2016 信州林道合宿 2日目

信州林道合宿 出発~1日目に林道東山線の動画を追添付しました。

2016.7.17
信州林道合宿2日目です。
昨日は夜行着即スタートで寝不足もありホテルでの夕食(BBQ)に生ビール飲んだりで直ぐに睡魔が襲います。
でも、食事後には1室に集まりモバイルで今日の動画を見たりしながらの部屋飲みもして、あとはバタンキューでした。
それにしても、このホテルの夕食は毎回すごいです。
えっ!これ一人分?っていうぐらいのボリュームです。
今夜もお皿に乗ったお肉が渡され、「これ何人分?」と聞くと、「一人分です」、え~!
しっかりこの日のエネルギー消化分以上を美味しく頂きました。



2日目のスタートです。
昨日は諏訪湖を中心に東へ蓼科山を越えて佐久・小海方面でした。
今日は西方向へ入笠山を越えて南アルプスの西山麓のお山へ向かいます。


朝のスタートを早くして一日たっぷり遊びましょう。
まずは茅野市内から直ぐのレアな『霧ヶ峰線』と『中沢線』を楽しんでから西方面に向かいましょう。
林道霧ヶ峰線は集落路地奥の獣害ゲートを開けて入ります。
樹木のトンネルと清流の小さな沢でどんどん高度を上げます。
こんな素晴らしいロケーションを動画に納めようとしましたが、カメラがイマイチ云うこと聞かず残念。
高度を下げて1本目の沢で休憩したところでカメラ再セットしてスタート。




一般道に出て2kmほど走っての林道中沢線

朝一番のウオーミングアップとしては、余りにも爽やかな林道2本を堪能しました。



茅野市内の国道を7kmほどリエゾンして、今日のメインとなる方面へ。
入笠山へダイレクトに登る丸金林道に入ります。


丸金林道終点で
a0143839_11174233.jpg





入笠山西側への下りは黒河内林道を走ります。
舗装が進んでいるとか通れないとかを聞き、ここ3年ほどは通っていなかった黒河内林道ですが、
ネット上では普通に通っているのも見聞きしていました。
今回久しぶりに走ってどのような状態かを確認すべく下ってみましょう。
入笠牧場横のゲートを開けたところから以前のままのダートになります。
黒河内林道




毎度お愉しみの道の駅『南アルプスむら』での昼食にはちと早いので、過去の黒河内林道を走った時のように河原へ下りて暫し水遊びしました。
ええ調子で流れを行ったり来たりしてると、浅く見えても底が細かな砂状に嵌ってしまったりが約2名。
何とか水没は逃れました。
a0143839_11372593.jpg


a0143839_11374953.jpg


a0143839_11381010.jpg


a0143839_11383357.jpg




道の駅『南アルプスむら』でお昼にします。
到着時には少し小粒な雨も降りはじめましたが、いつしか止んでいました。
お目当ての名物クロワッサンの試食のタイミングは合いませんでしたが、どのおかずパンも美味しいので、ここでの昼食も毎回のお楽しみの一つです。
a0143839_11431043.jpg


皆の顔、隠しもせずにドアップで・・・・・・・やっぱり恥ずかしいので隠しました。
a0143839_11184180.jpg

ところがここで我がカメラは電源なしとの表示が出て、以後動画は撮れません。
スナップのみだましだましの撮影したものだけとなりました。
ここ以後の動画は@Tさん撮影のものを拝借しています。




@Tさんの提案で、時間もあるので分杭峠方面の林道浦・分杭線を走ってから女沢方面へ行ってみます。
分杭峠は磁場ゼロのパワースポットとして一般道からは多くの観光客が訪れます。
逆に林道から行ってみようというルートです。

このルート、何年か前には下から5、6km付近での土砂崩れで引き返したことがあります。
復旧して通れることが確認できれば、今後のルート計画にも幅ができます。

平家の落人末裔が住む山奥の集落から林道となります。
樹林帯の大きなターンのつづら折れでスピードの乗る登りがつづきますが、高度を上げ一旦勾配が落ちた4.5km付近で鎖ゲートで封鎖され、通行不能の看板とその先の路面も草の深さからほとんど走っていないことが感じとれます。
あの時の土砂崩れ箇所が復旧されていないのでしょう。

撤退します。
が、快適林道の2倍楽しみにもなりました。


女沢林道には電気策ゲートを開けて入ります。
a0143839_11203330.jpg


女沢林道途中で長谷・高遠線へと進むことで高遠まで18kmものダートとなります。
林道女沢線~長谷・高遠線




高遠まで下りて給油と小休止後、国道から鍛冶村線へは毎回入口で迷いますが、今回もよく似た手前で入りそうになり、気づいて少し進んで本線へ侵入しました。
まさに地元の裏山的なつづら折れのつづく林道13kmで町道高峰線に合流します。

幅狭い鍛冶村線から広い町道高峰線に出て、皆スピードは上がりますが油断するとコーナー曲がるとチュルチュルや大きな水溜りが罠となって待ち受けます。
20kmほどの中ほどで毎度の休憩ポイント。
a0143839_19585430.jpg


終点まで走らず支線マニアックなチュルチュル林道へと進み、金沢峠へと進みます。
さあ予定の林道もあとわずか、金沢林道を下り金鶏金山と呼ばれる分岐で直進して猿が入り線を進みます。
1.5kmほどのフラット林道、金沢峠と芝平峠を結ぶ。
芝平峠からいよいよ今回最後のダート、しっとり路面と急なガレを下りきり終点となる。

この方面のツーリングでは常に八ヶ岳と共にあるようなロケーションも楽しみの一つとしていますが、今回は二日間とも雨に遭うことなく過ごせたものの八ヶ岳は常に雲の中、初めて参加の@chiharuさんには何とか見て欲しくて八ヶ岳エコーラインを経由するもののお山は姿を見せることはありませんでした。

茅野市内のホテルにデポしたトランポまで戻り、ホテルのお風呂で汗を流しました。

本日の走行距離 : 198km
本日の林道    : 11本
本日のダート率  : 52%

諏訪湖SAで夕食兼清算を済ませ、神戸@Tさんガレージには翌日1:00帰着しました。
9名の大所帯でしたが、笑って済ませるハプニングが何件かあったものの、トラブルも怪我もなく
終了しました。
夏はやっぱり涼しい信州やねっと、楽しんだ2016信州林道合宿でした。
段取りその他お世話頂いた皆さん有難うございました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-07-27 11:30 | ツーリング | Comments(9)

Commented by 紀州のとっ at 2016-07-27 23:44 x
24Gさん 今晩は
あ~~羨ましいですぅ~
丸々二日間の林道はどんな感じかしら?
かなりの体力がないと辛そうですが。。。
どの林道もよさげですが
動画を見て特に金丸林道を走ってみたいと思いました。
まあ今回のように登りを、もっと遅くですが・・・
金丸林道の下りはやめときます(~_~;)
(きっと恐々トロトロしか走れない)
信州方面はオンでしか行ったことないですが
夏でも涼しかったのを覚えています。
龍神方面は信州程ではないですが5~6度程は低い気温ですので
今でもそんなに暑くないです。
キャンプが終わったらよっぱらいさんと行きましょう!(^^)!
Commented by 紀州のとっ at 2016-07-28 00:28 x
失礼
金丸林道⇒丸金林道の間違いです。
Commented by bmw-nl-60 at 2016-07-28 10:53
紀州のとっさん
毎回参加の女性も走ってますので、二日間ぐらいなら体力的には問題ないでしょう。
走っているとまだまだ気になる支線がいっぱいありますので、二日といわず三・四日
滞在して探索してみたいぐらいです。

はい、丸金林道は楽しいですよ。
樹林帯のためこの林道からの眺望は望めませんが、入笠山から連なる稜線からは東に八ヶ岳、北西には北アルプスが見えます。

仰るとおり、何より涼しいことが超暑がりの私にはなによりです。

よっぱらいさん達と行く龍神方面のお誘い、心待ちにしております。
Commented by よっぱらいの妻 at 2016-07-28 20:33 x
動画の編集 腕前を上げられましたね。機会があれば教えて下さい^^

4本の動画を何度も見させて頂きました。女性も参加されていたんですね。見れば見るほど行けなかった事を残念に思いますw

動画を見ながら ここは何速で走っているのか? 時速は何キロ位でているのか?自分ならどのラインを走るであろうか? ブレーキやアクセルをどの様に使って走るのか?等をイメージしながら研究しています^^ 特に3本目の丸金林道が興味深々です。

そして4本目の動画で 24Gさんがアスファルトで前方のバイクから離れて行くのが目に止まったのですが・・・。 何でだろ~う♪?


Commented by bmw-nl-60 at 2016-07-30 00:48
よっぱらいの妻さん
動画編集お誉めいただきありがとうございます。
もっと解った人ならサッサと出来るんでしょうけど、多分私は手間なことやってると思います。

よっぱらいの妻さんが見たら、こういうコメントがされるだろうなと予測しながら編集しましたが、
ドンピシャのコメントでした。
一旦お誘いした信州ですから、雰囲気を伝えることに専念しました。

>4本目の動画・・・・
私も動画編集でそう感じました。
ダートを走ってる間は動画の都合上彼女に接近して走ってますが、舗装路に変わればこちらはもうのんびりと、
周りの工事現場の状況(今後の舗装化)を観察したりして走ってますし、彼女は前に追い付こうとスピードが
上がったからでしょうね。
Commented by chiharu at 2016-07-31 22:49 x
動画の編集お疲れ様でした。
また今日はありがとうございました。

信州の色々な林道を走り、まだ思い出に浸っています(笑)
動画も撮って頂いてまだまだ反省点やら課題満載です。

少しでも上手く走れるように精進しますんでまたよろしくです。
今度のツーリングも気をつけて楽しんで来てください。
Commented by bmw-nl-60 at 2016-08-01 00:18
chiharuさん
今日は遠路お疲れさまでした。
たいしたお構いもできず申訳ありませんでした。
無事目的は果たされましたでしょうか。

私も信州の林道の余韻に浸りながらも、徐々に
次の準備に追われながらやや気持ちは北へと向いてきました。

涼しくなったらchiharuワールドへのご案内よろしくです。
Commented by よっぱらいの妻 at 2016-08-05 10:08 x
今さっき気付きました。
最後の動画の後半で カメラの前を走っているのは24Gさんですね。
良い研究材料になります^^
早速ですがカーブの時は ほとんどイン側を走っておられますね。
林道のフラットダートでもアウトからインがお勧めでしょうか?
Commented by bmw-nl-60 at 2016-08-07 11:32
よっぱらいの妻さん
毎回よく研究されて鋭い質問ですね。
林道とはいえ公道ですから、対向車があるかもしれませんから
基本的にはキープレフトです。
時と状況や人によってはインインやアウトアウトもあると思いますが、
コーナーの基本アウトインアウトを心掛けています。

ただアウトインアウトを林道の幅いっぱい使って(キープレフトから外れる)
やるか、左半分の幅でやる(キープレフト)かはその時の状況によります。
 
対向車や障害のない確信が持てるまたは比較的見通しのよいコーナーは道幅いっぱい
でアウトインアウトしてますね。

もう一つは、コーナー侵入は自分の欲しい速度(技量による)まで落として曲がり、
コーナー出口から再加速するスローインファーストアウトはよく云われる技術です。