2011.8.6 坑道の風、寒い!明延鉱山

毎日暑い日がつづきますが、休日のたびに積極的にKTMで出掛けています。
納車から1年を過ぎたところ、走行6,300Kmを超えても標準タイヤ(メツラー・サハラ)
ON寄りのタイヤは全然減りません。
OFFタイヤは納車直後から用意はできているのですが、勿体ないから出来る限り走って
減らしてから交換しようと、暑いのに頑張って出掛けてます。

そんな動機で出掛けますから特に行く先も決まっていませんが、今回はレーダー感知器
をちょっと工夫して付けてみたので、作動しているレーダーを通過して試験すべく中国自動車道を
西へ向けて走りました。

試験の結果は太陽光充電で充分作動しますが、ピピッピピッの警告音はヘルメットの風切り音で
聞こえません。
常に警告灯を見ている訳ではないので改良の余地ありですが、高速に成らない一般道なら警告音
も聞こえますのでまずは使えます。

山崎ICから一般道29号を北上します。
一宮町曲里で県道6号へと右折し、富土野峠を越えて大屋方面へと向かいます。
富土野峠はトンネルで越えて下って行くと道端に明延鉱山の旧坑道があります。
a0143839_055642.jpg

a0143839_074256.jpg

申し込みすれば探検ができるようです。
a0143839_08247.jpg

写真を撮るのにバイクを止めましたが、坑道の奥からこの金網を抜けて〃涼しい〃
風が吹き出しています。
ここまであんまり暑かったので暫らく金網にもたれていましたが、〃涼しい〃は一瞬
でした〃寒い、寒い〃3分ももたれておれませんでした。
もっとも、奥を覗いても漆黒の闇ですから、背中に不気味さを感じたのもありますね。
a0143839_082394.jpg


大正元年から鉱石を運んだ鉱山列車『明神電車』は昭和27年以来、乗車賃一円で
人も乗せて運んだことから『一円電車』とも呼ばれた。(Wikipedia)
a0143839_0213692.jpg

a0143839_0215249.jpg

a0143839_0221175.jpg

a0143839_0223842.jpg

a0143839_023394.jpg


県道6号を北上して大屋へ出て県道70号で南へ折り返す。
常に右手に名峰須留ヶ峰(1,053m)をを仰ぎ見て、国道372号朝来へ出た。
ここからはつい先日の丹後半島の帰路と同様に生野を経由して、今回は青垣から舞鶴道を
経て帰宅しました。
走行 : 320km

『明日どこ行こ?』
[PR]

by bmw-nl-60 | 2011-08-10 00:55 | ツーリング | Comments(0)