作業台製作

2016.02.06

これまで我が家のガレージで何か作業する時は、作業台らしいものが無いためいつもしゃがんでの作業でした。
加工する際に使う万力も7年前ぐらいから用意していましたが、いつか作業台を作って取り付けようと思いどのような台を作るかの構想もまとまらず伸び伸びになっていました。

昨年末で退職しましたので、今は時間はたっぷりあります。
作業台も大層なものを考えていましたが、丁度退職前に、会社で処分される台車を貰い受けました。
柱も棚板も厚手の鉄板ですから重量があり、万力を据えて作業するにはこれぐらいの安定感は必要です。
狭いガレージですからバイクやなんやらのスペースを考えればこれぐらいの大きさでよく、一から作る手間が省けます。
でも、処分されるぐらいですから塗装も浮いてサビサビで汚いです。
a0143839_1141661.jpg


まずはバラして、浮いた塗装とサビを落とすため全面を研磨、ぶつけた歪みなど修正しました。
そして塗装です。
a0143839_1182423.jpg


組み立てて天面にコンパネを取り付けました。
a0143839_1232410.jpg


中間の棚を組み、念願の万力を取り付けました。
今後、グラインダーなども取り付けるスペースも考慮した位置にしました。
a0143839_127135.jpg


元々、動きの悪いキャスターが脚についていましたが、土台が不安定では万力作業が出来ないので地下置きのつもりで、動き止めと床面保護を目的に脚の底に厚手のゴム貼りのみとしましたが・・・・・・・
しかし・・・・設置場所を固定出来るほどスペースはありませんので作業の状況に応じて移動させる必要がありますが、重いので簡単には動かせません。
そこで動きの悪かったキャスターを再生させ、移動用のルートボーイを造りました。
a0143839_1384016.jpg


移動中に落ちないようルートボーイへの位置決めにはピンが脚底に刺さるようにしました。
a0143839_1411040.jpg


乗せて動かしてみます。
a0143839_142618.jpg


完成です。
この台のお陰で、これまで使い勝手悪かった電動工具類もコンテナに収まり取り出しが楽になりました。
使わない普段はバイクとバイクの間の奥まったところが定位置になります。
これからの作業は腰が痛くならずにすむでしょう。
a0143839_1533639.jpg


この作業台製作にあたっては、やりだしては構想が変わり、そのための部品買い、塗装の乾き待ちなど3日も要してしまった。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2016-02-06 01:55 | バイクのメンテ・ほか | Comments(2)

Commented by adv-kou at 2016-02-06 07:03
新品みたいに生まれ変わりましたね。
台車が喜んでます!
Commented by bmw-nl-60 at 2016-02-07 23:26
航さん
新品とはいきませんが、ぱっと見はよくなりました。
処分の運命にあった台車の、最後のお勤めしてもらいます。