笠形山から生野(追記済み)

2015.04.05

先日のソロツーで、やっぱり林道ツーは楽しいなと林病再発したもよう。
出発はやや遅めだが天気も良し、今日は久しぶりに笠形山林道から走り始めよう。

三木~加東~加西へと進み、笠形山林道入口1kmほど手前の『ゆるぎ岩』の標識を見て、昔はここから畑林道を越えて釜坂峠へ抜けていたのを思い出し、ちょっと寄り道。
村はずれのダートの始まり箇所には金網ゲートがあって、鍵もなく地元の人は日頃出入りしている雰囲気はあるが、今日は引き返そう。

林道笠形線起点の標識から1kmほどでフラットダートから始まる。
a0143839_0505627.jpg


直ぐに舗装に変わるが、中ほどから後半はバラスの深いダートで釜坂峠のやや西側に出る。
釜坂峠を南に越えると直ぐ左に林道笠形線第2工区の入口、山の稜線近くを右に左にと俯瞰する景色が変わり後半部分に入り西側を見晴らす展望台のようなところで休憩。
a0143839_103793.jpg


展望台から暫くで路面は舗装となり、船坂峠に出る。
東側へ少し下れば、正面に第3工区の入口、林道笠形線の最も長い林道だがほぼ全線舗装されて久しい。
30年ほど前には半分強(加西CCの上ぐらい)ぐらいで開削は止まっており、ピストンながら走り応えあり良く来たものだ。
でも舗装されたとはいえ、笠形山頂上に近い西側山腹を走るためところどころの眺めも良く飽きることなく
県道8号高坂峠の松ヶ井の水付近へとつづく。

高坂峠は県道8号でトンネルになっているが、旧道で越える林道へと進む。
登り途中の景色の良さそうなところで、遅めの昼飯。
風もなく静寂のお山で、日差しもポカポカうぐいすの声聞きながらバナーの音も心地よく、いつものラーメンと家内が持たせてくれた握り飯も旨い。
a0143839_1362731.jpg


つづきは後日。
   ↓
峠を越えて下りだせば、右への支線あり。
標柱には千ヶ峰三国岳線とある。
昨年にも進んでみたが、僅か先で崖崩れで引き返したことがある。
さて、復旧は?の思いで進んでみたが状況に変わりはなかった。
a0143839_042655.jpg

道幅も広く入口付近の雰囲気は立派な林道、反対側(北側)からの林道開削が進んでいるのは体験済み。
これが開通すれば楽しみな長い林道になるのだが、いつになるやら楽しみではある。

越知谷へと下り、越知川沿いに遡り新田ふるさと村へ。
ふるさと村のすぐ先のゲートは開いており、工事か伐採でもやっているのかと思うが、通行止めの看板もないので進行。
峠付近から新しい林道支線工事が進んでいるもよう。
これも、前述の千ヶ峰三国岳線と合流しそうな方向への開削に見える。

峠から梅ヶ畑への下りダートは一部崖崩れあるが通行に支障なく、木漏れ日差す林間走行で梅ヶ畑集落のやや下流へと出る。
a0143839_124755.jpg


a0143839_13679.jpg


梅ヶ畑から大外長野林道へと入る。
全長2kmほど林間の峠越えが楽しい林道、峠に出ると直進方向に真新しい林道が出来ているが、それには進まず右へと本線を下る。
a0143839_121422.jpg


下りきり間もなく青垣峠に出ようかとする付近で、左に上がるこれも真新しい林道発見。
これって峠からの新しい林道と繋がっている?行けるところまで探索してみよう。
粘土質の路面でどんどん高度を上げてゆくと・・・・・ん?
上には青いバイクと人が居るじゃない?
平日のそれも誰も来ないような深い山奥でオフの同業者に会うとは、お互い驚きに暫し立ち話。
今日、笠形山の林道ですれ違ったWR-Fの方だった。

サービスエリアや道の駅などで、時々他のバイク乗りさんと話することがあり大抵はお互いのバイクの話になるのだが、ここではバイク談義にならず林道情報の交換に終始するのが何とも嬉しい。
お互いの自己紹介でその方のハンドルネームを聞いてビックリポン。
ブログを通じてお付き合いのある、chiharuさんの幼馴染みさんだった。
いや、本当にこの業界(オフ)の世界は狭いです。
chiharuさんとの出会いもそうでした。

お互い対面方向でこの林道に入ってきているので反対方向にお別れした。
a0143839_1424636.jpg

が、私が青垣峠を下り大名草に出るところで追いついてきたその方と又出会い、大名草でお別れした。

名残の桜を楽しんでのツーリングの割には、未だ一枚も桜の写真が無い。
R427号播州峠のトンネルを越えて、道の駅『かみ』の手前で無理やり道路際の桜で一枚。
a0143839_1473357.jpg


帰路には、体調崩して気になる専務のいる取引先を覗いてのご機嫌伺いや、昨年末まで勤めた会社に寄ってついつい話し込み、帰宅は21:00を過ぎてしまった。

桜愛でつつポカポカ陽気、ウグイスの声聞きながらのオフツーリング。
初めての道、初めての人、新しい出会いもあって充実した一日だったな。

本日の林道 : 5本
本日の走行距離 : 228km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-04-07 01:36 | ツーリング | Comments(6)

Commented by chiharu at 2016-04-08 12:32 x
林道の散策には良い季節になりましたね。
最初にお会いしたのは確か能勢のM山だったような? ゼッケン付けてイベントやっておられましたね。
その後は阿舎利の林道の前のサンパティオから氷ノ山。淡路島のBMWもお世話になりました。

やはり林道走ってるとルートやポイントは決まってきますが、偶然の巡り合わせは不思議で楽しいものです。
林道店長とは保育園からの付き合いになります。日々新林道の開拓に励んでおられるので? よく新情報も聞きます。
また情報共有して日が暮れるまで? 楽しいツーリング行きたいですね〜。


Commented by 林道店長 at 2016-04-08 21:32 x
大外長野林道支線でお会いした林道店長でございますm(__)m
ほんとまさか平日の林道内で同業者さんとお会いできるなんて
大変嬉しい出来事でした(^o^)
知人の知人って繋がりもこの業界の狭さと輪ってものを
改めて実感いたしました。

こえからもちょくちょくお邪魔させていただきますので
宜しくお願いいたしますm(__)m
Commented by bmw-nl-60 at 2016-04-09 00:43
chiharuさん
24Gです。
そうでしたM山でした、それ以後ブログ拝見していて、ある時サンパティオで見覚えあるカラーリングのバイクでしたから声かけして氷ノ山ご一緒しましたね。
そうそう楽しい林道があちこちにある訳ではありませんから、狭い業界人が好んで行くところって重なるでしょうから、偶然のようで実は当然かもしれません。
共通の趣味を持つ人との出会いやその輪が広がるのは楽しいこ
とです。
>日が暮れるまで・・・
はい、望むところです。
Commented by bmw-nl-60 at 2016-04-09 00:56
林道店長さん
24Gです。
まさか、まさかでしたね。
ポピュラーな林道でもなく、土日でもない日にですからね。
ソロはソロで気楽さもあって、あの林道もお山独り占め気分で走ってましたからね。
まさか人に出会うとは!
ましてや自分と同じ目的や価値感でお山遊びする人との出会いは嬉しいものです。
名乗りあえば知人つながりとは驚きでした。
私は退職後ですから平日もお山遊びしています。
また、お会いするかもしれませんね。
今後共どうぞよろしくお願いします。
Commented by 紀州のとっ at 2016-04-10 05:55 x
24Gさん こんにちは

林道を200キロ以上走っても疲れないですか?
ガソリンも心配ですし なかなかソロでの長距離は勇気いります。
最近ディグリーの調子がいまいちなので、タンクの大きいセロー225WE(トコトコでしか走れないので)がいいのでは・・と考えています。
他にお勧めの250以下のバイクはありますでしょうか?
予算は少ないので旧型のモデルになります。
Commented by bmw-nl-60 at 2016-04-10 14:49
紀州のとっさん
24Gです。
一つ林道抜けると、『あと〇〇kmであの林道も走れるな』と、どんどん距離が伸びてしまいます。
オン距離長いと疲れますが、オフ繋ぎは全く疲れませんね。
ワクワク感に引っ張られ、日も暮れかけると帰りのこと考える始末です。

とっさんの次期戦闘機、やっぱりセローでしょ。
それも225の方が運動性能は高いでしょうね。
リヤチューブレスがお望みなら1997年以降の225WE(4JG5)がお薦めです。
但し、リヤタイヤの選択肢は少なくなります。

シェルパもそのカテゴリーに入りますが、運動性能、信頼性においてはセローが一歩上だと思います。

紀州のとっさんは背が高いので、ポジションが窮屈かどうか、特に膝の曲がりは要注意です。

トレックに限定しないなら、XRはお薦めですね。