樹氷の高野山

2017.11.19

本格的な冬になるまでに護摩壇山のスカイダート走りませんか?と
@紀州のとっさんのお誘いを@よっぱらいさんから連絡をいただき、
青鹿号をトランポして和泉方面へ、ここで@よっぱらいさんと共通の
友人@Y君と初めてお会いする方2人、そして@よっぱらいさんの5人
が合流。
紀の川沿いの@紀州のとっさんの作業場まで行って、@紀州のとっさん
とその友人、全員で7名となった。

天気予報はあまり良くもなく、気温が低いのでお山は雪かも。
高野山上の市街地で給油のあと舗装林道を更に高度を上げれば、霙(みぞれ)
が降ってきて溜まらずカッパ着用となる。

以前にも案内してもらったゴットロ林道に入るも、止まったら最後の荒れた急坂
が更に荒れていた。

一旦傾斜の緩くなったところまで何とかグリップ失わず登り切った。

a0143839_21495136.jpg



気温もどんどん下がり、霙も雪に変わった。
更に高みへとつづくつづら折れ。

a0143839_21500772.jpg




おっと!その横は崖っぷち。
a0143839_21501216.jpg




路面も雪で白くなってきたラクダの背と呼ばれる長い尾根のアップダウン。
そしてゴロゴロ道のイタツゴ林道を登って奥千丈林道の尾根(舗装)に達した。

a0143839_21502208.jpg




今から向かうスカイダート(林道川津・今西線)を望めば、稜線上は白い。

a0143839_21502658.jpg




護摩壇山までのこの舗装林道は風当たりも強く、道路わきには樹氷が綺麗。

a0143839_21503257.jpg




スカイダードを進むが、私の知ってる状況と違ってよく整備されてフラットに近い。
とはいえ、このルートの石ころは1コ1コが大きいのでそれなりにバイクコントロール
が楽しい。
勿論、谷の深さは変わらないのでスリリング。

a0143839_21503745.jpg




ほぼ林道終点付近からの眺めは最高。

a0143839_21504157.jpg




こっちへ(十津川方面)下りてしまえば、帰路は長くなる。
昼飯ぬきで走ってきたので、道端の小さな食堂で遅いお昼。

@とっさんとその友人とは紀の川付近で別れ、この方面の地理に疎い私を
大阪方面に帰るお二人がトランポデポ地まで誘導していただいた。

未だ11月半ばと安心していたが、思わぬ雪に冬到来を実感した1日やったね。


[PR]

by bmw-nl-60 | 2017-12-27 22:26 | ツーリング | Comments(2)

Commented by よっぱらいの妻 at 2018-01-02 13:50 x
生の樹氷と生の主人の転倒シーンを見たかったです!^^
Commented by bmw-nl-60 at 2018-01-03 20:19
やっぱり!
妻さんのご期待に沿えるかなのショットでした。

写真以上に生の樹氷は太陽に輝いていました。
寒さ冷たさは辛い反面こんなご褒美もありますから
ワクワクするんですよ。