今年初の氷ノ山

2012.05.27

兵庫県と鳥取県を隔てる県境尾根の氷ノ山から鉢高原、そして瀞川山から村岡へと山麓をつなぐ大幹線林道があります。
途中にはスキー場や部分的に舗装もありますが、県内ではまだまだ最長を誇る林道です。

例年、GWには積雪で越えることが出来る出来ないの確立は半々ぐらいですが、もう大丈夫でしょ。
久々の氷ノ山方面です。

誘いに応じてくれたのは弟とTさん、3人で日帰りします。

山陽自動車道「三木東」ICに集合し、そのまま山陽道~播但道で北上します。
「生野」ICで高速を下り、給油のあと林道に入ります。

千町林道本線は一部舗装化でダートは減りましたが、最下部の〇原からの支線は手つかずの林道が残っています。

千町峠からは既に完全舗装となった林道を千町集落まで下り、草〇ダムを過ぎ横〇川沿いの林道で更に北へと下り、一宮の三方へと出ます。
いつものスーパーの駐車場で小休止のあと、誰云うとなく『次の休憩は大段ヶ平(おおだんがなる)やね!』。
ちょっと遠いか・・・・な?『よっしゃ!気合い入れて行こか!』

一宮の最奥の阿舎利集落から、阿舎利林道を越え29号線へと抜け、29号線を北上して戸倉峠の手前から右折して大幹線林道に入ります。
相変わらずの路面の荒れに、フロントのリム打ちパンクに気を遣います。

それほど荒れた路面でも流石に季節です、坂の谷登山口から上部にはスズコ採りの車と人がうじゃうじゃ入って居ます。

対向車や林道脇に停めた車に気を付けながら、横行渓谷へのジャンクションに下り、更に予定の休憩地大段ヶ平へと登りきりましたが、ここも車と人でうじゃうじゃ!
3人は目線で確認しあい、エンジンを止めることなく先へと進み、下りきった氷ノ山国際スキー場が次の休憩場所となりました。

結構気合いの入ったロングライディングは、スタート当初の六十肩の痛みをほぐしてくれたようで何ともなくなっていました。

もうお昼12時を過ぎていますが、残るあと半分の大幹線林道を鉢高原から瀞川山へと走り、9号線村岡まで昼飯はお預けです。
13時過ぎには着けるかな・・・(空腹・・・)

シーズンオフのスキー場は小中学生の野外活動や学生の合宿で賑やかです。

でも鉢伏山登山口を過ぎると鉢高原の裏側になるため、一気に静かな林道ランになります。
瀞川山近くでは手も届かんばかりのところをパラグライダーが飛んでいます。

オフライダーの名所、瀞川山の延々つづくストレートも、空腹に先を急ぎ写真の一枚も撮ることなく通過、9号線『道の駅村岡』でやっと次の休憩&昼飯となりました。

と云うことでここまで写真無く、この昼飯、『但馬牛ソースカツ重ね丼』が最初の画像。
a0143839_22593974.jpg


腹も膨れバイクもまずは給油です。
『さて、どこ通って帰ろうか』
『往路にパスした林道をつないで帰ろうかな』

GSで教えられた、国道をパスするショートカットコースで鉢高原まで戻り、少し大幹線林道を逆走してやがて支線に入ります。
余りにも有名な林道がメインになるからか、余り人が入らない長くて静かな良い林道です。
その分、落石、土砂崩れはそのままであることが多いので、コーナーの向こうは要注意。

土砂崩れ痕を越える。
a0143839_23274944.jpg


高所にある轟集落から、今や舗装化久しい天滝尾の谷線を経由して加保坂林道のダートを走りながら養父大屋の俯瞰を楽しみます。

大屋へ下り西へと登り返すと、但馬と別れ奥播州に戻る若杉峠となります。
若杉峠から西、波賀町道谷集落手前で農道へと左折すると林道「道谷、志倉線」となるが、ご多分に漏れずいつも通行不能とあるが、行けてしまう。
もっとも乗用車は無理です。

ちょっとは緑の中の一枚も。
a0143839_23424871.jpg


往路のスーパー駐車場でトイレ休憩して、同じく往路に走った横〇川沿い林道を登る。
フィナーレはやっぱりここか!
砥の峰高原。
a0143839_23471645.jpg


往路の逆に播但道~山陽道と高速利用で19時帰宅。
今朝、家出がけに気づいたフロントのパンク!
とりあえずは空気入れるとしばらくはもつスローパンク、今日1日で5回の空気入れでパンク修理することなくもってくれました。

次の休日にでも修理します。

本日の走行距離 : 440km(自宅発着)
本日の林道走行 : 9本
ダート率      : 19%ぐらい

あ~おもしろかった!! 
[PR]

by bmw-nl-60 | 2012-05-29 00:07 | ツーリング | Comments(2)

Commented by at 2012-06-02 09:21 x
林道、さらに西へ行くとまだあるのですね~
鳥取方面は全くの未開拓です。
楽しそう~♪

紀伊半島は昨年の台風で全滅でした。
いよいよ遠征でしょうか!?
Commented by 24G at 2012-06-04 21:15 x
航さん
ところが、兵庫県より西の中国地方は林道不毛地帯と云われた時期もありました。

・・・・が、地元の方こそ知る林道が結構あります。
私の経験では林道という規模のものは少ないですが、テクニカルなルートは多いようです。

兵庫県内なら航さん家からでも充分日帰りエリアですよ。
よろしければ又ご一緒しましょう。