「ほっ」と。キャンペーン

青鹿号タイヤ交換

2015.05.30

昨年9月に青鹿号購入後、3,890kmの走行距離になり、フロントタイヤ3分山、リヤタイヤ2分山ぐらいになりました。
標準タイヤはダンロップのTWシリーズですが、流石トレールタイヤ長持ちしました。

GWの四国ツーリングあたりからグリップ力が落ちて、バラス系路面の下りでは止まりません。

と云うことでこの度タイヤ交換しました。

フロントは兎も角、リヤはチューブレスですから外すためにビードを落とすのも、嵌めてからビードを出すのも大変です。
過去2回ほど自宅ガレージで苦労しながらやったことがありますが、今回はいつもお世話になるHガレージのご好意でタイヤチエンジャーを使わせていたきました。
何と楽ちん。
a0143839_22195317.jpg


リヤにはトライアル系、IRC TR-011を選択しまwした。
リヤタイヤ交換完了
a0143839_22204133.jpg


フロントにはXTZ125E用に用意していたモトクロス系 IRC ix-09Wを流用しました。
フロントタイヤ交換完了
a0143839_22213533.jpg

ところが「しまった」・・・・交換後に思い出した。
タイヤ交換に併せてビードストッパー入れるつもりを忘れていました。
まあもっとも未だ買ってもいなかったので仕方がない、次回にします。

それと、セロー独特のフロントのエンジン側フェンダーとタイヤの隙間はぎりぎり、タイヤのヒゲが擦っている状態です。
これは泥詰まり等を考えるともう少し隙間を作る必要ありです。
延長ステーか何かを作っていつか何とかしましょう。

まずはタイヤ交換完了しました。
a0143839_22322119.jpg


Hガレージの皆さん、ありがとうございました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2015-05-30 22:43 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)