春到来フラットツー 2010.4.3

桜のピークも過ぎたか、散りかけたところもあるこの時期。
昼間とはいえ温かいとは言い難く、微妙に寒気が残っています。

今年はじめての本格フラットツーリングです。
メンバーはたけちゃん、まっちゃん、ぴっぴさん、TTM、と私の5名です。

いつもの篠山3本林道を経由して須知へ。
下山の林道を走ってから給油し、丹波広域基幹林道に入ろうとしますが昨シーズンまで工事中だったバイパスが完成しており、バイパスのどこからがかっての林道の入り口になるのか少し判断に迷ったが美山1号線へと入れた。
今日はゲートが開いていました。
いつ来ても走り応えがあります、これでもか!これでもか!ってぐらい長いです。

終点から北側へ、美山町大野ダムへと下り湖畔のお店でお昼にする。
ここは未だ満開には少し早い7分咲きといったところですが、桜まつりに多くの人と車が来ています。

食事のあとは西へと振って〇主のM字林道へ向かいます。
でも、ここ最近の大雨のせいか、昨日の嵐のせいか判りませんが、山の斜面の木が根こそぎ崩落しています。
通過が少し困難でしたが、この時期こんなこともあろうかと私はリュックに手鋸を持参しています。
大きな幹は潜るとして、足元の障害となる木を切って通過しました。
でも作業中も上からの崩落には要注意です。
a0143839_18301935.jpg

(まっちゃんの携帯画像をお借りしました)
結局、M字を完全トレースできましたが、その間には鹿の角を3本拾いました。
この時期限定の生え代わりの時期なんですが、前を走る皆はぜんぜん気付いていません。
たしかに、そのつもりで見ていないとただの木の枝にしか見えません。
何年か前には堀越峠で1本拾っていますので、やっと対になったかな。

この山域から出て下の集落からいつもなら県道へと下るのだが、この川上には川渡りや高度を稼ぐハードな林道が枝分かれして何本かある。行き止まりでピストンにはなるが、何年も前に一人で上ったきりなので今日は少し覗いておこう。
a0143839_17442750.jpg

この大木は斜面との隙間をバイクを寝かせて通過したが、間も無く道は無くなった。
一旦戻り下り直して、また別の枝道を登ったりを何本かの支線でそれぞれ終点までトレースしてみたが、距離的には結構な距離を、そして普段使われていない林道ですからハードでテクニカルな部分が面白いです。
a0143839_17521384.jpg

先頭を走ると鹿の群れを追う形になることもしばしばです。

そろそろ帰路方向に進路をとります。
ここもこのシーズンはじめての進入ですから通り抜けることができるかどうか判りませんが、帰路はタ〇タ〇ビ林道にします。
間も無くダートのはじまる付近で、以前から気になる支線の入り口があり大方の見当をつけているので・・・この支線」へと進入した。
あれれ!!!山の腹を巻くように何本もの尾根を回りこんで次第に高度を下げて行く。
a0143839_18251028.jpg

『こりゃ、折角ここまで登って来たのに、こりゃ振り出しに戻ってしまうな・・』と途中で推測できたが、端まで確認しておけば次回はこの長い林道から上がれる。
推測どおり、私の頭脳Mapに1本林道が追加されました。

実はもう1本支線がありますが、今日はもう時間切れです。
次回にはそれも走ってみましょう。
さあ、本線に戻り三つの峠を越えて帰路方向へと輪を進めます。
林道入り口でリアのブレーキのタッチがおかしいと言うまっちゃんのバイクを皆で見て、パッドが無くなっているのを指摘されたまっちゃんは私の前を正直にもリアブレーキを使わずに走っている。

急に前が止まっている。
『どーしたん?』と聞くとぴっぴさんが鹿の角を見つけたらしい、『ええお土産できた』と喜んでいる。
これで、今日は全員で4本拾ったことになる。
a0143839_18244390.jpg

最後に篠山口方面の林道を1本走って、あとはオンロードで忠実に神戸方面へと帰りました。
[PR]

by bmw-nl-60 | 2010-04-17 18:31 | ツーリング | Comments(1)

Commented by NISSY at 2010-04-24 09:39 x
今年はじめての本格フラットツーリング・・・・
しかもお土産付き・・・
行きたかったです。