「ほっ」と。キャンペーン

柿色号の北海道仕様

この夏の最高のMyイベント、22年ぶりの北海道ツーリング。
相棒とする柿色号をいろいろと北海道仕様にしました。

シートの硬さでお尻の苦痛は必至と云われるKTM690エンデューロ、最近には野口シートに換え
少しはマシかなとは思いますが、長距離の走行を考慮して念のためにお尻に優しそうなゲルザブ
を購入して付けています。

a0143839_22483554.jpg


まだまだ使えるフロントタイヤT-63でしたが、これも北海道での長距離走行を考え、新しいタイヤに
換えました。
今回もリーズナブルなT-63です。

a0143839_22522183.jpg


リヤタイヤは先日の剣山弾丸ツーリングでほぼ限界でした。
今回もT-63を考えていましたが、ネット購入ではどこも「入荷の目途立たず」の返事。
仕方なく以前から興味のあったダンロップD-908RRにしました。
これまでも硬いと云われるタイヤの入れ替えしてきましたが、これは本当に硬かった。
この硬さと接地面の多いブロックパターンと相まって持ちは良さそうですが、グリップに
やや懸念も。
外した古い方のT-63は丁度3,000㎞走行の摩耗具合です。

a0143839_22595887.jpg


特に北海道行くためではないが、フロントのブレーキパットが残1.5mmほどになっていたので
これも新品に交換。

a0143839_237139.jpg


さて、道内4~5日のツーリングとなればそれなりの荷物量を想定しますが、高価なパニアケースが
有る訳でもなく、まだ付けたことの無いツーリングバッグを何とか付けたいと試行錯誤しながら、こんな
荷台を作ってみました。
前々から何かと保存していた残骸の中に、程よい大きさの6mm厚のアルミ板を加工しました。
取り付け用穴の皿加工の後、Φ11mmの穴をランダムに明けて800gの板を620gまで軽量化。

a0143839_2320486.jpg


少しでも軽量を考慮して、ツーリングバッグの底面積より小さく作ったアルミ板の荷台、実際にバッグ
を積むとバッグ底周囲が沈み込むのを防ぐため、バッグ内底に4.5mm厚の合板を敷きます。

a0143839_23302493.jpg


このツーリングバッグは両サイドのジッパーで収納容積が増します。
バッグ内底に敷いた合板は大小2枚構成で蝶番でつないでいますから、立てていた小さい方の合板
を倒せば増量したバッグ内の底面積に対応します。

a0143839_233643100.jpg


実際に柿色号に取り付けたツーリングバッグはこんな感じ。
フック付ゴムバンドや付属バンドを加工したもので固定方法もバッチリ!
縦にも横にもずれることはないでしょう。

a0143839_23433691.jpg


我が柿色号の給油口はシートの後で、タンクもシート下やや後方、リヤに荷物も積むとなるとリヤヘビー
を感じてライディングへの影響も懸念。
重たい工具類だけでも何とか前へと考えた結果、ホームセンターで安価な丁度よいバッグを手に入れ、
シート下からのバンドをミシン加工して作り、フロントに取り付け成功。
左右目いっぱいハンドル切っても影響なし。試し走行も全く違和感なし。
リヤのバッグ効果も含め、これで背負うリュックは軽いものになる・・・・だろう。

a0143839_23535752.jpg


さあ、北海道ツーリングに向けた準備万端です。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2013-08-07 23:40 | バイクのメンテ・ほか | Comments(0)