「ほっ」と。キャンペーン

真似っこして、こりゃええわ!

2016.09.08

時々覗かせていただくある方のYouTubeで、携帯可能なミニコンプレッサーの実験動画を
見ました。

シチュエーションに合わせてタイヤ空気圧を調整するのは、苦になるような作業ではありませんが、
出先でパンクした時には修理後の空気充てんはかなりしんどい思いをします。
携帯可能なそれも出来るだけ小型のコンプレッサーがあればどれだけ助かるか。

そんな要求をほぼ満たしてくれそうな物のようでしたから、私もネットでさがして購入してみました。
その方は動画で¥1,500ぐらいと仰ってましたが、私が購入したのは¥2,300(送料無料)。

大きさは、110mm(H)×95mm(W)×50mm(T) 重量310g(コード含む)
手のひらに収まります。

a0143839_1652045.jpg





電源への接続は、本体からのコードがヒューズケース(ガラス管5A)~中間コネクター~
ワニ口クリップ~バッテリー端子へつなぐ方式です。

私は中間コネクター手前でコードを切って、2極防水カプラーに変えました。
(ほんとは防水の必要性はないのですが、接続先が防水カプラーのため)

a0143839_1610969.jpg


私のバイクは、元々は車載工具の入っていたカバー内にETCやグリップヒーター用に12Vを
引っ張りだして端末をカプラーにしています。
電源はこのうちのETC用にしている防水カプラーにつなぐこととしました。



では試してみましょう。
注意点はエンジンやエキパイなどにコードが触れて焼かないことです。

a0143839_16213628.jpg





①本体から出ているエアーホースをエアーバルブにつなぎます。
  バルブへの接続はねじ込み式です。

②バイクのエンジンをかけます。

③本体のメーター横の黄色いボタンを押すと、コンプレッサーがブーンと作動します。

a0143839_16263536.jpg





メーターの表示範囲は、0kPa~350kPaまで。
2分半ぐらいで200kPaを示し、3分ぐらいで250kPaを示し瞬時に300kPaに針は飛びます。
試しに機器を外してエアーゲージで確かめると250Kpaでした。

もう一度エアーホースをエアーバルブにつなぎ直して、スイッチを入れます。
(この時点、メーター表示は250kPaに戻っています)

1分ほどで300kPaを示し、そこから30秒ぐらいで350kPaへと針が飛びます。
(この時点でエアーゲージで確認すると350kPaでした)

メーター表示と実空気圧は一致しています。






これは使えますね!

但し、5Aのヒューズ予備は持っておく必要ありと、値段から考えて(中国製)の機器への
信頼度はまだ不明、壊れた時には万事休す!
パンク以外で空気圧調整するぐらいは手押しポンプのほうが早いこともあり、やっぱりポンプ
は持っておく必要はあります。
炭酸ガスボンベもツールケースには常に2本は入れていますから、ポンプも以前使っていた
小さめのポンプに変えます。

a0143839_17461571.jpg





何があっても労力さえ惜しまなければポンプさえあれば何とかなるし、キチンと機能して
くれればパンク修理の労力は大きく軽減されます。
荷物増のリスクと天秤にかけても、これは持って行きたいですね。



携帯用の袋も付属されています。

a0143839_17583789.jpg



YouTubeで良いこと教えてもらいました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-09-08 17:59 | バイクのメンテ・ほか | Comments(8)

Commented by 紀州のとっ at 2016-09-10 11:01 x
実は欲しいと思っていた商品です。
しかし手押しのポンプを買ってしまったので
なかなか買う気になれませんでした。
今度お会いできた時に見せて下さいヾ(^^ )
それからリヤフェンダーに穴を開けて
ボルト止めでタンクバックを付けようかと
思っていますが、、、どうですかね?
Commented by bmw-nl-60 at 2016-09-11 10:25
紀州のとっさん
なかなか使える商品ですが、パンクの際の労力軽減を優先して
携行するつもりです。
機器故障や頻繁な空気圧調整を考え手押しポンプとの併用に
しようと思っています。

リヤフェンダーの形状と取り付け構造が判りませんのでなんとも言えませんが、
フレームで支えられるシート後端寄り付近なら可能じゃないでしょうか。
入れる重量にもよりますが、フェンダー(PP)の劣化など考慮すると、フェンダー穴
のみではなく、フレームなどからのステー構造とした負荷分散なら安心ですね。
Commented by フート at 2016-09-21 21:00 x
690エンデューロつながりでこのサイトにたどり着き、時折楽しませていただいておりますが、最近690エンデューロの記事が見当たりません。
里子に出されたのでしょうか?
Commented by bmw-nl-60 at 2016-09-23 01:29
フートさん
初めまして。
コメントに気づくの遅れて申訳ありません。

690EDは新車当時からトラブル多く(夏になると頻繁にオーバーヒートして、シート下で爆発音!で停止。夏に乗れない)
何度もディラーにドック入りを繰り返したのですが、一向に治らず。
夏を除く5年乗りましたが、いろいろな経緯から昨秋に手放しました。

私のは690EDでしたが、どうも問題車種だったのか私が購入した翌年にはカタログから消えました。
残った690EDRも排気量アップで新型エンジンに変わりましたからね。

もし、KTM乗りさんならお許し頂きたいのですが、過去BMW、KTMと乗り継いできて今は
『やっぱり国産ですわ』の思いです。

以上のようなことでした。
Commented by フート at 2016-09-24 18:01 x
私のKTMは10年式690EDなので全く同じモデルかもしれません。
私の物は定番の燃料ポンプトラブル以外、特にトラブルは起きていません。(買って半年だったので無料交換でした。)
ただ今後、ウォーターポンプトラブルやエアクリーナーBOXのゆがみ等定番のトラブルがいずれ来るかと思うと、国産のように安心しては乗れませんね。
国産メーカーが690EDと同等のスペックを持つモデルを出してくれたら買い替えるのですが…
Commented by bmw-nl-60 at 2016-09-26 22:16
フートさん
10年式690EDなら全く私と同じでしたね。
トラブルなしは何よりですね。
私のは個体差によるものだったのでしょうか?

同等スペックといかないまでも、ADVENやRALLY仕様の国産で
排気量も400ccクラスなら文句なしですね。
Commented by フート at 2016-10-01 19:15 x
今の所、私の個体は上にあげたようなトラブルと、フロントブレーキのフリュードタンクからフリュードがトロトロ漏れたり、ブレーキの握り具合がグニュグニュと変だったり…漏れは止まりましたが、握り心地は変わらず、我慢していたら慣れました。
ちなみにブログさんの他に690EDはどのようなトラブルが出ましたか?参考に教えて頂ければ幸いです。
国産への乗り換えも検討していますが、破壊的なトラブルも出ていませんし、バイク自体は非常に気に入っているので、踏み切れずにいます…
Commented by bmw-nl-60 at 2016-10-02 00:27
フートさん
お聞きする限りでは外車にありがちなちいさなトラブルですね。
私の690EDは前述のトラブル以外は何もありませんでした。
原因も特定できないまま夏に乗れないバイク、乗れたとしても冷や冷やしながら
乗ってることでバイク乗るという本来の楽しみがなくなってしまい、そうすると
振動が激しいことやサスの動きの固いことなど、どんどん嫌になって手放す気に
なりました。
ただ国産に乗り換えるにも同様のジャンルのバイクがないですね。