この夏のはじめのこと

2017.08.22 
毎日暑い日がつづく。
長らく更新なしのこのブログでも、この夏あった大きなこと些細なことなど
もろもろを日記にしておこう。


2017.06.13
車買い替え。

4年乗ったプリウスαだが、家内が誰かに「4年乗ったらあとは年に30万づつ査定額が
下がる」と聞いて「1年に30万も捨ててるんか?」と買い替えに少し心が動き、前々から希望の仕様の車下見へと話が進む。

過去我が家の車はトランポを兼ねたダットサンピックアップ4WD9年、ハイエーススーパーGL9年、どちらも排ガスの規制(NOX)で乗り換え、大きければ乗用車でもバイクは積めるのではとアルファード8年。
家内が民謡(三味線)を始めたころから考えると、ハイエースとアルファードは後部はスライドドアーだったから、長い三味線の積み下ろしにはいまのプリウスαでは不自由で不満だったよう。

夫婦ともに高齢化したいまは大きな車が必要な訳もなく、高齢ゆえの事故など見聞きすれば他人事でもないので流行りの自動ブレーキや安全装置も・・そしてハイブリットでスライドドアーもと考えたらこれになった。

a0143839_13520341.jpg


a0143839_13520954.jpg


トヨタシエンタ7人乗り。
始めての白い車。
2017.06.13大安の納車となり、いまはアルミホイールとサブライトも追加した。






2017.07
リュック購入。

日常出かけるときの財布、携帯、手帳など必ず持つものと、用事によってはA4ファイルが何冊かとプラスαの容量のバッグとして、ショルダーバッグやDayパックを使っている。
いま所有するショルダーバッグはやや容量不足と使い勝手にやや不満。
登山用、バイク用、カメラ用と、私の趣味の部屋の壁にはリュックが登山用具店のようにぶら下がり、「この家には何人山行く人いるん?」って嫌味言われるぐらい・・・でもその中に普段使い用にしたいDayパックも気に入ったものが無い。

何か良さげなものを・・と考えたとき、むかし日帰り山行やロッククライミングに使っていたラフマのフレンチザックを思い出した。
ネット検索してみれば。

a0143839_13521833.jpg


当然私のは遥かむかしに使い古して処分したのでもう手元にはない。
素材や山行形態も変化したいまではラフマ社にもラインナップされてないだろうし、あってもビンテージとしてびっくりするほど高いんちゃうかな。

似たようなその雰囲気を残した現代版でもないかと探せばありました。
さすがモンベルやね。
その名もフレンチガイドパック。

a0143839_13521303.jpg


生地はむかし風に帆布製で雰囲気はあるね。

a0143839_13522465.jpg


ショルダーベルトはいま風のチューブテープにクッション入り。
むかしは革製で体に付く内側にはフェルトが縫い付けられていた。

本体にショルダーを縫い付けた部分もむかしは革に挟み込んで縫い付けていたし、
そこから出たナイロンテープ環もむかしは金属環やったね。

雰囲気や郷愁はともかく、現代版の便利なところは雨蓋を開けずとも側面のファスナー開閉
で中のものが取り出せるところ。

胸のショルダー間のバンドもなけりゃ腰のバンドもないので体への密着感はないが、むかしのフレンチザック感は十分あり。
モンベルさんよくぞ作ってくれました。

色は紺系とこのカーキ系の2色、もちろんカーキやね。
容量は17Lと25Lの二種類(むかしのは27・8L?)、街使いやから17Lで十分。
いまはどこへ行くにも背負ってるお気に入り。(・∀・)イイネ!!




[PR]

by bmw-nl-60 | 2017-08-22 14:57 | もろもろ | Comments(2)

Commented by よっぱらいの妻 at 2017-08-22 15:32 x
こんにちわ。
更新待ってました!
お体の方は如何ですか? 
この暑さで私は夏が大嫌いになりましたwww

シエンタを購入されたのですね。良く見かけるので結構人気があるんでしょうね。
実は24Gさんと同じ頃に職場にも新車のシエンタがやって来ました。
あのアイドリングストップってのには未だに慣れず OFFボタンがどこにあるのかも分かりません^^;

良い感じのカバンですね。
使い心地の良かった物は また同じ様なのがほしくるのが分かります^^
Commented by bmw-nl-60 at 2017-08-22 20:21
よっぱらいの妻さん

やっと更新しました。
体調は問題ありません、ありがとう。

小型車にしたら何かと安くはなりますし、年金生活者ですから。
私のトランポ(軽ハイゼット)がちょっと贅沢してますからね。

フレンチザックは昔クライマーの郷愁です。
若き至福の時間を過ごしたその時を、雰囲気同じの道具を日常持ち歩いて至福に浸っています。