「ほっ」と。キャンペーン

2016走り納め・・か?

2016.12.17

10月の四国お遍路やカレッジ通学にバイクは乗ったものの、10月のHガレージツーリング以来
久しぶりのバイクでお山遊び。
今日のパートナーIさんとの二人旅。

暫くお山遊びしていないから季節の変化が頭に無く、ここ数日の雪情報にふと気付き、ひょっと
すると今回のメイン京丹波方面のお山は雪かいな・・・と出発前日に考える始末。

IさんとはHガレージで待ち合わせ、北部方面が雪で撤退にでもなればと先に近場で林道走りを
楽しんで、陽も高くなった午後に北部のお山にすれば少しは状況はマシかな・・・・
なんて考えでまずは北摂のお山へ。

道の駅『猪名川』からまずは1本目の林道へ、道端や梢には最近降ったであろう雪が。
2本目のしいたけ山林道を高度を上げるにつれて徐々に雪上走行となる。

a0143839_055092.jpg



R173を北上して篠山方面へと進み、FK林道からMKMダム周回ダートを走る。
TK林道と原山林道をパスして京丹波須知方面へと越える峠越えを選択したが、
峠付近の舗装道路上の積雪にはやや胆を冷やしながら登り下り、何とかR9へと出て
須知のドライブインで昼食。
昼食済ませて外に出れば陽射しカンカンでも、直ぐ北に目をやればどんより。

今日のメインIさんを案内したい和知方面のお山は標高も高く積雪も考えればどこまで行けるか?
とりあえず「先を急ごか」と次も案内したい林道のマーケス林道(仮称)とs山林道2本のショートダートを越えて和知へ。
リザーブを知らせるランプが灯り給油の後、いざ今日のメインHDS林道へと進む。

麓の集落を過ぎればダートに変わり、いきなり積雪量が増えた。
無雪期の流水溝を知っているので雪に隠れた深溝に注意し、深いところではラッセル
状態となる。
梢から落ちる雪や水滴が襟に入って冷たい。

a0143839_12861.jpg



何とか峠に達し、あとはアップダウンしながら山の腹をトラバースするように進む。
さすがにこの高さになると一面雪で、ところどころでスタック状態になる。

誰一人会うことなく、命あるものはバイク前方を逃げまどう鹿の群れと我々二人。
向かう前方にトレールも無く、振り返れば我々2台のトレールのみ。

処女雪にトレール刻む心地よさに何やら高村幸太郎のようなことを考え、雪原で暫し休憩。
エンジン止めれば静まりかえり、シャラシャラと梢から落ちる雪の音と時折吹く風の音のみ。
う~ん!この寂寞感が何ともたまらなく胸熱い。いいね!

a0143839_133086.jpg



a0143839_1331960.jpg



徐々に林道が下りだせば、一部路面も見えはじめあと少しの下りで林道HDS線との分岐に
下りてきた。

a0143839_1363963.jpg



分岐にて
a0143839_137109.jpg



次なるHDS線へと進めば更に標高高くなるので積雪状態も想像がつく、日も短いことも
併せて考えればこのまま下って帰路につくことにしよう。
1年の締めくくりの走り納めで遭難(笑)してもつまらんしね。

帰路方向を考えれば当初予定のタカタラビ林道でもよいが、山の北斜面を行くそこも同じ状況
だろうと想像もつき時間掛かりそうなので、タカタラビもパスしよう。
ならば往路のダートを帰路として、パスした原山林道とTK林道も走って帰ろう。


TK林道を下る。

a0143839_1473899.jpg



倒木をくぐる。

a0143839_148349.jpg



MKMダム周回ダート、FK林道とつなぎ、でかんしょ街道から母子へと登り『シュガー』で
休憩。
マスターにも「良いお年を」と挨拶し、三田~神戸へと帰ってきた。


本日の走行 : 265km(自宅発着)

本日の林道 : 13本(往復含む)

ダート率 : 約17.4%
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-12-18 02:21 | ツーリング | Comments(6)

Commented by よっぱらいの妻 at 2016-12-19 22:05 x
まずはお疲れ様でした!
めっちゃめっちゃドラマチックな画像ですね^^
近くならなぁと 何だか損をした気分です・・・w
一人で心おきなく参加出来たはずの主人ですが 寒さに心が折れてしまった様子です^^
ほんと近場なら雪の中を走ってみたい気持ちはあります。
こけても痛くなさそうだし^^:
白い雪中に2台のバイクが冴えカッコイイですね!

追伸 夜中の2時にブログ更新びっくらポン!


Commented by bmw-nl-60 at 2016-12-20 10:39
よっぱらいの妻さん
そうやね、この季節にこの方面は遠いですね。
この方面のお山は今シーズン最後のチャンスだったんじゃないかな?
これ以後は来春の雪解けまで、踏み入ることのできない本来のお山の自然に帰るでしょう。

雪中走行は雪の抵抗やグリップの悪さでスピードが出ない分、転けても大転けはないので
バイクコントロールに集中して楽しめ、撤退もせず越えれたら達成感も味わえます。

冬は雪のない神戸近郊のお山遊びになるでしょう。
神戸まで心折れずに来れたら来てください。

翌日の予定が無いので、深夜までPC作業していました。
Commented by chiharu at 2016-12-20 12:58 x
よさげな新雪の林道でしたね。

まだまともに?雪道は走った事は無いんで興味はありますが
寒さと転倒考えると中々足が向きません(笑)
でも一度経験すると楽しそうですね〜。
これからは凍結もあるんで山間部は遠のきそうです。

年末までにもう一度は走りたいですが近場でコーヒー飲むくらいにしときます(笑)
Commented by bmw-nl-60 at 2016-12-20 23:12
chiharuさん
なんかね~秋ごろまでのイメージのまま友人誘って企画したのですが、
ふと気付けばもう冬で、TVでは雪情報ばかりであることに気づいた次第です。
恐る恐るの入山でしたが、既にしいたけ山で雪上走行でした。

舗装路の積雪は恐怖以外ありませんが、ダートの積雪は面白いです。

タイトルを走り納めか?としていますが、近場でもう一度行っておきたいです。
Commented by 紀州のとっ at 2016-12-23 18:52 x
24Gさん こんばんは
もう京都のお山は積雪しているのですね~
龍神スカイラインは二輪車通行止めですのでどんな感じか確かめることが出来ていません
下り坂舗装路はアイスバーンになっていると、とっても怖いですから気温が低い時は特に要注意です
でも「処女雪にトレースを刻む心地よさ・・」を求めてバイクで冒険するのも童心時に帰った気分になれるのでいいもんですよね
今回早速グリップヒーターが活躍したんじゃないでしょうか? グリップヒーターが欲しいです~~~
Commented by bmw-nl-60 at 2016-12-24 00:31
紀州のとっさんさん
こんばんわ。
京都北部のお山はこれからどんどん冬山へと姿変えていきそうです。

冬は龍神スカイラインは2輪通行止めになるんですね。
もっとも、舗装の積雪は遠慮したいですが。

童心時に帰る・・・70前のおっさんがまるで遊園地のアトラクションに狂喜するがごとくです。

グリップヒーター装着はお勧めします。
冬夏付け外しできる巻きタイプがお勧めですが、難点はグリップが太くなることです。

春にはまた紀州のお山遊びご案内いただきたいです。
どうぞ良いお年をお迎えください。