レスキュー要請 2010.4.25

来週には恒例の四国ツーリング。

昨日、弟と小電力のトランシーバーが安かったので買った。
ハンズフリーでも使えるもので、ヘルメットにセットすればライダー間でも走行中にコミュニケーションできる。弟がそのテストに出かけようと言うが、主力機のセローは整備も済んで四国向け待機中。
そこでF800GSで出かけることにした。

テストはエンジンの音で自動スイッチオンしてしまう、風切り音でズーッと送信スイッチオンのままになってしまうので受信できない。

何度も止ってセッティングし直すが上手くいかない。
このテストが気になって危なくて林道に入れない。
またあらためて対策することとして一旦リュックにしまい込んで最初のダートに進入した。

バラスから草地に進入したとき路面は粘土の水溜り、それに気付く一瞬手前でアクセルを開けてしまっていた。
リアーは流れ超200Kgの慣性でスローモーションのように左の用水路にフロントからダイブした。
a0143839_2351275.jpg

とりあえず立ててみようとしますが、V型溝状の中では二人では無理!
a0143839_2354310.jpg

a0143839_2356476.jpg

いままでも仲間内ではよくあったように、救出要員を頭の中でいろいろ選択して思いついた人へ次々と電話した。
〇〇ちゃん、いま六甲アイランド・・・『どうしてもの時はまた連絡するわ!』
〇マ〇〇ーさん、いま梅田・・・『仕方ない、はい了解』
〇マ〇さん・・・留守電。
息子とたまたま帰ってきてた娘の婿、そして教〇さんの3人は捕まえた。
5人いたら何とかなるな(一人40Kgノルマ)。

レスキュー隊員の到着まで、長閑な日差しのあぜ道で日向ぼっこ。
目前の山のひときわ高い樹木の先で鷺?の親子の餌やりなどを見てる。

一人二人とレスキュー隊員が次々に到着。
ロープをセットし斜面を斜めに移動してそのまま一気に引き上げた。
頭数とロープの力は絶大ですね。
a0143839_0231336.jpg

a0143839_0202886.jpg

身体のダメージはなし。
バイクは右カウル破損、スピード、タコ、オンボードコンピュータがセットになったタコメータのレンズが割れ、ハンドルも曲がっている・・・ぐらいかな。
でもこれって高くつきそお(恐)

まずは無事帰還できました。
レスキュー出動いただいた皆さん、ありがとうございました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2010-04-26 00:25 | ツーリング | Comments(4)

Commented by bike&gps at 2010-04-26 15:36 x
お体にケガが無かったのは不幸中の幸いでしたね。
「BMWは部品&工賃が高い」というイメージがあるので見積もり見るのは恐ろしそうです・・・
Commented by @じ~じ at 2010-04-26 23:08 x
驚きました(@@:)でもほんとお体大丈夫でなによりです。
私も昨年思わぬ転倒で少し心にダメージ受けました。
今はF8の痛手は深く考えず、五体無事で再びバイクに
跨れる事に感謝しましょう。
Commented by bmw-nl-60 at 2010-04-27 00:26 x
bike&gpsさん
ご心配ありがとうございます。
あまりにもON仕様の標準タイヤであること、おまけに標準空気圧のままであることも忘れていました。
たしかに見積もり・・・・・恐恐
Commented by bmw-nl-60 at 2010-04-27 00:34 x
@じ~じさん
スローモーションのように落ちていきました。
深い用水路でなくてよかったです。
畦を崩したり、ガソリンやオイル垂れ流したら田んぼの保証問題にも
なりかねませんからね。
上手に落ちた(笑)のでその点は無問題でしたよ。
オフタイヤは既に用意してあるのですが、勿体なくてついつい標準タイヤのままですね。