラーデザインです。

我が家に来て、夜遅くまでバイクのこと装備のことと、いろいろ話しして帰りました。
交換する部品は先に用意して、納車当日を待ちます。

納車当日は弟も一緒に我が家に来て作業しました。
今日はまずはハンドル周りを作業しました。
私もちょっと嬉しいのでナックルガードをプレゼントしてやりました。
a0143839_1993743.jpg


アルミハンドル、ナックルガード、ナックルカバー、可倒式ミラー、グリップラバー、グリップラバーにワイヤリング、などなどを作業しました。
a0143839_19162670.jpg


ようこそOFFの世界へ、良い旅しようぜ。
慣らしを済ませたら、お山走りのトレーニングしてやりましょう。
a0143839_19164071.jpg


おっちゃんがあっちこっち連れ回したるからな。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-04-19 19:21 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)

ETCと冬仕度

2015.01.04

柿色690EDに付けてからは、すっかり味をしめてしまったグリップヒーターを、青鹿号にも
装備しました。
不要なシーズンには簡単に外せるグリップに巻きつける方式のものです。
このグリップヒーターの熱量は結構高く、夏のグローブでは熱いぐらいです。
私は冬用グローブを使用してますが、時々スイッチを切ることもします。

グリップヒーター用の電源を引き出す工事のついでに、ETC用の電源も工事してETCも
装着可能となりました。
a0143839_23595153.jpg


青鹿250にはタンク内側右サイドに車載工具収納BOXがあります。
車載工具は入れませんので、丁度ここが電源接続用防水カプラーの格納場所に最適でした。
a0143839_031338.jpg


さあこれで冬の遠出も指先の冷たさに悩まされることはありません。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-01-05 00:11 | バイクのメンテ・ほか | Comments(3)

柿色690 タイヤ交換

2014.10.19

次の週末は第9回アドベンチャーミーティングに参加します。

10/21は飛騨高山『赤かぶの里』に集合して、途中何本かの林道も含んで能登の千里浜までツーリングの予定のようです。
何キロもつづくビーチランがツーリングのフィナーレなんて、うまいプロデュースですね。
千里浜で一泊して全国各地から集まった柿色乗りの大宴会の予定のようです。

参加は640ADVを中心に1190、990、950のADVや690EDなど全21台が集合の予定。

さあ、我が690のタイヤどうしましょうか・・・・・
ダンロップD908を履いていますが、減り具合が中途半端。
でも今回は久々の1000km超えですから、せめてリヤだけでも替えていきましょう。

D908は本当にコンパウンドの硬いタイヤで長持ちしましたが、イマイチ変なグリップ感が気になるタイヤでした。
今度はやっぱりコスト優先と履きなれたミシュランT63にしました。
a0143839_21512527.jpg

右のD908は丁度4000km走った減り具合です。
これまでのT63では3000km持たすのに一苦労するのですが、外したD-908・・・・
勿体無い!もうちょっと減らしたかったですね。
遠出でなければ、もう1000kmは履いたでしょうね。

フロントもそれなりに気になる減り具合ですが、トルクのかからないフロントだから、まあ、いいでしょう。
お天気も良さそうだし、楽しんできます。



   
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-10-23 22:01 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)

青鹿出撃準備

2014.09.20

納車されたセロー250青鹿号、少しづつ出撃準備しています。

まずは、エンジンの下回りを強化します。
エンジン底だけではなく、サイドに羽付きで安心感が増します。
ZETA製アンダーガード
a0143839_2184032.jpg


リヤキャリヤ。
元々付いているアシストグリップを外して取り付けます。
アシストグリップも兼ねる形状で、スタイルを損なわない細身のリヤキャリヤを選択。
キャンプツーなど、積載が多くなる時には、KTM690柿色号用に作ったアルミ板をこれに取り付け、
バッグを装着します。
a0143839_21123430.jpg


ZETA製アルミハンドル。
同じくZETA製のナックルガード。
グリップにもワイヤリングしました。
a0143839_21182094.jpg


前のセロー225WEに付けていた、クラッチホルダー。
ニュートラルにするのが困難な時や信号待ちでは何かと便利。
今はETCなどありますが、過っては高速の料金所などで大いに役立っていました。
a0143839_21241446.jpg


タンデムステップも取り外し。
右サイド。
a0143839_21264214.jpg


正面から。
なかなか精悍。
a0143839_21271827.jpg


とりあえずはこれぐらいで、林道もOKでしょう。
排気系はまずはノーマルの感じを体感してから、マフラー、エキパイと交換しようと思います。

まずは出撃準備完了しました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-21 21:37 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)

再びの青鹿

2014.09.12

私はYAMAHAのセローが好きです。
ただ、セローカラーと呼ばれるあの緑はどうも好きになれません。
2年前まで乗っていたセロー225は青でしたが、これも青と云うだけで衝動買いしたものでした。

a0143839_0384244.jpg


最近、あるブログでニューカラーの青のセロー250を見てしまいました。
YAMAHAのサイトを覗いてもそんなセローは出ていません。
見つけました!セロー誕生30周年記念バージョンとして、YSP店限定で発売されたものでした。
今、限定で発売されたとすると、もう近々には通常ラインナップにこのカラーは出ないでしょうね。

そう思い始めると、またまた衝動買いです。
2か月前に馴染みのバイクショップに注文していた青鹿が今日バイクショップに入りました。

a0143839_0553685.jpg


カタログより、実車は綺麗な青です。

a0143839_0492259.jpg


来週には、手元に来ます。
さあ、これから少しづつ手を加える楽しみがまたできました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-09-13 00:57 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)

ジャケット

2014.08.10

極端に暑がりの私、夏のツーリングはジャージ1枚か、ちょっと涼しい信州方面では
ジャージの上に袖を外したエンデューロジャッケットを着るぐらいで乗っています。

リュックを背負うのに邪魔なプロテクターもしませんし、腕が太いため締め付けられる
エルボーもしません。

涼しいのは良いのですが、流石に転けたらダメージは大きいですね。
何年か前のツーリングで転けて、路面を滑ってできた傷が、火傷の跡のように左腕に
残っています。

そこで、この度フルメッシュジャケットなるものを購入しました。
メーカーはラフ&ロードです。

a0143839_17162737.jpg


シチュエーション問わないデザインと謳ってありますが、できればもう少しザックリと羽織れる
オフロードデザインなら云うことなしですけどね。

内側は、背中、エルボー、肩、胸にやや硬めのスポンジパットが入り、パットには無数の
小さな穴が開いています。

でも、これではフルメッシュ涼風効果半減!

パット機能を損なわない(感・・・)程度まで、全てのパットのところどころ穴を大きくしてやりました。

a0143839_17263474.jpg


フルメッシュとはいえ、何か1枚羽織ると暑いもんです。
でもこれまでに比べれば、フルメッシュと追加工も加え、少しの安全対策も得られた
ということで、着るのが楽しみです。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2014-08-10 22:45 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)