「ほっ」と。キャンペーン

大失敗の悔しさから

大失敗
先日の12.03(土)はシルバーカレッジ野鳥と自然観察クラブの観察会で布引貯水池へ、
新神戸駅から登りはじめたが、天気も良く鳥の動きも活発で徳光院あたりでもシジュウカラ
やメジロ、コゲラやソウシチョウなど多くの鳥たちが確認でき、重さに苦労しながら持参した
望遠レンズ、苦労の甲斐ありとパチパチ撮っていたが、画像確認をと・・何とモニターには
「カードが入っていません」と表示された。オーマイガー!!

諦めて双眼鏡での観察だけにしようとカメラとレンズをリュックにしまって暫く登ると、
「あっ、真上にオオタカがいるよ」と指導役のOBの声。
見上げると低いところで旋回している。
太陽を透かして大きく広げた翼が何とも雄々しい。
何度も何度も低く旋回した後、徐々に高度を上げて小さくなっていった。
OB曰く「オオタカ見れたのもラッキーやけど、こんなに低い長い旋回は本当に珍しい」
とのこと・・・・

そうやねん・・・こんな大失敗の日に限って千載一遇のチャンスに出くわすのは、私の人生に
よくあることですわ!
付け加えれば、この日はカワセミも含めて多くの鳥の観察ができた1日だった。


2016.12.05-06
その悔しさもありカレッジの授業も無い日でもあり、2匹といない柳の下のどじょうは居らぬか
とお山入り。

過去にカワセミを目撃した池や水辺ではじっと張り込み、その成果が無ければまた歩いて場所を
変えたりしながらの2日間。

ポピユラーな鳥たちも撮りながら、カワセミが撮れたことで自分的には苦労の甲斐あり。
ダウンウエアーに毛糸の帽子を深く被っての寒いお山遊びの二日間の成果は・・・・

人を恐れず傍まで来てくれるヤマガラ。

a0143839_1432125.jpg




見る機会の多いカルガモ、綺麗な色だったのでパチリ。

a0143839_1464280.jpg


a0143839_147033.jpg




真っ黒でも表情と動きが可愛いカワウ。

a0143839_1491239.jpg


あっ、逃げた!

a0143839_1494654.jpg




カワウと同様、アオサギも珍しくはないが大きい鳥は表情も見えるようで撮り甲斐がある。

a0143839_1541355.jpg


a0143839_1543595.jpg




さえずる、ジョウビタキの♀。

a0143839_2225480.jpg




ピント甘目も、これが撮れたお陰で寒さも吹っ飛んだカワセミ。

a0143839_1554895.jpg




他には、種別の判別のできない2枚。
アオジ?? マヒワ?? 同種別の♂♀違い??

狸々池畔で
a0143839_1575827.jpg



修法が原池畔で

a0143839_20060.jpg

[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-12-07 02:10 | 野鳥 | Comments(0)