涼しなって、久々のお山。

2015.09.05

7月の信州行き以来、暑過ぎて出掛ける気にもならず、ましてやヘルメットやジャケットの身支度など
する気にもなならなかった。
まあ本来、暑がり汗かきの夏嫌いですが。

少し前からかなり涼しくはなったが天気に恵まれず、この土曜日を逃すと明日の日曜日は確実に雨の予報。
それじゃ~と思えば、前回オイル交換から4800kmも走っているのに気づいてオイル交換。
今年最初の氷ノ山方面へと遠出を予定していたのに、またも出遅れてしまった。

高速道路を利用して福崎から播但道市川北で下り、峰山砥の峯線からスタート。
ほぼ舗装化されて久しいが、僅かに残るダートはいつ来てもそのまま。
しかし、開削中らしき林道支線が何本かあり気になる。

初秋の砥の峯高原。
もう少し秋深まれば、車、バイク、人だらけになるが、まだ少なめ。
空はすっかり秋模様。
a0143839_22271717.jpg


a0143839_22273578.jpg


福知渓谷やや上流へ下り立ち、橋を渡って流れを遡る。
次第に千町が峯から派生する尾根の腹を登り、最初の切通しで尾根を越える大河内線を下れば、
千町集落外れのみずならの大木。
a0143839_22415240.jpg


草木ダムから川沿いの林道を進むが、下流から上流に向けてコンクリート化が進行中。
しっとりとした、渓流沿いの林間走行が気持ち良い林道なんだが・・・・

いつも昼食ごろとなる三方のJAスーパーもパスして、阿舎利林道へと先を急ぐ。
廃屋目立つ阿舎利集落から林道が始まり、最近の豪雨で出来たであろう深い流水轍を
交わしながらの登りがつづく。
阿舎利山と一山(ひとつやま)の鞍部から西側に下りだすと路面の荒れは治まり、いつもの阿舎利林道。
a0143839_22575442.jpg


29号線を北上するが、北の空はどんより。
山の雨は急な土砂降りもあるので、氷ノ山林道入口のやまめ茶屋で携帯、財布、カメラなど
コンビニ袋で防御し、カッパも直ぐ取り出せる用意をした。

高度を上げれば降るだろうの予測に反して霧中走行になることもなく大段平に到着。
流石に山を見上げても氷ノ山頂上は雲の中、ここから上のお山は間違いなく雨だろう。
a0143839_2320310.jpg


此処とてゆっくりもしておれない微妙な湿りっ気を感じる。
急いで下ろう。

林道途中の連続滝の1枚。
a0143839_2330076.jpg


氷ノ山国際スキー場まで下りてきた、雨の気配は無いがすぐ上の東尾根上部はガスの中。
a0143839_23322022.jpg


朝出遅れた分そろそろ帰路に付かねば、鉢高原~瀞川山への林道を諦め丹戸から出合へ下る。

出合小学校横から轟集落へと登り、舗装化久しい天滝尾の谷線へと進めば、本日最後のダートとなる
天谷線を走る。
a0143839_23405041.jpg


天谷線を出れば長いワインディングを大屋へと下り、南へと富土野峠を越え三方で再び降り出しに戻った。
三方からは往路の川沿いの林道で戻ろうかとも考えたが、日暮れも近くソロでもあり用心して、もう少し下って福知渓谷を経由して再び砥の峯高原へ。
日暮れ間近の砥の峯高原。
a0143839_234936.jpg

最後の休憩を済ましての下りは完全な日没となった。

往路と同じ播但道と中国道経由で帰宅。20:00

久しぶりのお山遊びを満喫。
これからはまた絶好のお山遊びのシーズンですから、大いに出掛けますよ~。
雨男が災いしなければ・・・・・ですが。

本日の走行 : 350km
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-09-06 23:57 | ツーリング | Comments(4)

Commented by たけちゃん at 2015-09-07 18:43 x
氷ノ山行かれたんですね。(^-^)

土曜日は何とか良い天気で良かったですね~

僕も今度の金曜日にいく予定なんですが、台風が来そうです~(涙)

あっ、ちなみに二本足の方です~(笑)
Commented by よっぱらい at 2015-09-08 06:23 x
氷ノ山方面も支線がいろいろあるのですね いつも通行止めで苦労しています
Commented by 24G at 2015-09-08 06:32 x
たけちゃん
天気の悪い土日が多いですね。
今回はこの日しかないぐらいドンピシャでした。
今度の氷ノ山はどこから登るのかな?
お天気を祈っときます。
Commented by 24G at 2015-09-08 06:38 x
よっぱらいさん
見つけた支線は、機会を見計らって偵察(笑)に行きます。
まあ、そうそうは行った甲斐のあることはないのですが、
珠に大きな拾い物したような林道発見もありますから、
探索するしか・・・と言うより探索そのものが趣味ですね。